« 「マーキュリー通信」no.4177【40年前の今日、この時間帯にジョンの映画を観て、ジョンを偲ぶ】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4179【奇人変人が世の中を変えていく-403「同じ護憲でも天と地の差、日米の護憲論」】 »

2020年12月10日 (木)

「マーキュリー通信」no.4178【奇人変人が世の中を変えていく-402「世界最強の戦略国家中国の脅威と恐怖-2」】


本日の産経新聞に、「バイデン氏就任固まる。トランプ陣営訴え、最高裁棄却初判断」との大見出しで報道されていました。
産経新聞は比較的偏らない報道をしているので購読していますが、米国大統領選だけはフェイクニュースを垂れ流しています。

万一バイデン大統領が当選した場合、中国の思うつぼです。

中国は15年ほど前から米国の協力も得ながら化学兵器としてのコロナウィルスの研究を続けてきました。

コロナショックが起きる前までは、トランプ大統領の再選は確実視されていました。
そこで、中国は米国にコロナウィルスを撒きました。
その結果、米国を始め世界でコロナショックが発生し、多数の人が死にました。
中国の感染者数は9万人弱と報道されています。この数字自体信用できませんが、15年間の研究成果とワクチン対策もできているので極端に低い数字も頷けます。

中国はこの実績をPRし、ワクチン供与や経済的支援により一帯一路構想に取り込もうとしています。

中国の思惑通り一時はコロナショックでトランプ大統領の人気は急降下しました。しかし、適切な経済政策の結果、失業率が低下し、経済も回復基調にあります。その結果、大統領選はトランプ大統領圧勝に変わりました。

これに危機意識を持った中国は、中国と利権構造でがっちりスクラムを組んでいる米国企業と連携し、史上最大の選挙不正を展開し、トランプ票をバイデン票に意図的にひっくり返すという犯罪を実行しました。
中国とバイデン候補は利権でがっちりと噛み合っています。

万一、バイデン大統領が誕生したら、世界は中国帝国が支配する恐怖が支配する世界へと変わっていきます。そして、米国の没落が一気に始まっていきます。

米国利権構造でがっちりスクラムを組んでいるグローバル企業、エスタブリッシュメントは米国の利益より自分たちの利益を優先させます。

カネと女で世界を操る中国のしたたかな国家戦略に脅威と恐怖を感じています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

バイデン候補が、記者会見で「大統領選で大量の不正行為をした」と思わず口走ってしまいました。本来なら、大スクープになるはずですが、米国の大手マスコミは認知症老人の戯言と思い報道しませんでした。もちろん日本のマスコミもです。

私は、バイデンを日本語名「買田(=票をカネで買うの意味)」と命名しました。ファーストネームはジョーは冗談の冗です。これまで数々の失言も冗談として切り抜けてきています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 「マーキュリー通信」no.4177【40年前の今日、この時間帯にジョンの映画を観て、ジョンを偲ぶ】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4179【奇人変人が世の中を変えていく-403「同じ護憲でも天と地の差、日米の護憲論」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4177【40年前の今日、この時間帯にジョンの映画を観て、ジョンを偲ぶ】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4179【奇人変人が世の中を変えていく-403「同じ護憲でも天と地の差、日米の護憲論」】 »