« 「マーキュリー通信」no.3933【クリエイティブに生きる-28「失敗は革新への一歩」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3935【ワンポイントアップの経営術-239「どんなにがんばってもビジネス・モデルがだめだと失敗する」】 »

2020年3月18日 (水)

「マーキュリー通信」no.3934【免許証返納】

 

今年は免許証の更新の年のため、警察から案内が来ました。
但し、70歳以上は安全講習が義務づけとなるとのことでした。
カナダから日本に帰国して36年、殆ど運転する機会が無かったので、今回免許証を返納することにしました。

返納手数料は1100円。
代わりに運転経歴証明書を入手しました。
この証明書は一生涯使用できるので、これまで5年毎に免許証を更新する煩わしさから解放されます。
そして、これが身分証明書代わりになります。


カナダではカナディアンロッキーに近いカルガリー市に住んでいました。

カナディアンロッキーには公私に亘り延べ100回は行ったでしょうか。

ドライブでの最大の思い出は、アメリカ大陸縦断の旅でした。

自宅からマイカーでカルガリー空港に駐車。
デンバー空港経由ファーミントンというローカル空港でレンタカー。
そこからグランドキャニオンへのドライブ。
早朝のパープルカラーに染まったグランドキャニオンの偉大さは生涯最大の感激でした。

その後ラスベガスにドライブして、空港でレンターをドロップ。
サンディエゴからまたレンタカーを借りて、西海岸から米国の最北端の都市シアトルまでドライブ。
シアトル空港からカルガリー空港、そしてマイカーで帰宅という壮大な数千キロに及ぶ1週間の旅行でした。

私にとって、最大かつ最高のコト消費でした。

 

|

« 「マーキュリー通信」no.3933【クリエイティブに生きる-28「失敗は革新への一歩」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3935【ワンポイントアップの経営術-239「どんなにがんばってもビジネス・モデルがだめだと失敗する」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3933【クリエイティブに生きる-28「失敗は革新への一歩」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3935【ワンポイントアップの経営術-239「どんなにがんばってもビジネス・モデルがだめだと失敗する」】 »