« 「マーキュリー通信」no.4208【政府の緊急事態宣言再開にコロナウィルスの専門家京都大学上久保教授が警告!】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4210【奇人変人が世の中を変えていく-408「「最近の産経新聞は少しおかしいぞ!その理由が分かりました」】 »

2021年1月 7日 (木)

「マーキュリー通信」no.4209【ワンポイントアップの幸福力-15「他人にどう思われるかの感じ方には二通りある」】


日本人は他人の目を気にしながら行動する人が多いようです。
大半の人はマスコミ情報に頼っています。
正月に妹の旦那さんと会話をする機会がありました。彼はトランプ大統領は、史上最悪の大統領だと酷評していました。

彼の情報はマスコミからの情報です。
そこで、私は、「マスコミの情報はほとんどフェイクニュースです。マスコミ以外のyoutubeや、雑誌、書籍等を読むと全く逆です。むしろ、私はトランプ大統領は、ワシントン、リンカンと並ぶ歴史に残る偉大な大統領と思っています。」そして、マスコミがフェイクニュースを垂れ流す理由の1つに「ディープステート(闇の政府)の存在がある。ディープステートにとって、トランプ大統領は彼らの利権を脅かす危険な存在だからです」ということを解説しました。彼も少しはマスコミの洗脳から少し解放されたようです。

さて、昨日1月6日はトランプ大統領にとって米国大統領選の山場でした。
その為、私はトランプ大統領を支援する日本の保守団体JCU(Japan Conservative Union)のあえば議長他仲間達とトランプ大統領必勝祈願のために、飯田橋にある東京大神宮に新年の参拝に出かけました。

その時、私はトランプ大統領を支持する赤い帽子をかぶりました。
傍から見ると奇異に感じたかも知れません。

しかし、私は他人からどう思われることより、自分の正しい信念に基づき行動することをモットーとしています。自分に正直に生きることを大切にしています。自分に偽って生きることの方が幸福力を阻害することになるからです。

残念ながら昨日のジョージア州選挙では、民主党に1議席奪われ、トランプ大統領の共和党の過半数は達成されていません。勝負は後1議席確保で共和党の過半数が実現します。
そうなるとトランプ大統領再選に向けて大きな一歩となります。

トランプ大統領の必勝を期して、今朝も必勝祈願をしました。

|

« 「マーキュリー通信」no.4208【政府の緊急事態宣言再開にコロナウィルスの専門家京都大学上久保教授が警告!】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4210【奇人変人が世の中を変えていく-408「「最近の産経新聞は少しおかしいぞ!その理由が分かりました」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4208【政府の緊急事態宣言再開にコロナウィルスの専門家京都大学上久保教授が警告!】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4210【奇人変人が世の中を変えていく-408「「最近の産経新聞は少しおかしいぞ!その理由が分かりました」】 »