« 「マーキュリー通信」no.3922【ワンポイントアップのプレゼンテーション力-13 最高&最強のトランプ大統領の演説】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3925【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-123「新刊書「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」の実践、効果を試す」】 »

2020年3月 6日 (金)

「マーキュリー通信」no.3924【反グレタのドイツの環境美少女と出遭う!】

先週ワシントンで開催されたCPAC(Conservative Political Action Conference)会

場で、反グレタの環境美少女ドイツ人ナオミ・ザイプトちゃん(19歳)と出遭いまし

た。

そこで私はすかさずナオミ・ザイプトちゃんに質問しました。
「グレタは何者かによって操られているのではないか?」
ナオミ:「その通りです。グレタは不勉強で、環境の知識は余りありません。」
私:「それならお互いに公開討論会を開いたら良いのではないか?」
ナオミ:「グレタは避けている。なぜなら公開討論会をやったら自分の知識不足が公

になってしまうから。私はしっかりと勉強していますよ」

そして「グレタを含む気候変動論者を「科学への侮辱、自然の複雑さを理解していな

い、言論の自由を脅かしている、いたずらに人々の未来を不安にさせている」と非難

ししている。

ナオミ・ザイプトちゃんは、独ミュンヘンに在住し、流ちょうな英語を話します。
今月半ば、米イリノイ州の「ハートランド研究所」に加わり、「広告塔」として動画

に登場。グレタさんの環境破壊の警告は過剰だと批判し、「大勢の若者がパニックを

起こしている。彼らを怖がらせるのではなく、環境の現実的な見方が必要」などと主

張しています。
なお、ナオミちゃんは最近共和党に雇われ、共和党の広告等として活動していくそう

です。

私は、「ナオミという名前は、日本人の名前だけど、両親のどちらかが日本人か?」

と聞いたら、「両親が大の日本ファンなので、ナオミという日本人名にしました」と

応えました。

私もナオミちゃんの主張に賛成し、ガンバレと応援。ナオミちゃんとは意気投合し、

ツーショットの写真も撮りました。

CO2が地球温暖化説は、気候変動枠組条約締約国会議(COP)で、1992年に採択され

たのがスタートでした。

その後、元米国副大統領アル・ゴア氏が映画「不都合な真実」(2006年)の中で

訴えたことで、世界中に定説として認識されるようになりました。

これに対し、人類が排出するCO2量などたかが知れており、殆ど影響ないという学説

も有力です。

CO2を悪者にすることで、原子力発電を始めとした非CO2排出エネルギー推進派に利

するところとなり、更にはCO2排出権ビジネスまで現れ、巨額の利権構造となってい

ます。

グレタvsナオミの対決に今後注目を浴びるでしょう。

しかし、いずれにしろ10代の少女が環境に関する豊富な知識を得ているとは思えま

せん。

マスコミは彼女たちを自分たちの商売に利用するのではなく、彼女たちの知識不足を

指摘し、再度CO2悪玉論争の是非を展開すべきと考えます。

その結果、地球温暖化の犯人がCO2なのかどうか、もし間違っているなら関係者は総

懺悔するべきと考えます。

そうなればトランプ大統領が主張するように、企業や国の無駄な環境コスト削減とな

り、企業の競争力が高まります。

グレタを始め環境左翼と称する人達は、不勉強が目立ちます。
科学的に確立していない表面的な知識で危機を煽る手法は止めてほしいものです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3922【ワンポイントアップのプレゼンテーション力-13 最高&最強のトランプ大統領の演説】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3925【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-123「新刊書「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」の実践、効果を試す」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3922【ワンポイントアップのプレゼンテーション力-13 最高&最強のトランプ大統領の演説】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3925【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-123「新刊書「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」の実践、効果を試す」】 »