« 「マーキュリー通信」no.3943【コロナウィルスに罹った患者の話】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3945【ワンポイントアップの幸福力-8「心は自由」】 »

2020年3月31日 (火)

「マーキュリー通信」no.3944【喜劇王志村けんの死亡を悼む】


昨日のメルマガを出した直後に志村けん死亡ニュースが飛び込んできました。
私と同じ70歳だけに志村けんの死亡を重く受け止めました。

志村けんは、ドリフターズのリーダーいかりや長介の付け人としてドリフターズに参加しました。
その後頭角を現し、ドリフターズで育てられ、ドリフターズを超える喜劇王になったと私は思っています。

それだけに志村けんの死亡のショックは大きかったです。ご冥福をお祈りいたします。

志村けんの死亡はつらいけれど、国民全員がその痛みを分かち合い、コロナウィルスショックに立ち向かっていく決意が求められます。

私も当面は在宅ワークに切り替えます。

それにしても忖度で動く日本の政治は遅いです。
東京都知事は、ニューヨークの感染者が1日の感染者数が数十名から一気に4千名に急上昇した事実を重く受け止め、自粛要請ではなく、ロックダウン(都市閉鎖)をかけるべきと思います。

一方、政府は、急に収入が途絶えた企業と人に対し、申告ベースで緊急助成金を出すべきです。不正受給者には、後で返還要求をすればよいわけです。

また、消費税減税も本来なら4月1日が年度替わりで一番やりやすいのですが、そのタイミングを失してしまいました。

今こそ忖度政治と決別して、国民の為の政治に積極果敢な決断をしてほしいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中国は死亡者数を4千名と発表していますが、誰も信用していません。
一説にはその10倍の4万人とも言われています。

中国は、今回のコロナウィルスショックの発生源にもかかわらず、何の反省もなく、他国を救済するポーズをとり、威信回復を計っています。

しかし、今後世界がとるべき措置は、この危険な中国からいかに他国へとシフトしていくことが求められます。

そうでないとまた次のコロナウィルスショックで再度世界は恐怖に怯えることになります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3943【コロナウィルスに罹った患者の話】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3945【ワンポイントアップの幸福力-8「心は自由」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3943【コロナウィルスに罹った患者の話】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3945【ワンポイントアップの幸福力-8「心は自由」】 »