« 「マーキュリー通信」no.4060【京大上久保教授「コロナショック終焉説の疑問に答える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4062【クリエイティブに生きる-37「発想の転換が大ヒットにつながる」】 »

2020年8月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.4061【ワンポイントアップの幸福力-11「恐怖心を消去する」】


コロナショックのマスコミの過激報道で国民はすっかり恐怖心を植え付けられています。

一方、京大上久保教授のyoutube投稿「日本人はコロナウィルスに対する免疫力が既についており、コロナショック前の生活に戻って大丈夫」には感謝です。

コロナショック一色の日本列島で、上久保教授の勇気ある言動を高く評価します。

昨日「マーキュリー通信」でもお伝えしましたが、上久保教授は外出しコロナウィルスに接触することで、逆に免疫力がつく。
日常生活の中で、我々はコロナウィルス以外にも多くの目に見えないウィルスや細菌と接触しています。当然、検査をすればウィルスや細菌が手についていることが分かります。
そして、それらのウィルスや細菌が口から体内に侵入しても、通常は免疫力があるので、発病しません。
コロナウィルスもそれと同様です。

逆に無菌状態、引きこもり状態で外出しないと免疫力がなくなり、却ってコロナウィルスに罹りやすくなってしまう。

また統計的にもコロナウィルスで亡くなる日本人は13万人に一人の確率です。いたずらにコロナウィルスに恐怖を抱く必要はないと考えます。


こういう科学的データを基に上久保教授は検証しています。

一方、恐怖心は免疫力低下につながります。

これを機に、コロナウィルスに対する不安を解消することで、恐怖心を消去することができます。

その結果、心がすっきりします。そして、外出してもコロナウィルスの恐怖を自然と忘れるようになります。


いずれにしろ、政府も水面下でコロナウィルス問題をチェックしていると思います。

半年近くに及ぶマスコミのコロナウィルス報道に国民は食傷気味です。

そんな国民の空気を察して、マスコミもそろそろ「コロナショックからの解放記事を報道し始めると思います。

その結果、政府も空気が変わったことを読み、withコロナと共生しつつも、コロナウィルス前の生活に戻って良いとの発表が秋口にはあるものと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

上久保教授のyoutube投稿以降、私も自らに解除宣言をしました。
最近はカラオケボックスで歌を唱ったり、ラクーアに出かけたりしてストレスを発散しています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.4060【京大上久保教授「コロナショック終焉説の疑問に答える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4062【クリエイティブに生きる-37「発想の転換が大ヒットにつながる」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4060【京大上久保教授「コロナショック終焉説の疑問に答える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4062【クリエイティブに生きる-37「発想の転換が大ヒットにつながる」】 »