« 「マーキュリー通信」no.4299【ワンポイントアップの思考力-1「戦後の3首相に感謝する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4291【ワンポイントアップの幸福力-28「ダーク・ダックス流 名曲「絆」に込められた幸福感」】 »

2021年4月 3日 (土)

「マーキュリー通信」no.4290【クリエイティブに生きる-65[横展開の発想」】



卒業式のシーズンが終わりました。卒業式の卒業証書の大半はワニ柄の円筒に入れられて渡されていると思います。

戦後世相が落ち着いてきた頃、町工場の小林信雄社長が背広を注文しました。
納品された背広はワニ柄の衣装ケースに収められていました。

それまで卒業証書は、そのまま手渡しされていました。しかし、いたずら盛りの小中学生では帰宅途中傷んでしまうこともありました。

そこで、ワニ柄の衣装ケースにヒントを得て、小林信雄さんは円筒にワニ柄を入れることを考えました。

この評判が良く、口コミで全国に伝わり、今では定番となったそうです。

|

« 「マーキュリー通信」no.4299【ワンポイントアップの思考力-1「戦後の3首相に感謝する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4291【ワンポイントアップの幸福力-28「ダーク・ダックス流 名曲「絆」に込められた幸福感」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4299【ワンポイントアップの思考力-1「戦後の3首相に感謝する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4291【ワンポイントアップの幸福力-28「ダーク・ダックス流 名曲「絆」に込められた幸福感」】 »