« ワンポイントアップの幸福力-5「冬の風を快適に感じる」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3907【JCU主催「建国の日に考える、日本の未來」セミナーに参加して】 »

2020年2月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.3906【ワンポイントアップの人間力-166「無限遠点から過去と未来を見つめる」】


無限遠点とは、地球の外から地球を見る。更には宇宙そしてこの大宇宙を創った大宇

宙まで自分の心を飛翔させながら自分の過去現在未來を見つめてみることです。

無限遠点から自分を眺め、過去現在未來の自分を瞑想してみるとまた違った自分が見

えてきます。

過去とは自分の誕生の時からです。
人は自分の人生の目的に基づいた計画をもって産まれてきます。

その為に、まずはどういう両親を選び、どういう人生を歩んで行くのかおおよその計

画を立てます。
当然そこには過去世でやり残したこと、課題等を今世どのように解決していくのか人

生を1冊の問題集として捉えます。

私の過去70年の人生を振り返った時、ほぼ計画通りの人生と肯けます。

5歳の時に母が他界し、その1年後に父が家出してしまいます。

その10年後、高校2年生の夏に父が家出から帰ってきます。
しかし、両親を一番必要とする時期に両親がいなかったので、人一倍独立心が旺盛な

子供として育っていきます。

その時の父親は、着の身着のままの哀れな状態で戻ってきました。
その時、私は「父親のような人間にはなりたくない」と強烈に思いました。父親に対

する恨みは一切ありませんでしたが、父親はいわば反面教師でした。

その時、「日本は貿易立国。世界を股にかけるビジネスマンとして日本に貢献してい

こう」と誓いました。
その為に、一橋大学商学部に進み、三井物産に就職することになります。

三井物産在籍中に、カナディアンロッキーに炭鉱に投資して、日本の鉄鋼メーカーへ

の輸出輸出業務をしました。そして、自分の夢が叶いました。

カナダから帰国後に、情報産業部門に異動し、テレマーケティングの新会社㈱もしも

しホットラインを創業しました。

その経験を活かし、10年後には三井物産を早期退職し、中小・ベンチャー企業の経営

コンサルタントとしてこれまで18社に投資してきました。

そして、今のミッションは、超高齢者社会が益々進展し、社会保障制度が破綻しつつ

ある中で、生涯現役人生を生き、生涯現役社会の仕組みを創り、社会に貢献していく

ことです。

自分の未來を無限遠点から見つめる時、自分の心を見つめることになります。
それが自分自身の人生として誇りを持てるなら自分の人生を計画通り進めていること

になります。

そしてその時、「ああ、良い人生だった」と心から満足できる状態で、あの世へと帰

天できた時が、最幸の自己を神仏に差し出す瞬間といえます。

|

« ワンポイントアップの幸福力-5「冬の風を快適に感じる」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3907【JCU主催「建国の日に考える、日本の未來」セミナーに参加して】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンポイントアップの幸福力-5「冬の風を快適に感じる」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3907【JCU主催「建国の日に考える、日本の未來」セミナーに参加して】 »