« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

「マーキュリー通信」no.4049【李登輝台湾元総統の死を悼む】


李登輝台湾元総統が昨日97歳の生涯を閉じました。

台湾は、毛沢東に敗れた蒋介石が国民党政権を樹立しました。
その頃、現在の中国、韓国同様反日政策をとっていました。

しかし、李登輝が3代目の総統に就任してからは、戦前の日本が教育やインフラ構築にいかに台湾に貢献したかを正しく伝えました。
その結果、台湾は世界一の親日国家になりました。
トップの方針によりいかに国の政策が大きく変わる好例でした。

もし、李登輝政権が誕生していなければ、今頃台湾はとっくに中国に侵略され、中国領土となっていたことでしょう。
そうなれば日本の安全保障に重大な危機に陥っていたことと思います。目と鼻の先にある沖縄も中国に侵略されていたことでしょう。

さて、米中戦争は第2幕に突入しました。
これまでの貿易戦争からイデオロギー戦争に突入しました。
米国は、本気で中国共産主義撲滅にかかり始めました。
そして、中共体制は崩壊していきます。
1991年にソ連が崩壊した運命をたどることになります。

その時に、世界からクローズアップされるのが台湾です。

幸い、蔡英文現政権は、嫌中親日政権です。

日本もいつまでも親中路線を貫いていると、世界から取り残されることになります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

日本人には、蒋介石は戦後賠償金を放棄したトップリーダーとしてイメージが良いです。しかし、これは作り話だそうです。

反日の蒋介石は日本に多額の賠償金を求めました。
しかし、米国からたしなめられ、その代わり「蒋介石が賠償金を取り下げた」という美談を作り上げました。

蒋介石の台湾は、国民は圧政に苦しみました。反政府勢力は、刑務所行きとなり、多くの台湾人が刑場の露と消えました。

体制は違えど、中共の毛沢東と言動は同じでした。

その意味で、李登輝総統の果たした功績は大きいといえます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

「マーキュリー通信」no.4048【奇人変人が世の中を変えていく-384「立民、国民民主の再合同、コップの中の争いするより国民目線に立て」】


立民、国民民主党の再合同の争いを見ていると、国民目線、国民の気持ちからかけ離れています。

まずやるべきとは旧民主党政権時代の反省です。
私は3人の首相のイニシャルをとってNHK政権と呼んでいます。

N(野田首相):選挙前は、自ら本まで出版し、消費増税絶対反対を唱え、その代わり天下り廃止を訴えました。しかし、財務省勝次官と消費増税との引き替えに、首相の座を勝ち取りました。国民に対する最大の裏切りです。詐欺罪で訴えられるべきです。

H(鳩山首相):トラストミーという綺語を発し、自民党政権の時に創り上げた沖縄普天間基地の辺野古移転をご破算にしてしまいました。以来、沖縄は中国侵略の危機に瀕しています。

K(菅首相):東日本大震災を引き起こし、最悪の対応策をして、国民を苦しめました。

3人の首相はまずは国民に深く謝罪すべきです。菅直人氏は、立憲民主党の最高顧問に居座るなど、国民を愚弄しています。

その上で、まずは世界の常識である普通の政党に戻るべきです。
つまり、憲法を改正し、自衛隊を軍隊と認め、中国の侵略危機に対処する具体的政策を提言します。

その上で、国民目線に立ち、消費税の期限付き撤廃を宣言します。
更には、「コロナショックは日本人は免疫力がついているので安心せよ!」と発表し、国民を安心させます。

国民は安部長期政権に食傷気味です。しかし、代わりの人物がいないのでずるずると長期政権が続いています。

もし、民主党が上記のような発表をすれば、支持率は一気に2桁代となり、自民党を脅かす勢力になります。

国民は自民党に対抗できる健全な野党を期待しています。

このまま立民、国民民主両党が再合同しても、支持率はじり貧となり、いずれ消滅していきます。

私の大学の同期に河村たかし名古屋市長がいます。

彼は自分が総理になり民主党を変えると豪語して、その豊富を本にまで書きました。
しかし、異端児として追放されました。

彼は減税論者であり、自らも名古屋市長の報酬を800万円と自治体の首長としては最低レベルまで引き下げました。

もし、河村たかしのような型破りの男が民主党のトップとなり、首相になっていたら、日本は変わっていたかもしれません。少なくとも3人のNHK政権よりは私心なく国民の為になる政治をしてくれていたことと思います。

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

「マーキュリー通信」no.4046【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-246「レム睡眠ノンレム睡眠の原理を活用して更に早起きしてみる」】


コロナショック以前は、毎朝6時に起きていました。
夜は飲み会等で帰宅が遅くなるので、帰宅時間に合わせて11~12時頃に寝ていました。夜遅い場合には、入浴せずにシャワーで済ませていました。

しかし、コロナショック以降は在宅ワークとなり、夜の飲み会はなくなりました。その分、夜に寝る時間を11時に固定することができました。
夜の食事は7時、その後8時に入浴し、9時から11時まで読書をするという規則正しい時間を確保することができました。これもコロナショックで在宅ワーク中心に切り替えたメリットです。

規則正しい生活時間を確保できたので、朝の起床時間を1時間早めて5時にしました。
これで毎日1時間時間を有効に使えるようになりました。

一方、時々朝早く目覚めることがあります。その時は思い切ってその時間に起きるようにしています。
人の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。
レム睡眠のレムとはrapid eye movementの略です。眼球が速く動く睡眠時間帯で、夜中に目覚めるときはレム睡眠の時間帯です。

一方、ノンレム睡眠は眼球が動かない睡眠なので、この時に目覚めることはありません。レム睡眠とノンレム睡眠はおよそ1時間半毎に繰り返します。
私の場合、6時間の睡眠時間なので、レム睡眠とノンレム睡眠を2回ずつ繰り返していることになります。

今朝は4時に目覚めました。ここで一眠りすると5時半頃目覚めることになります。
しかし、4時に起きても5時半に起きても目覚めの感覚にあまり差がないことが分かりました。

もし、昼間に眠くなれば、昼間に20~30分程度仮眠を取れば、睡眠補給ができます。

朝早く起きたときにはメルマガを書きます。頭がすっきりしていてインスピレーションもいろいろと湧いてきます。

通常メルマガは9時過ぎに書きますが、朝早く目覚めたときはメルマガを書き、8時の時間指定をして読者の皆様にお届けするようにしています。

朝1時間早起きしたことで、1時間得した気分になり、より充実した1日の始まりとなります。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

「マーキュリー通信」no.4045【奇人変人が世の中を変えていく-382「自国に不利な間違った歴史を教えているのは世界で唯一日本だけ」


扶桑社の中学生向け「新しい歴史教科書」が文科省の諮問機関教科書検定委員会により一発で不合格の判断を下された。
そのことに対し、マスコミからも非難が上がっています。

私も同教科書を購読しましたが、中学生に自分の国に対する自信と勇気、希望を与えるすばらしい内容でした。その内容は、社会人の私にとってごく常識的な当たり前の内容です。

週刊誌アサヒ芸能によると、教科書検定委員会には北朝鮮のスパイも入っていたり、毛沢東思想信奉者もいるそうです。

日本はスパイ天国なので、文科省にもこういう形でスパイが入っているなら、文科省はその事実を徹底的に調査すべきです。もし、事実なら国政を揺るがす大問題となります。

日本の歴史も含め各国の歴史は、国家形成に至るまでの歴史過程を記述します。当然、その原点は科学的に証明できず、神話の世界となります。
従って、日本は天照大神を主宰神とする天皇家が約2700年に亘って統治してきた世界に例のない国家となります。

教科書検定委員会は、それを排除したいようです。そして、天皇陛下を軽んじる考えがあるようです。

もう1つ看過できない点が、戦前戦後の近代史を自虐史観で塗り固めていることです。つまり、日本は日清戦争に始まりアジアを侵略した悪い国というレッテル貼りです。
百歩譲って、戦前の日本がアジア諸国に迷惑をかけたという一面もあったかもしれません。

しかし、当時のアジアアフリカ中南米は、欧米の帝国主義の最盛期でした。その中で苦しめられているアジアの同胞を救おうと大東亜宣言を発表しました。そこでアジア同胞との共存共栄、人種差別の撤廃等を高らかに唱いました。
このおかげでアジアの同胞は日本に勇気を与えられ、戦後次々と独立していきました。そして、日本に感謝しています。

一方で、大東亜戦争(太平洋戦争は米国が日本に押しつけた呼び方)は、大の日本嫌いの米国フランクリン大統領の自作自演の戦争であり、日本はその被害者だということが研究の成果として報告されています。

また、南京大虐殺や朝鮮慰安婦問題も朝日新聞の誤報であることを同紙も認めています。

歴史的に捏造された2大誤報を他社の教科書に掲載されています。

なぜそんな不実が中学生の歴史教科書に記述されている理由が分かりました。中国人スパイが紛れ込んでいるからです。

どんな国でも、自国の歴史を悪く言いません。
大航海時代の16~18世紀は欧州が繁栄を謳歌した時代でした。
コロンブスやマゼラン等は大英雄とされています。しかし、現地人から見ると、彼らを侵略し、大量殺戮した極悪非道の人種です。

政府は、まず中国人や北朝鮮のスパイがいないか徹底調査し、もしそれが事実なら追放すべきです。そして、子ども達が誇れる日本の歴史と国家像を生徒達に教えるべきです。
世界から見ると日本はすばらしい国で、永住したい外国人が多数います。しかし、日本の子ども達は日本の将来に夢や希望を抱いていません。
子ども達の精神的抑圧は将来にも影響します。
いち早く政府の対応を希望します。


下記はメルマガ読者からの情報です。
市丸利之介中将は、最期に自書を残し、死んでいったそうです。
そこには日本はアジア同胞との共存共栄を唱い、平和を希求しながら日本防衛のために米国とやむなく戦った武士道精神が記載されています。
それに引き替えルーズベルトの非人間性を批判しています。
当時の日本兵の精神的態度が分かると思います。


全ての人々に知って欲しい市丸利之介中将「ルーズベルトに与うる書」
https://youtu.be/kn7jx4qgsnQ


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

先日、南京市に駐在していた人と会いました。
南京大虐殺に触れたら、同市に確かに中国が建設した南京大虐殺記念館はあるが、日常の会話では一切触れていない。
ましてや日本人に対する恨み辛みも一切ないとのことでした。これから見ても、南京大虐殺事件は毛沢東も知らなかった虚構であることが明白です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

「マーキュリー通信」no.4044【奇人変人が世の中を変えていく-381「人間と動物を分ける最大のものとは」】


人間と動物を分ける最大のものは信仰心です。

敬虔なクリスチャンであるライオンの話を聞いたことがありません。
ライオンの本能は種族が生き残るためにはどんなことでも行います。

共産主義の基本は無神論です。
人をモノと思っているので、不要と思えば容赦なく殺戮してきました。
ソ連のスターリンが2000万人、中国毛沢東が6000万人を餓死させ、習近平が少数民族や法輪功を中心に数百万人殺戮してきました。共産主義国家が殺戮してきた人数は累計で1億人に上ると言われています。

1億人の中国共産党の最大の敵は、13億人の中国人民です。
中共は、13億人の中国人民を手なづける為に、アメ(カネ)と無知(死刑、拷問、処罰)を使って懐柔してきました。また、反日主義をでっち上げ、人民の不満をそらしてきました。
中共は14億人というえさ(=巨大市場)を撒くことにより、世界中の興味を引きつけ、世界制覇を企んできました。

現在の中共は、ライオン(陸軍)とサメ(海軍)とワシ(空軍)を合体させた最強の共産主義国家となりました。これを仮にライサワと呼びましょう。

日本時間の昨日、米国ポンペオ国務長官は、ニクソン大統領以来の親中政策を失敗だったと明言しました。
中国が経済的に豊かになれば、自由と民主主義の国になるモノと、欧米諸国は幻想を抱いてきたことにようやく気づいたようです。

そして、今後はこのライサワという害獣退治に乗り出すことを宣言しました。
そのベースは自由と民主と信仰です。無神論国家の恐ろしさに気づいたわけです。

今後、米国はこの基本ポリシーに同調する諸国を、かつてソ連包囲網を築いたように、援助していく決意をしました。

日本が現在やっていることは、ライサワが食い散らかした残飯に群がるさながらハイエナです。
トヨタが中国に新たに工場を進出させました。創業者豊田喜一郎がその事実を知って「トヨタはいつから無神論企業になったのだ!」嘆いていることでしょう。

同時にそのハイエナからおいしい汁を吸っている親中派議員、政党は時代の流れをよく読んで欲しいと思います。

中共は世界最大の犯罪者集団です。やくざは仁義を重んじますが、中共には義理人情すらありません。彼らの本能はカネと権力をベースにした闘争本能だけです。

今やヒットラー以上と風評の高い悪党習近平(但し、知能は小学生並み)を国賓と招くという議論をしている愚かさに早く気づいてほしいものです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

このような末恐ろしい共産主義を掲げる日本共産党が一定の勢力を持っている日本、これも世界の常識は日本の非常識の1つといえるでしょう。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

「マーキュリー通信」no.4043【未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを-90「ロシアの出生率革命に学ぶ」】


1991年12月共産主義国家ソ連は崩壊しました。
その後、人口減少社会が続き、1999年には1年間で70万人減少したそうです。
この年のロシアの合計特殊出生率は1.16まで落ち込みました。

ちなみに2019年の日本の合計特殊出生率は1.36、出生数は過去最少86万5,234人、出生率1.36、人口減少は50万人を超えました。

それよりロシアの出生率は低かったわけです。

これに危機意識を覚え、ロシアは徹底的な少子化対策をしました。
その結果、合計特殊出生率は、2012年1.69、2013年1.71、2014年1.75、2015年1.75、と毎年上昇していきました。
そして、死亡率の減少もあり、人口が自然増していきました。

その秘密の1つに母親資本制度を創設したことです。

母親資本制度とは、子供を産むと2倍の年収をもらえるという制度です。
但し、資金用途は子育てに限られています。

その中で重視したのが、子供を育てるマイホームです。

日本もロシアにならって母親資本制度を導入したらいかがでしょうか。

日本は都市部の不動産が高いので、地価の安い地方でマイホームに導入したら良いと思います。
withコロナの時代はテレワークの時代です。今後は地方に移住していく人が増加していくことが予想されます。
都市部の人口が減少すれば、通勤ラッシュも緩和されていきます。そして、地方の消滅に歯止めがかけられます。

但し、都市部に在住を希望する場合、地方自治体が良質な賃貸住宅を無料で提供すれば良いと思います。
それ以外にも様々な税制優遇をすれば良いと思います。

また、出産祝いを地方自治体から贈ったらいかがでしょうか。
緊急事態宣言の際に、特別給付金を一人10万円渡しましたが、出産祝い金10万円の方がよほど有効です。

企業でも、出産祝い金を出したら、その分2倍の経費控除を認め、本人にも所得税の対象外とします。

かつて敬老の日を設けて長寿を皆でお祝いしました。
今は、出産を皆でお祝いする時代です。
育休制度を奨励し、優秀企業には税制上の優遇を更に強化します。

政府は毎月合計特殊出生率を発表します。
合計特殊出生率が2であれば人口は横ばいを示し、これを上回れば自然増となるので、まずは合計特殊出生率2を目指します。
政府はTV CMで出産奨励をPRし、その関連のホームドラマを後押しします。結婚して子育てをすることの楽しさをPRします。
また、赤ちゃん関連のCM料の経費控除を倍にするとか、企業にインセンティブを与えます。

このように国を挙げて、合計特殊出生率を上げるように努力すれば、出生数は上がっていくと思います。

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

「マーキュリー通信」no.4042【未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを-89「昭和30~40年代にタイムトリップしてみるとwithコロナの時代の生き方が見えてくる」】


昭和30~40年代は日本が戦後の廃墟から立ち直り、高度成長期を迎え、夢と希望のある絶頂期といえます。

我々団塊の世代なら誰でも心をときめかせた月光仮面、そのテーマソング「どこの誰だか知らないけれど、誰もがみんな知っている。月光仮面のおじさんは正義の味方、良い人よ、月光仮面は誰でしょう」は今でもそらんじることができます。
月光仮面が登場したのが昭和33年でした。

同じ年に現れたのが巨人軍長嶋茂雄です。
私は直ぐに長嶋茂雄ファンとなり以来ジャイアンツファン一筋です。
当時は、巨人大鵬卵焼きと言われ、子ども達が憧れた代名詞でした。
同時に高度成長のキーワードでもありました。

常勝巨人軍は奇跡の日本シリーズ9連覇を果たしました。しかし、昭和49年に残念ながらV10を逃し、その年に「読売巨人軍は永久に不滅です」という名台詞を残して
長嶋茂雄は引退しました。

この頃我々団塊の世代は全員社会人となり、高度成長を支えてきました。

しかし、一方でこれまでの大事な心の部分がいつの間にか置き去りにしてしまったようです。

祖父母が孫の世話をする大家族制度の崩壊。そこには暖かい温もりがありました。

都内でも子ども達は自然と楽しみながら成長しました。
私も広場で、メンコやコマ回し、草野球に興じました。
春夏秋冬自然とも触れていました。春はチョウチョ、夏はカブトムシ、秋はコオロギ、鈴虫、アリの採集に夢中になりました。そして、情緒豊かな子供へと成長していきました。しかし、高度成長は子ども達から広場を奪っていきました。
月光仮面は、子ども達に善悪をわかりやすく伝えてくれました。

スマホのゲームに興じる子ども達と比べ、当時の子ども達はないないづくしでした。
しかし、当時の日本の方が遙かに好きです。何か心に暖かい温もりが残っているからです。

唯一嫌なことと言ったら、冬は寒くて毎年あかぎれやしもやけに悩まされたことくらいです。


さて、コロナショックで、日本人は忘れていた大切なものを思い出したのではないでしょうか。
それは家族の温もり、仲間との絆です。
仕事ももちろん大切です。しかし、ワークライフバランスの重要性を経験したことと思います。

withコロナの時代が当面続きます。withコロナの時代は、これまでの東京一極集中の時代から地方再生の時代と思います。

地方には、昭和30~40年代の古き良き日本がまだ残っています。

そこで仕事も人生もエンジョイする時代が新しい未来像の1つかもしれません。
そして、心のふれあい、心を大切にする時代になっていくことと思います。

30代前半、カナダに駐在していました。
カナダ人は宗教を大切にしながら、家族との触れあい、社会との共生を図っていました。そして、心豊かな人が多かったです。

日本人は万世一系天皇陛下の下に、もともと宗教を大切にする国でした。

withコロナの時代、宗教が渇いた日本人の心を癒してくれることになるでしょう。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

長嶋茂雄の引退式をテレビで見ました。
その時私は男泣きしました。洗面器とタオルを用意しましたが、タオルがぐちょぐちょになるまで泣きじゃくりました。生涯唯一の出来事でした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

「マーキュリー通信」no.4041【絶海の孤島、巨石文明モアイが滅亡した理由とは】

7月19日(日)NHK BSスペシャルで「絶海 謎と神秘の巨石文明モアイ イースター島」は、巨石文明の象徴モアイの栄枯盛衰を2時間に亘り非常に良くまとめていました。

モアイの繁栄をもたらしたものは食糧としていたネズミです。
しかし、そのネズミが大繁殖して森林を食い荒らし、逆に食料不足を招き2万人いたモアイは3千人まで激減しました。

更に17世紀、欧州の大航海時代にモアイは発見されました。丁度イースターの日だったので、イースター島と命名したそうです。

しかし、欧州人はモアイの人間を奴隷として半数の1500人を本国に持ち帰りました。
その内一部の人間が釈放され、モアイに戻されました。

その時病原菌も持ち帰ったため、モアイに伝染病が蔓延し、免疫力のなかった彼らは絶滅状態となったそうです。

現在はかろうじて生き残った111人と欧州人の混血がイースター島で仲良く暮らしているそうです。

昨日のメルマガでコロナウィルスで多数の日本人が被害を受けましたが、現在既にコロナウィルスに対する免疫力がついており、コロナ前の生活に戻って大丈夫な旨書きました。

私たちの体はコロナだけでなく、多くの最近やウィルスと接触しながら生きています。
従って、withコロナ時代のキーワードは免疫力です。必要以上にコロナに恐怖心を抱かず、かといって慢心せず、日々心身共に健康生活を送ることが肝要と思います。

そしえて、コロナウィルスに負けない免疫力を普段からつけておくことも重要であることを痛感しました。

私の「普段」は「階段」登降です。
毎朝5時起きして2時間の運動を実施し、最後は18階までの階段の上り下りをしています。

信長の健康法で、足半(あしなか)を履くと、浮き指を防止できることを学びました。そこで、最近は草履を履いて、階段の上り下りをしています。これで浮き指を意識しながら、階段登降ができます。慣れれば特に問題ありません。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

近くの整骨院に体のメンテの為に通っていましたが、これまで3密防止の意味で利用を控えていました。しかし、昨日から再開しました。
同整骨院は、緊急事態宣言中は空いていましたが、現在はだいぶ患者が戻ってきたそうです。特に感染者は出ていないそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

「マーキュリー通信」no.4040【京大・上久保教授 既に日本は集団免疫済み!コロナショックにおびえることはない!衝撃のレポートと動画】

 

以前のメルマガで日本のコロナショックの被害者数は欧米と少ないのは3種類の武漢ウィルスS,K,G型の内、欧米のようにシャットダウンしなかったから。つまり、最初の弱いS型の後、比較的強い強いK型が入ってきて、免疫力がついたからだとお伝えしました。
欧米は国家権力で強制的シャットダウンしなかったから、次のK型が入ってこなかった。その為、3番目の極めて強いG型が猛威を奮い、被害が拡大したそうです。

しかし、優柔不断な日本政府の対応が却って良かったようです。

更に、京都大学大学院医学研究科の上久保靖彦特定教授はビッグデータからコロナ情報を分析しました。

3種類の武漢ウィルスの内、2番目の比較的強いK型ウィルスのおかげで免疫力がついた。そのおかげで、今年はインフルエンザの発症数が例年と比べ少なかった。

私たちの日常生活では武漢ウィルス以外にもウィルスや菌に囲まれて生活をしている。しかし、特に発症しないのは、免疫力があるからです。

最近東京都で陽性者が増えて問題になっています。
しかし、PCR検査数を増やしているので当然陽性者数は増えます。しかし、前述のように私たちはウィルスに囲まれた生活をしています。陽性になったからといって特に心配せず、通常通り日常生活を送ってかまわないとのことです。

発症して最悪死亡に至るのは免疫力のない高齢者中心です。
死亡者数は欧米と比べ圧倒的に少なく1000人です。現在は死亡者数はほとんどいないのも免疫力がついた証左です。
人口127百万人の日本で1000人の死者数は、13万人に一人死ぬ確率で極めて低いです。従って、コロナショックに特におびえることはありません。

私たちはコロナ前の生活に戻って良いとのことです。すなわち、3密対策は不要でマスクもあえてする必要はないとのことです。

現在、第2派が懸念されています。
これに対し、上久保教授はステイホームで外部と接触しない無菌状態者数が増えると免疫力が落ちる。その時は第2派に対する抵抗力がなくなる。しかし、コロナ前の生活をしてwithコロナで生活をしている限り免疫力は維持され、第2派も心配ないとのことです。

上久保教授は、緊急事態宣言は不要だったと主張します。
もしそれが事実なら諮問委員会は重大な責任を問われます。
その間、国の経済は大打撃を受けた訳ですから。

上久保教授は、ビッグデータを分析する医療の専門家のため、今回の安倍首相の諮問委員会からは外され、同教授の意見は聞き入れられなかったそうです。
その為、マイナス思考をする保守的な専門家の意見が採用されて、これが日本の国全体の意見として取り入れられているようです。

さて、この情報を信頼して今日からコロナショックから解放された活動をするか、それともこれまでwithコロナの活動をしていくかは読者の皆さんの判断にお任せします。
この情報は読者の皆さんの判断で友人知人に転送してもかまいません。

下記はメルマガ読者からの情報です。

京都大学大学院医学研究科の上久保靖彦特定教授と、吉備国際大学(岡山県)の高橋淳教授らの研究グループは、「日本人には新型コロナウイルスの免疫があったので死者数を抑え込むことができた」という内容のプレプリントをCambridge Open Engageに発表している。

研究グループによると、新型コロナウイルスには3つの型があるという。S型、K型、G型だ。最初にS型が発生し、それが変異したものがK型。武漢でさらに変異した感染力の強い型がG型だ。

従って、日本人はコロナショックにおびえることなく、コロナショック前の日常生活に戻れば良いとのことです。これってすごい元気づけられる情報ですね。詳しくは下記URLからご覧ください。
レポート記事 https://president.jp/articles/-/35711?page=2
更に詳しくは動画をご覧ください。
 https://www.youtube.com/watch?v=hF0HBmIFWMs

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

地球温暖化の犯人CO2説もコロナショックと似ているところがありますね。

以前、メルマガ「マーキュリー通信」でも取り上げましたが、政治的に地球温暖化の犯人CO2説を取り上げられ、国連が推進しているので、全世界で信じ込まされています。
日本のマスコミもこれに乗っかって、きちんと反論の検証もせずに、悪乗りしています。

やはりその情報がどういう意図で発信されたのかを検証する重要性を学びました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

「マーキュリー通信」no.4039【ワンポイントアップの人間力-170「人生の途上で訪れる試練は魂を鍛える為にある」】


70年以上の人生を歩んでいて大中小様々な試練に出会います。

これまでも様々な試練に出会いました。

たとえば私の場合、母が5歳の時に病死し、その翌年に父が幼い子供2人を残して家出してしまいました。

両親を一番必要とするときにいないわけですから、私自身独立心旺盛な子供として育っていきました。

父は家出から10年後、私が高校2年生の時に戻ってきました。
その時の父親の姿は着の身着のまま、みすぼらしい格好でした。
その時私が思ったことは、「絶対父親のようにはならない!」と固く決意しました。

そして、日本は資源小国なので将来は貿易商社に勤め、世界を股にかけるビジネスマンになろうと思いました。

それまで私は勉強は余りしませんでした。

しかし、自分の夢を叶えるために大学受験勉強に全力投球しました。
その結果、一橋大学商学部に現役で合格することができました。

もし、両親が健在で平々凡々の家庭で育っていたら現在の自分はなかったかもしれません。

今振り返ると、両親の不在は、私自身の魂を鍛える格好の試練だったと気づかされます。

その意味で、今では「こういう厳しい試練を与えてくれてありがとう」と父親にさえ感謝できます。

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

「マーキュリー通信」no.4038【人生に勝利する方程式-225「肯定的な自己像を持つ」】


昨日のメルマガでは繁栄のマインドセットをお伝えしました。

そのベースとなるものは当然肯定的な自己像となります。

人間は物事をプラスに考えるとその考えがどんどん膨らみ、天まで届いていきます。
天まで届くような想いは神仏の御心に叶っています。
愛、勇気、知恵、思いやり、誠実さ、責任感、相手の役に立とうと思う心、社会の役に立とうと思う心。皆神の御心に叶う心です。その想いが大きくなればなるほど、社会の役に立つような想いであればあるほどその人の器は大きくなっていきます。

一方、自己中心、他人を押しのけて自分だけ良ければという想い、自分だけ儲かれば良い、こういう想いは地獄へと通じます。

こういう人は世間的に一時的には成功したように思えます。一時的には繁栄したように思えます。

しかし、最期死ぬときに大いなる反省を求められます。悔い改めないと地獄に墜ちて反省を求められます。その時初めて自分の生き方が間違っていたことに気づかされます。

だから肯定的な自己像を持つことが人生に勝利する重要な条件となります。

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

「マーキュリー通信」no.4037【人生に勝利する方程式-224「繁栄を招くマインドセット」】


現在はコロナショックで全世界を暗雲で覆われています。

しかし、この暗雲はいつか消え、晴れ間が見えてきます。

心の中も暗雲で覆われている人も多いのではないでしょうか。

しかし、心の持ちようでこの暗雲を消し去ることはできます。
宇宙には繁栄のエネルギーが満ちあふれています。

人間の心は、暗いことと明るいことを同時に思うことはできません。
ならば想念の力で、暗い心を追いやり、明るいことを考えて見ると良いです。

アフターコロナでどういう自分になりたいのか、どういう事業をやりたいのかをイメージしてみます。
それを強くイメージすればするほど心の中の暗雲は消えていきます。

その為に今何をやるべきなのか、アフターコロナの為に次のどういう手を打つべきなのか深く考えてみると良いです。

これを深く深く考えていくとマインドセットできます。繁栄を招くマインドセットにつながっていきます。

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

「マーキュリー通信」no.4036【奇人変人が世の中を変えていく-380「日本に影響を与える米国大統領選に関する正しい情報を収集する」】


米大統領選はコロナショックでトーンダウンし、再選間違いと言われていたトランプ大統領が苦戦を強いられ、このままだとバイデン元副大統領の再選が有利となっています。

日本のメディアは、全回の大統領選挙でも、米国メディアの情報をそのまま流すだけで、トランプ候補の偏った情報を送り続け、トランプ大統領の誕生はあり得ないと報道していました。

もし親中派のヒラリー・クリントンが当選していたら、今頃は中国の日本への侵略リスクは更に高まり、尖閣諸島は略奪されていたかもしれません。

今度の大統領選でもトランプ大統領に対する偏った情報が日本のメディアでも多数報道されているために、トランプ大統領に対してはマイナスのイメージを持つ日本人が多いと思います。

トランプ大統領のこれまでの実績と実際の人柄を知れば、次の4年間、米国大統領を任せて足る人物だと理解できます。
トランプ大統領は、自由と民主と信仰をベースに米国の復興を図るという基本理念が明確であり、ぶれていません。

もし、バイデン元副大統領が大統領になったら世界への影響、とりわけ中国の侵略行為を加速する恐れがあります。

日本のメディアはもっとこういう視点でも大統領選を論じて欲しいと思います。

さて、最近バイデン元副大統領が認知症の疑いが極めて高いことが報道されました。

きっかけは、コロナウィルスで死亡した米国人を12万人と言うべきところを1億2千万人と発言してしまったことでした。

それ以外も副大統領時代にアフガンを訪ね、副大統領と活躍したことを国民にアピールしたのですが、実際には行っていなかったことも判明しました。

今後テレビ討論会が予定されていますが、その時に更に失言が目立てば、認知症問題が更にクローズアップされることでしょう。
その結果、トランプ大統領の再選に有利に働くこととなるでしょう。

それにしても77歳の認知症の大統領候補、一時は大統領候補の最右翼と言われたバーニー・サンダース候補は78歳の極左主義者、民主党の人材難は深刻ですね。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

「マーキュリー通信」no.4035【ワンポイントアップのコミュニケーション力-195「子供のあいさつは親の影響?」】

 

私は毎朝13階の我が家から階段を1階まで降りていき、1階から18階まで上り、13階の我が家まで帰ってきます。

その途中で通勤に出かける住民と出会います。
皆総じて暗いです。うつむき加減か、スマホを見ながら歩いています。
私が元気よく「おはようございます!」と声をかけても、おおむね仕方なく「おはようございます」と返事が返ってきます。中には応えない人もいます。

特に小学生の子供が暗いです。私が「おはよう!」と声をかけても、大半の子供はあいさつをしません。

今朝も、数人の小学生が返事がないので、「おはよう!元気ないぞ!」と声をかけても返事がありません。

これは学校の教育なのでしょうか?
「知らない伯父さんから声をかけられてもあいさつしたらだめだよ」とでも指導しているのでしょうか。

ところが今朝の最後に廊下ですれ違った男性は、あちらから「おはようございます」とあいさつしてきました。

その後ろ10メートルにいたお父さんの後を追ってきた小学生が、私と同時に「おはようございます」と元気にあいさつしてきました。私も「おはよう!行ってらっしゃい」とあいさつしました。

最後は気持ちよく我が家に帰ることができました。

| | コメント (1)

2020年7月15日 (水)

「マーキュリー通信」no.4034【奇人変人が世の中を変えていく-379「我が家にもやっと特別給付金が振り込まれました」】


本日通帳の記帳をしたら北区から特別給付金が振り込まれていました。
申請してから丁度2ヶ月です。
改めてお役所仕事の遅さを実感しました。
もし輸血をしている重病人にたとえるなら、出血多量で死亡していることになります。
特別給付金は1人10万円ですが、これに関わる役所の諸経費も莫大なものと推測します。

国は国民全員にマイナンバーを通知しています。
マイナンバーを使って、インターネットから申請させればもっと諸経費を削減できただけでなく、スピーディに対応できたはずです。
申請者は、役所のウェブサイトに申請者名とマイナンバー、そして振込銀行口座を入力するだけで良いはずです。
銀行と提携し、そのデータを銀行に転送し、後は振り込み手続きを銀行にさせれば、数日にでできる作業です。
2ヶ月もかかるのは手作業の部分が多いと推測します。

国はこれを機にマイナンバーカードの普及を急いでいるようですが、国民である私にとっては必要ありません。今回のような場合、マイナンバーで事足ります。

私はカナダに在住していた40年前でも既に社会保険番号制度があり、確定申告を始め銀行口座開設、医療費申請等全て社会保険番号とひも付いていました。
従って、事務処理が非常にスピーディでした。

日本人はお役所を信用していません。
マイナンバーカードを普及させたいなら国民の利便性を図るべきです。
縦割り行政を廃し、医療、保険や公的なものと紐付ければ、国民の利便性は上がり、マイナンバーカードの普及が促進すると思います。

| | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.4033【クリエイティブに生きる-38「乙女心をつかんで人気観光駅に」】


鳥取県八頭郡智頭町大内にあるJR智頭急行智頭線の駅恋山形駅は1日の乗降客がわずか3名の廃駅寸前の駅でした。

しかし、恋に来いの想いを託して、駅舎を全てピンクにしました。
駅の看板はピンクのハート形にしました。
春には芝桜を植えて、色を添えました。

インスタ映えするので口コミで若い女性がどっと押し寄せて、恋の観光スポットになったそうです。

まさに若い女性のハートをつかんだようです。

発想次第で商売繁盛のネタはいくらでもあるのですね。
http://www.chizukyu.co.jp/chizukyu/syaryou_eki/eki/koiyamagata/

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.4032【【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-125[新たな気づき"something!"」】


NHK Eテレで即レス英会話番組を週3回放映しています。

日常会話を中心に優しい言い回しだけど、結構参考になります。

something という簡単な英単語に、「重要な」という意味があることを知りました。
"It is something!"というと、それって重要なんだ!という意味になります。

英英辞典で調べると、2番目に"A thing which is important, useful or worth considering"と説明してありました。

ビートルズのジョージハリスンの最大のヒット曲"Something"の意味をインターネットで調べました。

訳を見ると第1義の「何か」でした。
でも自分にとってはその何かが重要なことと理解することもできますよね。

Something in the way she moves
Attracts me like no other lover
Something in the way she woos me
I don’t want to leave her now
You know I believe and how

あの娘の仕草の何かが
他の人に無いほど、僕を惹きつける
僕に甘えるあの娘の仕草
あの娘を離したくない
どれほど本気か、わかるだろ


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

1月末に発売した「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」(定価1100円)で好評発売中です。

類似書にはないユニークな内容です。これ1冊をマスターすれば、英会話ができるようになります。

読者からは、目から鱗の英会話トレーニングとの評価を得ています。

著者サイン入りを1000円(送料込み)で郵送します。

本書をご希望の方は、千円札を封筒に入れて、下記住所に送っていただけますか。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324 菅谷信雄

また、8月27日(木)18時半~19時45分の出版記念講演会にご招待いたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

「マーキュリー通信」no.4031【ワンポイントアップのコミュニケーション力-194「知らないことがコミュニケーションの障害となる」】


IT時代と言われて久しいですが、IT用語についていけない高齢者も多いようです。
しかし、日常使われている基本用語を知っていないとコミュニケーションの大きな障害となります。

先日、60代後半の高齢者と電話で「そのURLにアクセスするにはパスワードをコピペすればOKです」
「コピペ?」
「copy & pasteの略です」
「?」
「パスワードを指で押して、ペースト、つまり同じ指で押して、貼り付けるだけです」
「???」
結局通じなかったので、会ったときに実演したのですが、それでもきちんと理解できなかったようです。

以前もURLという言葉が通じなかったので、説明するのに難儀しました。

仕事をしている以上、ITの基本単語を知らないと、ビジネスでどんどん後れを取ってしまいます。

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

「マーキュリー通信」no.4029【戦国時代、日本は世界の覇権争いの中心地だった!】


NHKスペシャル「戦国激動の世界 日本」は、日本の戦国時代をグローバルの視点で把握できる番組でした。

戦国時代の世界の覇者はスペインでした。
スペインの国家戦略は、キリスト教の全世界伝道による全世界征服、植民地化でした。
当時中国(明国)の侵略を考えていましたが、その前に日本の侵略を計画していました。

そこでスペインは天下統一のためにデウス神を中心に日本を治めることがベストと考え、戦国武将に近づき武器弾薬との引き替えにキリスト教の布教に努めます。

その課程で信長が最有力の武将と認識し、信長に武器弾薬を供給します。信長は宣教師を利用して、天下統一を進めます。その間、九州地方の大名を中心にキリスト教の布教が進みます。

しかし、日本侵略の宣教師の思惑を見抜き、それから弾圧側に回ります。

信長が暗殺されると、秀吉を次の有力武将とみて、秀吉に近づきます。
秀吉も宣教師の野望を見抜き、途中でキリシタン弾圧に方針転換します。

明国侵略を計画していたスペインフェリペ2世は、宣教師を使い秀吉に朝鮮と明国の支配を提案します。
秀吉は九州地方にキリシタン大名が多数いたので、彼らの一掃のために、朝鮮出兵を決断しました。そして多くのキリシタン大名が討ち死にしました。

ところがスペイン国王フェリペ2世が死にます。その直後に秀吉も亡くなります。

そこで情勢が一変。スペインは今度は次の有力大名である家康に近づきます。

家康はスペインの陰謀を見抜き、キリシタン征伐に動きます。

そこで、スペインは秀吉の遺児秀頼に近づきます。

一方、その頃オランダの商船が長崎に漂流します。
乗船していた商人ウィリアム・アダムス(後に三浦按針と改名)とヤン・ヨーステン(後に八重洲と改名)は九死に一生を得ます。
両名は家康に謁見します。
そこでオランダはスペインとの違いを説明します。オランダはスペインのようにキリスト教を利用して日本を侵略する意図はない。
オランダの願いは貿易と主張。そこで新型兵器大砲の提案をする。

当時、家康は秀頼軍を攻めあぐねていました。
そこでオランダから大砲を仕入れ、大阪城に大砲の弾を撃ち込みます。
大阪城は大打撃を受け、多数の死者を出します。
その結果、秀頼は自刃、豊臣家は滅びます。
大阪の陣は裏でスペインとオランダが暗躍していました。

当時の新興国オランダは日本の銀山に目をつけます。当時の日本は世界の3分の1の産出量を誇る銀大国でした。

武器と銀との交換で大量の銀を仕入れます。ピーク時100トン近い銀を日本から輸入しました。

当時香辛料としての胡椒は貴重品でした。その他、世界の高価な産品産物を手に入れることで、オランダは着実に力をつけていきました。

次にオランダはスペインが支配していたフィリピンやインドネシアの資源争奪のために、戦争を仕掛けました。

その時活躍したのが日本の武士でした。
日本は戦国の世が終わり、多くの武士は失業中でした。
その武士を傭兵として活用することで、オランダはスペインに勝利しました。

その時、日本は銅の有力な産地でもあったので、銅も一役買いました。

この時、キリスト教を利用して世界を征服するというスペインの国家戦略は挫折しました。
代わりに商業を中心とした世界征服によりオランダはグローバル経済の覇者となっていきます。

世界の覇権国家は、スペイン、ポルトガルからオランダ、そして英国へと移っていきます。更には米国が加わります。

その時の国是は白人国家により未開の非白人国家を支配し、その資源と人民を収奪するという考えでした。劣等民族を支配することは神の御心に叶うという勝手な解釈です。

NHKはここまで鋭く世界の歴史を把握しているなら、その次の展開として長年の欧米の夢である中国大陸の支配、その次は日本の侵略、征服という流れが認識できているはずです。

ならば先の太平洋戦争、これは米国の呼び方であり正しくは大東亜戦争は、資源確保という大義名分と欧米列強の人種差別の撤廃とアジア同胞の解放という崇高な国家理念をなぜ報道しないのか理解に苦しみます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

イエス・キリストは、汝のほほを打たれたら、別のほほを差し出せと説きました。
決して人種の色の違いで人を差別してはいけないと説いています。

そのイエス・キリストの教えを曲解した時の権力者、ローマ法王の罪は大きいといえます。
教会の世俗化、堕落が究極的に世界戦争にまで追いやったと言わざるを得ません。
イエスキリストは、そのようなローマ法王は地獄に墜ち、深く反省させられると思っているはずです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.4028【奇人変人が世の中を変えていく-378「コロナショックは人災」】


中国武漢発のコロナウィルスは、世界経済に大打撃を与えています。

それは中国の意図的なものだったのか、それとも過失だったのか意見が分かれるところです。
中国は現地立ち入り調査を認めていないので、まだ推測の域を出ていませんが、意図的なものだと見た方が頷けることが数多くあります。

コロナショックが起こる前までは、トランプ大統領の再選は確実でした。
しかし、中国にとっては米中戦争を仕掛けている過激なトランプ大統領より、民主党の極左のサンダース上院議員又はパットせず中国がてなづけやすいバイデン元副大統領の方がベターです。

最近では黒人を警察官が殺害したことが全米でモデに発展していますが、黒幕は中国と言われています。

その他トランプ大統領再選を阻止する様々な手を水面下で打っています。

一方で中国は、7月1日から中国の完全支配下に置きました。これもコロナショックによりデモがしづらい状況を狙ったものでした。

親中国家にはマスクをばらまいたりしながら中共の陣営に引き込み強化を図っています。

日本に対しては、尖閣諸島に対する侵略の度合いを強めています。

そんな中国に対しいまだ習近平国家主席を国賓と呼ぶかどうかの是非を論じているお粗末な国情です。

こう見ると、コロナショックを契機に、中国の世界征服戦略を読み取ることができます。

さて、中国から逃亡し帰化した中国人楊逸女史による「わが敵、習近平」(飛鳥新社)を読みました。

楊逸女史も、様々な情報を分析して、今回の武漢発のコロナウィルスは、自然界で発生した天災では断じてない。
人為的なものが介在して蔓延した伝染病との結論を出しています。

コロナウィルスは、生物兵器の一種として中国は長年研究を重ねてきましたが、今回はその生物兵器をつかった事件とまでは断定できていません。
もしそれが事実なら、中国は世界中から数百兆から数千兆円の損害賠償請求を要求されることになるからです。

中国共産党の恐ろしさを彼女の生活体験から書き下ろしています。

父親が中学校教員だったため、思想犯の疑いをかけられます。
彼女はハルピン生まれですが、突然一家全員下放を命じられました。
そこは極北の地で、小さなバラック小屋でした。
すきま風が吹いてくる寒い小屋の中で、一家は飢えと寒さに耐えながら過ごしました。

中国共産党の本質は、中国共産主義を世界に普及するためには、手段を選ばないということです。
その為に、ハニートラップ、贈収賄、恫喝、恐喝、殺人等何でもありです。
当然、共産党員は幹部に行けば行くほど多額の賄賂を受け取り、1兆円以上の資産を蓄財しています。

中共は、邪教と断定した法輪功やウィグル、チベット、内モンゴル等の少数民族を虐殺し、その臓器を売買するビジネスが大きな収入源となっています。価格表も公表されているそうです。

中国には世界制覇の為のBGY戦略があるそうです。

B(Blue)、つまり知的に攻めることです。スパイ天国日本に大量にスパイを送り込んでいます。
日本のマスコミは、日中記者交換協定を結んでいるために、反中的な記事は書けないことになっています。
エチオピア出身WHOのテドロス事務局長などはその筆頭格です。

G(Gold)、金を使って各国の要人を籠絡します。
親中派議員、親中政党などそのたぐいです。

Y(Yellow)、ハニートラップのことです。

2011~12年頃、楊逸女史は中共情報部門の高官と何度か会ったそうです。
「米国を潰すためにコロナウィルスを生物兵器として使うことだ。その為の研究開発資金を欧米の科学者に依頼しているところだ」との秘密情報を得たそうです。

その後、コロナウィルスの研究開発は進み、今回の武漢発コロナウィルス事件になったと楊逸女史は確信を深めているそうです。

同女史の著書「わが敵、習近平」(1540円)をご希望の方は、先着1名様に謹呈いたしますので、郵便番号と住所、氏名をご連絡いただけますか。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

それにしても日本政府の対応を見ていると情けなくなります。
本来なら、欧米と協調して損害賠償請求を検討すべきです。
それなのに中国との商売優先する余り強いことをいえません。

多額の損害賠償請求をした方が、中国との商売上のメリットより遙かに大きいことに早く気づいて欲しいです。

それよりも中国に侵略されたらアウトです。
私がもし香港に出張したら直ぐに政治犯として逮捕され、臓器売買の対象とされることになります。
そんなとき、たぶん日本は守ってくれないと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

「マーキュリー通信」no.4026【奇人変人が世の中を変えていく-379「弥生時代から伝染病はずっと大陸から持ち込まれてきた」】


日本は島国ですが、古来から外国、特に中国大陸からの影響を大きく受けてきました。

弥生時代には、朝鮮半島経由様々な文化や技術が伝承しましたが、それと一緒に結核も持ち込まれ、当時18,000人が結核にかかり、2000人が死亡したと言われています。結核は昔の病と思われていますが、現在でも毎年弥生時代と変わらない18千人程度が罹患し、その内1割が死亡しているそうです。

さて、今回の武漢発コロナウィルスも中国大陸から持ち込まれました。そして、今後消滅することはなく、いかに罹患せずコロナウィルスをつきあっていくかがポイントと思います。

7月5日時点で、感染者数は19,522人、内死亡者数977人、死亡率5%。
日本人の人口比0.015%、死亡率0.00078%となります。

一方、インフルエンザの発症数は毎年100万人前後罹患していますが、推定罹患者数は毎年1000万人前後です。つまり年間人口のの10~20%が罹患し、その内、1万人前後死亡しています。
但し、コロナウィルスの影響で、今年は昨年と比べ大きく減少しています。
これはコロナウィルスの影響で国民が感染に敏感となり、マスクを励行した結果といえます。

インフルエンザと比べコロナウィルスの罹患率は50分の1程度です。
死亡率は5倍ですが、絶対数で比べると10分の1です。

従って、コロナウィルスを極度に恐れることはないと思います。
マスクの着用や3密を心がける、テレワークという新しいビジネススタイルを進める、そして何よりも大切なのは抵抗力をつけることです。

コロナウィルスにかかる比率は日本人の人口比0.015%はまさに1万分の1の確率です。
万一、罹っても死亡率5%なのですから、大騒ぎせず、普段から健康的な生活をしていれば、それほど恐れる必要はないと思います。

コロナウィルスでもインフルエンザでも抵抗力のない高齢者が主に亡くなっています。

経済悪化により失業率は増えます。失業率が1%上がると自殺者数が1000人増えるという統計結果が出ています。

従って、withコロナの時代は、経済成長を念頭に入れた国家運営が重要と考えます。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

「マーキュリー通信」no.4025【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-247「あごを鍛える『あいうべ』体操」】


現代人の食生活はあごを使わない食事が多く占めています。
「かーさんやすめ」という標語、つまり
かー:カレー
さん:サンドイッチ
や:焼きそば
す:スパゲッティ
め:麺類
この種のあごを使わない食事を普段していると、あごの機能が衰え、滑舌が悪くなり、歳を取ってから認知症になりやすいと言われています。

そこで、あごを鍛える「あいうべ体操」が重要となります。

あ:口を大きく開けて、「あー」と声を出します。
い:口をヨコに大きく開き「いー」と声を出します。
う:口をすぼめて「うー」と声を出します。
べ:舌を出して「べー」と声を出します。
これを1度に10回、これを1日3回繰り返すことで、あごの筋肉が鍛えられます。

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

「マーキュリー通信」no.4024【マスコミが報道しない習近平の素顔と闇の世界 】


マスコミの報道に全面的に頼ると情報が偏り、判断ミスもしかねないので、それ以外にもいろいろな情報源を確保するようにしています。

今年、国際政治学者藤井厳喜先生のワールドフォーキャストの会員となり、普段マスコミが伝えない情報を有料で入手しています。本日はその一部をご紹介します。

中国習近平国家主席は、胡錦濤前国家主席と江沢民前々国家主席の政治闘争の末、妥協の産物として選ばれました。

彼は小学校程度の知識かなく、無能のためとりあえずお飾りにして次の国家主席を決めれば良いとの意向で決められたようです。

ところが長老の意に反して、習近平独走態勢が始まりました。

中共の基本は、権力闘争と利権です。

第1期習近平体制で、軍閥の利権を徹底的に破壊しました。
230万人の軍人を汚職で追放しました。
その利権を失った軍人から恨みを買い、敵に回してしまいました。

中共で、汚職をしていない軍人や役人はいません。もし、汚職をしていない軍人や役人がいたら、それは無能力者ということです。
その意味で、実績のない無能力者の習近平はそれほど汚職に関わっていないかもしれません。
賄賂をたくさんもらう軍人や役人ほど出世し、その金額は兆を超える天文学的な数字になるそうです。

習近平の最大の誤ちの1つに、2018年3月第2期に移行するときに、憲法改正して、習近平国家主席の終身体制を固めたことでした。

これで多くの長老から反発を買い、習近平国家主席の3期目の可能性はほぼ消えたようです。

習近平の性格は、極めてヒットラーに似ています。しかし、知能レベルはヒットラーの100分の1程度と言われています。

そのコンプレックスを隠すために、外国の国家元首と会うときは、その国ではやった有名な小説を部下に列挙させ、暗記します。
そして、国家元首と会うときは、その小説の名前を列挙するそうです。
当然中身がないので直ぐにばれてしまいます。
英国エリザベス女王に謁見した後、エリザベス女王は「教養のない粗野な人間ね」と直ぐに見抜いてしまいました。

習近平は、中共の共産主義が世界最高の政治システムと信じています。
そして、彼の夢はこのすばらしい政治システムを全世界に普及することです。

オバマ前大統領と会談したときに、世界を米国と折半しましょうと提案して、オバマ前大統領を驚かせたたそうです。

そこから米国は中国の野望を知り、中国に対する警戒心を抱き始め、これがトランプ大統領にも引き継がれています。
今や打倒中共が米国の世論を形成しています。

一方、7月1日に香港国家安全維持法国家安全法が施行され、これで香港の自由と民主主義の芽はつぶされました。

その隠れた目的は、習近平による江沢民派の一掃にあると言われています。
江沢民の孫が香港に住み、数十兆円の資産を隠し持っています。
それを合法的に召し上げることを意図しているようです。

さて、長老の反感をかった習近平の命運は遅くとも国家主席改選となる2022年までと言われています。

その時の体制は、米国が介在した集団指導体制が最有力と言われています。

その為に、米国は30億ドルをかけて、グレイトファイアウォールを破壊する計画でいます。
この壁は、中国のサイバー攻撃、犯罪の核となるもので、これを破壊すれば、中国の片腕をもいだことになります。

これまでも米国はサウジアラビアを始め独裁国家に介入して手名付けてきた実績があるので、この手法は得意とするところです。

米国は、中国富裕層の海外財産を没収する方向で動いています。
この動きを察知して、中国富裕層が今後海外に逃亡するケースが頻発することが予想されます。

彼らの関心事は、カネと権力だけですから。習近平にその求心力がないとみれば、どんどん離反していきます。そして習近平は裸の王様となっていきます。

230万人の軍閥を敵に回した習近平は、今や命すら危うい状況になってきたといえます。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

藤井厳喜先生との出会いは、10年ほど前に講演会で「NHK捏造事件と無制限戦争の時代」を聴講したときです。

中国は軍事力以外にスパイを各国に送り、サイバー攻撃を仕掛けたりしながら、中国共産主義の下、他国を侵略していくことです。

日本はスパイ天国なので中国の格好の餌食となっています。

左翼の反日売国奴的発言が多い政治家、有識者が多いのも中国の戦略の軍門に降っている証左といえます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

「マーキュリー通信」no.4023【人生に勝利する方程式-223「運が良い人ほど信仰心を持っている」】


プレジデント7月17日号で「運が良い人ほど信仰心を持っている」という特集をしました。
2000人にアンケートした結果、「運が良い人ほど信仰心を持っている」とのおおよその結論に達しました。

運が良い人ほどポジティブ思考となり、積極的にチャレンジしようとして、結果的に運を切り開いてきたといえます。

信仰心の深い人は、周囲に感謝し、神仏にも感謝しています。

その結果、対人関係がよくなり、成功する確率が高くなり、そして収入も多くなるという構図のようです。

一流の経営者にも信仰心の深い経営者は、松下幸之助氏始め京セラの稲森和夫氏ら多数います。

私も非常に運の良い人間と思っています。
しかし、若い頃は無神論者でした。
宗教は心の弱い人が頼れば良いと思っていました。

全て自力で人生を開拓してきたと思っていました。

そのピークが三井物産在籍中に創業したテレマーケティングの新会社もしもしホットラインでした。
同社を成功させて三井物産に戻ってきたときの私は天狗になっていました。

そこから転落の道が始まりました。

その頃宗教の大切さを学び、神仏に感謝する自分となり、信仰心を深めていきました。

無宗教の頃の自分は思慮が浅く、人間的に包容力にも欠けていました。

信仰心が深まるにつれ、自分を深く見つめ、人生を深く考えるようになりました。

そして、自分中心だったそれまでの自分から、現在ではいかに自分のこれまでの経験を世の為人の為に尽くしていこうという自分に変わりました。

ちょっとしたことで怒り、感情が揺れ動いていた自分が、今では自分の感情をコントロールし、ぶれない自分作りができるようになりました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

石原慎太郎元都知事も同紙に登場しています。

同氏は、大病を患い人生を真剣に考えるようになり、死とも向き合うようになったとのことです。

その結果、死んだら全ておしまいという虚無の世界を悟ったそうです。

石原慎太郎元都知事のようなスーパーエリートでも、この程度の悟りかと残念です。

死後の世界は100%厳然として存在します。
人間は不滅の魂を転生輪廻させながらこのよとあの世を行ったり来たりする存在です。
これが釈尊が説いた基本思想ですが、現代の仏教の半数は死後の世界すら説かないそうです。

宗教の役割の1つに、引導といって死者を三途の川を無事渡らせあの世へと導いていくことです。
これでは僧本来の職務を否定していることであり、嘆かわしいことです。

このような僧は死後地獄に墜ち、自らの過ちを反省させられることになるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

「マーキュリー通信」no.4022【奇人変人が世の中を変えていく-378「相変わらず偏向報道のマスコミ各社」】


今週日曜日は都知事選挙の投票日です。
今回は、最初から現職の小池百合子都知事が当選する可能性が大のしらけた選挙です。
私自身小池都知事の都政を評価していません。

築地市場の豊洲移転では土壌汚染問題を前面に出して自己PRしてきました。
しかし、結局豊洲市場での土壌汚染問題は特になかったということで、予定より1年遅れて開業。
その間の都の損失は膨大なものとなります。

結局土壌汚染問題に素人の都知事が現場も知らずに、自分の人気をあおるために政治問題化、政治ショー化しただけとなりました。

その後の小池都政の4年間は、結局現場も知らずにトップダウン型でやってきたことが都の職員を翻弄させ、大きなムダを発生させてきました。

都の政治はボトムアップ型が基本です。現場を知らない都知事が思いつきで指示命令を出したら、現場は混乱します。
その結果、都職員の小池都知事の評判は最悪だそうです。

最近女帝小池百合子都知事なる本が出版されました。
小池都知事をよく知る著者ですが、パフォーマンスは一流、しかしハートが通わない人物と酷評しており、およそ都知事には不向きな人物像が浮かび上がってきます。


さて、今回の都知事選には22名が出馬しています。
しかし、マスコミはその内5人に絞り政策を紹介しています。

これでは候補者を公平に扱うというマスコミ本来の姿からかけ離れています。

確かに選挙公報を見るとおかしな泡沫候補もいます。
そういう泡沫候補を新聞社独自の基準を読者が納得する形で説明し、排除すれば良いと思います。

私が応援している幸福実現党七海ひろこ候補の政策は一番評価しています。

1.休業、自粛要請は全面解除
2.各種減税(消費税、固定資産税、法人都民税)と相続税の撤廃、
3.中小企業を守る即時償却の実現
4.中国に頼らない経済、中国コロナの損害賠償請求、台北との友好姉妹都市提携
5.都政のスリム化、規制緩和

上記のように都民、中小企業に寄り添ったすばらしい政策ですが新聞各紙は報道していません。

幸福実現党は立党11年の政党で、地方議員を40名近く輩出している政党です。それにもかかわらず新聞では諸派という泡沫候補扱いです。

これに抗議して、七海ひろこ候補は、先日立候補辞退宣言を表明して、マスコミに抗議しました。
この英断を私は評価しています。
但し、公職選挙法では、公示後の辞退は認められていないので、選挙当日は私は七海候補に1票を投じにいきます。

マスコミは、私がかねがね主張しているマスコミのあるべき姿3Fから乖離しています。

1つ目のF:Fair 事実を公平に扱う。今回の都知事選はまさにunfairです。
2つ目のF:Fakeニュースを流してはいけない。
3つ目のF:Free 国家権力からの自由です。

我々国民はマスコミの報道だけに頼っているとミスリードされ、それが積もり積もって世の中がおかしな方向へと行ってしまいます。

その最たるものが、11年前の民主党政権誕生です。これはマスコミが政権交代をあおったため、国民が踊らされ、その結果、民主党政権が誕生してしまい、国家がダッチロールしてしまいました。

幸福実現党はその時に誕生した政党です。

以来国家のあるべき姿、真に国民が幸福になる政策を掲げて正々堂々と正論を主張し今日に至っています。

有権者から票欲しさの為の政策を掲げる他の政党とは一線を画しているところが最大の違いといえます。

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

「マーキュリー通信」no.4021【奇人変人が世の中を変えていく-377「香港の自由剥奪は決して対岸の火事ではない!」】


香港国家安全維持法が本日正式に施行されることが決まりました。

香港は1997年7月1日に中国に返還されましたが、50年間は1国2制度を維持することを中国共産党政府は国際公約としてきました。それを完全に無視しました。

その結果、香港の自由と民主は完全になくなりました。
もし、中国共産党の批判をしたら、最悪終身刑となり、中国本土に移送され刑務所行きとなります。
しかし、中国共産党のことですから、刑務所内の政治犯を拷問にかけ、獄死させ、臓器移植ビジネスに利用される可能性は大といえます。

大半の日本国民と政治家は対岸の火事のように思っているようです。

しかし、既に中国共産党政府は、尖閣諸島を国有化宣言し、毎日のように艦船を尖閣諸島領海内に侵入しています。
日本政府は、中国とのもめ事を恐れ、領海内での日本漁船の操業を自粛させています。
尖閣諸島は無人島です。
中国の巨大艦船が尖閣諸島に強制上陸して、乗っ取られ実効支配することも時間の問題となってきました。
政府は韓国に竹島を乗っ取られた苦い記憶を思い出すべきです。

中国共産党の暴挙に、沖縄県知事は見て見ぬふりをしています。
極左の沖縄県知事は既に中国の手が回っていると言われています。

又、沖縄の極左2紙(沖縄タイムズ、琉球新報)は、沖縄の新聞の9割以上を占めて、世論をリードしていますが、両紙とも中国に事実上支配されているので、何ら抗議もしていません。

沖縄も既に中国では琉球自治区の扱いとなっており、尖閣諸島を侵略されたら、今の政府の脳天気ぶりを見れば、沖縄も侵略されるのも時間の問題です。

そして、同時並行的に台湾侵略も虎視眈々と狙っています。

もし、この3つを抑えられたら、中東原油や食糧を運ぶシーレーンは中国のコントロール下となります。

その結果、日本は中国に頭が上がらなくなり、経済的ダメージは計り知れないものとなり、株価は大暴落し、日本経済は破綻へと追い込まれていきます。

又、日本の国防は風前の灯火となり、中国の属国化、そして自治区となっていきます。
中国の国家戦略では、中共誕生100年に当たる2049年には、西日本は中国領、東京以北は自治区となっており公にも見ることができます。それは決して絵空事ではなく、この戦略に基づき、着々と日本侵略計画を進めています。

その時日本は、香港同様自由と民主主義は失われます。当然信教の自由は認められなくなります。
中国政府批判をすれば、刑務所行きとなります。最悪拷問の挙げ句の果て殺されます。

中国に侵略された3つの自治区、ウィグル、内モンゴル自治区、チベットでは、今でも少数民族の虐待と殺戮が続いていることをもっと日本人は知るべきです。

欧米では、中共政府のことを、史上最悪の犯罪者、殺人狂国家と言われ始めています。
そんな国と経済最優先、政経分離のタテマエを貫いて、今後も日本はつきあっていくのでしょうか。

今後は、台湾が世界政治、とりわけ日本にとって最重要の国となります。
今こそ、日米台湾の政治経済軍事の連携を密にして、中国包囲網を強化し、日本を守っていくべきと考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

米国を始め欧州の多くの国では共産党は非合法です。

共産主義の恐ろしさを認識しているからです。

それなのに日本では未だに共産党が合法政党として存在しています。
日本共産党は、天皇制打倒、そして中国の傀儡政権ができたら政権の座につく計画を持っています。

その場合には、天皇の処刑のリスクも出てきます。

中共が日本侵略を開始したら、その時は猛威を奮って暴れまくることは明白です。
そうなると今の中国ウィルスどころの脅威ではありません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »