« 「マーキュリー通信」no.4142【奇人変人が世の中を変えていく-395「米国大統領選は両候補の念いの部分にスポットライトを当ててみると」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4144【ワンポイントアップの営業力-110「しなやかな鋼鉄のような自分を創っていく」】 »

2020年11月 6日 (金)

「マーキュリー通信」no.4143【人生に勝利する方程式-232「3年の努力で小さな成功、10年の努力で大きな成功」】


人生で勝利するにはやはり努力精進の大切さを実感します。

3年半前から個人、中小企業向けの福利厚生サービスのプラットフォームを構築する事業を推進してきました。

当初の目標通り現在コロナ禍ほとんど在宅ワークですが、毎月安定的に収入が入り、第2の年金の確保もできて経済的にも安定した人生を送っています。
その間組織構築の為に努力精進してきましたが、それが自己成長につながり、その幸福感を感じています。

自分事は終わったので、今後はそれ以上の収入は世の為、人の為に生涯現役社会を創っていく資金に回していきたいと思っています。
その仕組みができたときは、大きな成功といえると思います。そして、その時は今の数倍自己成長している自分を発見する事になるかも知れません。
それが楽しみでこの仕事を続けています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

米国大統領選は、終始バイデン候補有利で報道し、結局バイデン候補当選の流れで報道しています。

しかし、実際にはトランプ大統領が圧倒的勝利の予測でした。
これに危機感を覚えたバイデン陣営がなりふり構わぬ不正投票や選挙妨害を繰り広げてきました。

勝利を確信していたトランプ大統領は法廷闘争に訴える構えです。

法廷闘争になった場合、バイデン候補の不正が発覚し、更には中国、ロシア、ウクライナ疑惑が確定すると刑務所行きとなります。

そうなると米国大統領選史上最悪のスキャンダルとなります。

もしバイデン候補の犯罪が確定しない場合、米国民主主義の崩壊となり、確定した場合、民主主義はまだ生きていたといえます。

一方で、今回の不正投票や選挙妨害の黒幕の1つが中国といわれています。

中国は、大統領選の混乱の最中、虎視眈々と近隣諸国への侵略を加速化させています。

日本もうかうかしているとこの空白期間に尖閣諸島を乗っ取られる可能性がありますよ!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.4142【奇人変人が世の中を変えていく-395「米国大統領選は両候補の念いの部分にスポットライトを当ててみると」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4144【ワンポイントアップの営業力-110「しなやかな鋼鉄のような自分を創っていく」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4142【奇人変人が世の中を変えていく-395「米国大統領選は両候補の念いの部分にスポットライトを当ててみると」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4144【ワンポイントアップの営業力-110「しなやかな鋼鉄のような自分を創っていく」】 »