« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

「マーキュリー通信」no.4200【産経新聞vs朝日新聞】


産経新聞の広告に、産経新聞出版の最新刊として「産経新聞と朝日新聞」(産経新聞元論説委員長吉田信行著)として、掲載されていました。

キャッチコピーとして、「本書は戦後のマスコミ界の裏面史である!」と唱っています。
そして、下記のような対立軸として産経新聞のマスコミとしての正当性を訴えています。
●北京の特等席に座り続ける新聞と追放された新聞
●GHQに屈した新聞とGHQと闘った新聞
●護憲しか考えてはいけない新聞と改憲に理想を求める新聞
●戦前から大東亜共栄圏を訴える新聞と脱亜入欧を訴える新聞
●平和だけを目的とした新聞と平和の維持を考える新聞
●日本を敵視する国から「友好的」と褒められる新聞と「極右」と蔑まされる新聞

この対立軸のキャッチコピーを見ただけで、朝日新聞の記事が思い浮かびます。だから私は朝日新聞の購読を止めました。とうてい信頼して読める記事内容でないと判断したからです。
時々朝日新聞購読の奨めのはがきがポストに投函されています。その時は、私は「20世紀の2大誤報である南京大虐殺事件と従軍慰安婦事件の謝罪をきちんとすること。偏向報道を改めること。この2つを実行しない限り、貴紙は廃刊すべきです」と書いて、ポストに投函しています。

一方、産経新聞は朝日と比べ偏向報道とフェイクニュースが少ないので比較的安心して読めます。

しかし、今年の米国大統領選では、米国大手メディアのフェイクニュースをそのまま垂れ流していました。トランプ大統領は、現在裁判も含めあらゆる手段を行使して再選を目指しています。そういうニュースがほとんど報道されず、あたかもバイデン大統領誕生の報道に終始しています。
私は、産経新聞に直接苦情のメールを送りましたが、返事はありませんでした。

一方、コロナウィルス関連でも、多くの専門家が「日本人は新型コロナウィルスの免疫力がついているので、コロナショック以前に戻って良い」との意見が公表されているにもかかわらず、相変わらずコロナウィルスの脅威を報道し続け,国民を恐怖感で洗脳しています。

少なくとも産経新聞だけは偏向報道は避けて欲しかっただけに残念です。

弱者の産経新聞が強者の朝日新聞に挑戦していますが、所詮は新聞業界という小さなコップの中の嵐に過ぎないと見ています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今年も次から次へと話題が相次ぎ、これまで週5回程度書いていたメルマガ「マーキュリー通信」を毎日書くようになっていました。気がついたら2010年に318号の最高記録を10年ぶりに更新して本日で329号となりました。読者の中には、メルマガが途切れるとメルマガが届いていないとのメールが数人あり、隠れたとことで愛読者がいることを知り、感謝する次第です。
1年間ご愛読ありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

===========================

読者から川柳が届きました。
今年の世相を反映して秀逸の川柳ばかりです。
大晦日を笑いで終えてくださいね。

●日帰りで 行って見たいな 天国へ
●延命は 不要と書いて 医者通い
●三時間 待って病名 『加齢』です
●目覚ましの ベルはまだかと 起きて待つ
●起きたけど 寝るまで特に 用もなし
●改札を 通れず よく見りゃ 診察券
●誕生日 ロウソク吹いて 立ちくらみ
●万歩計 半分以上 探し物
●この頃は 話しも入れ歯も かみ合わず
●目には蚊を 耳にはセミを 飼っている
●留守電に『ゆっくりしゃべれ』と どなる父
●いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦
●マイケルの 真似を発作と 間違われ
●名が出ない(あれ)(これ)(それ)で用を足す
●探し物 やっと探して 置き忘れ
●歳重ね もう食べられぬ 豆の数
●LED 使い切るまで ない寿命
●クラス会 食後は薬の 説明会
●立ち上がり 用事忘れて また座る
●無農薬 こだわりながら 薬漬
●妖精と 呼ばれた妻が 妖怪に
●眼薬を 差すのになぜか 口を開け
●少ないが 満額払う 散髪代
●景色より トイレが気になる 観光地
●厚化粧 笑う亭主は 薄毛症
●カード増え 暗証番号 裏に書き
●妻旅行 おれは入院 ねこホテル
●恋かなと 思っていたら 不整脈
●深刻は 情報漏れより 尿の漏れ
●へそくりの 場所を忘れて 妻に聞く
●これ大事 あれも大事と ゴミの部屋
●腰よりも 口につけたい 万歩計
●何回も 話したはずだが『初耳だ』
●婆さんよ 犬への愛を 少しくれ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

「マーキュリー通信」no.4199【奇人変人が世の中を変えていく-407「完全に間違っているスガノミクス」】


年末年始の外出自粛要請をして、せっかくの盛り上がりを腰砕けさせてしまいました。
今、菅首相がやるべきことは、コロナウィルスをインフルエンザ同様一般の疾病と同列宣言をすることです。

そのことを多くの専門家が指摘しているのですが、決断できない優柔不断のトップにいらだちを覚えます。

首相がこの宣言をするだけで、国の空気は一変します。当然、PCR検査も必要な人だけに限定します。
これをやるだけで病床不足の危機から解放されます。
そして、マスコミに無意味な感染者数の発表を止めさせるべきです。正確に言うなら感染者にカウントされた8割は何ら問題のない陽性者です。

その上で、Go to キャンペーンを継続して、経済的大打撃を受けている観光産業、運輸業界、そして飲食業界は元気を取り戻します。

高齢者に対しては、巣ごもりしていると却って感染リスクが高いので、適度にコロナウィルスを浴びて免疫力をつけるきめ細かい対策を民間に委ねたら良いです。
冬期はインフルエンザを始め、高齢者の死亡リスクが高まる時期です。それをことさらコロナウィルスだけ喧伝するマスコミの愚かさに呆れています。

一方で、消費税を0%にします。景気回復までの一時的なものでなく、高度成長が実現し、国民の給料が確実に上がることを確認するまでです。国家の予算はこういうところに使うべきです。

その他RCEP加盟や温暖化対策などやってはいけない政策のオンパレードですが、本日は間違ったコロナウィルス対策だけに絞ります。

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

「マーキュリー通信」no.4198【生涯現役社会が日本を救う!-110「山梨県が健康長寿日本一の秘訣とは」】


日本一健康長寿の県は、男女ともに山梨県だそうです。

その秘訣は生涯現役人生を送っているそうです。
山梨県は日本一のブドウの産地。ブドウ畑での農作業は健康に良いです。ストレスもありません。
農作業以外にも、職人として様々な職に就いています。

皆さん共通していることは、仕事をすることで手足を動かしていることです。体を動かしているので食事がおいしい、楽しいです。食事の時の会話も弾みます。笑顔は百薬の良薬とも言います。

仕事をしている高齢者の割合の多い県ほど健康長寿の県とのデータがあります。
人は他人から必要とされていると生きがいを感じ、認知症になりにくいというデータもあります。

生涯現役人生を送ることが、健康長寿の秘訣のようです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年7月に出版した「生涯現役社会が日本を救う!」はお陰様で増刷となりました。
著者の手元に在庫があります。
ご希望の読者は、著者のサイン入り送料込み1500円でお譲りいたします。
ご連絡をおまちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

「マーキュリー通信」no.4197【ワンポイントアップの幸福力-14「劣等感の克服」】

 

私は子供の頃、視力が弱かったです。小学校5年生の時に、国領にある慈恵医大病院に通いました。
しかし、治療しても視力アップにはならないと分かりました。
そこで、メガネを掛けることになりました。
メガネは授業の時と必要の時だけと言われ、その通りにしていました。

しかし、調布中学に進学してから、かけたり外したりするのが面倒だったので、そのままかけっぱなしにしていました。

するとメガネの矯正視力がどんどん上がっていきました。級友からは牛乳瓶の底みたいとからかわれました。それ以来メガネをかける自分の容姿にコンプレックスを持っていました。メガネでも視力が上がらず、いつも席は一番前に座っていました。

そのコンプレックスを救ったのが27歳の時に装用を始めたソフトコンタクトレンズでした。

視界が広がり、周りのモノがよく見えるようになり、世界が変わったような感じがしました。何よりもメガネとおさらばできたので、コンプレックスが解消しました。

しかし、今年はコロナ禍で在宅ワーク中心です。家ではメガネをかけています。
当然、zoomをやるときもメガネとなります。

そして、いつの間にか私のコンプレックスは消えていました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

小学生の時、京王線調布駅から慈恵医大病院のある国領まで通っていました。電車賃は5円、バス代は10円でした。
国領駅から慈恵医大病院まで歩いて15分でした。そこでバス代10円が浮いたので、帰りにコロッケやメンチカツを買って食べました。ささやかな喜びでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.4196【奇人変人が世の中を変えていく-406「コロナ禍による政府の経済統制は利権構造の臭いがする」】


政府のコロナウィルス対策に意義を呈する3人目の専門家大阪市立大学名誉教授 井上正康先生の特番『日本コロナの真実とは?コロナ狂騒曲の真相と処方箋』youtubeを視聴しました。

政府のコロナウィルス対策に関しては、専門家から過った対応を批判しています。また、マスコミは、医療崩壊の危機をあおっています。
しかし、これは新型コロナウィルスを国が指定する特定疾患に指定しているためです。このため、医者が手を出せず、PCR検査で陽性反応者を隔離して、病床に送り込まなければなりません。
本来、緊急事態宣言を解除したときに、特定疾患の対象から外すべきでした。コロナウィルスの状況は、もはや通常のインフルエンザ等普通の疾病状態になっており、問題ない状況です。従って、年末年始の外出自粛は間違った政策と非難しています。

井上先生も、陽性反応者を感染者とするのは間違っていると指摘しています。これまで陽性反応者の8割は特に問題ないとのデータが出ています。従って、PCR検査は不要です。
ウィルスは、冬には不活性化して生存しています。一方、冬になると抵抗力が落ちます。
その結果、冬にインフルエンザにかかる人が多く、特に免疫力の衰えている高齢者の死亡者が増加します。これはコロナウィルスでもインフルエンザウィルスでも同じ事です。
今年はコロナウィルスのおかげでインフルエンザウィルスが激減したそうです。


さて、政府が年末年始の外出自粛方針を打ち出し、Go to キャンペーンも一旦停止しました。専門家から見れば、3週間の外出規制は意味ないとのことです。規制解除後も、冬期なのでコロナウィルスの陽性者数は増えます。但し、病院に行かなければならない感染者とは別問題です。

年末年始の一番のかき入れ時に政府の経済統制は共産主義国家と似てきました。

もともとお役所は権力を使って国民をコントロールすることを好みます。コロナウィルス対策は厚労省の出番です。

一方、菅内閣は来年度予算をコロナウィルス対策を重視して107兆円の大盤振る舞いです。

これは来年の衆議院選挙を意識したばらまきと思います。

さらに、ワクチンに絡む利権構造が臭います。これは製薬会社と病院にとっては巨大市場となり、神風といえます。今後コロナ禍が続く限り、製薬会社と病院にとっては安定した収益源となります。

しかし、専門家は日本人はコロナウィルスの免疫ができているので、ワクチン接種は不要との意見です。
逆にワクチンの副作用を心配しています。最悪死に至る病になり得ます。

私はコロナ禍をコロナ過に変えることにしました。

詳しくは下記URLからyoutubeをご覧ください
https://youtu.be/v2_mC9VNUSs

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

「マーキュリー通信」no.4195【10年日記の効用】


私は30年前から10年日記を書いており、今年で3回目の10年日記を終え、来年から4回目の10年日記に入ります。
10年日記が長続きする秘訣は、1日4行で良いから長続きできます。
第1冊目の10年日記の20~30年前の本日12月27日を見ると、1行から4行まで記載がありました。
その文章から昔のことがよみがえってきます。

1996年12月27日の日記。当時は東京通信ネットワークに出向中でした。
三井物産の上司から、来年6月に出向から戻すとの連絡がありました。その時、私は「三井物産を退職するには絶好のタイミング」と思いました。
私の人生を変える1日の出来事が4行分に凝縮されていました。

さて、過去3回の10年日記は3社とも異なっていました。
今回、楽天市場でどこの10年日記を買うか検討しました。
大半が10年日記開始年が空欄でした。各社はいつでも始められますよということをPRしていました。
しかし、毎日 曜日を記入するのは手間です。それが長続きさせる阻害要因になると思ったので、私は開始年が2021年となっている10年日記を探しました。ましてや来年は2021年~2030年という区切りの良い年です。

結局、最初に購入した石原10年日記にしました。曜日以外に天気の選択欄や大安、仏滅等も記載されていたので、これに決めました。サイズはA4です。
累計150万冊売っているトップメーカーだけのことはあります。

なお、10年日記に記載することを、最近はその日に学んだこと等出来事以外の事も加えるようにして,後から見てもさらに心の学びまで得られるような10年日記にしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

「マーキュリー通信」no.4194【「朝6読書会でクリエイティブな朝を創る」】



今月から朝6読書会というzoomによる読書会に参加し始めました。
主催者中林久さんが毎回素晴らしいファシリテーター役です。

毎週土日朝6時から30分行います。

あらかじめ自分が読みたいと思った本を決めて臨みます。
読書会は3人の小集団に別れます。
読みたい理由を3つ書き出し、それを朝6読書会の中で10分間速読していきます。
10分間では全部読めません。
しかし、全部読まなくて良いのです。
読みたい理由3つを決めて臨むことで、目的意識を持って臨むことができ、本の内容の理解が進みます。

次は、参加者同士が読んだ感想を発表します。アウトプットの時間です。
他の参加者の感想を聞くことで参考になります。他人の読み方や書籍のとらえ方が参考になります。そして、自分もその本を買ってみようと思い、自分の読書の幅が広がっていきます。

私が読んだ本は、本多静六博士の「人生計画の立て方」です。
読みたい理由は、来年3月出版予定の次作「あなたの仕事力・生産性10倍アップの極意」の参考文献として活用するためです。これで次作の序論として採り上げる重要部分「何のために仕事をするのか」の肉付けとなる書籍の位置づけと考えています。
その為の欲しい情報を入手できたので満足しています。
出版の楽しいところは、自分の経験+偉人の叡智を学ばせて頂くことで、自分自身の学びが深まり、自己成長につながり、そこから幸福感を味わえることです。

朝6読書会の後は、特別編として著者インタビューです。
今朝は、「人生を変える速読法GSR」の著者浦地純也さんに対するインタビューと質疑応答です。

私は5年ほど前に100万円近く投資して速読法を学びました。
多少成果は上がり、今年は年間200冊程度の本を読みました。
しかし、私の希望は最低でも年間500冊を読みたいと思っています。

本日の速読法からの新しい学びは、本を読むとき冥想状態で臨むこと。
インプットよりアウトプット中心に考えろ。アウトプットすることで、意外と覚えているものです。

そして私の弱点である視力が弱いことで速読スピードが上がらないことに対して、浦地さんから、彼も裸眼視力0.1なのでコンタクトを使用しているとのことです。

視力が弱くても、速読法は上達できるという活力を頂きました。
早速同書をアマゾンで購入して、新たなチャレンジをしていくので、現在心がわくわく状態です ( ^)o(^ )

尚、明日の朝6読書会の後も別の速読法の達人とのインタビューなので楽しみにしています。

朝6読書会に参加希望の方は、ご連絡いただけますか。主催者中林さんに繋ぎます。
私とLINE交換している読者は、そのまま朝6読書会に招待します。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

朝6読書会の開始は4時50分なので、私は遅くとも5時半に起きるつもりで、目覚ましをセットしました。

ところが本日は4時に目を覚まし、そのまま起床しました。

その間、本多静六博士の「人生計画の立て方」を速読法で読みました。
眠気覚ましの為に濃いコーヒーを飲みました。

早起きは三文の得と言いますが、4時起きからずっと快適状態が続いています。

毎回主催者中林さんには感謝しています。朝6読書会に参加して、まだ半月程度ですが、私のクリエイティビティが上がっています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

「マーキュリー通信」no.4193【クリエイティブに生きる-52「変身した現代用語の基礎知識」】


新聞広告で「現代用語の基礎知識2020-2021」を見かけたので久しぶりに購入しました。

「現代用語の基礎知識」は、分厚く重いので、インターネット全盛の現代では生き残れないと思っていたので、どんなふうに変わっているのかという興味本位で購入しました。

まずは総花的情報は避けて、絞り込んでいました。その結果、ページ数を304ページに削減、サイズをA5判に縮小していました。

これなら普通の単行本と同じで本棚に簡単に収まります。何よりも軽いので手軽に見ることができます。

今年の最大の流行語はコロナウィルスです。それを真っ先に採り上げていました。
ただ、新形コロナウィルスの正式名称をCOVID19としたうえで、当初は武漢コロナウィルスと称していたが、途中からWHOがCOVID19に変更した。
以前、MERSを中東呼吸器症候群と呼んだことの反省から2015年以降地名を冠しないことになったと解説しています。
WHOの問題には触れず、中立の立場を貫いています。

テーマ別には、米国大統領選を採り上げていますが、表面的な部分だけを簡単に採り上げているだけなので、物足りなさを感じます。

採り上げる分野は、「政治経済」「国際情勢」「情報・社会」「環境・科学」「文化・スポーツ」に分けて解説しています。

これらの分野を全てまんべんなく理解するのは大変なので、とりあえず簡単に理解しておくのに役立つかも知れません。中学高校程度の知識レベルと思えば良いと思います。

価格は1300円+消費税と通常の単行本程度の価格になっています。
来年も購入するかどうかは、1年を通して使われるか、役に立つかどうかだと思います。

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

「マーキュリー通信」no.4192【米国大統領選に大きな影響を及ぼしたディープステートの存在】


米国大統領選では、トランプ大統領が圧勝という事実にもかかわらず、バイデン、民主党側の史上最悪の選挙違反、犯罪により、バイデン勝利を日米メディアが報道し、既成事実化しています。

その疑問が「ディープステートの真実」(西森マリー著 秀和システム)を読んでよく分かりました。

米国テキサス州に住む西森マリー女史の本書は私に衝撃を与えました。

ディープステートとは、米国の軍産複合体のことで、米国を始め世界中に影響力を持っている組織です。

ディープステートは、CIA(米国の諜報機関)とNATO、それに米国のネオコン、グローバル企業を始めとするエスタブリッシュメントがベースとなっています。

資金源はジョージ・ソロスが提供しています。
政治的にはニクソン大統領時代のキッシンジャー国務長官が暗躍しています。彼は石油王ロックフェラーの番頭です。

これまで米国の政治家はディープステートを利用しながら利益を肥やしてきました。
その筆頭格が共和党のブッシュ親子大統領、民主党のクリントン大統領とヒラリー、そしてオバマ大統領が焼け太りしてきました。彼らはこれまで悪事を積み重ねてきましたが、ディープステートに守られて、刑務所に行くことはないとのことです。

ディープステートは、意図的に戦争を起こし、そこに武器を輸出し、巨額のマネーを得てきました。
また、資源からも巨額な利益を享受してきました。
世界中の戦争、闘争、民族紛争の火付け役の大半はディープステートだそうです。
そのキーワードが反共、反ロシアです。
このように理解すると、ディープステートはベトナム戦争、湾岸戦争等世界で起きている戦争、紛争で巨額の利益を得ている存在だと理解できます。

ディープステートは、手段のためには、敵と見なした人物には事実の歪曲、誹謗中傷、嘘、ワナ、ハニートラップにはめることを何とも思っていません。
過去にはディープステートの意にそぐわなかったリビアのカダフィ大佐、イラクのサダム・フセイン大統領もディープステートに葬り去られました。

さて、そこに4年前トランプ氏が次期大統領選挙に立候補に名乗りを上げました。

トランプ大統領は、不動産王でありビジネスマンとして巨額の富を得ているので、これまでの大統領のようにディープステートを利用して巨額の富を得る理由がありません。トランプ大統領の年収は僅か1ドルと言われています。

トランプ大統領は、ディープステートによって疲弊してしまった米国地場産業の復興とそれによる米国民に豊かな暮らしを掲げて立候補しました。
もちろん地球温暖化もディープステートによる作り話と思っているので、パリ協定を離脱しました。米国の石炭産業保護の為です。

トランプ大統領は、軍事で金儲けしているNATOに対し懐疑的です。NATOは1兆ドルを持つ裕福な反共組織です。また、NATOと利害関係が一致しているCIAにも懐疑的です。
更には、トランプ大統領は、"Make Russia great again!”を掲げロシアを民主化し、経済復興を遂げたプーチン大統領と波長が合います。
アメリカファーストの"Make America great again!”はトランプ大統領の専売特許ではなかったのですね。

もちろんトランプ大統領は戦争には反対です。

これまでの米国大統領と異質なトランプ候補にディープステートはあからさまな敵意感情を持ちました。

ディープステートは、当初泡沫候補と思っていたし、ヒラリーには勝てないと思っていました。但し、安全線を張り、激戦州では不正選挙を仕掛けました。
しかし、結果はトランプ大統領の勝利という大誤算でした。

これに焦ったディープステートは、徹底的にトランプ大統領の弾劾を始めました。

ウクライナ疑惑、ロシア疑惑等ディープステートの広報機関CNNを使って、徹底的に疑惑キャンペーンを張り、国民を洗脳してきました。
そして、トランプ大統領の側近であるフリンやパパドプロス他に無実の罪をかぶせ、辞職に追い込みました。

しかし、無実であるトランプ大統領は当然身の潔白が証明されました。

そして、3年間の輝かしい業績を上げました。空前の好景気、失業率の低下等トランプ大統領再選は間違いなしでした。

そこで、ディープステートはコロナウィルスを仕掛け、コロナウィルスの責任をトランプ大統領に取らせようとしました。しかし、トランプ大統領人気は一向に治まりません。

そこで、史上最悪の選挙違反と犯罪を展開しました。それを大手メディアが報道しないのは、ディープステートとの利権構造に組み込まれているからです。

一時期、トランプ大統領の暗殺がささやかれたことがありますが、今現在もディープステートによるトランプ大統領暗殺説は消えません。
因みにケネディ大統領暗殺の黒幕はディープステートと言われています。

一方、バイデン候補はディープステートのおかげで焼け太りしてきた人物だし、バイデン大統領が誕生すればぼけ老人をコントロールしやすいとディープステートは思っています。民主党に大統領候補者がいないわけでなく、全てディープステートの意思の元に仕掛けられています。

因みに中露を除く世界の国家元首の大半はディープステートに操られており、ディープステートに逆らうことはできません。

ディープステートの流れを見るとトランプ大統領の理念は、ディープステートによって葬り去られようとしている米国の建国の理念である自由と民主と信仰を取り戻すことです。

先日、テキサス州で選挙の無効を最高裁に訴えました。しかし、最高裁によって退けられましたディープステートの影響は最高裁まで及んでいます。
CIA、FBI等を敵に回したトランプ大統領の再選は不可能と大手マスコミは報じています。

しかし、国防総省はトランプ大統領ファンです。最悪は軍隊を味方につけ、戒厳令を敷いて、再選を果たす計画です。

その前に、トランプ大統領は1月6日米国民に大規模デモを呼びかけています。
その日は上下両院で正式に大統領を決める日です。その鍵を握るのがペンス副大統領です。
ここでバイデンに決まった場合、憲法上の大統領令を発動して、選挙の無効を訴える計画です。

このデモに呼応して,トランプ大統領ファンが日本全国で次々と草の根的にデモ行進を開始始めました。台湾でも同様のデモが行われました。

万一、バイデンが勝利した場合、それは米国民主主義の崩壊を意味します。そして、善と悪の戦いの悪魔に敗れたことになります。

その意味で、大統領選の決着はいまだ目が離せません。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

コロナウィルスの犯人をこれまでずっと中国の化学兵器と私も思っていました。同書で、中国も米国発と主張しましたが、誰も信用しません。
しかし、ディープステートならやりかねません。ディープステートの体質は中国の体質と全く同じだからです。

本日の産経新聞記事に、トランプ大統領の側近であるフリンやパパドプロスの恩赦が報道されていましたが、ディープステートの影響で犠牲者の名誉を回復したことになります。

一方、バイデンがロシアのサイバー攻撃を喧伝していましたが、ディープステートの代理人であるバイデンの言動は全世界にアンチロシア、プーチンの存在のプロパガンダと理解できます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

「マーキュリー通信」no.4191【今年の我が家のヒット商品】


今年はコロナ禍の為、公私共私の生活は一変しました。

在宅ワーク中心となり、一方でzoomという救世主が現れました。
ゴールデンウィーク明けからzoomに取り組み、大中小合わせ100回セミナーを実施しました。

その為に仕事部屋の環境を整備しました。
仕事部屋を、パソコンとデスク、それと休憩室にパーティションで分離しました。
休憩室にはマッサージチェアを設置しました。
当初は大きくて邪魔になるかと思いましたが、適宜パソコンをやる手を休め、適宜マッサージチェアで休息と目を休めることも兼ねて、非常に重宝しています。

また、コロナ禍対策としてスマホクリーナーと顧問先からオゾバリアという滅菌する装置を購入しました。これでコロナウィルス対策はばっちりです。

一方、今年は「10倍アップの極意シリーズ」の書籍を4冊(英語力、人脈力、コミュニケーション力、営業力)の本を出版しました。著者在庫を入れておく自家製の本棚を作り、スペースの有効活用をしています。

お陰様で今は快適な仕事空間の中で仕事ができています。

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

「マーキュリー通信」no.4190【「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」で未来予測したことはほとんど当たっていた】


昨年出版した「生涯現役社会が日本を救う!」の中で、18年前に初出版した「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」の事を毎回取り上げます。

その中の一部で下記テーマを扱っていましたが、ほとんど当たっています。

1.失業率2桁の超失業時代が来る!
2.増えすぎたサラリーマンは淘汰される!
3.21世紀は20世紀と全然違った時代と認識する
(1)企業中心の時代から生活者中心の時代へ
(2)地球環境の回復を図りながら人類が共生していく世紀
4.政府の無策がもたらしたもの
5.個人の情報通信の時代へ

なぜ当たったのかというと、政財官界の利権構造とお役所の省益体質の為に、国民の望む改革は期待できないからです。

政治というモノはどうしても衆愚政治に陥りやすくなります。選挙の一票を取るために、選挙民受けのする政策を打ち出します。体の良い公金による買収です。

その結果、徐々に大きな政府となり、借金は膨張していきます。

菅内閣も、withコロナ対策も含め来年度の予算を約107兆円という大盤振る舞いです。当然、1100兆円の借金はさらに膨張していきます。

一方で、少子高齢者社会が益々進展していき国には大きな期待がますますできなくなっていきます。


だから、「自分の生活は自分で守る」自助努力の精神が益々求められます。

「生涯現役社会が日本を救う!」は、「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」の続編的な形を取っていますが、さらに現代に即した内容となっています。

一頃著者在庫がなくなりましたが、増刷を掛けましたので、著者のサイン入り1540円を送料込み1500円でお譲りできます。

ご希望の方はメールをいただけますか。

また、26日(土)20~21時半 「生涯現役社会が日本を救う!」セミナーを行いますのでご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )

ミーティングID 930 182 2900
ミーティングパスコード DEC3377

なお、本日18時半~19時45分「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」の出版記念講演会をzoomで行います。
こちらも皆様のご参加をお待ちしています。

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

「マーキュリー通信」no.4189【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-114「今年の100歳以上の高齢者数8万人突破。このままの伸び率で推移すると30年後には100歳以上は300万人!」】


厚労省の発表によると、今年の100歳以上の高齢者は、前年比12.9%増となり8万人を超えたそうです。

この数字を単純に掛けていくと、30年後の2050年には100歳以上の高齢者はなんと300万人になるそうです。

但し、たまたま昨年の増加率が多かったので、国連予想では100万人だそうです。それでも今年の12倍に増えるわけですから、すごい数字ですよね。100万人の政令都市が1つできる人数です。

それにしても100歳になると外出は困難となり、寝たきり痴呆老人が多くなります。
今年も喪中のはがきが届きましたが、80代が1名で、後は全員90歳以上です。

日本の社会は人生100年時代に向かって着実に増加しています。

そうならないために今からでも遅くありません。人生100年時代の人生計画を立て、それに基づいた行動をしていくことが大切と思います。

そんな念いで昨年「生涯現役社会が日本を救う!」を出版しました。
読者の皆さんから口コミで広がり、増刷させて頂きました。
著者在庫がまだありますので、ご希望の方は著者のサイン入りの同書を送料込みで1540円→1500円で郵送させて頂きます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

26日(土)20~21時半 「生涯現役社会が日本を救う!」セミナーを行います。
参加費は無料ですのでご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード DEC3377

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

「マーキュリー通信」no.4188【ワンポイントアップの営業力-111「尖った部分を作る」】


今月から参加した中林久氏主催の朝6読書会では多くの学びがあります。
本日朝6時からの読書会の後に、飯田晃一郎氏の「超高速勉強法」を学びました。
飯田氏は、年間2000冊の本を読むそうです。
読書から得た知識を中心にツイッターで毎日60回発信しているそうです。
その結果、3年でフォロワー数が1万2000人まで増えたそうです。
これが飯田氏の営業力の強力なツールとなっています。

一方、私は16年前にメルマガ「マーキュリー通信」を始め、16年連続200号達成。累計で4000回以上書いています。
私の特技は、キーワードが瞬間的に浮かび、次にキーボードの上に指を置くと、文章がだーっと出てくることです。
今日のテーマもその流れです。

こうして今年はほとんど毎日メルマガを書き、今年の発信回数は10年前の2010年に発信回数318回まで後1回の317回です。このまま行けば、その記録を軽く更新することでしょう。
最近はメルマガを休むと読者から催促されることさえあります。

一方、今朝の「超高速勉強法」で、私はFacebookをほとんど活用していないことに気づきました。

今年「10倍アップの極意シリーズ」を4冊出版しました。しかし、FacebookではPRもせず、宝の持ち腐れとなっていることを反省しています。

今後は、Facebookも活用して、営業力を強化していきます。

私のフロントエンド商品は出版、バックエンド商品は経営コンサルタントです。

メルマガで築いたノウハウをFacebookにも活かしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

「マーキュリー通信」no.4187【奇人変人が世の中を変えていく-405「やはり納得できない忠臣蔵騒動」】


今年もこの時期になると日本人に人気の忠臣蔵が話題となります。

NHK番組「歴史秘話ヒストリア」で忠臣蔵を採り上げていました。

忠臣蔵は、徳川綱吉の元禄時代、太平の時代に起きた事件でした。

赤穂藩主浅野内匠頭が吉良上野介を殿中松の廊下で刀を抜いて斬りかかり、吉良上野介に危害を加えたことが直接の判決理由となっています。

江戸幕府は、浅野内匠頭の犯罪を本人の切腹のみならずお家取りつぶしという重罪に科しました。しかも、吉良上野介はおとがめなしとのことでした。

当時は喧嘩両成敗が常識の世の中だったので、幕府の裁定に赤穂家は不満を募らせます。

NHKでは、吉良上野介は浅野内匠頭の指導係的立場だったが、吉良上野介に対する付け届けが少なかったので厳しく指導した。これに怒って浅野内匠頭は犯行に及んだとしています。
また、浅野内匠頭は精神的に病んでいたので、それも犯行に及んだ一因としています。

赤穂家の家臣達は堀部安兵衛を中心として、吉良上野介を討つべしとの声を挙げます。
これに対し、筆頭家老大石内蔵助は、もしそれを実行したら一族郎党家族まで被害が及ぶと考え悩みます。

1年以上熟考の末、家臣達の気持ちを抑えることはできないことと判断して、吉良上野介討伐を決意します。

吉良上野介は、領民からも名君と言われている殿様です。

百歩譲ったとしても、私ならバカ殿の為に、死ぬ気にはなりません。

むしろ矛先を幕府に吉良上野介の処分、例えば減俸とかを訴えるのが筋と思いますが、何か吉良家と幕府の間に裏取引でもあったのでしょうか。
読者の皆さんはどのように考えますか。

私には忠臣蔵がなぜ国民的に人気なのが良く理解できませんが。

| | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.4186【今年1年を振り返って】


今年は私もコロナ禍の影響を受けた一人です。

しかし、5月のゴールデンウィーク明けからzoomにチャレンジしました。
最初は一人を相手にzoomのホスト役を始めましたが、8ヶ月弱で大中小合わせ100回のセミナーをホスト役、講師役として務めました。最大400名が私のセミナーに参加し、講師としても自信をつけた年でした。

一方、年初に今年は「10倍アップの極意シリーズ」4冊出版をする計画でいました。
しかし、1月に「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」、4月に「あなたの人脈力10倍アップの極意」を出版した時点で、コロナ禍の為、中断を余儀なくされました。

しかし、zoomのおかげでセミナー会場を借りる代わりにzoomを活用したセミナーをすれば良いとの発想転換をしました。

そこで、10月に「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」、12月に「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」を出版し、計画通り4冊出版しました。

出版に際しては、私のこれまでの経験にプラス、参考文献があります。不確かな部分はそれらの参考文献を再読し、さらに知識の強化を図りました。また、数字等はグーグルで確認して、掲載しました。

このような手順を踏んだので、私の知識量、経験量が飛躍的に増加しました。
zoomの運営ノウハウも加え、私の能力は1年前と比べ、3割ほどアップした感じです。そして、自己成長の喜びを感じることができました。

来年も今年の経験を活かして、「10倍アップの極意シリーズ」を4冊出版する計画です。
3月 「「あなたの仕事力10倍アップの極意」、
6月 「あなたの人間力10倍アップの極意」
9月 「心身共にあなたの健康力10倍のアップ極意 」
12月 「あなたのプレゼン力、トーク力10倍アップの極意」

ご期待ください。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

12月22日(火)18時半~19時45分「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」出版記念講演会をzoomで実施します。
講演終了後は、オンライン飲み会を実施します。
参加費無料なので、皆様のご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )

ミーティングID 930 182 2900
ミーティングパスコード DEC3377

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

「マーキュリー通信」no.4185【ワンポイントアップの経営術-259「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-9」】


稲盛和夫さんは、仕事をしているとどうしても雑事に振り回され、いつの間にか欲望や邪心が芽生え、心が利己的な方向に引っ張られてしまうことがあるそうです。
そんなとき、一人静かに自分を見つめる時間を確保しているそうです。
その時は、「私心や邪心はなかったか?」と自らの心の奥底を見つめるそうです。

私のことをエネルギッシュでバイタリティー溢れ、活動的と思っている人が多いと思います。

しかし、もう一方で1日中誰とも話さない静寂な私もいます。
今週もスーパー銭湯の後楽園ラクーアに出かけました。サウナと温泉につかった後は、休憩室のリクライニングシートに座り、今年1年を振り返りました。
その時は、私も「私心や邪心はなかったか?」と自らに問います。

もちろん完璧な人間はいないので、私心や邪心を見つけたら、私心や邪心が起こった根っこの部分を見つめ、それを取り除くようにします。
また、他人に迷惑をかけたり、傷つけたりしたことに気づいたら、心の中でお詫びをします。

この作業をしておくと、ラクーアを出たときは、さっぱりした気分で帰宅できます。

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

「マーキュリー通信」no.4184【国連の正体】

 

今年のコロナショックはWHOが中国の広報局として言いように操られ、その結果全世界にパンデミックをまき散らしました。

以前もユネスコが、事実無根の南京大虐殺事件を中国からの申請をそのまま受け付けてしまい、国連の役割に疑問を持っていたところでした。

そこで、本書「国連の正体」(藤井厳喜著 ダイレクト出版)が出版されたので、購入して読みました。国連の実態は、私たちが思っているイメージとはかけ離れていることが分かりました。

国連(国際連合)を英語では、"The United Nations"です。即ち、直訳すれば第2次世界大戦で日独伊三国同盟枢軸国と戦った連合国のことです。その連合国が日独伊枢軸国に対抗して創った組織です。

それを当時の外務省が日本が加盟していた国際連盟に倣って国際連合と命名しました。

連合国のままでは、国民感情が許さないという忖度が働いたのでしょうか。

外務省のイメージ戦略が見事に当たり、国連に対するイメージは非常に良いです。

国連は第2次世界大戦の勝者である連合国による世界平和を目指している国際組織ですが、実態はかなりかけ離れています。

連合国の国際組織なので、敵国条項がまだ入っており、日独伊の3国が国際紛争を起こした場合には、容赦なく軍隊を送って鎮圧できるコトになっています。日本は再三撤廃を要請していますが、実現に至っていません。

国連は、建前は世界平和を唱っていますが、実態はカンボジアの和平に貢献した以外は機能していません。

その最大のガンは中国の存在です。
中国は、GDP世界第2位の国力を持つようになりましたが、その経済力を悪用して、国連を牛耳ってきました。
アジアアフリカ諸国に経済援助し、台湾を追放して国連の常任理事国に収まり、それ以来中国の横暴さが際立っています。

中国が侵略したチベット、内モンゴル、ウィグルの3国は、当然非難の対象ですが、参加諸国は中国を恐れて、何も言えません。
国連加盟の条件は平和を希求する国となっていますが、中国や北朝鮮も加盟国であり、有名無実化しています。

最近では南沙諸島の公海に中国は強引に埋め立てて自国の軍事基地にしてしまいました。当然国際法違反となりましたが、国際裁判所の勧告も無視しています。

更には中国の世界征服戦略の一環としての一帯一路政策がありますが、これらの傀儡国家を国連の諸機関のトップに据えて、コントロールしています。

その典型がWHOのテドロス事務局長はエチオピア出身です。エチオピアには中国が莫大な援助をしており、頭が上がりません。

その結果、コロナウィルスの事実を中国の指示に従い隠蔽し、その結果、世界中に甚大な被害を招くことになりました。

なお、中国は当初武漢ウィルスと称していましたが、その後WHOは中国の指示に従いCOVID19という呼称に変えてしまいました。
中国はこれを悪用して、コロナウィルスの犯人は米国だと主張する始末です。
日本政府及びマスコミは中国に忖度して新型コロナウィルスで統一しています。

一方、国連本部は、余り何もやることがないので、発展途上国から多数の職員の雇用の場として機能しています。
各国が派遣できる職員数は拠出金の額によって決まるのですが、途上国は定員を大幅にオーバーしています。

先進国は、国連の実態を知っているので、余り行きたがらず定員割れてしています。

但し、日本は国連幻想があるため、反日左翼の活躍の場として人気があるようです。

中国、韓国が反日プロパガンダに悪用していますが、日本はそれを阻止せず、同調しているお粗末ぶりです。

なお、難民救済等の支援に関しては、現場の人はそれなりにがんばっているそうです。

私も国連の下部組織難民救済を目的とするUNHCR協会に適宜寄付金に応じていますが、それなりに機能しているようなので、私の善意の寄付金が活用されている信じたいです。

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

「マーキュリー通信」no.4183【奇人変人が世の中を変えていく-404「自民党幹部も左傾化していく危機」】


女性初の総理候補と言われている自民党幹事長代理野田聖子氏が、夫婦別姓を推奨しています。

10年前の民主党政権時代に夫婦別姓制度が提案され、一旦は没になりほっとしていました。

野田聖子氏は、夫婦別姓は世界の常識と主張しています。
また、夫婦同姓が男女少子化の一因というとんでもない我田引水をしています。

ハーバード大学元教授ハチソン氏が、名著「文明の衝突」で、日本は2600年以上も万世一系の天皇が続き、世界に誇るべき文化を持っていると賞賛しています。
そして、中国を中心とするアジア大陸とは別に第8の文明と定義しています。

日本は天照大神が大和を大いなる調和と呼びました。
それを受け継いで、聖徳太子が「和をもって貴しとす」と17条憲法に規定しました。
和の最小単位は家族です。

しかし、戦後米国占領軍GHQが創った日本国憲法では個人主義をベースとしています。個人の自由を尊重するのも大切です。しかし、それが極端になると、自分勝手なわがままな行動をとるようになります。

米国は訴訟社会です。弁護士の数が異常に多い社会です。
日本の良いところは、争い事を法律で解決するのではなく、お互いに歩み寄り、和をもって解決していきました。

しかし、憲法の影響が戦後75年経ち、徐々に浸透し、核家族化が進行しました。
おじいちゃん、おばあちゃんが孫の面倒を見るという古き良き伝統はほとんど失われつつあります。

核家族化の進展で新たな社会問題が起きています。
独り暮らしの高齢者が年々増加しています。そして、孤独死です。

だから今再び大家族制度の良さが見直されています。
国の介護制度も、在宅介護に方針を切り替えつつあります。

若いときは勝手気ままにやれば良いです。最近は独身男女の数も増加の一途をたどっています。
しかし、人生100年時代、身寄りのいない孤独な老人となっていきます。

夫婦別姓制度は、家族の絆をばらばらにして、すきま風が吹く個人の自由を貫く世の中となっていきます。

外国で流行っているからという理由で夫婦別姓を奨めるのはあまりにも思慮がなさ過ぎます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

子供の頃、両親のいなかった私は母親の実家に預けられました。そして、祖母の手で育てられました。
通信簿をもらうときに、保護者の欄に、祖母の名前「小林千代」と書いてありました。それを周りの級友から、なぜ保護者の名字が違うのと聞かれるのが一番嫌でした。そして、子供心に傷ついていました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

「マーキュリー通信」no.4182【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-113「チーズはどこへ消えた?」】


20年前のベストセラー書「チーズはどこに消えた?」(スペンサー・ジョンソン 扶桑社 1000円+消費税)が、最近漫画本として復活しました。

毎日好物のチーズを食べて平穏な生活を送っている二人の小人がいました。

ある日、突然そのチーズが消えてしまい,二人はパニックに陥りました。
二人の小人はチーズを死にものぐるいで探し始め、終いには迷路に紛れ込みます。

一人の小人ホーは、もはやチーズはないと諦め、新しいチーズを探し始めます。
もう一人の小人ヘムは諦めきれずに、これまでのチーズを探し続けます。

ホーは、新しいチーズを求めて探し続け、何とか新しいチーズを手に入れます。
新しいチーズはこれまでのチーズと比べ味も形も違います。安全です。
ホーは新しいチーズに直に馴れ、新しい生活を始め、また平穏な生活を始めました。

一方、ヘムは依然これまでのチーズを探し続け、へとへとになり倒れ込みます。
ヘムは新しいチーズを探すリスクを恐れています。また、新しい味や食の安全性も心配しています。

ヘムは久しぶりにホーと再会します。ホーの表情は、以前のホーと比べ、さらに充実した印象を受けました。

ホーは、ヘムに新しいチーズを与えます。最初は拒絶していたヘムでしたが、恐る恐る新しいチーズを1口食べてみました。するとヘムが恐れていたことはありませんでした。ヘムもやっと新しいチーズを食べる気になり、ホーと一緒に新しいチーズを食べ、新しい平穏な暮らしをすることができました。


この逸話は現代人のライフスタイルにも似ていませんか。

これまでのライフスタイルは、良い大学を卒業し、良い企業に勤めれば、安定した生活を送れると思っていました。

しかし、コロナショックがその考え方を一変させました。

大手企業ですらボーナスがなくなり、人員削減の時代となりました。今後は半数の企業が倒産すると言われる時代です。

それでも今勤めている企業にしがみつこうとしているサラリーマンは多数います。

仮に定年までしがみついたとしても、定年後の受難が待っています。
人生80年時代なら、退職金と年金で何とか暮らせたかも知れません。

しかし、人生100年時代では定年後は35年もあります。
退職金や年金だけでは充分暮らせない時代となってきました。

さらに、最期の10年間は寝たきり痴呆老人の時代となります。

それでも自分だけは大丈夫と思い込む人が非常に多いようです。
そして、目先の事しか考えていない人が多数います。

多くの人は、2人目の小人ヘムのように変化を恐れています。

しかし、変化を恐れていては、押し寄せる大波にのみ込まれてしまいます。

ベストセラー書「チーズはどこへ消えた?」は、乱気流の現在に再び復活しました。本書を自分に置き換えてみて、読んでみたらいかがでしょうか。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年7月に出版した「生涯現役社会が日本を救う!」は、おかげさまで増刷となりました。
著者にも一部在庫があります。ご希望の方は著者のサイン入り、送料無料で1540円を1500円でお譲りいたします。ご希望の方はご連絡をおまちしております。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

「マーキュリー通信」no.4181【奇人変人が世の中を変えていく-403「マスコミの本質を知って、マスコミ情報を取捨選択する」】


今年もいろいろなニュースがありました。

その中で東西両横綱はコロナウィルス報道と米国大統領選と考えます。
米国大統領選はバイデン候補が最初から優勢でバイデン候補勝利という事前に作ったストーリーをそのまま筋書き通りフェイクニュースで流し続けました。

一方、コロナ禍では、マスコミの連日連夜に及ぶ過剰報道が国民を恐怖に陥れ、政府の経済政策にも影響を与え、今年のGDPは2桁のマイナス成長、失業率も2桁になりました。その結果、自殺者が急増するという副作用まで出ました。

マスコミの経営方針は視聴率のアップであり、購読者のアップです。
その為に、事実をセンセーショナルに報道するのがマスコミの本質といえます。

東日本大震災では、福島原発の放射能汚染の過剰報道により、福島県産の野菜や肉が売れなくなりました。

もう1つの報道は利権構造です。
また、スポンサー企業の利害に影響することは公となった犯罪以外は報道しません。

コロナ禍の過剰報道で国民は恐怖に洗脳されています。
そこで一番売れる商品はワクチンです。
米国では安いワクチンを販売しようとしたところ、ペンディングになっているそうです。
そこには中国の巨大な利権が絡んでいると言われています。
日本の製薬会社もそれに預かろうとの情報もあります。

トランプ大統領は、この巨大利権構造を断ち切ろうと立ち上がったのですが、米国巨大グローバル企業と民主党、そして一部共和党勢力の厚い壁に阻まれ、フェイクニュースを垂れ流され、史上最悪の選挙不正事件へと発展しています。

日本のマスコミも米国マスメディアのフェイクニュースの垂れ流し続けています。

一方で、原発事故により政府諮問委員会ができ、原則原発停止という経済を無視した提言をして、我が国の経済に大打撃を与えました。

今回のコロナ禍も政府の新型コロナウィルス感染症対策分科会が再三Go to キャンペーンの停止を提言しています。

彼らは経済音痴です。彼らの本質は彼らの専門知識を誇示し、存在感を示すことです。
経済に大打撃を与えていることには無頓着です。

今回の新型コロナウィルスは、毎年流行るインフルエンザと比べ死亡者数が圧倒的に少ないにもかかわらず、国中を挙げて大騒ぎしています。少し異常です。

そう思っているところに、中部大学教授(特任教授)武田邦彦氏を中心として下記提言をしました。
彼らの共同提言に私も勇気を頂き、今後もこれまで同様コロナウィルス以前の生活をしていくこととします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

厚生労働省は、自粛の必要性について、その科学的根拠を示すべきである。 また、新型コロナウイルスの存在を示す根拠となる科学論文を示すべきである。
武田邦彦・吉野敏明・大橋眞・矢作直樹・藤井聡・内海聡


□私たちは「国民の健康を守り生活の質を維持する」という観点から、政府や自治体が提唱する感染予防対策を無条件に受け入れ、新しい生活様式へ移行することに同意すべきではないと考えています。

□私たちは、この度のパンデミックは、偏った情報が急速に拡散されたことによって引き起こされたインフォデミックであると認識しています。
新型コロナウイルスの脅威は、実際に多くの人が感じているより圧倒的に低く、私たちの生活様式が変更されなければならない程の死の脅威は存在しません。


1.私たちは、政府に対して一刻も早い指定感染症(2類相当)の解除を求めます
2.私たちは、PCR検査による陽性者認定を即刻停止するよう求めます
3.私たちは、感染予防対策としてのマスク着用の推奨を停止することを求めます
4.私たちは政府・自治体に対して、感染予防の名の下に行われる施策の一切に対 し、その根拠となる科学的なデータを明確に示すことを求めます
5.私たちはメディアに対し、感染者数の発表を停止するよう求めます
以上、共同宣言のポイント。

中村コメント
1. 共同宣言5項目の根拠は、専門知識を持つ者には定説に基づくもので異論の挟みようがありません。
2. 尾身氏などの専門家会議メンバー、厚労省の技官はもちろん知っているはずです。それをさせない圧力があるのか、または、別の視点がある、と考えます。
3. 圧力については巷で語られるワクチンビジネス説、金融資本家達の背景など想像してしまいます。・・・・たぶんそうなんでしょう。改めるつもりなどない群れに是正を望むには対話はあり得ないし、戦うしかないでしょう。
4. 一方で、尾身氏が抵抗しない理由について、私の勘繰りとしては、既存の医療体制を一度壊すことを目論んでいるかもしれません。「もとどおり」の医療は決して満足すべき医療体制ではありませんでした。組織の経営のために治さない、場合によっては悪化させる、診断基準をたびたび変更し無理やり病人にさせられ薬漬けになる等の問題がありました。
コロナ禍で受診を控えたために、服薬を中止したり、養生の時間ができることで健康を取り戻した方も少なからずいます。すなわち、この間に国民は、カラダがもつ健康を立て直す自然の力の再体験をし、併せて共同宣言の意味を理解するほど賢くなっています。
その次元にあがった視点では「もとどおり」の医療にはもう満足しないと思います。
このような機会を利用して悪弊に満ちた医療体制の崩壊をすすめることができれば「ニューワールド」もありだな~、とか考えて尾身氏たちはピエロをされているのではないでしょうか。
今のうちに、既存の製薬業界主導の医療に執着することを止めて、人類の健康を維持、増進するためのシステムとは、どういうものか、どうしたらよいのか、今回の体験を踏まえた議論をすることが国民に求められている、と勘繰りたいと思います。

以上です。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

分科会のGo to キャンペーン停止の再三の提言にもかかわらず、政府が停止になかなか踏み切れないのは、京都大学上久保教授のコロナウィルス問題なし発言の影響を受けているようです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

「マーキュリー通信」no.4180【人生に勝利する方程式-236「17歳の青春」】

 

私は17歳の時に、「日本は資源が少ない国なので貿易立国が国是、従って、将来は世界を股にかけるビジネスマンになろう!」と決意しました。
その為には一橋大学商学部がベストと分かりました。

その為に、手足の指10本にしもやけをこさえながら私は大学受験勉強に全力投球中でした。耳や鼻の頭、かかと、ほっぺたまでしもやけで悩まされました。

一橋大学卒業後は、念願の三井物産に就職できました。そして、ミッションである世界を股にかけるビジネスマンとして、カナダの石炭を日本に輸出する仕事に従事しました。

三井物産は23年半前に早期退職しました。

現在の私のミッション、夢は、少子高齢者社会の様々な課題解決にチャレンジすることです。
その為に、再来年にはシニアとシングルマザーが共生するコミュニティ・ハウスユートピア館を建設する計画です。

現在年齢は71歳ですが、私の心はその年齢を逆から読んで17歳です。私の念いの部分は17歳の時の自分、少年のような純粋な心とほとんど変わっていません。
気持ちが若いので17歳の青春を謳歌している感じです。

現在の心境は、自分事は終わっているので、後は世の為、人の為、社会貢献を中心に生きていこうと思っています。

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

「マーキュリー通信」no.4179【奇人変人が世の中を変えていく-403「同じ護憲でも天と地の差、日米の護憲論」】



米国大統領選では、トランプ大統領がバイデン候補に対し大規模な不正があったと訴訟を起こしています。

トランプ大統領が今回訴訟に踏み切った理由の1つに、今回の大がかりな不正選挙は憲法違反と判断したからです。

米国は、英国の宗教弾圧から逃れ、自由の地として建国されました。
建国の精神は、神との契約の下、自由と民主と信仰が基本です。

国民は正しい情報を得て、誰が次期大統領にふさわしいかを判断します。

しかし、今回大手マスコミの大半はアンチトランプ大統領キャンペーンを張り、トランプ大統領に関するフェイクニュースを垂れ流し続け、今でも垂れ流しています。

一方で、バイデン候補のスキャンダルは報道しません。
また、民主党が中国との連携で巨額の買収事件、詐欺、不正投票等も報道していません。

トランプ大統領の報酬は年間僅か1ドルです。
トランプ大統領は、無私の心と利他の精神で、建国の精神である自由と民主と信仰を掲げ、神の代理として選挙戦を戦っています。
それは同時に護憲でもあります。

もし、マスコミがバイデン候補の汚職や民主党の不正を正確に報道していたら、国民の大半はトランプ大統領に投票していたはずです。

一方、日本の護憲勢力を見るとあまりにも軽薄でお粗末です。
終戦直後、当時の米国占領軍GHQが、日本を米国に2度と刃向かえない国にするために創りました。即ち、軍隊の禁止、宗教の骨抜き、財閥解体を盛り込んだ日本国憲法を僅か1週間で創りました。

こんな極めて悪意に満ちた憲法を護憲護憲と死守しようとする護憲勢力の意味が理解できません。
全くの不勉強なのでしょうか。
それとも護憲を叫ぶと喜ぶのは中国です。
今の日本国憲法では、軍事大国中国が攻めてきたらひとたまりもありません。
だから護憲勢力は、中国と協力しながら、中国の傀儡政権を日本に創る為なのでしょうか。それなら理解できます。

私は護憲ではなく誤憲と思っています。

日本の護憲勢力は、トランプ大統領の爪の垢を煎じて、真の護憲とは国を守ることだという原点に戻って欲しいと思います。

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

「マーキュリー通信」no.4178【奇人変人が世の中を変えていく-402「世界最強の戦略国家中国の脅威と恐怖-2」】


本日の産経新聞に、「バイデン氏就任固まる。トランプ陣営訴え、最高裁棄却初判断」との大見出しで報道されていました。
産経新聞は比較的偏らない報道をしているので購読していますが、米国大統領選だけはフェイクニュースを垂れ流しています。

万一バイデン大統領が当選した場合、中国の思うつぼです。

中国は15年ほど前から米国の協力も得ながら化学兵器としてのコロナウィルスの研究を続けてきました。

コロナショックが起きる前までは、トランプ大統領の再選は確実視されていました。
そこで、中国は米国にコロナウィルスを撒きました。
その結果、米国を始め世界でコロナショックが発生し、多数の人が死にました。
中国の感染者数は9万人弱と報道されています。この数字自体信用できませんが、15年間の研究成果とワクチン対策もできているので極端に低い数字も頷けます。

中国はこの実績をPRし、ワクチン供与や経済的支援により一帯一路構想に取り込もうとしています。

中国の思惑通り一時はコロナショックでトランプ大統領の人気は急降下しました。しかし、適切な経済政策の結果、失業率が低下し、経済も回復基調にあります。その結果、大統領選はトランプ大統領圧勝に変わりました。

これに危機意識を持った中国は、中国と利権構造でがっちりスクラムを組んでいる米国企業と連携し、史上最大の選挙不正を展開し、トランプ票をバイデン票に意図的にひっくり返すという犯罪を実行しました。
中国とバイデン候補は利権でがっちりと噛み合っています。

万一、バイデン大統領が誕生したら、世界は中国帝国が支配する恐怖が支配する世界へと変わっていきます。そして、米国の没落が一気に始まっていきます。

米国利権構造でがっちりスクラムを組んでいるグローバル企業、エスタブリッシュメントは米国の利益より自分たちの利益を優先させます。

カネと女で世界を操る中国のしたたかな国家戦略に脅威と恐怖を感じています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

バイデン候補が、記者会見で「大統領選で大量の不正行為をした」と思わず口走ってしまいました。本来なら、大スクープになるはずですが、米国の大手マスコミは認知症老人の戯言と思い報道しませんでした。もちろん日本のマスコミもです。

私は、バイデンを日本語名「買田(=票をカネで買うの意味)」と命名しました。ファーストネームはジョーは冗談の冗です。これまで数々の失言も冗談として切り抜けてきています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

「マーキュリー通信」no.4177【40年前の今日、この時間帯にジョンの映画を観て、ジョンを偲ぶ】


ジョンが非業の死を遂げたのは40年前の日本時間の12月9日11時50分頃でした。
その時間、さいたま新都心駅の近くにあるMovixさいたまでジョンの映画イマジンを11時20分から12時50分まで上映していました。

40年前の本日この時間帯に合致したので、映画が始まって直ぐにジョンの冥福を祈りました。

ジョンは私より9歳年上で、現在80歳に当たります。
しかし、映画に登場するジョンは私の子供に当たる年齢でした。そういう不思議な感覚を持ちながら、ジョンの映画を観賞しました。

映画イマジンの内容はいかにジョンがヨーコと平和を愛していたかを如実に物語っており、感激の場面の連続でした。お茶目でいたずらっぽいジョンも多数出てきました。

Movixさいたまは、豪華シートと音響効果抜群なので、これまでCDで聞いていたジョンの歌がさらに素晴らしく感動的に受け止めることができました。
同館はまた行ってみたい映画館でした。

映画観賞の後は、ビートルズ・ファンクラブの仲間とカラオケを歌いました。
本日のルールは、ジョンの歌に絞って、2時間たっぷりと歌いました。
ビートルズ・ファンクラブのカラオケの楽しいのは、全曲知っているので、一緒に歌え、一緒に感動に浸る事ができることです。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カラオケボックスの受付に行くと、60歳以上はシニア割引があるので、申し込んだところ、健康保険証の提示を要求されました。受付の女性は私の年齢71歳を見て、びっくりしていました(^人 ^;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

「マーキュリー通信」no.4176【ジョン・レノンが亡くなって40年に思う】


ジョンが熱狂的なファンに射殺されて本日で丁度40年が経ちました。

ビートルズは私の人生にも大きな影響を与えましたが、中でもジョンが一番好きでした。

ジョンは5歳の時に両親が離婚した為、母ジュリアの姉であるミミ伯母さんによって育てられました。

私も5歳の時に母親が他界しました。
その翌年、父が家出をしてしまいました。
1つ年下の妹と私は祖母(母の母親)によって育てられました。
ジョンと似たような境遇だった私はジョンに一番シンパシーを感じました。

Motherという名曲があります。
ジョンは"Mama, don't go,! Daddy come home!"と繰り返し絶叫します。
幼い頃のやるせない記憶をそのまま歌詞にぶつけています。
カラオケでこの歌を歌うとき、私は毎回涙が止めどなく流れてきます。
他人に涙を見せたくないので、必ず一人で歌います。

さて、ジョンはヨーコとの出会いにより人生が大きく変わります。
ジョンはビートルズという世界最高峰を極めたロックバンドと別れ、ヨーコと"Love & Peace"を世界中に発信し始めます。

丁度米国はニクソン大統領の時代、米国はベトナム戦争の泥沼にはまっている時期でした。
ジョンとヨーコと共に戦争は良くないと反戦活動を全世界に発信します。ニクソン大統領からは「暗殺するぞ」と脅かされました。しかし、それにもめげず反戦活動を続けます。
そして、最後はジョンの主張、正しさが証明されました。

その後、二人にはショーンという男児が誕生します。ジョンは歌手休業宣言し、5年間子育てに専念します。

5年後、復帰宣言をしました。
そして、ヨーコとの共作「ダブルファンタジー」を発表します。
その直後の12月8日、ジョンは熱狂的なファンの凶弾に倒れ、帰らぬ人となりました。

しかし、私の心の中にはジョンの声、魂、歌は永遠に生き続けています。


最近ジョンはイエス・キリストの分霊であることが分かりました。
大工の息子として生まれたイエスが、最後の3年間をキリスト教の布教活動に専念し、最後は異端者として磔の刑に遭いました。
ジョンもビートルズというロックバンドから解放され、愛と平和を訴え続けました。
その時代のジョンは、長髪と長いひげ、その風貌はなぜかイエスに似ている感じがします。

「ジョン・レノンの霊言」、「何をもって愛とするか ジョン・レノンの霊言」(大川隆法著、幸福の科学出版)を読むと、天国からジョンは今でも愛と平和を訴えています。

米中戦争が事実上起こっています。
今こそジョンの訴えている愛と平和の世界を、全世界の人間がジョンの命日に「愛と平和」の思いに向き合ってみたらいかがでしょうか。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

ジョンの命日は、日本時間では9日11時50分頃となります。
ちょうどその時間帯にMOVIXさいたまでジョンの映画11時20分から12時55分を上映します。

そこで、私が代表を務めるビートルズ・ファンクラブでジョンを偲びながら映画鑑賞することになりました。

希望者は、ご連絡いただけますか。
9日11時にMOVIXさいたま コクーンシティ コクーン1 2F チケット売り場前でお待ちしています。

観賞後は、近くのカラオケボックスでジョンを偲びながら思い切りジョンの歌を歌いませんか。

住所  埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-267-2 コクーンシティ コクーン1 2F
行き方 JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線さいたま新都心駅東口すぐ/JR埼京線北与野駅より徒歩8分
https://eiga.com/movie/93677/


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

「マーキュリー通信」no.4175【ワンポイントアップの幸福力-13「部屋中が札束で埋め尽くされていても幸福でないある大金持ちの話」】

 

7月1日から香港では ?香港国家安全維持法が施行されました。それ以降、アグネス・チョウ始め多数の民主活動が逮捕され、香港の自由と自治は奪われました。

米国は、香港の民主主義を崩壊させる行為に対し、厳しい制裁を発動しました。
その1つに第4代中華人民共和国香港特別行政区行政長官兼初代国家安全維持委員会主席を務める林鄭月娥(キャリー・ラム)の口座を凍結しました。

キャリー・ラムの月給は600万円、平均的な香港市民の月給の20倍の高給取りです。
因みにトランプ大統領の月給は1ドルだそうです。つまり、ほぼ無給で米国の改革に真剣に取り組んでいるわけですね。

口座が凍結されたため彼女の給料は現金で支給されるそうです。
その他、彼女の金融資産は数十億円と言われています。
そのお金を引き上げたけれど、貯金しておく口座がないのでやむなく自宅に置いてあるそうです。
自宅は足の踏み場もないくらい札束で埋まっているそうです。

彼女は、中共トップの指示に従い香港市民を弾圧していますが、決して心は穏やかでないはずです。

いくらお金を貯めても、あの世に持って行くことはできません。

持って行けるモノは心だけですが、彼女は地獄へと真っ逆さまです。
金と権力の亡者の哀れな末路は容易に見えます。

その大量の札束を香港市民にばらまいたら多少は人気回復するかも知れませんね。

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

「マーキュリー通信」no.4174【クリエイティブに生きる-51「ピンチをチャンスに変える」】


大阪コロナホテルというホテルがあります。

コロナショック当初は、縁起が悪いと言うことで敬遠されたそうです。

しかし、これを逆手にとって徹底的なコロナ禍対策をとり、集客増につなげているそうです。Go to トラベルキャンペーンの指定ホテルにもなっています。

一度聞けば絶対忘れない名前ですよね。
宿泊客からも、宿泊後に話題に上り、その話題性と安全性が口コミで広がっていきます。

もし改名していたら、改名コストもかかり、PR費用もかかります。

コロナでピンチの会社もこの逆発想を使ってみたらいかがですか?

| | コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

「マーキュリー通信」no.4173【日米政界、官界の保守VIP集結、CPAC Japan開催!】


本日、日米の政界、官界の保守VIPが集結してCPAC Japanが開催されました。私はオンライン参加しました。

CPACとは米国最大の保守団体ACU(American Conservativ Union)が主催する政治的コンベンションです。本日はACUの最大の盟友日本のJCUあえば浩明議長がCPAC Japanを開催しました。

米国大統領選は、投票前の下馬評ではトランプ大統領の圧倒的大勝利が予想されたため、これを阻止するために民主党が史上最悪の不正選挙と汚職を行ないました。
また、民主党は中国と共謀し、ドミニオンという投票システムを悪用した事も明らかになりました。

トランプ大統領陣営では、裁判でその不正を暴き、当選を目指しています。
トランプ大統領の当選はほぼ間違いなく、来年1月20日の大統領就任式も準備しています。

バイデン候補は、万一大統領になったとしても、彼の汚職を司法省が捜査を開始した為、彼は汚職で逮捕されるだろうとのことです。

汚職内容は中国疑惑を始めロシア疑惑、ウクライナ疑惑等数々あります。

バイデン親子は、顔認識技術を中国に入れ、1000~2000億円の巨額の利益を得たことが判明しました。
この顔認識技術は、ウィグル全土に導入し、罪のない多数のウィグル人が抹殺されています。

万一、バイデン氏が当選したら、これは米国民主義の敗北となります。その後は、中国と利権構造を培ってきたバイデン候補は、米中協調路線を歩み、アジア太平洋地域は全体主義国家中共の手中に落ちる事になります。

一方、エネルギー戦略に関しては、トランプ大統領はパリ協定を離脱したモノの、着実に地球温暖化を打ち、トランプ大統領就任の4年間でCO2は減少しています。

日本では菅首相が、役人の作成したカーボンニュートラル政策を良く理解しないまま発表したため、政財界は混乱しています。

日本の海の面積は経済的排他水域を含め、世界第6位の海洋大国です。
そこには海底資源が大量に埋蔵され、日本は資源大国なのです。

特にメタンハイドレートを代替エネルギーとして活用する技術はできつつあり、これを活用するとエネルギー問題は解決に向けて大きく前進します。

なお、メタンハイドレートの最大埋蔵量は尖閣諸島にあります。だから、中国は突然自国の領土と主張し、連日尖閣諸島には中国の艦船が侵入してきています。今や尖閣諸島は中国に侵略されるのは時間の問題となっています。

日本政府の腰が重い理由として、高いエネルギーを海外から輸入すれば、産業界の利益につながるので、政財官界の利権構造ができあがっているからだそうです。

日米の保守陣営が連携し、まずはトランプ大統領を当選させることが、日米を始めとする世界平和につながるということを肝に銘じ、私も応援していきたいと思っています。

最後は、「正義は勝つ」です!


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

地球温暖化の主因がCO2と提唱したのが民主党ゴア元副大統領でした。

私も以前からCO2地球温暖化説には以前から疑問を抱いていましたが、「図解 世界闇の支配者」(扶桑社刊)によると、過去1世紀の気温上昇グラフが捏造されていることが判明しました。このデータ捏造は、ゴアとIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)のメンバーによって行われました。

ゴアは「不都合な真実」という映画を制作しました。そのスポンサーは世界最大の原子力関連企業GE(ゼネラル・エレクトリック)でした。

ゴアは、同社の株式を大量に購入し、映画の発表後高騰した為、売り抜いて巨額の利益を得たそうです。
更にはゴアの元には、原子力関連企業から多額の資金が集まっているそうです。

ゴアのでっち上げ理論により、地球温暖化の主犯CO2はすっかり定着し、世界経済にコストとなって大きな負担を強いています。

トランプ大統領は、ゴアの嘘を見抜き、パリ協定から離脱したモノと思われます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.4172【クリエイティブに生きる-50「失敗からヒットが生まれることもある」】


朝食のメニューとしてジェイソン・ウィンターズ・ティーというハーブティーに青汁粉末を入れて飲んでいました。
先日、誤ってプレーンヨーグルトに入れてしまいました。
プレーンヨーグルトには、きな粉と黒ごま、黒砂糖を入れて飲んでいます。
しかし、これに青汁粉末をミックスして、食べてみたら意外とおいしかったです ( ^)o(^ )
それ以来、青汁粉末はヨーグルトに入れて飲んでいます。

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

「マーキュリー通信」no.4171【日本軍と共謀した男 毛沢東-嘘で塗り固められた中共史】


遠藤誉著「毛沢東 日本軍と共謀した男」(新潮新書)を読みました。
遠藤誉さんは、1941年中国吉林省長春市に生まれました。
1953年12歳の時に帰国しました。
中国滞在経験を活かし、中国関係の書籍を多数著してきました。
彼女は現在東京福祉大学国際交流センター長として、メディアにも頻繁に登場します。

大東亜戦争前の中国は、毛沢東率いる共産党と蒋介石率いる国民党が激しい内戦を展開していました。
日本軍は毛沢東を支援、蒋介石を米軍が支援しているという構図でした。

毛沢東は蒋介石を台湾に追いやり、勝利しました。その結果、1949年に中国共産党による一党独裁体制の国家が誕生しました。

共産党勝利の立役者は日本軍だったので、毛沢東は日本に感謝しています。

ところが戦後、日本は米国GHQにアジアを侵略された悪い国と洗脳されてきました。
この洗脳が未だに解けていません。
日本社会党の佐々木更三元委員長が毛沢東と会ったとき、真っ先に日本の中国侵略を謝罪したそうです。
この謝罪に毛沢東は何のことかよく分からず戸惑ったそうです。
毛沢東は日本との歴史的関係があったので、一度も日本軍の中国侵略を採り上げなかったそうです。
また、米国によって捏造された南京大虐殺事件も存在していなかったので、一度も採り上げなかったそうです。

一方、中国が反日を掲げるようになったのは、鄧小平後の江沢民国家主席(前々国家主席)の時からだそうです。

江沢民は、日本軍閥の官吏の息子として贅沢な暮らしをしていました。
もし、その事実を知られたら国家主席はおろか、共産党から追放される恐れがありました。

そこで、江沢民は極端な反日煽動を展開し、成功しました。
1995年9月3日、中国で初めて全国レベルの「反日戦勝記念日」と「反ファシズム戦争勝利記念日」の祝典を実施し、現在に至っています。

なお、日中戦争は多少はあったものの、実態は共産党と国民党の内戦でした。
従って、反日戦勝記念日も完全なでっち上げです。反ファシズム戦争勝利記念日も失笑ものです。大泥棒自らが反泥棒運動を喧伝しているわけですから。

そして、反日の一環として靖国神社を天皇陛下や日本の閣僚が参拝すると事実無根の強烈な苦情をぶつけ、止めさせてきました。

それにしても日本の為政者の態度を見るにつけ、同じ日本人として恥ずかしいの一言です。
財界の人間も含め、中国の14億人の市場に目がくらみ、ファシズム帝国中国のいちゃもんに屈服してきました。
その結果、日本は戦争犯罪を起こした悪い国という自虐史観から未だ抜けきれません。教科書には事実無根の南京大虐殺事件や朝鮮従軍慰安婦事件が掲載される有様です。

毛沢東は、史上最悪中国国民を7000万~1億人殺したと言われています。
毛沢東はその事実を隠蔽する為に、マルクスレーニン主義をまねて毛沢東主義にすり替えて、中国人民の精神的主柱にしてしまいました。
もちろん中国人民の大量虐殺の話は伏せられています。

史上最悪の殺人鬼をあがめ奉らされている中国人民は不幸だと思います。

その亡霊は未だに生き続け、香港人の自由を奪っています。

しかし、悪の天下は長く続きません。
ソ連共産党は75年続いて崩壊しました。
中国共産党成立から75年は2024年となります。その頃には中国共産党も崩壊していることでしょう。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

社会党を社民党に改名した社民党はとうとう福島瑞穂党首1名となり、事実上の消滅です。
歴代の社会党委員長がこの事実を知り、反日ではなく、国民の為の政治を行っていたら、今では自民党と張り合う国民から信頼される政党になっていたことと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

「マーキュリー通信」no.4170【ワンポイントアップのコミュニケーション力-199「相手の過度の要求に対しては、こちらの事情もしっかりと伝える」】


10倍アップの極意シリーズ第3弾「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」を10月に出版しました。
私の経験を基に書いた本ですが、コミュニケーションに関しては完璧ということはなく日々学びです。そして、私自身も同書を参考にしながらコミュニケーション力アップに役立てています。

隣家のご夫婦が菓子折をもって我が家を訪ねてきました。
用件は我が家の騒音の件でした。
こちらが相手に迷惑をかけているなら、菓子折をもって我が家に来るのも不自然でした。
その後、同家に招かれて我が家の騒音状態を確認しに行きました。
テレビの音声を普段聞いている最大のボリューム41で聴いてみました。偶々隣家もパナソニックのテレビを使っているので、数字41でお互いに理解できます。

私は隣家との境界の壁に耳を当てて我が家の騒音を聴き取ろうとしたのですが、全く聞こえません。

暫くしてから隣家の奥さんが、「この音です」と私に再度聴くように促します。
私は再度耳を凝らして聴いたところ、かすかですが何とか音の存在を認識できました。
隣家の奥さんの話では、この音で今年生まれた男の子が目を覚まして泣いてしまうとのことです。

そこで私は「事情を理解できたので協力します」と応えました。帰宅後、菓子折の意味ができました。

その後、隣の奥さんから「我が家のテレビ音で子供が目を覚まし、困っている。もっと小さくして欲しい」旨のショートメールが届きました。

私は少しむっとして、「それなら我が家との境界の壁から遠ざけて、赤ちゃんを寝かせたらいかが?」と反論しようとしました。
しかし、それでは隣家との人間関係を壊してしまうことになり、下記のようなショートメールを複数に分けて送りました。

「以前、貴家で我が家のTV音量41をチェックしたとき、私自身ほとんど認識できませんでした。しかし、貴家の事情を理解したので、それ以来TV音量は30前後まで落としています。」

「それでは時々聞こえないことがあり、我が家のストレスになっています。また、以前は入浴中に録画した歌番組をTV音量45以上にして楽しんでいましたが、今はかすかに聞こえる程度です。」

「本件は毎日夫婦でかなり気を遣いながら、対処しています。今後も音量に関しては配慮しますが、こちらの状況もご理解頂けたら幸いです。菅谷信雄」

すると隣家の奥さんから、
「ご協力ありがとうございます。これからもご相談させて頂ければ大変助かります。引き続きよろしくお願い致します。」
との返信が来ました。

この種のやりとりは電話でやるより、メールでやりとりする方がベターと思いましたが、その通りでした。

電話の場合、お互いに感情的になる可能性があるので、正解でした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

次作「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」がアマゾンで10日に発売することになりました。現在予約受付中です。読者の皆様のご協力を頂けたら幸いです。

また、12月22日(火)18時半~19時45分出版記念講演会をzoomで実施します。
参加費は無料です。ご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )

ミーティングID 930 182 2900
ミーティングパスコード DEC3377

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

「マーキュリー通信」no.4169【人生に勝利する方程式-235「持続する意思」】


成功できない人の場合、たとえビジネスチャンスが来て、そのビジネスに関わったとしても、仕事として真摯に向き合うことが少ないようです。
仕事として真摯に向き合い、努力精進を続けていけば、必ず成功します。
その為には、その仕事をしっかりと理解し、確信を持つことです。
この確信が持続する意思の元となります。そして、習慣化していきます。

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

「マーキュリー通信」no.4168【人生に勝利する方程式-234「成功できない人の特徴」】


昨日のメルマガではアキッパ金谷元気社長の、ビジネスで成功するためには圧倒的な発想力、行動力、実現力をお伝えしました。

一方、成功できない人の特徴は、せっかくのチャンスが訪れてもそのチャンスを活かさないことです。何もやらないことです。

成功できない人の所にはそれほど大きなビジネスチャンスが来るわけではありません。
それでもできない理由、言い訳を並べて、やろうとしません。

成功する人は、そのビジネスの将来像をイメージし、成功をイメージして突き進んでいきます。

しかし、成功できない人は、将来像がイメージできません。目先のことしか目が行きません。

そして自分を変えることができません。
そんな調子で5年、10年が過ぎ、歳をとってから自分の歩んできた人生を後悔します。

時には、いかがわしい儲け話に手を出して悪徳商法に引っかかって大損をします。

成功できない人は、普段からビジネスの良し悪しを判断する力を養っていないので、悪魔の誘惑に引っかかって魔が差してしまうことになります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日のメルマガで、コミュニティ・ハウスユートピア館の話をしたところ、読者から近所の子供預かるあきばば、あきじじ制度の提案がありました。

ユートピア館は、理想の実現の為に、少し家賃が高めとなっています。
そこで、ユートピア館を活用して家賃収入以外の収入を考えることで、家賃を引き下げることができそうです。

ご提案に感謝申し上げます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »