« 「マーキュリー通信」no.4101【生涯現役社会が日本を救う-108「東京都の80歳以上人口、100万人突破!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4111【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-126 間違った和製英語ホックの語源は?】 »

2020年9月22日 (火)

「マーキュリー通信」no.4102【奇人変人が世の中を変えていく-389「やはり武漢発コロナウィルスは中国が意図的に全世界にばらまいたモノ!」】


香港在住の女性科学者は、武漢ウィルスの件で中国から「余計なことを話すと殺すぞ」と脅かされていました。しかし、この度米国に亡命し、武漢コロナウィルスは、人民解放軍第3軍医大学南京軍区軍事医学者が研究開発してきたコウモリウィルスから人為的に作ったモノと発表しました。

一方、MIT(マサチューセッツ工科大学)の女性科学者も、武漢コロナウィルスは人為的に作られた可能性が極めて高いと発表しました。

それでは人為的に作ったコロナウィルスを何のためにばらまいたのか。

これはまだ推測の域を出ませんが、習近平国家主席による実験と考えられています。
実験の結果、全世界で3000万人が感染し、94万人が死亡しました。
実験の成果は充分あったと習近平は確認しました。
中国が今後覇権国家として世界に君臨するためには、コロナウィルスの実験効果はあったと判断できます。

中国は、食糧難、エネルギー不足に直面しています。

そこで世界の人口減を企んでいるとの情報も得ています。
コロナウィルスにより中国でも多数の高齢者が死亡しています。高齢者をコロナウィルスにより殺せば、年金財政の負担軽減となります。
共産主義国家中国では、人間はモノですから、役に立たなくなった人間にわざわざ年金を与えることは無駄と考えています。

コロナウィルスの実験に成功した習近平は、次は本格的にコロナウィルスによる全世界殺傷計画をもくろんでいるとも言われています。

現在全世界の人口は78億人です。これを50億人まで減らそうと言う計画です。当然、多数の中国人も死にます。習近平は、増えすぎた中国人すら億単位で減らそうと思っているようです。

現在、武漢発コロナウィルスは収束の方向に向かっています。

しかし、第2波は、習近平が本格的にコロナウィルスを使って、全世界の人口減少と覇権国家を目指して実施する可能性は否定できません。

中国は核大国です。しかし、核攻撃は目立ちすぎ、報復も怖いです。

従って、誰がやったか不明のコロナウィルスなら、今回同様うやむやにすることも可能性です。

現在、中国には大地震、大洪水、バッタの大群等天罰が下っています。

本日のメルマガは荒唐無稽に思える読者も多いと思います。

しかし、知能レベルが小学生程度の習近平、彼が世界の最大のリスクであることも認識しておく必要はありそうです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

共産主義国家の高齢者はコロナウィルスで殺されてしまう。
その点、日本の社会主義制度はいろいろと問題があるものの、我々日本人は幸福ですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.4101【生涯現役社会が日本を救う-108「東京都の80歳以上人口、100万人突破!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4111【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-126 間違った和製英語ホックの語源は?】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4101【生涯現役社会が日本を救う-108「東京都の80歳以上人口、100万人突破!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4111【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-126 間違った和製英語ホックの語源は?】 »