« 「マーキュリー通信」no.4014【ワンポイントアップの仕事力-146「仕事と愛」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4016【ワンポイントアップの経営術-245「学んでいる組織を創っていく」】 »

2020年6月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.4015【ワンポイントアップの人間力-169「心の王者を目指す」】


人間は誰しも神仏から与えられたダイアモンドの原石を持っています。

その原石を神仏の御心に従い磨いていくことで心の王者を目指していけます。

神仏の御心とは知、仁、勇のことです。

私たちの知識は世の中の出来事のほんのごくごく一部です。
従って、知らないことを知る事がとても大切です。
貪欲に知識を吸収することが大切ですが、有害な知識も多数存在します。どうでもよいゴミみたいな情報も多数存在します。それらの中から、自分の魂の向上に役立つものを選び取り、吸収していきます。

又、知識は書物だけでなく、自分の周りの人からも吸収できます。他人から学ぶことなどないと思っている人は、その時点で成長が止まります。
知識に経験が加わると知恵となります。
更に神仏の御心に叶う知恵は智惠となります。

2番目の仁とは、愛に礼節を加えたものです。
ただ愛だけだと男女の愛を連想し、堕落する方向に行ってしまいがちです。
そうではなくて、お互いに高め合うことができるか、ここがポイントとなります。

最後の勇ですが、真の勇を持っている人は少ないようです。

政界のトップを見てください。自分の保身の為に行動しているように私には映ります。

安倍首相が真の勇気を持っているなら、今、日本に国防危機が訪れています。
中国が尖閣諸島を奪うために、コロナ禍に乗じて毎日のように艦船を尖閣諸島に派遣し、侵略行為を行っています。
中国の顔色を気にせず、首相自らが率先して国会で真剣に議論すべきと考えます。

知、仁、勇の3つを体得していく過程で徳が生まれていきます。同時に人間力がアップしていきます。

この徳を得るために、日々努力していく過程が心の王者を目指していくことになります。

徳はすぐには身につきませんが、長い年月の間にその人に徳の香りが漂うになります。その時、自らの心を統御し、心の王者に一歩近づいているといえます。

|

« 「マーキュリー通信」no.4014【ワンポイントアップの仕事力-146「仕事と愛」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4016【ワンポイントアップの経営術-245「学んでいる組織を創っていく」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4014【ワンポイントアップの仕事力-146「仕事と愛」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4016【ワンポイントアップの経営術-245「学んでいる組織を創っていく」】 »