« 2020年9月 | トップページ

2020年10月

2020年10月28日 (水)

「マーキュリー通信」no.4134【奇人変人が世の中を変えていく-394「騙され続けるお人好し日本は消滅危惧国家となってしまう!」】



国際問題アナリスト藤井厳喜先生の「騙される日本人」(PHP研究所)を読みました。
まずは大東亜戦争。この呼び方は米国占領軍GHQに禁止され、太平洋戦争と言うよう義務づけられ、未だに使っています。
大東亜戦争は、当時の米国大統領フランクリン・ルーズベルトによって仕掛けられたことが現在では実証されています。

当時、ヒットラーのドイツに脅威を持っていた英国チャーチル首相がソ連のスターリン、そして蒋介石がルーズベルトに働きかけ、日独伊の悪の枢軸国家をたたくために日本に真珠湾攻撃を仕向けるように仕掛けました。
その為に、資源小国日本は自衛戦争のために、やむなく米国と戦わざるを得ませんでした。
日本軍による真珠湾攻撃のニュースを聞き、当時のチャーチルやスターリンは「これで第二次世界大戦で勝利した」と喜び、祝杯を上げたそうです。

大東亜戦争という呼称を禁止したのは、日本の掲げる理想大東亜共栄圏を否定するためにです。当時は欧米の人種差別と植民地主義全盛の時代でした。
欧米のアジアの植民地支配からアジア同胞を解放する理念を掲げました。日本は戦争に敗れはしたものの大東亜共栄圏の理念に基づき戦後アジアの同胞は次々と独立していきました。
従って、日本によるアジア侵略は全くの虚構でした。

次に中国侵略。日中戦争は実際にはほとんどしていません。毛沢東率いる中国共産党と蒋介石の国民党の戦いがメインでした。
毛沢東にはスターリンが支援し、蒋介石には米国が軍事的支援をしていました。
日本は毛沢東の共産党を応援していたので、毛沢東からは感謝されているくらいです。
毛沢東の中共は1949年に誕生しますが、反日は掲げていませんでした。だから1972年に日中共同声明い基づき1978年に日中平和友好条約が締結されたわけです。
その頃は靖国神社参拝は天皇陛下、首相始め年中行事として行われていました。

反中を掲げたのは第2世代江沢民国家主席以降です。
江沢民は事実無根の「中国は日本に侵略された」と主張し、心優しい日本人はそれを受け入れてしまったので、以後反日の材料として使われています。

更には事実無根の南京大虐殺事件等も歴史教科書に掲載される有り様です。
なお、毛沢東は南京大虐殺事件に関しては一切触れていません。当時は存在していなかったので当然です。これに火をつけたのが朝日新聞の世紀の大誤報事件からです。

そして東京裁判による侵略国家日本の責任追及。
これも現在では米国も間違っていたというのが共通認識です。
戦争犯罪を犯したのは東京を始めとした大空襲と広島、長崎への原爆投下による数十万人の民間人を殺戮したことです。
本来なら侵略国家は戦勝国である欧米です。その罪を日本になすりつけて現在に至っています。

そして現在未解決の問題が米国から押しつけられた占領時代の日本国憲法。
当時は日本を二度と戦争させないために、国防さえ認めませんでした。

本書が出版されたのは2006年、当時日本はGDP世界第2位の大国でした。
中国の軍事力はそれほど脅威ではありませんでした。

しかし、その後中国は日本から日中友好という美名の下にODAを中心に多額のお金を巻き上げ、それを軍事力強化に使ってきました。
米国からは軍事技術を盗み、不公正な貿易で焼け太りしてきました。
もはや中国の軍事的脅威は看過できぬ状況となってきました。

それでも14億人の中国市場に目がくらみ媚中、親中を掲げる政党や議員、そして企業が多数存在します。

11月3日は米国大統領選が行われますが、トランプ大統領が勝てば米中戦争は加速化し中共は滅びていきます。

バイデンが勝てば、中共は復活し、日本は中共の植民地となる可能性が大きくなってきます。

そういう世界情勢を一変する戦いにもかかわらず、相変わらず次元の低い報道をしている日米のマスコミにうんざりです。

今回の大統領選は自由、民主そして信仰を守る神の使者対無神論の拝金主義者との戦いと認識すべきです。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

「マーキュリー通信」no.4133【クリエイティブに生きる-43「消滅危惧都市から見事復活した池袋」】



10年ほど前には豊島区は出産年齢人口が少ないために消滅危惧都市に指定されました。その危機感から池袋を中心に豊島区はいろいろな策を打ってきました。

豊島区新庁舎は超高層マンションを建設し、上階の部分を売却して新庁舎建設資金に充当し、豊島区方式として話題を呼びました。

旧庁舎跡地には、芸術文化施設HAREZA(ハレザ)を始めとした複合施設を建設して、若者達の人気の町に変えようとがんばっています。

また、新庁舎の近くには南池袋公園を造り、若い夫婦を中心とした区民が多数集まっています。
その近くのグリーン大通りには昼夜問わず、露店を出して、人の動きを誘引しています。

更には、テレ東と組んでバーチャル池袋計画を進め、バーチャル池袋建設により、自由空間を演出しています。

現在池袋駅が東西を分断していますが、将来的には池袋駅を横断橋がまたぐ計画があります。

こうなると池袋は一気に魅力的な町に変身していきます。

豊島区と民間が一体となって消滅危惧都市解消を進めてきた結果、豊島区の人口は増加に転じ、現在29万人台、まもなく30万人の大台に手が届く見込みです。
何よりも6歳以下の子供が増加に転じたことが最大の朗報といえます。

お役所でも危機意識を持って民間の意見を取り入れながら行政に当たれば様々なアイデアが湧いてきて、行革につながる好例といえます。

元豊島区民としてはうれしい限りです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

大阪市が大阪都構想に再チャレンジ中です。
はっきり言って私は反対です。
ある程度の地方分権は必要です。
しかし、愛知県の大村知事のような県民の感覚から遊離したとんでもない知事が出てきます。県民が立ち上がりリコール運動を展開中ですが、責任をとって辞めて欲しいです。

また、沖縄県玉城知事は極左であり、中国の手先として中国侵略を誘導しています。
こういうとんでも知事が出てくると、日本の国防危機にもつながります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

「マーキュリー通信」no.4132【米国大統領選でウルトラCのオクトーバーサプライズ!!】


米国大統領選バイデン候補は、長年利権構造で焼け太りしてきた議員ということが分かりました。
その結果バイデン一家は大富豪へとのし上がってきました。
ロシア、ウクライナ更には中国との利権構造が浮かび上がってきました。

そして、この度FBIが中国との汚職疑惑で摘発を始めました。
放蕩息子でビジネスキャリアが乏しい息子のハンター・バイデンを通じ投資会社を設立し、そこから巨額の利益を上げました。

更には、米軍の機密情報を中国側に渡したとの疑いで捜査の手が伸びています。
もし、事実なら米国史上最大のスキャンダルとなります。

バイデンは一応否定していますが、もしバイデンが大統領になって有罪判決となったら当然大統領は辞任となります。
その時、副大統領候補のハリス女史が大統領に繰り上がることになります。彼女は極左主義者で、もし彼女が大統領になったら米国は衰退の一途をたどり、世界経済にも影響していきます。

場合によっては、バイデンは責任をとって大統領候補を降りるということもあり得ます。

それにしても民主党はこんな汚職政治家をしっかりと調査もせずに大統領候補にしたものだと呆れます。
バイデンは政治家としてもほとんど実績がありません。金を儲けることには長けていたようです。
従って、今回の選挙はトランプ大統領対アンチトランプ大統領の戦いとなっています。利権構造にメスを入れて規制緩和を図ったトランプ大統領憎しで米国利権構造の大企業とそれに連なるマスコミはトランプ大統領降ろしに躍起になっています。

さて、今回の一連の流れを観ると、中国発コロナウィルスは、習近平が仕掛けた可能性が高まってきました。彼の策略が見事当たり、コロナショック前は再選当確だったトランプ大統領の再選に黄色信号がともっています。
うがった見方をすれば中国と利権構造でがっちりとスクラムを組んでいるバイデンがニューヨークをターゲットにコロナウィルスを誘導したことを否定できません。

大統領選まで後8日、汚職政治家バイデンが完敗することを切に祈るしかありません。

バイデン疑惑に関するyoutubeは下記URLをクリックしてください。

https://the-liberty.com/article/17702/

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

一昨日土曜日のBS日経プラス10の週間ニュースは大統領選が主な話題でした。
そこでもバイデン疑惑が議論されたが、大したニュースでないと片付けられてしまいました。
その他、マスコミ報道でも本来大スクープになるはずのニュースが採り上げられていないのは、何か陰の圧力があるのかも知れないと勘ぐりたくなります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

「マーキュリー通信」no.4131【"ワンポイントアップの幸福力-12「恐怖心の克服」】


子供の頃に知り合いのおじさんから汗が眼に入って目が見えなくなったと言われました。そのおじさんの眼は今でも目に焼き付いています。
それ以来、汗をかいて眼に入ると子供の頃の事を思い出します。

コロナ禍の報道を連日マスコミは行い、国民はすっかり恐怖心を植え付けられてしまったようです。

京都大学上久保教授が7月に発表した日本人免疫説では、既に日本人はコロナウィルスの免疫力がついているのでコロナショック以前に生活に戻って良いとのことです。
適宜外出し、コロナウィルスを受け入れることで、コロナウィルスに対する免疫力がつくそうです。
逆に家に閉じこもり、外部と一切遮断している生活をしていると免疫力がつかず、第2波が来たときに、感染しやすくなるとのことです。

私は上久保教授説を信頼して、現在行動をしています。もちろん元気に生活しています。

恐怖心は、免疫力の低下につながります。恐怖心の払拭も第2波対策になります。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日の産経新聞にシルバー川柳が載っていました。時節を反映していて思わず笑い転げました。

「ばあさんの手作りマスク 息できず
「円満の秘訣 ソーシャルディスタンス」
「武勇伝 俺の話は無観客」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

「マーキュリー通信」no.4130【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-112「男の記憶、女の記憶」】

 

秋冷の訪れと共に気温がだいぶ下がってきました。
そこでここ2~3日は冬掛け用のダウンの布団を1枚掛けて寝ることにしました。
寝るときは丁度心地よいのですが、朝起きてみると意外と寝汗をかいています。
寝汗から風邪を引くこともあるので、妻は気遣ってくれます。

妻の話では、昨年は暖冬のせいか中くらいのダウンの布団に毛布をかけて寝ていたそうです。
私には全く記憶にありません。
本日は天気も良いので妻は布団を干したり、パジャマを洗ってくれます。そんな妻に感謝です。

最近、独居老人が増えています。
こういう時こそ妻のありがたみを感じます。

少子高齢者社会が益々進展していく中で、私はシニアとシングルマザーが共生するコミュニティ・ハウスユートピア館の建設を計画しています。

これが完成すれば独居老人の数が少なくなり、社会問題解決の一助になればと思っています。

私が投じる一石は小さいですが、小さいところから一歩ずつ駒を進めていきたいと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私はこれまで「年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハ ウス」を計画していました。しかし、東京都ではシェアハウスのニーズがあまりないことが分かり、シニアとシングルマザー向けコミュニティ・ハウスに方針変更しました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昨日昼間の「生涯現役社会が日本を救う!」ズームセミナーには100名近い人が参加しました。
次回は30日(金)20時~21時半です。ログインID9301822900 パスワード DEC3377

なお、同書は初版がおかげさまでほぼ完売となりました。

この度増刷しましたので、著者サイン入りの同書を、1540円のところを1500円でお譲りいたします(送料込み)。

ご希望の方は、下記住所に普通郵便に1500円または切手を同封して送っていただけますか。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324 菅谷信雄

また、LINEペイでもOKです。
振込をご希望の方は、ジャパンネット銀行本店営業部(店番号:001) 普通7482176 (有)マーキュリー物産にお願いします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

「マーキュリー通信」no.4129【ワンポイントアップの人間力-173「1日1日を輝かして生きていく」】


今朝も階段を上る前にマンションの庭を散策しました。
すると紅葉やその他の木々の葉が赤く染まっているのに気づきました。
樹木でも来たるべき冬に備え、今年も葉を赤くし、そして散っていきます。
そして、1日1日を輝かして生きているんだなあと気づかされました。

それなら人間である自分も木に負けずに1日1日を輝かして生きていくことの大切さを学びました。

本日は拙著「生涯現役社会が日本を救う!」のズームセミナーです。
100名近い人が参加予定ですが、参加者のためにもこれまで蓄えてきた知識や経験を皆様のお役に立てたらという気持ちで臨みたいと思っています。それが1日1日を輝かして生きていくことだと思います。

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

「マーキュリー通信」no.4128【国債1100兆円なんて怖くない!】


元大蔵相の官僚高橋洋一氏が「99%の日本人が分かっていない国債の真実」(あさ出版)を出版しました。

国債1100兆円を国民一人当たりに換算すると900万円近くになります。
財務省は、これは大変だ!後生につけを残すことなる。だから消費増税が必要だという論理展開をしています。

しかし、国債のプロの高橋洋一氏から観れば、これは詭弁に過ぎないと論破します。

一般家庭なら仮に4人家族で3600万円の借金は大変です。
しかし、国の借金である国債は企業と同じです。

一流企業なら銀行がこぞってお金を貸したがります。融資するだけの十分な信用力があるからです。

政府は国債を金融機関に売却します。現在の金利は最低金利の0.05%に張り付いています。もし、政府の信用がなければ、金利は上昇していきますが、ずっと最低金利で張り付いています。
ゼロ金利時代の現在、金融機関は一番信用のある政府に貸したがっているのが現状です。仮にその利ざやが0.04%の薄利でも、1100兆円という巨額になると4400億円の巨額利子収入となります。銀行にとっては一番の収益源となります。

一方、金融機関が買い取った国債の大半を日銀に買い取る仕組みを取っています。日銀はここで利子の収入を得ますが、その分は国庫に納めることになっています。

また、日銀は政府の100%子会社ですから貸借対照表を合算すると債権債務が相殺されます。

これが政府の錬金術の手の内となります。

国債のことを赤字国債と言ってマイナスのイメージがついています。

しかし、消費需要が伸び悩みの時は、国債を増やすことで、民間需要を増やすことができます。

高橋洋一氏は消費不況の時に消費増税は最悪の政策であり、やってはいけないと断言します。

ではなぜ財務省が消費増税に固執するのでしょうか。
それは消費増税により予算配分の時に各官庁に対する権力を持つことになるからです。財務省役人の天下り先に金融機関だけでなく各省庁に天下りのルートをつけたいからです。

各種評論家は財務省のご意見番です。マスコミも財務省には逆らえません。
こうやって財務省は消費増税止む無しという国民的ムードを高めていきます。


さて、高橋洋一氏の主張はここまでです。

現在の金融機関は金融機関本来の使命を放棄しています。
すなわち、国民から預かった貴重な預金は産業の発展の為に融資していくのが筋です。
単に国債に投資するだけなら、郵貯の役割です。

本来のあるべき姿を放棄している金融機関は今後フィンテックの発達と共に淘汰されていきます。
そして、そこに働く超エリートサラリーマンもリストラで退職しても働き口に四苦八苦する大失業時代が到来することを認識すべきと考えます。

最近みずほ銀行が週休3日、4日制度を提案し、副業を奨めています。
これもその地殻大変動のうねりの始まりといえます。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

「マーキュリー通信」no.4127【奇人変人が世の中を変えていく-393「来年の出生数はコロナの影響で70万人!」】


コロナ禍の影響で来年の出生数は昨年の86.5万人を20%程度下回る70万人程度との発表が厚労省よりありました。

マスコミが連日コロナ禍の報道をするので、国民はすっかり洗脳され、家族同士の3密を避けて、その結果出生数の大幅減少につながっているようです。

今年の7月に京都大学上久保教授が、日本人はコロナウィルスの免疫ができたので、普通の状態に戻って良いと発表しました。

事実、重傷者数と死亡者数は、上久保教授の発表通り大きな社会問題とはなっていないようです。
基礎疾患がある人や免疫力が衰える高齢者にコロナウィルスの影響は他の疾患と同じで死亡率は高くなります。
人間は全員必ず死にます。加齢に伴い死亡リスクが高くなります。それをコロナウィルスと結びつけて報道すること自体いたずらに国民の不安をあおり、恐怖に陥れます。

もうここら当たりでコロナウィルス関連の報道は止めたらいかがですか。どうしてもしたいなら、他の主な疾病(癌、インフルエンザ、脳梗塞、心疾患等)のデータと併行して発表したらいかがですか。
それなら国民は納得します。また、手洗いやマスクの習慣は今後寒くなるにつれインフルエンザリスクが高くなるので、それを抑える効果が期待できます。

一方で、政府はコロナウィルスの心配を払拭すると同時に出生数を大幅に上げる政策を大々的に実施したらいかがですか。
デジタル庁も良いですが、子供庁を新たに創り、抜本的改革をしない限り、少子化は今後更に深刻な問題となっていきます。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

「マーキュリー通信」no.4126【ワンポイントアップの人間力-173「未熟であると思えば伸びしろが大きい」】


今月から始まった「35歳の少女」(日テレ 毎週土曜日22時)は、我々大人が忘れていたモノに気づかせてくれる好番組です。

柴咲コウが主役を演じる35歳の望美(のぞみ)は25年間意識不明で寝たきりでした。
10歳の時に自転車事故で死を宣告されました。
しかし、母親(鈴木保奈美)の懸命な看病の甲斐あって一命を取り留めます。そして、25年後に奇跡の復活を果たします。
しかし、望美の心は10歳の少女のままです。但し、外見は35歳の女性です。

一方、過去25年間で望美の看病を巡り家族間に不協和音が流れ、夫婦は離婚。妹(橋本愛)は家を出ます。

しかし、その事実を望美の為と思い隠します。
一家離散した家族は、純粋無垢な望美の心に救われ、自分たちのエゴ、偽りの自分に気づき始めます。
そして、ばらばらになった元家族が望美を通じて1つになっていきます。

本ドラマを通じ、日頃忘れている多くのことを学びます。
10歳の子供は未熟です。しかし、その分”伸びしろ”は大きいです。未熟であるほど伸びしろが大きいといえます。

人間は大人になるに従い心身共に成長していきます。
体の成長は20歳程度で止まります。しかし、心の成長は一生続くはずです。
しかし、いつのまにか素直さに欠けるようになり、自分の経験を通じて物事を見るようになります。自分は熟したと勘違いします。
しかし、熟したと思った瞬間、伸びしろは無くなります。
しかし、最後まで未熟者と思えば、死ぬまで、心の伸びしろは留まることはありません。

ドラマ「35歳の少女」を通じて、毎週学ばせてもらっています。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

「マーキュリー通信」no.4125【ワンポイントアップのコミュニケーション力-197「お金で途端にコミュニケーションが良くなる人は信用できない」】


取引先Y社の社長とはほとんど連絡が取れません。
ところが先週同社に商品の発注する旨LINEで伝えました。
すると直ぐに返事が返ってきました。
同社の金払いは悪く、支払い遅延で取引先からかなりの苦情があることを私の耳にも入っています。

従って、私からの支払いは干天の慈雨になるかも知れません。

しかし、お金で途端にコミュニケーションが良くなる社長は信用できませんね。
結局、「金の切れ目が縁の切れ目」こういう人生を歩んできたのでしょうね。

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

「マーキュリー通信」no.4124【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-250「健康診断の数値に踊らされない健康生活を心がける」】


10月30日号のプレジデント誌で健康診断の数値「70万人調査の衝撃!」は現在の医療行政の問題点を浮き彫りにしていました。

一番参考になったのは、人間ドック学会基準範囲によると各データは加齢に伴い上昇するということです。

例えば、血圧、健康な男性の上限値は20代で140強ですが、彼に伴い徐々に上昇していき50代で160となります。女性も似たような傾向をたどります。
それを厚労相が一方的に上限値を130まで引き下げたため、高血圧症と認定された「患者」が5倍に急増しました。
これで医者は、合法的に投薬できるようになりました。しかし、血圧降下剤を長期間服用すると肝機能、腎機能の低下、脳梗塞のリスクが高まります。

コレステロール値も同様に健康な男性の上限値は20代で150弱ですが加齢に伴い徐々に上昇していき50代で200弱となります。
私の場合、以前の健診で200を超え、要注意マークがつきましたが、特に問題ないそうです。
なお、LDLコレステロールを悪玉コレステロールと呼ぶこと自体間違っています。LDLコレステロールは生命維持に必要不可欠です。従って、基準値以下になると生命に影響を及ぼします。
また、私の場合善玉コレステロールといわれるHDLが毎回35前後で基準以下と診断されます。しかし、同学会の判断基準によると下限値を上回っているので問題ないようです。

私は以前バリウム検査を受けていました。しかし、バリウムを飲むことは健康上良くないし、X線写真撮影は癌リスクが高まるので、最近は止めました。

また今年はコロナ禍の為、健診を受けることを見送りました。
毎日健康生活を実践している私にとり健診は不要と判断し、来年以降も受けないことにしました。

但し、大腸癌の検診は1年半に1度受診することにしています。前回も小さなポリープが見つかり、摘出してもらいました。

なお、生活習慣病の有無をチェックするのが健康診断の健診といい、大腸癌の有無をチェックすることを目的に受診することを検診といいます。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

「マーキュリー通信」no.4123【私のヒューマンネットワーキング-47「一期一会を大切にする」】


私の現在の人脈の大半は一期一会の上に成り立っています。

子供の頃から現在に至るまで、人との出会いは一種の一期一会といえます。

私の人脈の作り方の1つに異業種交流会の活用があります。
異業種交流会で名刺交換しても、大半の人は明日になれば名前と顔が一致しなくなります。

そこで私はメルマガを活用しています。
名刺交換した中でこの人と今後もおつきあいしていきたいと思う人にはメルマガを送ります。
その中からメルマガファン層が出てきます。私がその人のことを忘れていても、相手はメルマガを通じて覚えていてくれます。メルマガの感想を送ってくれたりもします。

そして、私の異業種交流会に参加したり、別のビジネス等で縁が深まっていきます。

一方、街角で友人知人にばったり出会うこともあります。

久しぶりなら最新の名刺を渡して近況を簡単に報告します。更に縁を深めたい場合には、別途会う約束をしたりします。

一期一会を大切にすることでヒューマンネットワーキングがどんどん広がっていきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

4月に出版した「あなたの人脈力10倍アップの極意」の著者在庫がなくなってしまいました。10冊単位で購入する方も多く、あっという間に著者在庫100冊がなくなってしまいました。

その後も私のサイン入りを希望する人が多く、この度出版社から追加で100冊を直接購入しました。サイン入りをご希望の方は送料込みで1540円を1500円でお譲りいたします。
支払い方法はLINEペイまたは下記住所まで普通郵便で現金1500円または切手1500円分を送っていただけますか。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324 菅谷信雄

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

「マーキュリー通信」no.4122【奇人変人が世の中を変えていく-392「だからマスコミの中国情報は信用できない」】


米国のPew Research Centerが主要先進14カ国で、中国に対する好き嫌いの感情を調査した結果を10月6日に発表しました。
全世界平均で、嫌いが平均73%でした。第1位は日本の86%でした。
日本は2002年には中国を好きが55%で嫌いの42%を上回っていました。

しかし、その後民主党政権時代の尖閣諸島事件で中国嫌いが加速し、ずっと嫌いのままです。

また、米国も2002年には中国を好きが65%と嫌いの16%を圧倒的に上回っていました。しかし、その後好きが徐々に低下し嫌いが徐々に上回っていきました。そして、トランプ大統領になってから好き嫌いが逆転し、今年のコロナショックで中国嫌いが加速化し、71%となり、好きの22%を大幅に上回りました。

親中国家と観られている韓国も2002年には親中派が10%上回っていましたが、その後嫌中となり、コロナショックで一気に中国嫌いとなり71%と25%です。

特に習近平政権になってから世界第2位のGDP大国になりながら、先進国の技術を盗み、国際貿易秩序を破り、更にはウィグル、内モンゴル、チベット民族の虐殺が世界的に知られるようになり、中国嫌いが加速化しています。

つまり隣国の日本は尖閣諸島事件で一気に中国嫌いになったのと違い、他の先進諸国は共産主義国家中国の本性を見抜いての嫌いという点が基本的に異なります。

日本のマスコミは全体主義国家中国の問題点を正確に国民に伝えていません。
今回の米国のPew Research Centerの調査結果も報道していません。

これは日本の政治、マスコミ、学会の根本的利権構造に問題があります。

日本のマスコミは日中記者交換協定があり、中国に都合の悪いことは報道できません。それをすると中国から出入り禁止措置となるからです。その協定を破った産経新聞は出入り禁止となりました。だから産経新聞の報道は比較的信用できます。

先日、日本学術会議の次の委員を菅首相が任命を拒否したことが話題になっています。日本学術会議のメンバーも中国から資金的な援助を受け、中国のPR団体へと堕しています。彼らを追放した菅首相の勇気にエールを送ります。

一方、政治家では媚中派議員や政党も中国との利権構造に組み込まれており、彼らの中国情報は全て中国の代弁者であり信用できません。

今や日本で中国通といわれている人や団体、企業は中国との利権構造、癒着でがんじがらめと観た方がよく、信用できません。

これまでは香港情報が信頼できましたが、中国の支配下となった香港情報は信頼できません。

代わって今後は台湾が信頼できる情報源としてますますクローズアップしてくることになると思います。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

先日、在中の台湾人がスパイ容疑で中国当局から逮捕されました。
これも全くでっち上げで、日本のマスコミは真偽も確かめずに、それを右左流していました。

だからマスコミを通じて流れる中国情報はかなりバイアスがかかっていると思った方が良いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.4121【クリエイティブに生きる-42「固定観念を外す-2」 】


私の年代はメガネは目が悪くなったら仕方なくするもので、なんとなくかっこう悪いものというイメージでした。

しかし、その固定観念を打ち破ったのがガッキーこと新垣結衣の大ヒットドラマ「逃げ恥」でガッキーと共演した星野源でした。
逆にメガネを外した星野源を観ると何となく締まりがないイメージです。

メガネは格好悪いというイメージを払拭して急成長しているのがメガネのJINSです。田中仁社長は安価でファッション性の高いメガネ+ブルーライト防止等の機能をつけて大ヒットさせました。

メガネ業界は安売りで飽和市場と思っていたのですが、その固定観念を見事打ち破りました。メガネをファッションと捉えるなら、市場はいくらでも拡大していきます。

最近ではメガネの似合うタレントをよく見かけます。田村淳、そして山里亮太の赤い縁のメガネも印象的です。

女性では滝沢カレンが「滝沢カレンの何でも聞いて」という番組でメガネをけけて知的に見せようとしています。しかし、やはり彼女はメガネがない方がすてきです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダ駐在員時代に一番親しかった公認会計士のアンダーソン夫妻の、アンダーソン夫人がガンでなくなった旨娘のバーバラから手紙が今週届きました。

アンダーソン夫人は、メガネがとても似合う知的美人でした。
享年87歳、ご冥福を祈ります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

「マーキュリー通信」no.4120【未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを-93「本日は日本に初めて鉄道が開通した日」】

明治治4年(1872年)10月14日、日本に初めて新橋~横浜(桜木町)間に鉄道が開通した日です。

推進者は、明治維新の元勲大隈重信と初代総理大臣伊藤博文でした。
伊藤博文は、渡欧して日本と欧州の国力の差を実感しました。

そこで、新日本の発展には鉄道建設が不可欠との結論に達し、大隈重信と鉄道建設を推進します。
アジアでは既に鉄道建設が実施されていました。しかし、欧米の植民地支配の一環として鉄道建設とその後の経営権を握っていることが分かりました。

そこで、二人は鉄道会社の経営権を日本が持つことに同意する英国を選びました。

しかし、鉄道建設に明治維新の元勲、西郷隆盛と大久保利通が反対します。
日本には鉄道建設する資金的余裕がない。最優先にやるべきことは欧米に侵略されない国防の強化でした。

大隈と伊藤は当時の最高権力者公家の岩倉具視の了解を取り付け、鉄道建設にこぎ着けます。

しかし、西郷は薩摩藩邸を通過する建設地域の工事に反対します。

そこで、伊藤博文と共に渡英した長州5(ファイブ)の一人井上勝が海岸沿いに線路を敷けば良いと提案します。

幕末にペリー来航時、江戸幕府はお台場を埋め立て、砲台場を建設しました。
その時の土木技術が役立ちました。
こうして、新橋~品川の2.7kmは海岸沿いを埋め立て、鉄道建設が完成しました。

大隈重信は、国威発揚の場として、天皇陛下を第1号車に乗車していただきました。
更には公家、明治の元勲、政府高官、元藩主、更には外国からも多数招待しました。当日の列車数は7車両でしたが、政府の用意周到の下、座席指定されて、各自そこに着席しました。当時の乗客名簿は国宝として大切に保存されています。
これが近代国家日本の旅立ちの日となりました。

新橋~横浜間は1時間かかりますが、遅延なく無事到着しました。この頃から日本の列車運行技術の優秀さが光ります。

もし、安易に他のアジアの国同様に鉄道会社の経営権を英国に任せていれば、日本は英国の植民地になっていたかもしれません。

その意味で、当時の明治のトップリーダーの先見力と知恵に改めて敬服する次第です。

一方、当日琉球王国公子も招待されました。
翌日、同公子は明治天皇に謁見しました。そこで天皇より皇族の称号を与えられました。
当時の琉球は、中国と日本に朝貢する独立王国でした。同公子はこの突然の待遇に戸惑いました。

しかし、明治政府はそれにお構いなく明治11年(1879年)に廃藩置県に伴い琉球を沖縄県として迎え入れ、正式に日本国の一員となりました。

平和裏に琉球を日本に編入してしまう当時の明治政府のしたたかさに兜を脱ぎます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

10月4日に本年3冊目の「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」を出版しました。早速読者から下記感想文が届きました。

人間力を上げる!
心の湖面を平らかに〜!

若い頃は苦手な人にはイラッとして相手のせいにしてました。
プライムに取り組みながら自分が訓練されているのがよくわかります。
原因は全て自分。
だから、自分の心を主管しながら良心の声に従うようにしています。
考え方、捉え方が似ていて嬉しいです。
私はまだまだ修行の身です。
いろいろ菅谷さんから学びたいと思います。
宜しくお願いします。(大阪60代女性)

「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」の出版を記念して、
下記の通りズームによる出版記念講演会を開催します。参加費は無料です。
皆様のご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
11月11日(水)18時半~19時45分 出版記念講演会
     20~21時 オンライン飲み会
ログインID9301822900 
パスワード DEC3377

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

「マーキュリー通信」no.4119【ワンポイントアップの営業力-109「顧客の立場になって考える」】

 

最近私はマッサージチェアを購入しました。
購入理由は、最近執筆活動の時間が多くなり、パソコンに向かうことが多くなりました。
従って、1時間程度パソコンをやった後、15分程度マッサージチェアで休憩し、リラックスした後、またパソコンに向かえば集中力が戻ります。
 その時に私が求めた機能は首のマッサージ機能がついていることでした。
次に6畳一間の仕事部屋に置くので、簡単に移動できる軽さでした。

そこで池袋のビックカメラとヤマダ電機を訪ねました。
首のマッサージ機能はついているのですが、重さが60~70kgもあります。販売員はキャスターがついているので、イスを持ち上げれば大丈夫と実演します。しかし、いつもぎっくり腰に気をつけている私には納得いきませんでした。

結局、楽天市場で販売していた42kgのTHRIVEのマッサージチェアを購入しました。こちらはネットショップでは一番人気の会社です。

ビックカメラやヤマダ電機も顧客の立場になって考え、もっと軽いマッサージチェアを置くべきと考えました。以前、私が使用していたマッサージチェアも比較的移動が簡単なものでした。そのイメージがあったので、何も高級マッサージチェアでなくても良いわけです。

因みにビックカメラやヤマダ電機で販売していたマッサージチェアは、価格が20万円台後半から50万円台でした。

私が購入したTHRIVEのマッサージチェアは9万円でした。
使用後の感想は高級機種と比べて遜色なく満足しています。また、42kgと比較的軽いので移動もラクです。まさに私の想像とぴたっと合っていました。もし、70kgもする重いマッサージチェアを購入していたら今頃移動で四苦八苦していたことと思います。
なお、製品保証期間が1年だったので、7年保証を12千円を追加しました。
5年保証はその半額でしたが、2年で保証料が倍になるということは、5年を過ぎると故障率が急増するのではないかと推測しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

マッサージチェアに関しては、ビックカメラは売り場を縮小していました。
これに対しヤマダ電機は多くの機種を展示して充実していました。

人気メーカーはフジ医療器とパナソニックでした。
通販ではフジ医療器ですが、ヤマダ電機で販売している機種と価格が違いました。
通販価格は販売価格から40~50%値下げして、10万円台が主力商品でした。

ヤマダ電機の販売員に問い合わせると、通販用の機種との回答でした。
しかし、使用感は私が購入したマッサージチェアと特に変わりありません。

これではマッサージチェアの使用感をヤマダ電機で試して、商品購入はインターネット、私の場合は楽天市場という構図ができあがってしまうようです。

なお、マッサージチェアでは、アマゾンより楽天市場の方が商品が充実していました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

「マーキュリー通信」no.4118【人生に勝利する方程式-230「withコロナの時代に勝ち抜く精神的態度"自助の精神”」】


武漢発コロナウィルスは習近平国家主席がトランプ大統領の再選を阻止するために仕掛けたとトランプ大統領は主張しています。コロナショック前はトランプ大統領の再選は確実でした。そう思えばトランプ大統領再選に暗雲が垂れ込めてきており、コロナウィルスの仕掛けは絶妙のタイミングといえます。
また、トランプ大統領のコロナウィルス感染も習近平が仕掛けたとの情報を得ています。

今回のコロナ禍は、中国の不手際でたまたま漏れてしまったとみるより、米中戦争は現在まさに行われており、中国側の核兵器以外の生物兵器による米国攻撃と観る方が頷ける点が多々あります。

中国は、第2弾としてエボラウィルスとも組み合わせた更に強力なコロナウィルスを拡散することも画策しているとの情報も得ています。そうなると更に世界は混乱状態に陥ることになります。その場合、全世界で億単位の犠牲者が出ると予想されています。

そんな不透明で恐怖の乱気流の世界情勢です。しかし、私たちは自分たちでコントロールできないことに一喜一憂しても仕方ありません。

こういう時こそ、国に頼らない自助の精神を基に、自立した人生を歩んでいくことが求められます。マスコミの報道に踊らされるのではなく、メンタル面でもぶれない自分作りが大切と考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

25年前に宗教団体を装ったオウム真理教がサリン事件を引き起こしました。
当時はドローンがない時代でした。もし、ドローンが使えたら、サリンを空中散布して、大量の犠牲者が出ていたことを考えるとぞっとします。
オウム真理教を宗教団体と勘違いし、宗教団体がまさかそんなそんなことをすることはないとの思い込みからサリン事件を引き起こしました。

一方、中国という国家がコロナウィルス事件を引き起こすことはないとの先入観が日本人を支配しています。

米国は、現在中国を犯罪国家として法的に認定する手続きを進めています。

14億人の巨大市場に目がくらみ、日本の大企業も犯罪国家とビジネスを進めています。

コロナウィルス第2波が来て、全世界で億単位の犠牲者が出たときに、初めて中国が犯罪国家であることに気づいても遅すぎますよ!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

「マーキュリー通信」no.4117【クリエイティブに生きる-42「固定観念を外す」】


30年くらい前にフランスベッド社製のマッサージ機能付きのマットを購入しました。
船堀健康ランドの実演説明会で実際に自分も試して、快適でした。販売員の説明では軽いので部屋から部屋の持ち運びが楽とのことでした。50万円と高価でしたが、毎月1万円の割賦販売ということで購入しました。

しかし、いざ使ってみると、想像していたより重たく、部屋から部屋の持ち運びは結構面倒でした。また、ソファーをそのまま部屋に置いておくのも美観上の問題もあり、結局余り使われないままでした。

それ以来、マッサージチェアは場所を取るという固定観念があり、また、余り使わないと思っていました。

しかし、今年に入りコロナ禍の為、在宅ワーク中心となりました。その結果、時間的に余裕ができ、今年は4冊出版することになりました。

その分パソコンに向かう時間が増えたため、首と肩のこりが増してきました。

そこで、妻の提案により、今回マッサージチェアを購入しました。

設置場所は仕事部屋です。マッサージチェアを設置することで、他の収納棚等を移動し、部屋の中かが却ってすっきりしました。

1時間程度パソコン作業をした後に、マッサージチェアで15分間休憩をとり、リラックスする時間を入れることで、パソコンの仕事も効率よくできるようになりました。

固定観念を外すことで、いろいろなアイデアが湧き、より快適な仕事部屋に改造することができました。

| | コメント (0)

2020年10月 9日 (金)

「マーキュリー通信」no.4116【未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを-93「歴史に残る偉大なる大統領誕生!」】

 

トランプ大統領がコロナウィルス感染で入院し、僅か3日で退院しました。そして、ホワイトハウスでの執務。彼の責任感には頭が下がります。
持病を理由に首相の重責を途中で放棄したどこかの首相とは偉い違いです。

治療薬の投与で回復したと発表したけれど、医学的に観るなら、むしろ免疫力が低下し、死のリスクが高まったと言えます。

それでも職務を全うしようとするトランプ大統領の念いは、責任感と正義感が強いと思います。
普通の大統領なら、コロナウィルス感染が完全に治るまでおとなしくしています。

武漢発コロナウィルスは、習近平国家主席がトランプ大統領再選を阻止しようと企んだ計画だったことが濃厚となってきました。もし、コロナウィルスがなければ、トランプ大統領再選は確実だったわけですから。

もし、中国との利権でがんじがらめのバイデン氏が大統領になったら、全体主義国家中国の世界支配、特に東南アジアを中心とする太平洋諸国が事実上の支配下となっていきます。台湾侵略は断行され、尖閣諸島の侵略、そして、沖縄の侵略。最後は日本の植民地化は現実のものとなっていきます。
世界の半分は、無神論の中共による圧政に苦しむことになります。反対する者は次々と粛正され、葬り去られます。

トランプ大統領は、中国を犯罪国家と認定するよう法的措置を進めています。
コロナウィルスによる全世界の被害総額は百兆ドル(1京円)にも上るとみられています。中国を法的に訴えても、のれんに腕押しと分かっています。
それなら最低限一兆ドルに及ぶと推定される中共幹部の在米資産を法的に押さえる道を模索した方がより現実的と言えます。

もし、そうなったら事実上の宣戦布告となります。その時は、中国側は第2弾としてチャイナウィルスをばらまくかも知れません。

トランプ大統領は、本気で中共を消滅させる覚悟でいるようです。

もし、そうなったらトランプ大統領は歴史に残る偉大な大統領として全世界から賞賛されることになるでしょう。

トランプ大統領は、今回の職務復帰は神の思し召しと発表しました。まさにその通りと思います。トランプ大統領は、初代大統領ジョージ・ワシントンの生まれ変わりと言われています。

我々は大統領選のテレビ討論会の成否に踊らされるのではなく、もっと本質のところを観る必要があります。

トランプ大統領再選後は中共が崩壊し、新しい世界秩序が到来するものと信じています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

「マーキュリー通信」no.4115【クリエイティブに生きる-41「ズームで仕事部屋にイノベーションをかける」】


コロナ禍で今年はほとんど在宅ワークです。
それを救ったのがズームです。
5月のゴールデンウィーク明けからズームのホスト役を始めました。以来5ヶ月で60~70回は行いました。最大200名近くの方がセミナーに参加しました。

そこで、私の仕事部屋にイノベーションをかけました。

まず、パソコンの後ろにパーティションを設置し、部屋を2分割しました。
片方のスペースをくつろぎスペースとしました。

一方、在宅ワークで浮いた時間を活用して、執筆活動に力を入れ、今年は4冊出版することになりました。4冊目の「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」の原稿も書き終え、年内出版の運びとなりました。

しかし、パソコンに向かう時間が多くなり、どうしても首や肩が凝ります。
そこで、マッサージチェアを購入しました。
マッサージチェアで15分間首肩をマッサージしながらリラックスできます。同時に目の疲れも取ります。

また、著者在庫用本棚も新たに作りました。

コロナ禍のおかげで私の新しいワークスタイルが始まっています。

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

「マーキュリー通信」no.4114【ワンポイントアップの仕事力-150「中心概念をつかむ」】


新しい仕事に関わるときに中心概念を把握するとより仕事を効率かつ効果的に対応できます。

まず最初にその仕事のビジネス・モデルは何かを把握します。

その全体像をつかんだら自分の役割は何かを理解します。
例えば私は経営コンサルタントなので、自分の役割には経営参謀役として経営者に対しどのような貢献ができるのか。
その経営者は何を期待しているのか。例えば経営面でのアドバイスや資金繰りなのか。販路開拓なのか経営者によって私に求める役割期待は様々です。

それらの切り口からだんだん細部に入り、核心レベルまで入っていきます。

この中心概念をつかまず、全部を把握しようとしてもなかなか理解が及びません。
この作業は一朝一夕にはできないですが、トライする内にだんだんと身についてきます。

私も若い頃は仕事を覚えるのに必死でしたから。

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

「マーキュリー通信」no.4113【奇人変人が世の中を変えていく-391「菅首相の左翼学者追放にあっぱれ!」】


本日の産経新聞トップ記事として、「学術会議が推薦した6名の候補を菅首相が全員見送った」と報道していました。

この6名の学者は、自衛隊は違憲、そして憲法改正反対を唱えています。
中国が聞いたら涙を流して喜ぶ意見です。

彼らは中国から裏金を頂いているのでしょうか。それとも現実を知らない単なる学者馬鹿なのでしょうか。

更には、安保条約にも反対しているそうです。

私は6名の学者に問いたい!
もし、あなた方の前に飢えたヒグマが現れたらどうしますか。「私たちはあなたに危害を加えない。だからあなたが襲わないことを信じている」と言っていることと同じ事ですよ!

彼らは自分たちがヒグマに食べられてから初めて気がつくのでしょうね。

無神論の中国共産党はけだものと一緒だということを早く気づいて欲しいです。

一方、中学校の歴史教科書選定委員会のトップが毛沢東信奉者だそうです。
その為、時代に逆行し、自虐史観化が進んでいます。

20世紀最大の虚構南京大虐殺説と従軍慰安婦問題さえ掲載されている教科書もあるそうです。

こんな教科書で学んだ中学生はかわいそうです。自分たちの先祖を尊敬できなくなり、自分の未来に誇りがもてなくなります。

次回の教科書選定委員会の選定に当たっても菅首相の英断を期待したいと思います。それを実行したら安倍越えしたとの評価が高まります。

なんてったって名前が良いです。「菅」首相ですから ( ^)o(^ ) 菅谷信雄


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

日本と中国の間には日中記者交換協定があり、日本のメディアは中国に不都合なことを書くと中国から出入り禁止措置を受けます。

産経新聞は、その為出入り禁止措置を受けました。

だから中国に都合の悪い不都合な真実もメディアとして勇気を持ってかけるわけです。

他社も今こそ勇気を出して、中国から出入り禁止措置覚悟で不都合な真実を書いたらいかがですか。是非、マスコミの良心を取り戻して欲しいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

「マーキュリー通信」no.4112【奇人変人が世の中を変えていく-390「宇宙新時代の幕開け」】


今春、米国国防総省がUFOの存在正式に認めました。
その理由は、UFOの飛行技術の獲得のために米国も中国ロシアに遅れまいとの思惑があるようです。

これに対し、日本政府は消極的に認めているようです。

太陽系と同じような小宇宙が大宇宙には無数に存在します。
従って、人類はこの地球だけだと思う方がむしろ非科学的です。
これはかつてガリレオが、教会に「それでも地球は回っている」と自説を曲げなかった時代と同じような時代遅れの認識と言えます。

宇宙には、地球人以上に優れた科学技術を持った宇宙人が無数に存在すると考える時代となりました。

何億光年の遙か彼方から飛来するUFOの飛行技術は人類の科学技術を遙かに超えています。

日本も素直にその事実を認めて、欧米、中露に遅れないようにUFO後進国から一気に挽回を図るべきと考えます。

宇宙を征する国が21世紀の覇権国家になると言っても過言ではない時代がそう遠くない将来やってくると思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

トランプ大統領がPCR検査で陽性反応との報道で世界が動揺しています。
日本のマスコミはこれでバイデン氏が再び大きくリードと報じています。
マスコミは相変わらず反トランプ大統領一色の米国マスコミの報道をそのまま垂れ流しているようです。

もし、中国と利権構造でがちがちのバイデン氏が大統領になったら、中国の復権、そして尖閣諸島の侵略は確実となり、沖縄侵略も現実味を帯びてきます。そういうリスクをなぜ報道しないのでしょうか。

トランプ大統領が当選したら、中国は崩壊への道をたどっていきます。そういう意味で日本の国益にとってトランプ大統領再選は絶対歓迎すべき事です。

マスコミ情報に頼らない私にとってそんなトランプ大統領再選を信じて疑いません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昨日、拙著「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」がアマゾンから発売されました。私の50年近いビジネスパーソン人生の集大成です。是非アマゾンをご覧ください。
また、著者サイン入りをご希望の方は1500円を普通郵便で切手または現金で郵送して頂ければお譲りいたします。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324

★出版記念講演会のご案内
11月11日(水)18時半~19時45分ズームによる講演会を実施します。
20~21時 オンライン飲み会
参加費は無料です。皆様のご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ログインID9301822900 
パスワード DEC3377

===============================

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

「マーキュリー通信」no.4111【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-249「薬に頼らない健康生活を心がける」】


私は子供の頃から腸が弱くて、現在もそれを引きずりよくおなかを壊しやすい体質です。

大学受験の時は、弱い腸との戦いでした。

たまたま父が製薬会社に勤務していたので、薬はただで手に入りました。
そこで、近くのクリニックを訪ね、胃腸薬を常用しても構わないか聞きました。
すると医師は自信を持って、「胃腸薬は副作用がないので浴びるほど飲んでも大丈夫」と太鼓判を押しました。
そこで、私は毎食後胃腸薬を服用していました。
それでも受験勉強のストレスから下痢を頻発していました。その時は、更に強力な下痢止めの薬を飲みました。
そして、私の体はすっかり薬依存体質となりました。

そこで私は大学に合格してから薬と決別することを誓いました。
当初は大変でしたが、半年程度で薬依存体質から抜け出すことができました。

今でも食あたり等でよく下痢をします。
その時は、トイレで排泄してすっきりすればそれでOKです。腹痛も直ぐに治まります。

現在でもよほどのことがない限り虫刺され等の軟膏薬を除き薬を飲みません。
TVのCMで飲み過ぎに○○薬と盛んに宣伝していますが、基本的に飲み過ぎしないので必要としません。
風邪にxx薬と盛んに宣伝していますが、風邪の場合には無理せず体を休める。ビタミンCを摂り、栄養をつける。その程度の対策で後は回復を待つのみです。

薬は英語でpoison、フランス語では同じスペルですがポワソンと発音し、毒という意味となります。

薬の多用は副作用をもたらすということを身をもって経験したので、若いときの経験が今でも生きています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

明日から4日まで出張です。パソコンメールは見れませんので、お急ぎの場合には携帯またはLINEまでご連絡を頂けますか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ