« 「マーキュリー通信」no.4155【ワンポイントアップの人間力-175「心の開拓をする」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4157【ワンポイントアップの経営術-258「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-8」】 »

2020年11月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.4156【奇人変人が世の中を変えていく-400「米国大統領選は、自由、民主そして信仰vs悪魔の手先との戦い」】


米国大統領選は混沌としています。
現時点での確定事実は、依然トランプ大統領が獲得した選挙人の数は232票、これに対しバイデン候補227票で、トランプ大統領が5票リードしています。
にもかかわらず、米メディアはバイデン勝利と勝手に報道して、日本のメディアもそれを垂れ流しているだけです。

両氏の獲得得票数が半月も変わらないままなのは、バイデン候補に大量の不正投票があったからです。
現時点では、320万票という選挙史上極めて大がかりな不正があったことが分かっています。
トランプ大統領陣営では、その証拠を固めながら順次訴訟を展開しています。

不正のやり方は多岐に亘り、中でも最大の不正はドミニオン社の投票改ざんシステムです。これが全米50州の内28州で採用されていることが分かりました。
改ざんの手口は、トランプ大統領票を自動的にバイデン票にしてしまうやり方です。
その他、192歳の人が投票したとか、選挙人の数より投票数の方が多かったとか不正の手口は調査が進むに従いいろいろな手口が明らかになっています。
ドミニオン社は各州の選挙管理人の責任者に賄賂を贈り、改ざんに協力してもらっています。

これだけ組織的な大がかりな不正の裏には陰の力が働いていることは明白です。

トランプ大統領は、反グローバリズムを掲げています。また、FRB(連邦準備制度)を政府のコントロール下に置くようにしたり、既存の利権構造に大きなメスを過去4年間で実施してきました。

その政策に反発している勢力が政財官界に多数存在します。彼らは中国とも利害が一致しています。

これらの勢力が民主党を突き動かし、大半のメディアが反トランプ大統領キャンペーンを展開しているのが実態です。

トランプ大統領は、建国当初の理念、自由、民主そして信仰の精神に立ち返り、グローバリズムで職を失った多数の米国民を支援する政策を実行し、多くの成果を上げてきました。本人自ら神の使者と宣言しています。
だからトランプ大統領の人気は圧倒的です。先日もワシントンで不正選挙に反対する100万人のデモが行われました。デモは全米各地でも行われました。
このデモに対し、バイデン陣営は、アンティファやBML等極左勢力を使って暴力で対抗しました。
マスメディアは、大規模デモを数千人のデモと報道し、両陣営の小競り合いがあったとフェイクニュースを流しました。
マスコミがフェイクニュースを流す理由は、大手スポンサーから多額の広告宣伝費を得ているからと思われます。

一方民主党陣営は、神の軽視、拝金主義です。バイデン候補を始め無神論の中国と拝金主義で一致しています。


いずれトランプ大統領が不正選挙に勝訴し、勝利すると観られています。
そうなると民主党は国民の信任を失い大分裂の危機となります。

そして、フェイクニュースを垂れ流し、トランプ大統領追放を画策してきたマスコミの終焉です。
つまり既存マスコミを中心とするエセ民主主義の崩壊と、米国大統領選を支える選挙制度と司法制度の勝利、米国民主主義の汚名挽回となります。

日本では、米メディアのフェイクニュースを垂れ流すマスコミの責任が問われます。

これに対し、youtubeを始めとするニューメディアの勝利です。

私の主な情報源は、
JCU インサイト
幸福実現党外務局長及川幸久公式サイト
国際政治学者藤井厳喜氏及び台湾ボイス
松田政策研究所
中川牧師https://www.youtube.com/watch?v=WquFv0JPnfQ

いずれも信頼に足る情報源です。

コロナウィルス報道を始め、マスコミの報道を鵜呑みにすると経営判断ミスにつながります。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

メルマガ「マーキュリー通信」のシリーズで「奇人変人が世の中を変えていく」が、本日で400回目となります。シリーズの中ではダントツに多いです。

それだけ世の中にはおかしな事があふれかえっている証左と思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.4155【ワンポイントアップの人間力-175「心の開拓をする」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4157【ワンポイントアップの経営術-258「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-8」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4155【ワンポイントアップの人間力-175「心の開拓をする」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4157【ワンポイントアップの経営術-258「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-8」】 »