« 「マーキュリー通信」no.4295【クリエイティブに生きる-63[現代にマッチして蘇る『現代用語の基礎知識』」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4297【奇人変人が世の中を変えていく-409「政治に翻弄される高校教科書」】 »

2021年3月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.4296【あっぱれ照ノ富士、地獄を見た男が見事優勝&大関復帰!】


ひざの故障と糖尿病等で序二段まで番付が下がり、一時は引退を考えた元大関照ノ富士でしたが、師匠、仲間そしてファンの励ましに支えられ廃業を思いとどまりました。
しかし、そのどん底から這い上がり、昨日3回目の幕内優勝を飾り、大関復帰が確定しました。

優勝インタビューでも、「みなさまのおかげでここまでこれました」と謙虚な姿勢に心が打たれます。

どん底から這い上がった照ノ富士の強みは精神力です。
終盤戦、上位陣との対戦でも精神的にも安定し、元大関の実力をいかんなく発揮し、3大関を撃破しました。

一方、元大関高安の精神面の弱さが露呈しました。一時は2差で優勝が見えてきた途端、自分の相撲が取れず、3連敗して10勝5敗で終わりました。

二人の元大関を見て、どん底から這い上がってきた人間のたくましさとそうでない元大関の精神面の弱さを目の当たりにしました。

これは実社会にも通じます。やはり人間はどん底、苦難困難を経験し、それを克服することで、人間的に強くなることを今回実感しました。

地獄を見た男、照ノ富士に拍手喝采です。3大関がふがいない現状、ひざの故障を克服できれば一気に横綱昇進が期待できます。
私も引き続き応援していきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

現在の番付で小結以上の関取は誰が優勝してもおかしくない紙一重の実力差です。にもかかわらず、大相撲協会は、序盤戦から横綱、大関と小結を当てることを基本としています。
今場所も、初日に横綱白鵬と先場所優勝の大栄翔を当てました。
その結果、白鵬はひざを痛めて来場所も休場、大栄翔はペースを乱し、初日から4連敗が影響して、8勝7敗に終わりました。これで大栄翔の大関挑戦は振り出しに戻りました。

私は毎場所大相撲協会に、「序盤戦から優勝候補同士を当てないように」とリクエストしています。序盤戦から優勝候補同士を当てると、序盤戦から星のつぶし合いとなり、興ざめすること。
またエンジン全開の前から優勝候補同士を当てると、けがに繋がり、毎場所のように大関陣が休場しているという理由を付け加えています。
更にはこれから横綱を目指す大関陣、大関を目指す関脇、小結陣も出鼻をくじかれ、2桁の星を残せず、その夢を砕かれてしまうので、ファンも興ざめしてしまいます。

にもかかわらず、大相撲協会はファンの意見に耳を貸しません。

ファンの声を無視する大相撲協会、こんなことをやっていると相撲人気が衰退していきますよ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.4295【クリエイティブに生きる-63[現代にマッチして蘇る『現代用語の基礎知識』」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4297【奇人変人が世の中を変えていく-409「政治に翻弄される高校教科書」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4295【クリエイティブに生きる-63[現代にマッチして蘇る『現代用語の基礎知識』」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4297【奇人変人が世の中を変えていく-409「政治に翻弄される高校教科書」】 »