« 「マーキュリー通信」no.4008【クリエイティブに生きる-36「料理で右脳を鍛える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4010【人生に勝利する方程式-221「石油王ロックフェラーの座右の書『イソップ物語」に学ぶ その5 他人から好かれ、良好な人間関係を築くために大切な尊重思考」】 »

2020年6月19日 (金)

「マーキュリー通信」no.4009【人生に勝利する方程式-220「石油王ロックフェラーの座右の書『イソップ物語」に学ぶ その4 日々心地よい気持ちで楽しく過ごすために大切な快心思考」】

 

「人は誰でも問題を抱えながら生きている。他人を羨ましがる必要はない」
◆イソップ寓話「バラとケイトウ」
地味なケイトウは、バラに「あなたのようにきれいに咲き誇りたい」と羨ましがっていました。

しかし、バラは「私は短命ですよ。あなたのように長生きはできない」と応えました。

人はそれぞれ能力も性格もまちまちで、それぞれ問題を抱えながら生きています。
その問題を1つ1つ解決しながら自己成長していきます。
そこに人生を快適に生きていく意味があります。

歌手本田美奈子は白血病の為、38歳という若さで亡くなりました。
私は晩年の本田美奈子の大ファンになりました。
白血病と闘いながら、健気に生きる本田美奈子に私も含め多くの人が勇気を与えられました。
現在は認定NPO法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金がその意思を継いで白血病、難病の患者を支援する活動を行っています。私も会員として微力ながら応援しています。
彼女は今世そのような使命を受けて生まれてきたと思っています。


一方、武漢コロナウィルスで喜劇王志村けんが他界しました。
志村けんは私と同じ学年です。
有名人志村けんは死をもってコロナウィルスの危険性を国民に訴え、それ以降国民はコロナウィルスの危険性を認識したものと思います。

志村けんの死後に、関連の番組が多数放映されました。
改めてコメディアンとしての志村けんの偉大さを再認識しました。
同時に、コロナウィルスで国民全体が暗く沈む中で、コメディで世の中を明るくする大切さを学びました。

人間は、自分の能力に気づき、それぞれの持ち場を発揮したときに、生きている意味が分かり、自己成長へとつながっていきます。

|

« 「マーキュリー通信」no.4008【クリエイティブに生きる-36「料理で右脳を鍛える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4010【人生に勝利する方程式-221「石油王ロックフェラーの座右の書『イソップ物語」に学ぶ その5 他人から好かれ、良好な人間関係を築くために大切な尊重思考」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4008【クリエイティブに生きる-36「料理で右脳を鍛える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4010【人生に勝利する方程式-221「石油王ロックフェラーの座右の書『イソップ物語」に学ぶ その5 他人から好かれ、良好な人間関係を築くために大切な尊重思考」】 »