« 「マーキュリー通信」no.4120【未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを-93「本日は日本に初めて鉄道が開通した日」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4122【奇人変人が世の中を変えていく-392「だからマスコミの中国情報は信用できない」】 »

2020年10月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.4121【クリエイティブに生きる-42「固定観念を外す-2」 】


私の年代はメガネは目が悪くなったら仕方なくするもので、なんとなくかっこう悪いものというイメージでした。

しかし、その固定観念を打ち破ったのがガッキーこと新垣結衣の大ヒットドラマ「逃げ恥」でガッキーと共演した星野源でした。
逆にメガネを外した星野源を観ると何となく締まりがないイメージです。

メガネは格好悪いというイメージを払拭して急成長しているのがメガネのJINSです。田中仁社長は安価でファッション性の高いメガネ+ブルーライト防止等の機能をつけて大ヒットさせました。

メガネ業界は安売りで飽和市場と思っていたのですが、その固定観念を見事打ち破りました。メガネをファッションと捉えるなら、市場はいくらでも拡大していきます。

最近ではメガネの似合うタレントをよく見かけます。田村淳、そして山里亮太の赤い縁のメガネも印象的です。

女性では滝沢カレンが「滝沢カレンの何でも聞いて」という番組でメガネをけけて知的に見せようとしています。しかし、やはり彼女はメガネがない方がすてきです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダ駐在員時代に一番親しかった公認会計士のアンダーソン夫妻の、アンダーソン夫人がガンでなくなった旨娘のバーバラから手紙が今週届きました。

アンダーソン夫人は、メガネがとても似合う知的美人でした。
享年87歳、ご冥福を祈ります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.4120【未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを-93「本日は日本に初めて鉄道が開通した日」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4122【奇人変人が世の中を変えていく-392「だからマスコミの中国情報は信用できない」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4120【未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを-93「本日は日本に初めて鉄道が開通した日」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4122【奇人変人が世の中を変えていく-392「だからマスコミの中国情報は信用できない」】 »