« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月31日 (火)

「マーキュリー通信」no.4434【ワンポイントアップの思考力-17「体制内の組織にいると自由な発想ができなくなる」】


出口治明著「自分の頭で考える日本の論点 知識と考える力が同時に身につく」(幻冬舎新書)

著者の出口治明氏は、1972年に日本生命入社、2006年同社退社後にネットライフ生命を起業、上場企業に育て上げました。
現在は、立命館アジア太平洋大学学長として活躍している人です。社会人では私と同期になります。

著書名とキャッチコピーを見て、それに6万部も売れたベストセラー書なので、期待を込めて読んだのですが、完全に期待を裏切られました。

新型コロナウィルス、地球温暖化問題、グローバリゼーション、憲法改正、年金、LGBTQ、少子化問題等全部で22の論点で同氏の論理展開を進めています。

しかし、正直、所詮企業内にいた井の中の蛙から脱し切れておらず、深く勉強もしていない印象を受けました。

彼のような有名人になると、出版社から企画を持ち込まれ、22の論点に対し彼の考えを述べ、それに基づきゴーストライターが調べて、執筆したのではないかと推察しています。420ページのページ数を書くだけの時間的余裕がないのではないかと推察します。

ただし、出口治明氏を弁護するなら、もし私が同じ立場、私は商社マン出身ですから、商社マンの切り口で同様の論理展開をしていたことと思います。
但し、現在の私は、三井物産という総合商社を早期退職して25年目となり、どの組織にも属さず、自由な立場で正しいと思った事をメルマガ等を通じ堂々と主張できます。当然、その場合、しっかりと関連情報を読み、関連書籍を読んで勉強はします。
但し、22の論点に関しては、マスコミ報道はフェイクニュースが多く、信頼がもてないので、まずはそれに対する疑問を持ちます。

同氏の場合、そこから抜け出せないので、表面的な思考パターンに陥っています。

私の思考パターンに大きな影響を与えたのが、20年ほど前に一橋大学の先輩から教えて頂いた一橋大学名誉教授佐藤和男著「世界が裁く東京裁判」でした。
現代社会は、戦勝国は東京裁判で一方的に日本悪者論を押しつけました。
その実施部隊がマッカーサー元帥のGHQでした。GHQは日本人に徹底的に自虐史観を植え付けました。終戦直後僅か7年間の洗脳から未だ抜け出せていません。
出口治明氏も同様です。
同氏は書籍の中で、南京大虐殺を信じているようです。南京大虐殺は、米軍が東京大空襲を始め日本各地を爆撃して罪もない民間人を殺戮しました。最後は2発の原爆投下です。この非難を回避するために、南京大虐殺30万人説をでっち上げました。

最近では、国際金融資本と言われるディープステートの存在です。昨年の米大統領の時にディープステートの研究をしました。

そして、18世紀以降日本も含め世界の政治経済社会に大きな影響を与えてきたのがディープステートでした。
ディープステートは、英国のロスチャイルド家と米国のロックフェラー家が主役です。

第1次世界大戦、第2次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争を仕掛け、彼らは巨万の富を得てきました。
そして、それに群がる米国の為政者、ブッシュ親子大統領、クリントン夫妻、オバマ大統領、バイデン新大統領も利権構造の巣窟の一員として焼け太りしてきました。
その一環として進めているがグローバリゼーションです。

その動きを止めようとしたのがトランプ前大統領であり、トランプ革命の本質です。
「アメリカファースト」という言葉が一人歩きしていますが、正確には"Make America Great Again"です。この理念に基づき、ディープステートから収奪された富を米国庶民に取り戻す革命です。
この事実を把握せず、トランプ前大統領を単なる奇人変人扱いしています。

現在のコロナ禍も、中国の生物兵器とほぼ断定されているにもかかわらず、新型コロナウィルスはこうもり由来の可能性が高いという不勉強ぶりです。

改憲に関しては、現行憲法で特に問題がないので、そのままで良いのではないかという脳天気ぶりです。中国が尖閣諸島に侵略するのは時間の問題と言われているのに呆れます。

最後に自分の頭で考える10のヒントを書いていますが、
「常識は徹底的に疑う」、「武器を持った考える葦になる」などは、私の「思考力」のベースと同じです。

そして、「人の真贋は言行一致が否かで見極める」と書いていますが、そっくりそのまま著者にお返ししたいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

同書の中で気になったのが、出口治明氏が自分の事を私でなくて終始「僕」と呼んでいたことに違和感を覚えました。

私の場合、メルマガも含め公の場では「私」を使い、プライベートでは「僕」「俺」を適宜使い分けています。

それが公私のけじめを使い分けている基準にしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月30日 (月)

「マーキュリー通信」no.4433【奇人変人が世の中を変えていく-424「デジタル庁新設に伴う新たなリスクに要注意」】

 

来月デジタル庁が発足することになります。

これで非効率なお役所の行政が改善されることを期待します。
早速はんこ制度を官庁も企業も無くす動きが出ているので、これは大きな一歩前進といえます。

一方、デジタル庁発足は喜んでばかりはいられません。

先日、ジャーナリスト堤未果氏の「デジタル・ファシズム」出版記念講演会
~報道されないSDGsとデジタル改革の罠~を視聴しました。

堤未果氏は、大きな事件、出来事が起こると、時の権力者はその裏で国民が知らないうちに、国民にとって不都合な行政を展開していく習わしが多々ある。

政府は、コロナ禍で、コロナウィルスの脅威を国民に植え付け、コロナワクチン接種義務づけへと誘導しています。

そこからマイナンバーと紐付け、国民のビッグデータ、即ち個人情報をを入手する道筋をつけています。

堤未果氏は、20世紀は石油の時代だった。これに対し、21世紀は個人データを握るものが世界を握ることになる。ツイッター等も含むビッグテックはあらゆる個人情報を吸収していたので、巨大な力を持つようになった。
ツイッターは、反トランプ大統領陣営と組んで、米国の最高権力トランプ大統領のツイッターアカウントを永久停止するという暴挙に出ました。

日本でも、反コロナワクチン、コロナウィルスのツイッター、Facebook、youtube等が削除されるという暴挙、自由が侵害されるという事態が頻発しています。

9.11の時、堤未果氏は、米国野村證券に勤務していました。
テロから国民を守る為に愛国者法成立。テロリストアルカイダ攻撃という大義のために、大量の個人情報がビッグテックから提供されたそうです。

日本でも、政府にとって好ましくない人物の個人情報を入手し、SNSを悪用して、噂を流し、炎上させることも可能です。そして、その人物を社会から抹殺することも可能となってきます。

通常なら憲法違反だが、コロナ禍という大義の為、現在、平気で飲食店閉店、酒類提供禁止をしています。
その延長線上に、個人情報による国民の監視というデジタルファシズムの恐れが予測されます。

そうならないためにも、国民の監視が今以上に必要なのですが、今のマスコミには期待が持てそうもありません。

先週、日経ビジネスの購読更新を中止しました。55千円の継続購読料の代わりに、堤未果氏の9~11月の講演会と堤未果の「国際機関のカラクリ」_全3回セットを注文しました。全部で5万円弱ですが、より質の高い情報源へとシフトすることにしました。講演会の内容は下記の通りですが、普段マスコミでは絶対得られない情報です。
【9月30日(木)】「アメリカが引き起こした天安門事件編」 
【10月28日(木)】「親中メディアの正体編」   7,260円
【11月18日(木)】「習近平の覇権戦争編(仮)」 

| | | コメント (0)

2021年8月29日 (日)

「マーキュリー通信」no.4432【自由経済研究所所長吉田寛 先生の「ハイエクに学ぶ全体主義との闘い方」講義から学ぶ】


JCU(日本保守連合 あえば浩明代表)主催の定例学習会に参加しました。
今月は、公会計の権威で千葉商科大学大学院教授 自由経済研究所 所長 吉田寛先生が「ノーベル経済学賞のハイエク教授の名著「隷属への道」の徹底解説でした。
ハイエク教授は、1899年ウィーン生まれ、1992年に93歳で長寿を全うしたエコノミストでした。
同教授は、サッチャー改革、レーガン大統領、米国保守革命、トランプ大統領へと続く、社会変革の原動力となった経済学者としては超一流の人物でした。

しかし、私が大学生の頃、ケインズの近経(近代経済学)とマルクスのマル経の2大学説が主流でハイエクの経済学はほとんど顧みられませんでした。

ハイエク理論は、経済学に止まらず人間が生きていく上での規範を示した点で他の経済学者と一線を画しています。

ハイエク理論の基本は、「政府の自由市場への干渉は、人間の自由が根こそぎ失われ、その結果経済が衰退、そして国家の衰退へと繋がっていく」でした。

この対極をなすのが、マルクス経済です。
国民をマインドコントロールすることで、国民を国家に隷属させます。
その壮大な実験をしたのが旧ソ連でした。ソ連はマルクスの書いた資本論を基に75年に及ぶ共産主義という壮大な実験をして、大失敗しました。

旧ソ連を崩壊させた原因がハイエク理論でした。

英国元首相サッチャーはハイエクに学び、当時英国病と言われた英国経済を見事立ち直る事ができました。

英国は保守党と労働党の2大政党ですが、政権が変わっても、ハイエク理論を基本に運営しているので、過去30年間のGDPの伸び率は4.1倍です。

一方、日本のGDPの伸び率は僅か1.5倍です。
その最大の理由は、ケインズ流の大きな政府を続けてきたからです。

政治家は、国民の歓心を買うため、票欲しさにどうしても甘い汁を提供します。国民の血税を使った合法的な買収です。
その結果、財源が膨張し、政府の赤字財政に歯止めがかからず、気がついたら国の借金はいつの間にか1000兆円を超え、昨年末で1212兆円まで膨れあがり、さらに膨張しています。

また、官庁は増税し、国民をコントロールすることを良しとしています。

先週、三井住友銀行に団体の口座を新たに申し込みに行きました。
以前は簡単に口座開設ができました。
しかし、現在はマネーロンダリング防止という大義の為に、団体規約を始めいろいろと職務質問してきました。
その為に費やした行員と私の時間は無駄となります。私は同行と50年の取引があるので、私の取引実態をチェックすれば、マネーロンダリングの恐れがない人間であることは直ぐに分かります。
国家が国民生活をコントロールし始めると、その集合体として膨大な無駄が生じます。その結果、国の競争力が落ちていることに政治家も官僚も気づいていないようです。

その最たるものが、現在のコロナ行政です。私には全体主義国家に映ります。

マスク着用義務が、全体主義国家のシンボルといえます。着用しない者には、世間の冷たい目が光っています。私も、この理不尽な規制に一応公共機関等では従っています。

さらに政府はコロナワクチン接種を積極的に推奨し、職場ではコロナワクチン接種をしない者は理由の如何を問わず、村八分に合う傾向となっています。
特定の組織に属していない私はもちろんコロナワクチンは接種しません。コロナウィルス予防としては、5ALAというサプリメントを毎朝飲んでいますが、これで充分です。コロナワクチン接種による副反応のリスクや死の恐怖に怯えるのは金輪際ごめんだからです。

ハイエクが現代に蘇り、日本政府の諸施策をチェックしたら、現在の日本は「隷属への道」の通り進んでおり、国家滅亡の危機にまっしぐらに進んでいますよと警告を発していることと思います。

| | | コメント (0)

2021年8月28日 (土)

「マーキュリー通信」no.4431【ワンポイントアップの幸福力-33「たった一言のメッセージが相手を幸せにする」】


最近、サウナ健康法を学び、夜zoom終了後に、近所のサウナによく出かけます。
サウナの健康効果はたくさんありますが、入浴よりさらに疲れが取れ、熟睡効果があります。

サウナの後は、ビールです。この時飲むビールは格別です。
録画したテレビを見ながら、ビールを飲んで、今日1日の疲れやストレスがすっ飛びます。

さて、昨夜サウナから帰宅すると、
玄関に
「おかえり
BEER
冷えてます」というメッセージボードがお出迎えです。

最近、百均で、ひらがな、アルファベット、数字、絵文字、そしてホワイトボードを購入しました。

それを組み合わせて、メッセージボードで妻が迎えてくれました。

こんな些細なことから人は幸福を感じるようです ( ^)o(^ )

| | | コメント (1)

「マーキュリー通信」no.4430【ワンポイントアップの経営術-266「組織が巨大化してくると読者ニーズに耳を傾けなくなる」】


昨年来日経ビジネスの記事に偏向報道に違和感を覚えていました。

特に米国大統領選では、米国左翼マスコミCNNやニューヨークタイムズの受け売り的な報道が目につきました。

今年に入っても、中国ジェノサイドに関しては、容認的な記事を見ました。
更に、8月9日号では「信条を失った米共和党」の記事を読みました。

同記事では、1月6日米国会議事堂にトランプ大統領支持の暴徒がなだれ込み、死者まで出した事件です。
同事件の時、トランプ大統領は、近くで集会を開いており、同事件に直接関与することは物理的に不可能な状況でした。
後日、事件を調べてみると首謀者はトランプ大統領の帽子をかぶって偽装した極左のBLMやアンティファであることが分かりました。

日経ビジネスでは、こういう事実を踏まえて、トランプ前大統領の批判をするなら納得できます。

しかし、同事件を基にトランプ前大統領支持者は、「バイデンを国賊」、トランプ前大統領を救世主と捉え支持活動を続けていることを非難しています。

そして、米国社会の分断の責任をトランプ前大統領になすりつけています。

トランプ前大統領の政策は、これまでグローバリズムを推進するディープステートとそれに操られた既存の利権構造の巣窟にメスを入れた庶民革命です。
トランプ前大統領政権4年間でその格差は縮まり、良い流れができつつありました。
それを分断したのが、ディープステートに操られている既得権力に操られているバイデンです。

その事実を踏まえた上で、トランプ前大統領政権の問題点を指摘するなら理解できます。

私は上記のような意見を日経ビジネスに投書しました。しかし、全く返事がありません。

そんな時、日経ビジネスから定期購読更新の案内が届きました。

私は、更新しない旨、カスタマーセンターに伝えました。受付の女性は、「長期間ご購読ありがとうございました。」との対応でした。そこで私は、「20年以上購読している読者がなぜ中止するのかその理由を聴きたくないですか?」と伝えると、「どうぞ」と言われ、上記のような説明をしました。受付の女性は、「上司に伝えておきます」と事務的に応えました。

組織が大きくなると役割分担があるので読者の声は反映されないようです。但し、愛読者コーナーは、別です。日経自体が、既得権力にすり寄っている会社なので、その方針を変えることはできないと感じました。

一方、産経新聞も米国大統領選やコロナウィルスではフェイクニュースを垂れ流すので、本社に投稿しましたが、なしのつぶてだったので、購読を中止しました。

産経新聞は、朝日新聞のような偏向報道を続けるマスゴミとは異なり、希望の星でしたが残念です。

昨年に続き、マスコミの既得権力にすりよる偏向報道に疑問を強く感じた年でした。

 

| | | コメント (0)

2021年8月27日 (金)

「マーキュリー通信」no.4429【ワンポイントアップの幸福力-32「物を大切にする」】


私は母が5歳で病死したので、祖母が母親代わりに育ててくれました。祖母の影響を受けて、モノを大切にする癖がついています。

一番大切にしているのが母の形見である桐の小物入れです。

一方、父は結構手先が器用で、紐を使ってゴミ箱を作り、周りの人にプレゼントしていました。

私にも、紙紐で作った提灯型のゴミ入れを頂きました。今から丁度50年前、昭和46年作と書かれています。今でも型崩れせず昔のママ、機能しています。

大学1年生の時に大学生協で書見台を購入しましたが、今でも大切に使っています。
そして通販で購入したブルワーカー、丁度50年使ったので新しいブルワーカーに買い換えましたが、1台目のブルワーカーは、2台目の隣に大切に保管して、毎朝眺めています。

物は時の経過と共に、物との共感ストーリーができあがっていきます。その物を見るときに、それを思い出します。そして、幸福感がわき上がってきます。

祖母の形見は、整理ダンスだったのですが、引き出しが壊れてしまったので、新しい整理ダンスに買い換えました。今を思うと修理して、使い続ければ良いと後悔しています。

祖母との思い出は、3~4歳の頃に一緒に撮った写真です。それ以外でも、祖母との10年分の思い出は心の中に詰まっています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

大学1年生の時に、生協の売り場の女性に恋をしました。2歳年上でしたが、完全に片想いで終わりました。
書見台も、その彼女から購入した物ですが、そんな淡い初恋のようなカルピスに似た思い出が詰まっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月26日 (木)

「マーキュリー通信」no.4428【シンガポール保健省の調べで、コロナウィルスの正体はウィルスではなく、細菌だった!】


WHOでは、コロナウィルス死亡者の死体解剖を禁止しています。

しかし、シンガポール政府は、その禁を破って、コロナウィルス死亡者の死体解剖をしました。
するとウィルスではなく、細菌だと分かりました。
であるなら、コロナウィルス対策用にコロナワクチン接種を政府は積極的に推進していますが、その根拠が大きく崩れてしまいます。

内海聡医師著「新型コロナワクチンの正体」を読みました。
そこには、米国政府は製薬会社と密に繋がり、回転ドア人事と呼ばれるるそうです。製薬会社の上層部の人間は、WHO(世界保健機構)、CDC(米国疾病対策予防センター)、FDA(米国食品医薬品局)と定期的に人事異動しているので、まさに利権構造の巣窟となっています。
※FDAがファイザー社のワクチンを正式承認しましたが、前FDA長官のスコット・ゴットリーブ氏は、現在、ファイザー社の取締役を務めています。

私自身はコロナワクチンを接種して政府の利権構造に協力するつもりはないので、今後もコロナワクチン接種はしません。
コロナウィルス対策としては、免疫力をつけることが一番、そして補助的にコロナウィルス対策用の5ALAというアミノ酸系のサプリメントを毎朝飲んでいます。それで充分です。

日本も同様に政財官界の利権構造の巣窟となっています。御用学者や医師が政府の代弁者となり、マスコミが同調して、フェイクニュースを垂れ流していると内海医師は力説しています。

政府がパラリンピック終了まで緊急事態宣言を再延期し、指定する都道府県の数も増やしました。
しかし、多くの良心的な専門家が政府の根拠に基づかない緊急事態宣言に異論を唱えています。

内海医師は、PCR検査自体多数の誤診が出ている以上全く信用できない検査と見抜いています。
例えば、交差反応といって、他のウィルスも検出してしまう可能性があります。
事実、愛知県では、陽性反応者28名の内、再検査で陽性と確認されたのは僅か4名だったそうです。

昨日も新橋駅付近で2800円のPCR検査という触れ込みで、炎天下に長い行列ができていましたが、PCR検査を盲信している現れといえます。

さて、ウィルスと細菌の最大の違いは、大きさです。
ウィルスの大きさは0.1μm、これに対し、細菌の大きさはその10倍の1.0μmです。
グーグルで調べると、家庭用マスクは、風邪、ウィルス対策として3μm以上のウィルスを99%捕集するという規格になっているそうです。
よって、マスクではウィルスも細菌も捕集できないことになっています。但し、飛沫の大きさは3~5μmとなっているので、確かに飛沫感染を防ぐことはできます。
なお、花粉の大きさは30μmなので、除去効果はあります。
グーグルで調べれば簡単に分かることを、なぜマスク着用を義務づけているのか理解できません。
※医療用のN95マスクは、0.3μ以上のウィルスを95%捕集できる規格となっています。

| | | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.4427【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-268「ミネラルこそ最重要栄養素!」】


最近ミネラルの重要性に気づき、ミネラルの勉強をしています。

農業革命が生活習慣病を発生させ、その最大の原因はミネラル不足にあったといわれています。
 ①ミネラルの重要性
ミネラルの重要性は25年前から認識していましたが、今年になってその重要性を更に重要性を学びました。
 5大栄養素は、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルですが、ミネラルがないと前の4大栄養素は機能しなくなります。その意味で栄養はミネラル中心に回っているといえます。

 タンパク質は主に筋肉など身体を作る材料に、炭水化物や脂質は主に身体を動かすエネルギーに、ビタミンは身体の調子を整えるのに役立つといわれています。
しかし、それはあくまでも十分なミネラルが摂取されているという前提です。
他の栄養素をいくら摂取しても、生体組織の構成や生理機能の維持、調節をするミネラルの協力なくしては、他の栄養素は体内で効果的に機能しないことになっています。
 人体の96%は、酸素、炭素、水素、窒素の4元素で構成されています。5大栄養素の内、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミンもこの4元素でつくられています。
 残りの4%の中に数10種類のミネラルが存在し、それぞれの役割に従って、身体の機能を調節して、私たちの健康を維持しています。
 5000種類以上の酵素は体内でつくられますが、ミネラルは、酵素をつくり、活性化します。酵素は、体内で行われる化学反応の触媒となる物質で、消化や吸収、エネルギーの生成、皮膚や臓器の新陳代謝など様々な生命活動を活性化します。
よって、ミネラルがないと生命活動に支障を来すことになります。

その他ミネラルの主な働きとしては、
・体の組織の成分となる
 ミネラルは、骨、歯、血液など身体の様々な組織の成分となります。
・ホルモンをつくる
 組織内でホルモンをつくる際には、その材料となるタンパク質や脂質などと共に、ミネラルが必要となります。
・細胞を助ける
 人体の60兆個の細胞1つ1つが栄養分を吸収し、老廃物を排出します。ミネラルは、細胞の浸透作用を調整し、この働きに不可欠な存在です。
・他の栄養素を助ける
 ミネラルのおかげで他の4大栄養素が機能します。
・神経伝達を助ける
 ミネラルの1つであるカルシウムは、脳の神経伝達物質に関わり、いらいらや興奮、緊張の緩和に役立ちます。
 亜鉛は、集中力や記憶力といった脳の働きを高めます。
 マグネシウムは、筋肉の緊張を緩和し、正常な神経伝達を助けます。

それ以外も鉄分とか重要なミネラルが多数ありますが、今後更に学んでいきたいと思います。

②化学肥料と農薬の使用によりミネラル分は大幅に低下
 私の子供の頃は、くみ取り式便所でした。当時は汚穢(おわい)屋と称する職業があり、各家庭から糞尿をくみ取り、それを田畑に撒いていました。おかげで当時の農作物はおいしく、栄養豊かでした。しかし、回虫を一緒に食べてしまうリスクがあったので、虫下しを飲んでいた時代でした。小中学校では、年に1度海人草(かいにんそう)という液体を虫下し用に飲んでいました。非常にまずいので、今でもその味を思い出すと、気分が悪くなります。
 しかし、水洗便所の普及と共にくみ取り式便所はなくなり、いつの間にか化学肥料と農薬の時代へと移りました。
 その結果、農作物の味は落ち、栄養価も落ちました。
 さらには食品添加物全盛の時代となりました。食品添加物は厚労省の許可事項ですが、日本の食品添加物は諸外国と比べ、認可基準が甘いとの批判があります。
 その結果、日本人は、年間4kgの農薬と4kgの食品添加物を接種しているそうです。
 さらには、総菜やコンビニ弁当に使われている食材にはほとんどミネラル成分が失せているそうです。

 従って、我々日本人はミネラル不足の生活を送っているそうです。

 そこで、私は先月から必要なミネラルが入ったミネラル水を毎日飲むことで、ミネラル不足を補っています。

 いつも元気な私なので、特にミネラル不足を感じているわけではありません。
ただし、男性の寝たきり痴呆老人の平均年齢は72歳、現在私の年齢と同じなので、今後あhミネラルの重要性を意識しながら、健康生活を送っていきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私の子供の頃の便所はくみ取り式でした。
従って、大きいのを落とすと、ぼっちゃーんという音がしました。
そこで、私はこのくみ取り式便所で育った世代を「ぼっちゃん世代」と呼んでいます ( ^)o(^ )


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

「マーキュリー通信」no.4426【トランプ前大統領の側近幹部が書き下ろした警告書「中国が企む米国乗っ取り計画とは?」】


トランプ前大統領の側近幹部ロバート・スポルディング氏の書き下ろし書「ステルス戦争」(経営科学出版)は、中共の本性と国家ぐるみの戦略を具体的に理解してもらうための警告の書であり、国や企業、組織のみならず個々が目覚め、行動を起こす為の「起爆剤」ともいえます。
同氏は、米空軍に26年間軍務につき准将として退役しました。
トランプ前大統領政権では、国家安全保障会議の上級戦略計画官として、「国家安全保障戦略」の策定に中心的な役割を果たした人物です。

同氏は、軍人として長年活躍してきたので、戦争とは武力でもって解決するモノと思っていました。

しかし、戦争とは武力以外のもので相手を攻撃していくものであることも彼は退官後に深く認識するに至ります。
米国は、中国は経済発展すれば、いずれ民主主義国家の仲間入りすると思っていたが、それは全くの誤りであり、米国の思い込みと傲慢であったことを悔いています。
その意味で、本書は米国の懺悔の書でもあります。

本書を執筆するに際し、同氏は米国のシンクタンク数社に調査依頼を申し込みましたが、ことごとく断られました。シンクタンクにとっては中国は顧客であり、もし中国の機嫌を損ねるような情報を提供したら、徹底的に攻撃してくることが明白だからです。

また、オバマ政権時代には、中共幹部が政権中枢に就任し、新中国的な政策を進めることを余儀なくされていることも分かりました。その結果、中国を焼け太りさせるのに貢献しました。

中国は、表面的にはグローバル化とインターネットという2つの武器を使いながら、世界制覇を目指しています。
裏では、経済力をつけながら、金と女という武器を使いながら西側先進諸国に食い込んでいきました。

中国の国家戦略は、グローバル化とインターネットという2つの武器を使いながら巨万の富を築いているディープステートといわれる国際金融資本と利害が一致しています。

ディープステートにとって主義主張より金を儲けることが最優先です。ここにマルクス主義の共産主義と利害が一致する事になります。彼らには国境がなく、グローバル化の推進主義者です。

一方、喬良 と王湘穂という二人の中国人が2014年に「超限戦」を出版しました。
本書で、中国が武力による戦争以外に各国にスパイを送ったり、様々な仕掛けをしてきました。
その成果を書いている本でもあります。

さて、著者ロバート・スポルディング氏は、米国はかなり中国の浸食を許しているが、日本はそれ以上に事態は深刻であり、スパイが政財官業に忍び込み、もはや瓦解寸前であることを警告しています。また、マスコミも中国の代弁者として一役買っています。
私が定期購読している日経ビジネスも、最近は中国寄りの提灯記事が目立っています。

中国による尖閣諸島侵略は日常的に行われているのに、危機意識が欠如しています。世界一侵略されやすい憲法なのに、憲法改正の機運すらない脳天気ぶりです。

そして、金と女で買収されている媚中派議員、政党、さらにこれに群がる日本企業、こんなことやっていると日本も香港同様自由がなくなり、果てはウィグル同様大量虐殺される運命にありますよと警告を発しています。

| | | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

「マーキュリー通信」no.4425【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-267「覚えようとしないモノは覚えられない」】


1968年、大学1年生の時に筋トレマシンブルワーカーを9800円で購入しました。
ブルワーカーはエキスパンダーと似ている筋トレマシンですが、最大の違いは7秒間筋肉を制止することで、筋力アップを図ります。場所をとらず、手軽にできるので長続きしています。

3年前に丁度50年経ちましたが、器具自体問題ありません。極めてコスパが良いです。
でも50年を記念して、新しいブルワーカーを購入しました。価格は15千円弱でした。物価上昇を考慮すると、むしろ割安になりました。

旧タイプのブルワーカーはメニュー数が16でしたが、新タイプのブルワーカーは39もあります。覚えるのが大変です。毎回トレーニングメニューを見ながらやるので、なかなか覚えられません。

そこで今年に入ってから、なるべくメニューを見ないでトレーニングするようにしました。それでも39もあるのでなかなか覚えられません。
今朝、漸く39種類のトレーニングを間違えずにできました。

メニューを覚えるのに3年近くかかりました。

50年以上もブルワーカーを行っているので、私の筋肉は体全体が引き締まり、とても72歳の肉体には思えません。

加齢と共に筋力は衰えるといいますが、私の筋肉量は20代後半を保っています。

なお、旧ブルワーカーは、新ブルワーカーの隣に立てかけ、記念にとってあります。

| | | コメント (0)

2021年8月22日 (日)

「マーキュリー通信」no.4424【緊急事態宣言よりwithコロナの時代へ】

「マーキュリー通信」no.4424【緊急事態宣言よりwithコロナの時代へ】

今朝の朝6読書会の著者インタビューの講師は医学博士・公衆衛生学修士・疫学修士の左門新先生でした。
今朝は、今一番関心の高い新型コロナウィルスに関する質問が参加者から殺到し、通常1時間のところ時間オーバーの2時間の対応をしていただいた左門先生に感謝です。私も多くの質問をさせて頂き、現在のコロナウィルス行政の問題点を含め、新たな学びを頂きましたので、読者とシェアさせて頂きたいと思います。
なお、詳細は本年4月に出版したご著書「感染症予防BOOK (単行本)」を参照願います。

左門先生の独自理論として、正規分布論を主張しています。
これを新型コロナウィルスに適用すると、各種対策を95%の範囲内に抑えれば良い。完璧を目指せば目指すほどコストパフォーマンスが悪くなり、産業活動、国民生活に大きな影響を与えることになる。

1.正規分布95%理論
(1)武漢コロナウィルス
本来水際対策で、中国人の入国をストップすべきだった。しかし、政府の政策判断ミスで日本でも感染が拡大してしまった。
従って、現在では95%理論に従って、政策を進めていくべきと考える。

(2)ソーシャルディスタンシング
飛沫感染するのは95%が1メートル以内。この範囲内で、大声で話さなければ、感染リスクは生じない。現在政府は2メートルを推奨しているが、あまりにも大事を取り過ぎて、国民生活に支障を来している。

(3)陽性反応者2週間の隔離
 潜伏期間は95%が1週間。これを2週間に増やしても、僅か2%増の97%にしかならず、コスパが悪い。却って、経済活動に大きな支障を来している。
なお、新型コロナウィルスの生存期間は、半日~3日間

(4)PCR検査
 検査数を多くすればするほど精度が高くなると思い込んでいる医師が多いが、陽性的中率を知らない医師が多い。全数検査はコスパも悪いし、意味がない。なぜなら陽性反応者の大部分は感染していない。
※陽性的中率=(結果が陽性の人の内、コロナウィルスに感染している人数)/(結果が陽性の人

2.エビデンス理論
(1)エビデンスのレベルは1~6まである。
エビデンスのレベル1は1番厳しいレベルで、システマティック・レビューという。
この数字が大きくなるほどエビデンスレベルが低くなる。
例えばレベル5は、観察研究に基づく。
最低レベルの6は、専門家の意見。日本はこの専門家の意見を全面的に受け入れて、コロナウィルス対策をしていることが最大の問題といえる。
日本の感染症研究は、過去の学問と見做して軽視してきたため、欧米と比べ10~20年遅れている。従って、マスコミ等に出てくる専門家と称する人たちは感染症の知識レベルは低い。但し、35歳以下の若手専門家はその重要性を認識するようになり、却って若手研究者の方が知識レベルは高いといえる。

(2)エビデンスなしの諸施策の実施
①現在、夜7時以降のアルコールを禁止している。しかし、アルコールの有無によりどの程度有為な差があるかを検証していない。
アルコールなしでも、1メートル以内で、友人と大声でつばを出しながら話す方が感染する確率は高い。

②電車内や公共施設で定期的に窓を開けて換気しているが、これも実証実験に基づいて行われていない。
外気の風流がウイルスを遠くまで拡散するリスクがあるので、お奨めできない。正しくは中央換気が重要。

③スパコン富岳の検証結果は信用できるか
結論から言えば、信頼できるとは言いがたい。
最重要なのは入力するデータ、これに信頼性がなければ、検証結果も信用できない。
例)電車内の換気に関しては検証していないとの事だが何か政治的影響があるのではないか。
国交省の通達に、窓開け換気に関する科学的データは確認できないが、今後も検討していきたいと記載されているが、今後も難しいと思う。
また、富岳の検証の基となるデータを発表していない。基データを公表していない以上信頼性に欠ける。

(3)コロナワクチンに関して
①有効な治療薬はない
②抗体を人為的に作ることは可能だが莫大な費用がかかる。従って、重症化しそうな人や基礎疾患をもっている人に限定すれば良い
③mRNAワクチンに関して
広く使われることになって初めてだが、全く初めてのことではない
安全性に対する担保が弱いのが問題
アストラゼネカ社のコロナワクチンは有効率70数%程度。ファイザー社のワクチンの方が有効率が高い
④mRNAワクチンは、遺伝子組換え技術が入っており、人体細胞を破壊するリスクはないのか→95%理論に基づけば、リスクは少ないのだからやるべし
⑤厚労省のホームページで、コロナワクチン接種後の死亡者1000名に関する分析を評価委員会が行っているが、現時点で全て因果関係が認められないとしている。
この数字が絶対正しいのかどうかは断定は避けたいが、95%理論に基づけば、一応信頼して良いのではないか。

3.コロナウィルス対策
(1)マスク
 マスクの穴はコロナウィルスより大きい。しかし、1メートル以内で大声を出す人がいるとその飛沫が飛ぶリスクがあるので、そういう条件下ではつけた方が良い。
 従って、この条件が満たされる公共施設では不要。但し、周りの目が厳しいので一応している。
なお、布製のマスクより化繊系のマスクの方が効果は高い

(2)うがい、手洗い
①うがいそのものは、コロナウィルス予防にはならない。欧米では感染症対策に入れていない。
②手洗い
人の癖として、頻繁に顔を指で無意識のうちに触っている。だから指の消毒を小まめにすることが重要。
最大の感染源はトイレのドアノブ。従って、ドアノブに触れる指の消毒を小まめにすることが最重要。ドアノブにできるだけ触れないようにする習慣をつける。例えば、トイレットペーパーを使ってドアノブに触る。指以外で触れる。エレベーターのボタンを始め、指で触れない習慣をつけること。
※私は、この話を聴いて、パソコンディスプレーの前に、消毒液を置き、頻繁に指の消毒をすることにしました。パソコンに向かいながら、私の指がどのような動きをしているのか、これまで意識してませんでした。従って、今後は意識を向けるようにします。

4.withコロナの時代へ
(1)新型コロナウィルスの脅威度
インフルエンザ感染で死亡する人は毎年数100人から3千人程度。これに合併症等を加えると1万人程度。
 当初、インフルエンザ程度と考えていたが、より慎重を期す専門家がいたので、天然痘やSARSと同等の2種に指定した。
 しかし、1年半の経験値を見て、死亡者数がインフルエンザ感染死亡者数と同等レベルなので、インフルエンザ同様5種に戻した方が良い。

(2)政府の諸施策&経済対策
95%理論に基づけば、政府の現行対策は専門家と称する人たちに意見に影響を受けすぎ、行きすぎであり、国民生活に大きな支障を来しており、国民経済にも大きな影響を与えている。

従って、実態に即した適度なコロナウィルス対策を実行しながら、緊急事態宣言を解除し、経済の活性化を図るべきと考える。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

これまで新型コロナウィルスに関しては、マスコミ以外からyoutube、書籍等の情報を得てきました。
その結果、マスク不要、PCR検査不要、コロナワクチン不要の3不要説に賛同してきました。

今朝の左門先生の95%理論を基にコロナウィルスを考えると、少し不要説に偏っていたかなと思いました。

政府のエビデンスに基づかず、少数の専門家の意見に引っ張られた偏った行政が見えてきました。
一方、マスコミの本質を改めて認識しました。即ち、事実の一部分だけを切り取り、針小棒大に伝え、危機意識を視聴者に植え付け、視聴率を上げるという手法に今更ながら辟易しています。同時にマスコミ情報がいかに信頼できないかも再認識しました。
よって、これまで通り、マスコミ情報は基本的に入手せず、大凡の流れだけ把握すれば良いと思っています。

私の周りでコロナウィルス感染者は3名、内2名は重症化。
よって、常日頃コロナウィルス感染しないような生活習慣をすると同時に、知らないことを知り、コロナ禍を過度に恐れず、withコロナ時代を生き抜いていくことが重要なことを再認識しました。
また、コロナウィルスに感染しない健康生活と免疫力アップの重要性を再認識しました。

なお、コロナワクチン接種に関しては、副反応者が多数出ており、因果関係は確認されていないが死亡者は出ているので、これまで同様コロナワクチン接種はしない方針でいきたいと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月21日 (土)

「マーキュリー通信」no.4423【奇人変人が世の中を変えていく-423「戦前の国家総動員体制の様を呈してきた現在の日本の状況」】


連日マスコミはコロナウィルス感染者が最大数を超え、危機的状況にあると国民に訴えています。
コロナウィルス行政が利権構造の巣窟であると知ってしまった私には、政府の緊急事態宣言継続は全体主義国家に進んでいく予行演習に思えます。

その象徴がマスクです。真夏というのに全員がマスクをしています。
コロナウィルスはマスクの編み目より小さく、容易に通過してしまい、役に立たないことが分かっています。
逆に、特に外でマスクをしていると息苦しく熱中症のリスクがあり、そちらの方が危険といえます。まだマスクはリスクという認識がないようです。

コロナウィルスは接触感染なので、マスクをしても意味がないことを多くの専門家が指摘しているのに、それでも改めようとしません。

これって、戦時下の日本に似ていませんか?
他人と変わったことをすると世間の目が厳しくなります。
ちょっと贅沢な格好をしていると、婦人会と称するリーダーがやってきて、「お国のため、この非常事態下で不謹慎」とたしなめられます。
「マスクなんて不要だ!」と叫んでも、世間では聴く耳を持ちません。奇人変人にしか思われません。
このような異見をSNSで発信すると直に消されてしまいます。

戦時下当時の新聞では、毎日日本軍が敵国米国の戦闘機を何機撃沈したかというニュースのみが流されました。その裏で、多数の日本の戦闘機が撃沈され、多数の戦死者が出ていることは報道されませんでした。

今は、毎日コロナウィルス感染者が史上最高数を突破したと国民の危機を煽ります。

PCR検査受診者の内、陽性反応者は問題ないのに、それもひっくるめて発表しています。

他の病で重傷になったり死亡したりすると、厚労省の指示で全てコロナウィルスとして扱い、国民に危機意識を煽っています。コロナワクチンで亡くなった人も、コロナウィルスで死んだことにしていると聞きます。

これは戦前の逆で、戦前は日本軍の死傷者数は低く抑えていました。

一方、コロナワクチンを接種後に死亡者が、米国では45千人も出たそうですが、マスコミは報道を控えています。
日本でも因果関係が確認できていないということで発表を控えています。

先日、ある過疎地で老人がコロナワクチンを接種しました。これで可愛い孫を抱けると喜んで孫を抱きました。抱いて数分後に、その老人の腕の中で孫は亡くなりました。それ以来、その過疎地ではコロナワクチンを打たなくなりました。
これが事実なら大事件となり、マスコミはトップニュースで報道しますが、そのような報道はないようです。
※ふだんマスコミのフェイクニュースにうんざりしている私の場合、ニュースをほとんど見ません。見落としている可能性もあるので、もしこのニュースをマスコミを通じてご存じの方はご連絡いただけますか。

コロナワクチンを打つと、PCR検査で陽性反応となる事が多いと言われています。
また、予防を補償したものでもないと製薬会社はコメントしています。但し、何か事故が起きても責任は取れないということになっているそうです。

フランスではコロナワクチンを打たないと犯罪になる法律まで作り、国民は反対運動を展開しています。

そして、コロナワクチンパスポートを発行し、それがないと外国へも行けない動きも出ています。

アルコールは夜7時以降はNGという通達も出ています。

まさに経済と個人の自由が大きく制限された戦時中に逆戻りしている感じがします。

これってまさに憲法違反ですが、憲法より政財官の利権構造が優先されているようです。

| | | コメント (0)

2021年8月20日 (金)

「マーキュリー通信」no.4422【シニアとシングルマザー、ファーザー用シェアハウス「ユートピア館」の建設-13「シングルファ-ザーも加えた理由」】


昨日のメルマガ「マーキュリー通信」で、父が10年ぶりに家出から帰ってきたことを書きました。

小学校1年生から高校2年生までの10年間、一番父親を必要とするときでした。

しかし、逆に父親の側から見ると、二人の幼子の面倒を見ることはとても大変だったことが想像されます。だから自分の弱さに負けて、家出してしまったとも考えられます。

家出から帰ってきてから父は、「ふがいない自分を責めて、何度も死のうかと思い、自殺未遂もあった。でも二人のことが忘れられず、死にきれなかった」と漏らしたことがあります。

もし、シニアとシングルファ-ザーが共生するシェアハウスユートピア館があれば、父は家出をしなくて済んだかも知れません。
そんな思いも込めてユートピア館第2号館はシングルファ-ザー用を考えています。

私は、ビートルズが一番好きですが、その中でもジョン・レノンが一番好きです。
彼も幼い頃に両親が離婚し、親と離ればなれになりました。
そんなジョンの少年時代を切実に歌った"Mother"は名曲です。
歌の中で、"Mother, don't go! Daddy, come home"を何度も何度も繰り返し、絶叫します。ジョンの想いがストレートに伝わってきます。

ジョンの境遇と私の境遇が重なり、この歌を歌うときは嗚咽でなかなか歌えません。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

9月28日(火)18時半からメルマガ読者向けにユートピア館のプレゼンを下記要領でzoomで実施します。
皆さんのご参加をお待ちしています。

ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード 3377

◆日時 9月28日(火)zoomにつき参加費無料
◆受付開始 18時15分?18時半 自己紹介
18時半?19時 
1人目のプレゼンター 株式会社GHC 代表取締役 川上光彦様
テーマ「事業再構築補助金 国家予算1兆円以上の超大型助成金1社最大1億円の助成」
私の顧問先の社長によるプレゼンです。
コロナ禍で経営が厳しい中小企業向けに、政府が1.1兆円の大型予算を組んで、
支援中です。
 
19?20時
2人目のプレゼンター ユートピア建設代表 菅谷信雄
 テーマ「シニアとシングルマザー、シングルファ?ザー用シェアハウスユートピア館事業」
 高齢者の孤独死が社会問題化している一方、離婚率の急増によりシングルマザー、
シングルファ?ザー数も急増しています。
 シニアは長年の経験と知恵を活かす場、シングルマザー、シングルファ?ザー
は子育ての負担が軽減される場、そういう共生の場にしたいと思っています。
 来年末の完成目指し、現在詳細検討中。皆さんからご意見を頂き、計画に反映
させて頂きたいと思います。

◆定員 100名
オンライン飲み会 20時15分から1時間程度 ※希望者のみ

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.4421【シニアとシングルマザー、ファーザー用シェアハウス「ユートピア館」の建設-11「シニアの知恵と経験を活かす」】


本日は祖母の誕生日です。明治26年生まれなので、今年数えで130歳になります。

私は、5歳で母が病死、その翌年父が家出してしまいました。
10年後に父は家出から戻ってきますが、その間、小学校1年生から高校2年生まで、祖母が母親代わりに育ててくれました。

祖母は私のセーターを編んで作ってくれました。しかし、その頃私は育ち盛りでしたから、小さくなったセーターを一旦ほぐしました。その時、私は毛糸の輪に両腕を通し、セーターをほぐす手伝いをしました。
毛糸に戻してから、今度は毛糸を足して、私の体に合ったセーターを編みなおしてくれました。
祖母から、モノを大切にすることを学びました。

また、祖母は質素倹約家でした。

私の金銭哲学は質素倹約ですから、祖母の教えがしっかりと生きています。

さて、ユートピア館ではシニアの知恵や経験を子や孫の世界に活かし、それを継承していくことも考えています。

祖母は私にとって理想の「おばあちゃん」でした。

そんな祖母の優しさ、温もりをユートピア館で活かせたら思っています。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

高校2年生の時、父親が家出から帰ってきました。

祖母の家は調布で自転車店を営んでいました。
伯父さん夫婦には子供がいなかったので、私は将来養子となり、跡継ぎすることになりました。

しかし、父が家出から帰ってきたので、私の跡継ぎの話はなくなりました。

祖母は、父のいる前で「のぶお、これからどうするの?」と聞いたので、
私は、「血が繋がっているので一緒に住むしかない」と応えました。

すると祖母は激怒し、父に向かって「私ののぶおを奪うのか!」と言って、父を両手で叩き始めました。祖母としては、我が子同様に育てた可愛い孫を奪われたという気持ちが強かったのだと思います。

55年前の事ですが、今でもその時の出来事を鮮明に覚えています。そして、祖母の辛い気持ちに思いを巡らせると、涙が止めどもなく流れてきます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

「マーキュリー通信」no.4420【シニアとシングルマザー、ファーザー用シェアハウス「ユートピア館」の建設-11「利益より価値観を優先する」】


ユートピア館事業は当然利益も追求します。
しかし、それよりも価値観を最優先します。

価値観が多様化した現代において、きずな、触れあいを求める人も増えています。
そういう流れの中でシェアハウスに人気が集まっています。

ユートピア館では、きずな、触れあいを求める人が大前提です。
都会のマンションで、「隣の人、何する人ぞ」と隣近所とおつきあいしたくない人は入居時点でお断りします。

また、シニアも子供と触れ合いたい、自分の経験をお役に立ちたいと思う人の入居を優先します。
歳をとるにつれ、頑固になり、自己主張が強い人は余り歓迎されません。

そこで、ユートピア館では、最初の3ヶ月間はお試し入居期間とします。
そして、入居者同志うまくやっていけそうなら、次は6ヶ月、1年の契約に切り替えます。

その為に、敷金、礼金を頂きません。
契約更新時の更新料も頂きません。
不動産仲介業者は手数料ビジネスですから、どうしても利益優先となりがちです。
従って、入居者募集はシェアハウスに特化したひつじ不動産または口コミを考えています。

また、退去を容易にするために、寝室はロフトを利用します。
ベッドを必要とする人はレンタルにします。
TV、冷蔵庫も持ち込みとします。

引っ越しは1仕事です。できるだけシンプルにして、入退去を容易にしようと思っています。
その為に、家財道具はロフトを一時的な収納スペースにできます。
それでも収納不足なら、トランクルームを用意しています。

空室をできるだけ無くすために、入居者募集をどんどんかけていくと、入居者同志の不満が募り、結局住みづらいシェアハウスになってしまいます。

ユートピアとは理想郷を意味します。

シニアとシングルマザー、シングルファ-ザーが共生していく理想郷にしていきたいと思っています。

| | | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.4417【見直しが進む東條英機元首相】


終戦後に開かれた東京裁判は戦勝国による敗戦国日本を一方的に裁いた裁判でした。
太平洋戦争では、日本はアジアを侵略し、米国の真珠湾攻撃をした全体主義国家の悪い国と一方的に断罪しました。その時の首相東條英機ををA級戦犯として悪者として仕立て上げました。
A級戦犯として祭り上げること自体これまでの戦争の歴史にはない愚行であり、戦勝国にその権利はありません。戦勝国の権利は賠償金と領土の割譲であり、時の責任者を裁くの自国民です。
※大東亜戦争という用語はGHQが禁止したため、戦後日本ではこの表現が一般的に使われていますが、正しくは大東亜戦争です。
その為、東條英機元首相は、日本を無謀な戦争に駆り立て、日本国民は途端の苦しみを味併せた極悪非道の人間として悪者に仕立て上げました。

事実は、東條英機元首相は、アジア民族の植民地支配を通じた人種差別撤廃と平和による国の発展を大東亜共栄圏を発足し、その理想を掲げました。
そして、大東亜戦争は、米国がしかけ戦争であり、植民地支配に対抗したやむを得ない自衛の戦争でした。

東條英機元首相は、上記事実を東京裁判で堂々と主張しました。
東京大空襲を始め各都市への無差別爆撃、2度に亘る原爆投下により一般市民数十万人を殺戮したその罪は大きいと訴えました。
もちろん侵略戦争ではなく、自衛の戦争であることも強調しました。

そして、戦争責任は天皇陛下には一切ない、全て自分であると主張しました。

当時の日本はルーズベルト大統領が日本を戦争に仕向けようとした罠にはまり、一連の流れの中で日本は戦争をやらざるを得ない状況に追い込まれました。東條英機元首相は、天皇陛下から信任が篤かったので最後の貧乏くじを引いたことになります。

それでも彼は「貧乏くじ」を引かされた等と愚痴や不平は一切言わず、潔く刑場の露と消えていきました。

今回、東條英機元首相関連の書籍3冊「東條英機の歴史証言」(渡部昇一著)、「東條英機 天皇を守り通した男」(福富健著)、「大東亜戦争の真実」(東條由布子著)を読みました。

この3冊を読んで、東條英機元首相は、日本人が誇る立派な首相だったと胸を張っていえるA級のトップリーダーといえます。

優柔不断で、私利私欲で動く現代の政治家は東條英機元首相を見習って欲しいと思います。

下記は東條英機元首相が最期、処刑される前に東京裁判の裁判所で陳述した内容です。立派の一言に尽きます。今の首相でこれだけ骨のある人が果たしていますか?
https://www.youtube.com/watch?v=F-__nak_b9s

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

コロナワクチンに関する貴重な情報を入手しましたので読者の皆さんとシェアしたいと思います。
それでも政府はコロナワクチンを国民に強制したいのですか?
もし、コロナワクチンを打っていたら、一生不安に思い、後悔する人生を送ることになるのではないかと思います。その意味でコロナワクチンを打たなくてほっとしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

貴重な情報頂きましたので転送します。

①フランスパスツール研究所のリュックモンタニエ博士のインタビューを全文書き起こしました

パスツール研究所は感染症やワクチン研究において世界トップクラスの研究所であり

リュックモンタニエ博士は専攻がウイルス学でノーベル賞受賞博士です


リュックモンタニエ博士)
WHOによる曲線グラフを見ると1月にワクチン接種が始まってから新規感染の曲線が爆発的に増加し死亡者数も増加しています。

特に若い人が多いですね?

リュックモンタニエ博士)
そうです血栓症などですね

インタービューア)
大規模なワクチン接種プログラムをどのように見ていますか?
効果があって安価な治療法と比べて如何ですか?

リュックモンタニエ博士)
大きな間違いです
科学的な過ちであると同時に医学的な過ちでもあります
到底受け入れることは出来ません
歴史に刻まれる過ちです
なぜならワクチン接種によって変異ウイルスが生まれているからです
ワクチンは武漢ウイルスに対しては抗体があります
ワクチンによって作られたウイルスは私達の体内で自滅すると思いますか?
それとも生き残ろうとするでしょうか?

変異株はワクチン摂取によって人の体内で(新たに)作り出されたものです
各国のグラフは全て同じ曲線を描いています
ワクチン接種数に比例して死亡者数が増えています
私はこの現象を注意深く観察し研究所で実験しています
ワクチン接種後にコロナに感染した患者の実験です
私はワクチン接種がワクチンに耐性のある変異株を生み出していることを証明出来ます

インタービューア)
私たちはパンデミックの最中にワクチンを打つべきでしょうか?

リュックモンタニエ博士)
考えられませんね
多くの医師や研究者や疫学者もこの事実を知っていますが沈黙しています
感染症がより強力になるのはウイルスが抗体に打ち勝つ為です
抗体に負けまいとウイルスは変異し強くなるのです
これを抗体依存性感染増強と言います
抗体がウイルスに付着すると受容体を持ち、マクロファージに取り込まれウイルスを攻撃します
攻撃されたウイルスは負けまいと変異します
別の形になって生き延びようとする訳です

ワクチン接種による抗体媒介で、変異株が生まれているのは明らかな事実です


②次に、アメリカ内科医外科医協会の前会長であるリーメリット博士の告発を全文書き起こしました


私の知る限り現在4種類のワクチンが存在します

そして三種類の動物実験があります

一つはフェレット

もう一つは猫です

猫は当たり前のようにコロナウイルスが存在しています

猫とフェレットの他にも何らかしらの動物(マウスやラット等)が居ますが

SARSをきっかけに猫の実験を始めました

そしてMERSもコロナウイルスです

致命的なMARS以降にフェレット等の動物実験を始めたようです

今回のmRNAの実験では全ての動物が死にました

小さな反応ではありませんでした

動物達はワクチンでは死ななかったのです

免疫増強で死にました

あるいは抗体誘導増強

または抗体依存性増強

今では抗体依存性増強(ADE)と呼んでいます

昔は免疫力増強と呼ばれていました

どうなるかと言うと

人工的にRNAを作って準備し
ワクチンが得られる

良い仕事をしたと思いますよね?

しかし免疫として作用するはずが

猫にSARSウイルスを感染させた時

ウイルスが消えたり弱くなったりしませんでした

何が起こったかと言うと

このプログラムされた免疫反応は

あなたの免疫システムに組み込まれるのです

そして暴走してウイルスを包み込んでしまいます

したがってウイルスはトロイの木馬のように猫の体内に侵入して

猫自身の免疫システムはウイルスを検知出来なくなりました

ウイルスは検出を逃れて体内で複製を始めました

そして猫は重度の敗血症と心不全で死にました

これはフェレットにも起こりました

実験する度に起こるのです

指摘しておかなければならないのは

mRNAワクチンの動物実験に成功したことはありません

これまでに人体実験したこともありません

少なくとも私達は知りません

おそらくCCP(中国共産党)は実験してますが

それについては別の機会に話します

我々は本当にmRNAワクチンの成功の記録を持っていないのです

FDA承認前にこのワクチンは配送センターに配備されていました

私の言ってることがお分かりですか?

すでに配備されていたのです

私が知ってる限りネブラスカ州は

FDAがmRNAワクチンの承認発表をする数日前に

ワクチンは既に流通センターにありました

何ですって?

こんな事はこれまで見たことがありません

彼らが実際にフォロー(観察)するのはワクチン接種した後の人です

しかも最長期間はわずか2ヶ月でした

あなたが(安全であると示された)データのことです

経過を知るには時間が足りないです

抗体増強(ADE)反応の有無を知るには余りにも短すぎるのです

私は軍事的視点からも詳しく解説出来ます

これは完璧なバイナリー兵器(二種混合型化学兵器)です

あなたはmRNAがどのようにコンパイル(作用)するのか分からない

まったく分からないでしょう

ほとんどの医者ですら分かりません

医者はこれらの実験データにアクセス出来ませんから

今回のプロジェクトのトップに居る人達だけが詳細を知っていますが私達には知らされません

それがスパイクタンパクと関係あると言われてもどうやって証明すれば良いのでしょう?

私たちは何も分からない

もしも私が中国共産党なら

そしてアメリカ軍を倒そうと思うならとても簡単です

いま私が話したことをすればいい

このようなものを作ればいい

コロナウイルスといっしょにスパイクタンパクまたは他のタンパク質などと組み合わせてmRNAを作ればいい

それは自然界に存在しないものです

ワクチン接種では死なない

そして二年後に

自分の体内で作り出されたもの

私が言いたいのはその二次的反応

免疫増強で死んでしまうことになる

これは一種の遅延死です

二進法の毒で死が遅れてやってくる

遂行者は第一段階を終えて現場を去り

あなたは後から訪れる二次的要因で死ぬ

あなたが発生原因(死因)を突き止めることは永久にありません


③そしてギアートバンデンボッシェ博士の告発動画をコメント欄に貼り付けておきます

ギアートバンデンボッシェ博士は世界一のワクチン推進派と言われ

GSKバイオロジカル(グラクソスミスクライン)ではワクチン開発責任者

ノバルティスではワクチン開発部長

ビルゲイツの財団の上級プログラムオフィサーでした

言わずと知れたグラクソスミスクラインは6兆円企業

ノバルティスは4兆円企業

名だたる世界の大手製薬会社でワクチン開発の指南をしてきたワクチン開発の権威です

このボッシェ博士が

「今回のmRNAワクチンだけは打ってはいけない」

「二度と元の体には戻れなくなる」

と告発されています

そして最後にファイザー社の副社長をされていた

④マイケルイードン博士の告発動画もコメント欄に貼り付けておきます

バーガー米海兵隊総司令官が

「私の隊員にワクチンを強制する気なら武装して待っていなさい」と発言されました

ハワイの弁護士達がワクチンで45000人亡くなっているとして集団訴訟を起こしました

もちろん日本のテレビで報道されることはありません

テレビが公共メディアと言うならば

良いことも悪いことも

賛成も反対も両方報じるべきではないでしょうか?

片方の意見だけを報じることを偏向報道と言うのです

日本のテレビ局が事実を隠ぺいして

偏向報道を行っている以上

公共メディアと呼べるでしょうか?

致死率0.0%(39歳以下)のウイルスに対してなぜ若者がワクチン接種しなければいけないのか?

せめてその事だけでも議論する番組は無いのでしょうか?

ワクチン接種する人間はワクチンの世界的な権威が

警鐘を鳴らしていることを知っているのでしょうか?

これは命に関わる問題です

ワクチン接種する人間の根拠は

みんながやってるから

そんなはずない(そんなバカな)

この二つだけです

世界では反ワクチン運動が盛んですが

日本で報道されることはありません

疑問に思わない人間は自分がおかしいことに気付かない

洗脳された人間が洗脳を解くのは容易ではないです

私は皆さんのイイねの力によって

タイムラインフォロワー数が日本一になりました

なぜ投稿を続けるのか?と聞かれますが

私が10月末までワクチン問題を取り上げることで

一人でも多くの若者の命を救いたいからです

仮に1万人救えるなら止める理由はありません

私はこの国が好きです

最後の最後まで諦めたくはありません

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.4418【ワンポイントアップの幸福力-32「健康であることの幸せ」】


1週間前にぎっくり腰となりました。
近くの整骨院に毎日通っている成果もあり、毎日どんどん回復しています。
毎朝起きると顔を洗います。
昨日初めて普通に顔を洗うことができました。今朝も腰を気にせず洗顔できました。
それまでは洗面器に水を入れて、痛さで顔をゆがめながら片手で水をすくって洗っていました。
日頃の当たり前の動作でも、ぎっくり腰になるとできなくなります。

改めて健康のありがたさを感じました。

そして、何よりも献身的に支えてくれる妻の存在は大きいです。改めて妻に感謝です。

| | | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

「マーキュリー通信」no.4417【シニアとシングルマザー、ファーザー用シェアハウス「ユートピア館」の建設-10「コンセプトはき・ず・な」】


毎週金曜10時からTBSで「#家族募集します」というシェアハウスをテーマにドラマを見ています。

最初は、シェアハウスに一緒に住むことに抵抗を感じていた、シングルマザー、シングルファ-ザーでした。しかし、シェアハウスで集まり、子ども達が仲良くなりつれて絆を深めていきます。
そして、先週は一緒に「ずっと」住もうねということで、3組のシングルマザー、シングルファ-ザーのシェアハウス生活がスタートしました。

しかし、お互いに価値観が異なるので、お互いに気遣いということも快適なシェアハウスライフを営むポイントと思います。

その中で仲間作りが進みます。
既に子ども達3人は、親しくなり、仲間となってしまいました。

私が創るシェアハウスユートピア館のコンセプトもこのドラマのように、「き・ず・な」がベースで、お互いに絆を深めていくことで快適で感動が生まれるシェアハウスになっていくのではないかと思っています。

| | | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

「マーキュリー通信」no.4416【ワンポイントアップの幸福力-31「笑顔には幸福が寄ってくる」】


本日は76回目の終戦記念日。
日本死守のために尊い命を捧げて散っていった英霊の御霊に対し、現在の自分たちがあるのは、彼らのおかげと心より感謝申し上げます。
早く天皇陛下、そして国のトップである総理大臣が政治色抜きに普通に英霊の御霊を供養する時期が来ることを祈ります。

さて、この頃になると思い出すのが 1985年(昭和60年)8月12日に群馬県南部にある御巣鷹山に墜落した日航ジャンボジェットの大事故です。亡くなられた520名の方のご冥福をお祈り申し上げます。

その中の一人に、九ちゃんこと坂本九がいました。
私は坂本九が一番好きな歌手でありタレント、そして人間的にも尊敬していました。

九チャンの笑顔は天下一品、あの笑顔に触れると心が和みます。そんな笑顔の九チャンのところに多くのファンや人々が集まってきます。人々を幸福にする力、比類まれな幸福力をもっていたと思います。

坂本九は、1941年(昭和16年)12月10日 に誕生したので、今年80歳になります。
九チャンのデビューは、1961年(昭和36年)7月21日、大手町にある産経ホールのコンサート会場でした。当時19歳、その年の12月で20歳になる年でした。

そのコンサートには、江利チエミ、森山加代子、水原弘、加山雄三、ザ・ピーナッツ他そうそうたるメンバーが登場しました。

あれから丁度60年経ちました。しかし、60年前のコンサートで歌われた歌の内、大ヒットし、今でも歌い継がれている歌は「上を向いて歩こう」ただ1曲です。

「上を向いて歩こう」は、永六輔と中村八代の六八コンビが作った作品でした。
デビューの時、九チャンは意味不明な歌い方、「ウーフエホムーフヒテー」で歌ったので、六八コンビを始め、大人達の大ひんしゅくを買いました。
そして、誰もがヒットするとは思っていませんでした。

その後、テレビのバラエティ番組「夢で会いましょう!」に登場すると、ニキビで愛くるしい笑顔がお茶の間に受け、アッと言う間に人気者となりました。

1963年は「上を向いて歩こう」が世界的大ヒットとなる年でした。

米国のラジオ局の音楽番組を聞いていた女子高校生がディスクジョッキーに「上を向いて歩こう」のレコードを送りました。

その番組で紹介されるとあっという間に人気となり、米国音楽の2大番組ビルボードとキャッシュボックスで3週連続第1位に輝きました。歌の名前は「上を向いて歩こう」ではなく、日本人に人気の食べ物「SUKIYAKI」となりました。

その前年、ビートルズが英国リバプールで誕生しました。
ビートルズは米国進出を狙っていましたが、「SUKIYAKI」の人気の影に進出を阻まれてしまいました。

逆に、米国で大ヒットした「SUKIYAKI」が英国、フランス、ドイツと欧州、さらにはイスラエル他ラジオ局のある国、ほとんどで紹介され、世界的大ヒットという快挙となりました。

後にも先にも、日本の歌で世界的に大ヒットした曲は、「SUKIYAKI」そして「上を向いて歩こう」以外ありません。

私が好きな歌は「上を向いて歩こう」、「見上げてごらん夜の星」、そして遺作となった「心の瞳」です。この3曲を歌うとき、九チャンを思い出し、思わず嗚咽が止まらなくなってしまいます。

| | | コメント (0)

2021年8月14日 (土)

「マーキュリー通信」no.4415【人生に勝利する方程式-260「人生の強力な3つの友人を味方につける」】


人生を生きているといろいろな困難に出逢います。
しかし、人生の強力な3つの友人、「自信、勇気、希望」を味方につけると、人生に勝利すること間違いないです。

世の中は知らないことだらけです。
しかし、知らないことを学んでいくと自信に繋がります。

現在のコロナ禍に関しても、マスコミが感染者数2万人を超えたと国民に危機意識を植え付けています。

しかし、新型コロナウィルス(武漢ウィルス)の実態を知るとそれほど恐れることはありません。
武漢ウィルスで亡くなった日本人は1万人以上といわれています。しかし、厚労省の指示で、最期PCR検査を義務づけ、陽性反応者は全てコロナウィルスで亡くなったことにしています。実際には、本当にコロナウィルスで亡くなった人は1000名強といわれています。

また、私の周りで過去1年半で武漢ウィルスでなくなった人はゼロ、重傷者1名、入院者1名です。

これらのデータを見れば、それほど恐れる疫病ではないし、緊急事態宣言も不要といえます。

専門家に言わせると、それほど大騒ぎするものでもないということです。
もちろん、手洗いの励行、特に用便後の手洗い、消毒は重要です。
大便にコロナウィルスが付着していることが多いので、特に公衆便所やコンビニのトイレのドアノブに一番コロナウィルスが付着している可能性が高いそうです。

この基本さえ抑えておけば、武漢ウィルスを特別恐れる必要はないといえます。

ソクラテスは、知を徹底的に愛しました。哲学のことを英語でphilosophyと言いますが、私は哲学という小難しい表現より「愛知」という用語の方がわかりやすいと思います。

知らないことを知ることで、次の行動を起こす勇気が湧いてきます。
逆に知らないままでいると、それは恐怖に変わります。

私の場合、特に武漢ウィルスを恐れず勇気を持って外出しています。

なお、外出時には一応マスクは持参します。
しかし、厚労省傘下の国立感染症研究所は、マスクは不要と言っています。なぜなら、コロナウィルスのサイズはマスクの穴より小さいので簡単に通り抜けてしまうからです。夏場は却って熱中症の原因となるので要注意です。

この一歩を踏み出すことで、コロナ禍を恐れることなく、自分の夢を追求していく希望が湧いてきます。

私の夢は、シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウスユートピア館の1万棟建設ですが、コロナ禍を言い訳にせず、突き進んでいます。

人生の3つの友人「自信、勇気、希望」をしっかりと味方につけた時、人生に敗北はない、勝利のみと実感します。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

子ども達にコロナワクチン接種の危険性を良識ある市長、議員、医師が訴え、コロナワクチン接種しないよう訴えています。詳細は下記URLをクリックしてください。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=3504330669670325&id=100002802780517

その為の署名活動をしています。インターネットからの署名は下記URLからできます。私も署名して送りました。
署名サイト
https://voice.charity/events/133?fbclid=IwAR3xe1qqmIyGPa0qKDiyYCMVOt5oC6t0Ib2is1ZPrLHrRVph17-8Dx0sayg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.4414【米国フーバー元大統領が語る「一人の狂人が20世紀を平和の世紀から戦争の世紀に変えてしまった」】


昨年は、米国フーバー元大統領の大作「裏切った狂人」を基に書いた力作「フーバー大統領が明かす日米戦争の真実 米国民をもだました謀略」(加瀬英明、藤井厳喜、茂木弘道、稲村公房共著 勉誠出版)を読みました。狂人とはフーバー大統領の次の大統領フランクリン・ルーズベルトです。
フランクリン・ルーズベルトは、米国では過去の大統領の中で依然人気のある大統領です。しかし、彼の実像は、真反対の人間だということが多くの歴史学者や専門家から指摘を受けています。

今年は、「日米戦争を策謀したのは誰か」(林千勝著)を読みました。
こちらも米国フーバー元大統領の大作「裏切った狂人」を基に書いた力作ですが、切り口を変えて評論しています。

第1次世界大戦で、米国民は多数の死者を出しました。
その影響で、当時約9割の米国民は戦争反対でした。

その頃、1917年にロシアロマノフ王朝が崩壊し、共産主義国家ソ連が誕生しました。
ソ連のスターリンは、世界制覇のために、容共的なルーズベルトを抱え込もうとします。
その為に共産党の工作員20名を米国にスパイとして潜入させ、政府の幹部まで占めるようになりました。

この工作を影で操っていたのがディープステートと言われる国際金融資本家のロスチャイルド家やロックフェラー家でした。

ロスチャイルド家は英国、ロックフェラー家は米国に本拠を構えています。
しかし、彼らには国は関係ありません。グローバル主義者で、国境を越えて儲けることが彼らの主眼です。
このグローバル主義が、共産党のグローバル主義と合致していました。

英国チャーチル首相もディープステートの影響を大きく受け、米英ソがスクラムを組んで第2次世界大戦を画策するようになりました。

この動きを察知したフーバー元大統領は猛烈に反対しました。

その頃、独ソ戦が開戦となりました。フーバーは2人の狂人、ヒトラーとスターリンを戦わせれば、お互いに疲弊し、第2次世界大戦を引き起こす国力はなくなるだろうと読んでいました。

しかし、ルーズベルトは、フーバーの意見を否定し、ヒトラーが米国を攻めてくると国民の恐怖を煽りました。
ルーズベルトは、ことある毎に2度と世界大戦はしないと語っていたので、米国民は安心していました。
しかし、それだけでは厭戦気分の米国民を納得させられません。

そこで、ルーズベルトは、日本を悪者に仕立て、日本に米国を急襲させる用意周到な作戦を立てました。

日本は明治維新以降国家の発展に伴い人口が急増しています。それを賄うための資源と食糧が必須です。
そこで、ルーズベルトは、いわゆるABCD包囲網を敷いて、日本から食糧と資源を採り上げてしまいました。
※ABCDとは、America, British, China, Dutchの略です。

日本はにっちもさっちもいかなくなり、戦争をせざるを得ない状況に追い込まれました。
それでも日本は最後の最後まで戦争回避のため、近衛首相が、和平に向けての首脳会談を提案しましたが、これをルーズベルトは拒否します。その事実を米国民に伏せました。

そして、ハルノートという最後通牒を突きつけました。
当時の日本の状況を理解したら、宣戦布告と同じです。しかし、このハルノートも米国民に伏せました。

その結果、日本は真珠湾攻撃を余儀なくされました。
当然、ルーズベルトは真珠湾攻撃を事前に察知していました。
米国の被害を最小限にする為に、主力艦隊を待避させ、乗組員も最小限にしました。

そして、1941年12月8日真珠湾攻撃となりました。

この急襲により、米国民の日本に対する感情は一気に悪化し、厭戦気分が吹っ飛び、戦争支持に空気が一変しました。ルーズベルトの作戦は成功しました。

フーバー元大統領曰く、ルーズベルトという一人の狂人がいなければ、戦争は絶対に起こらなかった。20世紀は平和の世紀となっていたはずだった。
この戦争で莫大な利益を得たのはディープステートでした。

3悪人ルーズベルト、チャーチル、スターリンの結末はどうだったか。

米国はソ連との冷戦構造が起こり、その後、朝鮮戦争、ベトナム戦争に多数の米国の若者を多数送り込んで戦死させ、米国内は荒廃していきます。

英国は、植民地をほとんど失い、大英帝国は消滅しました。

2000万人の国民を殺したスターリンのソ連は、その後崩壊の道を辿り、75年の壮大な実験の結果、崩壊しました。

それでは敗戦国日本はどうなったか?

戦後奇跡的な復活を果たした。

日本は、1919年に日本が掲げた人種差別撤回法案は米国ウィルソン大統領により否決されました。なぜなら当時は植民地支配全盛時代でしたし、人種差別が当たり前の時代でした。
しかし、その理念に基づき当時の東條英機首相は大東亜共栄圏を提唱し、戦後、アジアアフリカ中南米の諸国が日本の勇気を称え、次々と独立していきました。
日本は戦争には負けました。しかし、日本が掲げた大東亜共栄圏の理想は実現したので、実質日本が勝者となりました。そして、大半のアジアアフリカ中南米諸国は日本の勇気を称えています。

それでも現在の日本は戦後GHQマッカーサーが東京裁判史観に基づき、「日本はアジアを侵略した悪い国」というレッテルを貼り、その自虐史観から未だ逃れません。

マッカーサーは、フーバーの元部下でした。戦後、マッカーサーは議会で、日本の戦争は資源確保のための防衛戦争だったと公式に述べています。

本書の著者林千勝氏は、フーバー大統領を米国歴史史上最も偉大な大統領の一人として絶賛しています。なぜなら自分の利益のために国民を騙したルーズベルトと違い、国益の為に動いた数少な大統領だったからです。

戦後76年、もうそろそろ我々は先祖の築いた歴史に誇りを持ち、胸を張って、次世代の若者に伝えていく時期だと思いますが。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日のメルマガで、日本の貿易総額に中国が占める比率は6%程度と書きました。読者から現状は20%を超えるとのご指摘を頂きました。
この数字の根拠は、「新日英同盟 脱中国」でしたが、同書は6%を根拠に脱中国を図れと主張していました。
しかし、2020年実績で輸出1761億ドル(23%)、輸入1641億ドル(26%)でした。但し,10年前と比べ輸出入とも漸減傾向にあるようです。

従って、日本全体としては脱中国化が緩やかに進行しているようです。

いずれにしろ、同書を出版する前に数字はチェックして欲しかったですが、間違ったデータを読者にお伝えして申し訳ありませんでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

「マーキュリー通信」no.4413【未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを97「新日英同盟結成により世界は大きく変わる!」】


「新日英同盟 脱中国」を読みました。
元外交官馬淵睦夫氏と元産経新聞記者岡部伸氏の対談形式の本です。

「日暮れに(1902年)握手日と英」と高校の教科書で習った人も多いと思います。

1902年は、1894年に起こった日清戦争で日本が勝利した後、1904年の日露戦争の直前です。

19~20世紀は欧米の植民地支配がピークの時代でした。
日本では、北方の隣国ロシアの南下による脅威が外交上の大きな問題でした。
明治維新以降日本の人口は激増しています。その人口を賄うために、食料品と資源の確保が国家戦略上急務でした。
その意味で当時の覇権国家英国と1902年に日英同盟を締結したことは、日本の国益に叶ったタイムリーなものでした。
その結果、日本は満州進出、中国も一部抑えることで日本の資源確保に成功します。

しかし、1922年に廃止となりました。廃止の理由は、国際連盟で1919年に日本の人種的差別撤廃提案が否決されたことは禍根となったようです。
当時の世界は人種差別全盛の時代だったので、日本の提案は理想論でした。米国では黒人差別全盛の時代だったので、当時のウィルソン米大統領に反対されました。

この日英同盟廃止により、日本の国防危機が始まったことを当時の為政者は思っていなかったかも知れません。やはり先見力に欠けていたとしかえいえません。

さて、現代は世界の覇権国家を狙う中国の軍事的侵略が各国の脅威となってきました。

英国はこれまで中国とは原発、IT、そして巨大な市場として親中政策をとってきました。

しかし、ウィグル人の大量虐殺、香港の弾圧等自由と民主主義社会に脅威となってきました。
そこで、ボリス・ジョンソン首相になってから最近脱中国政策を決断しました。
その一環として、中国の軍事的脅威を牽制するために、空母クイーンエリザベス号をアジアに移動させることにしました。

そして、その延長線上に新日英同盟の締結が期待されます。

日英共に島国です。ユーラシア大陸を挟んで、極東に日本、北西に英国がでんと構えるだけで世界の平和と安定に寄与していきます。

これも英国がBREXIT(ブレグジット)したメリットといえます。

日本も同様に脱中国政策を決断すべきです。
中国との貿易額は6%程度です。
今や日本は内需中心の国にシフトしています。

もし、脱中国政策をしたら、中国は日中貿易に圧力を掛けることが予想されます。しかし、両国の貿易依存はかなり強固となっており、そう簡単に切れません。
仮にかけても既に中国というカントリーリスクとコスト増により、ASEANにシフトしています。

最大のネックの1つは、親中政治家と親中政党です。今秋の総選挙で、国民は親中政治家には投票しないと決めるべきです。

一方、そろそろロシアと平和条約を締結して、まず北方領土2島の返還を目指すべきです。親日派のプーチン大統領が健在の内に是非実現して欲しいと思います。

世界の流れは、親中の豪州も脱中国に舵を切りました。これに反中のインドが加われば、中国包囲網ができあがり、日本の国家安全保障が強固となっていきます。

「新日英同盟 脱中国」から、学ぶことは非常に多いです。読者の皆様にも是非お奨めします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私のぎっくり腰に対し、読者の皆様からご心配のメールを頂きありがとうございます。
今朝も近くの治療院で治療を受けました。
担当の施術師も、私の回復の早さにびっくりしています。
これも毎朝階段登降を始めとした筋トレの成果といえます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月11日 (水)

「マーキュリー通信」no.4412【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-115「自分の弱みを把握し、その対策を講じておく」】


私は毎朝18階まで1段おきに上るほど健脚です。
しかし、一方で体が硬くぎっくり腰になりやすい体質です。

一昨日ぎっくり腰を患い、昨日近くの整骨院に治療に行きました。
整骨院までは、いつもは徒歩10分程度ですが、昨日は杖をつきながら30分近くかかりました。

今朝は起床後1時間近く真向法中心に腰痛体操をしました。
真向法と腰痛体操は、ふだんの運動プログラムに取り入れています。

その結果、だいぶぎっくり腰が回復してきました。
今朝は整骨院まで杖なしで15分程度で通えました。

私は体のメンテナンスのため、週1回近くの整骨院に通っています。担当の整体師も決まっているので、私の体のことは熟知しています。

施術してみて、私のぎっくり腰は、昨日と比べ3~4割回復しているという診断です。

他の人と比べ快復力が速いのは、毎朝運動しているからだそうです。

改めて普段かかりつけの整骨院があり、腰痛体操も毎朝実施しているその効果がいざぎっくり腰が起きたときに現れているようです。

| | | コメント (0)

2021年8月10日 (火)

「マーキュリー通信」no.4411【シニアとシングルマザー、ファーザー用シェアハウス「ユートピア館」の建設-10「2年ぶりにぎっくり腰をやってしまいました」】


昨日、夏休みから帰宅しました。
重いリュックを卸したときに、ぎっくり腰をやってしまいました。

年々高齢者のひとり暮らしが増えています。

もし、自分が一人暮らしだったら考えると不安になります。

普段無意識のうちにやっていた、朝起きてから、ひげを剃って、顔を洗うのが一仕事でした。

だからシニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウスユートピア館の必要性を実感しました。

周りの人が「大丈夫ですか?」と声を掛けるだけでも精神的に気持ちが和らぎます。

| | | コメント (0)

2021年8月 9日 (月)

「マーキュリー通信」no.4410【クリエイティブに生きる-79「15年ぶりに詩を作りました」】


6~9日は夏休みでした。NHK朝のTV小説「お帰りモネ」の宮城県気仙沼市、登米市も訪ねました。

すると15年ぶりに詩が湧いてきました。
前回は15年ほど前、「琵琶湖平静の詩」でした。

今回の詩のタイトルは、「Oh,Summer」です。メロディはまだできていません。
暫く作曲していないので、チャレンジです。

1番
夏が来ると思い出す Oh,Summer
カナディアンロッキーはパラダイス Oh,Summer
レイクルイーズ 眼下に見下ろし さぁトレッキング!
「馬だ!気をつけろ!」と言ったら
君は熊と勘違いして怯えてた
エメラルドグリーンが鮮やか ペイトーレイク
君は一番好きだと言っていた
お城のように聳え立つバンフスプリングホテル 眼下にボウリバー
今も爽やかなイメージで蘇るカナディアンロッキー Oh,Summer

2番
夏が来ると思い出す Oh,Summer
グランドキャニオンはパラダイス Oh,Summer
朝焼け 真っ赤に染まる モニュメントバレー
車から降りると 突然現れる 朝靄のパープルカラー
展望台から見渡すパノラマビュー グランドキャニオン
その圧倒的ド迫力は世界一
眼下1マイルに拡がるコロラドリバー
ラバが人を乗せて のどかに降りていく
今も爽やかなイメージで蘇るグランドキャニオン Oh,Summer

3番
夏が来ると思い出す Oh,Summer
サンディエゴのシーワールドはパラダイス Oh,Summer
世界最大のイルカショー 巨体が水面に飛び込む 波しぶきの花火
戯けたオットセイの玉乗り曲芸がユーモラス
最南端のサンディエゴから最北端のシアトルまでドライブ1,000マイル
光輝く青い海原太平洋 どこまでも続く海岸線
名優クリントイーストウッドが市長のカーメルの素敵な街並み
名勝17マイルドライブの海岸線は海風が心地良い
今でも爽やかなイメージで蘇るカリフォルニアウェストコーストはパラダイス Oh,Summer

4番
夏が来ると思い出す Oh,Summer
イエローストーンはパラダイス Oh,Summer
アメリカ初の国立公園 最大の面積を誇る とにかく広い
グリーンのツートンカラーシボレーマリブクラシックランドーのハンドル捌きが快適
無数の間欠泉が噴き出す イエローストーン
時間通り正確に時を刻むオールドフェイスフル
最大のジャイアントガイザーは迫力満点
エメラルドグリーンの無数のお釜が目に焼き付けく
今でも爽やかなイメージで蘇るイエローストーンはパラダイス Oh,Summer

5番
夏が来ると思い出す Oh,Summer
シューシュワップレイクはパラダイス Oh,Summer
プレバブ小屋がハウスボートに大変身
蒸気船のようなエンジン音が心地よい
シューシュワップレイクは四国程の巨大な湖
時折り行き交う他のハウスボート 手を振り合う
朝目覚めると 君は憔悴した顔
「どうしたの?!」「昨夜は大嵐で一睡もできなかった!」あっチョンぶりけー
今も爽やかなイメージで蘇るシューシュワップレイク Oh,Summer

| | | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

「マーキュリー通信」no.4409【シニアとシングルマザー、ファーザー用シェアハウス「ユートピア館」の建設-8「遠くの親戚より近くの友人」】


令和の現代、核家族化がすっかり定着して、親と一緒に暮らすカルチャーが消えつつあります。

価値観が多様化した現在、これまで一緒に住んでいなかった親と同居するのは様々な面でトラブルが発生します。

最近では遠くの親戚より近くの友人の時代となっています。

ユートピア館では、子育てが終わってひとり暮らしのアクティブシニアとシングルマザー、またはシングルファ-ザーが一緒に住むことを前提としています。

アクティブシニアは元気な子供と接することでその元気を頂きます。
子供はアクティブシニアの長年の知恵、親の世代からは得られないような知恵を吸収することができます。

そして、シングルマザー、シングルファ-ザーは子育ての負担から一部開放されることになります。

ユートピア館には、コロナ禍時代でリモートワークがポピュラーになって来ましたが、シェアOfficeも用意しています。その間、ユートピア館に住むアクティブシニアに預けることにより、子育てから解放される仕組みにしています。

 

※昨日のメルマガでビルゲイツ逮捕ニュースのファクトチェックをしたところ、フェイクニュースであることが分かりました。
お騒がせして申し訳ありませんでした<(_ _)>

This website contains humor, parody, and satire. We have included this
disclaimer for our protection, on the advice on legal counsel.

(このサイトはユーモアやパロディや風刺を含んでいます。法務顧問のアドバイスで、我々を守るために、この免責事項を含めてあります)

とありました。

つまり、「このサイトに書いてあることの中には、冗談もあるので真に受けないでください」というニュアンスかと思います。

■なお、この記事についてはロイターがファクトチェック記事を出していました。
https://www.reuters.com/article/factcheck-gates-arrested-idUSL1N2PA11I

メインストリームメディアが報じない情報というのは確かにあるのですが、
その一方で、ネットで発信されているものは玉石混交の部分もございます。

今回、調べさせていただいたことで、私共も大変勉強になりました。
重ね重ね、ご連絡ありがとうございます。

今後も、リバティへのご意見・ご感想や、気になったことなどがございましたらお知らせくださいませ。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

リバティ編集部

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日より9日まで夏休みです。朝の連続テレビ小説「お帰りモネ」のロケ地、気仙沼と富米を訪ねます。

それまでメルマガはお休みですが、お急ぎの方はLINEまたは携帯にご連絡いただけますか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月 5日 (木)

「マーキュリー通信」no.4408【ワンポイントアップの思考力-16「政府が思考力を失っている要因とは」】


政府の本来の役割は国民の健康です。
しかし、ここに利権構造が絡むと国民の健康は後回しになってしまいます。

コロナワクチンを政府が国民に接種させようと躍起になっています。
コロナワクチンには遺伝子組換え技術が入っているので、接種により不妊のリスクがあると専門家は指摘しています。

政府の本来のあるべき姿としては、専門家からそのような疑念が出されているなら、その疑念が払拭されるまで、接種を控えるべきです。

しかし、別の専門家を使って報道陣の前でその疑念を払拭しています。しかし、彼らは製薬会社から別途研究資金を受け取っていると聞きます。だから信用できません。

そもそも欧米と比べ新型コロナウィルスを直接原因とする死亡者は1500人程度です。従って、緊急事態宣言再開する理由が見当たりません。
特に日本の場合、コロナウィルスで死ぬ人はほとんどいないわけですから、急いでコロナワクチンを接種する理由が見当たりません。

外出先から帰ったら手洗い、うがい、そして鼻うがいを励行すれば、後は不要です。夏場のマスク着用は熱中症の原因となるので、国民の健康を最優先するなら、不要であることを政府は宣言すべきです。

そして、原則経済活動の自由化を優先させるべきです。
そうすると株価は急上昇、景気は一気に良くなり、コロナウィルスで溜まっている
国民のストレスを発散することになります。

そして、国内が一気に明るくなります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

米軍により人身売買の容疑でビルゲイツが逮捕されたというニュースが入ってきました。しかし、日本のメディアでは報道されていません。

ビルゲイツは、ディープステートの手先として全世界の人口を5億人に減らすために、コロナワクチンを接種させて、不妊を促進していると聞き及びます。
もしこれが事実ならコロナワクチンを接種した女性は妊娠できなくなり、人口減社会更に加速化していきます。そして、国家存亡の危機に立たされます。
政府はその真偽をきちんと調べるべきと考えます。
https://www.instagram.com/p/CSD6N3jJHIE/?utm_medium=copy_link

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

「マーキュリー通信」no.4407【奇人変人が世の中を変えていく-422「チャンス平等の社会から結果平等の社会へ」】


トランプ前大統領は、神の下の平等、そして頑張った人が頑張っただけ成功する社会復活の為、4年間減税、規制緩和等小さな政府を目指してきました。その結果、米国は史上空前の好景気となり、トランプ前大統領は国民の圧倒的な支持を得ました。そして、再選は当然と思われていました。

しかし、昨年の大統領選挙では、史上最悪の不正選挙でバイデン新大統領が誕生しました。

バイデン新大統領の政策は、大きな政府をです。その為、増税、金持ちや大企業から税金をたくさん取り、それを貧しい人に所得の再配分をしていきます。

そして目指す方向は、チャンス平等の社会から結果平等の社会へと大きく舵を取り始めました。

大きな政府とは政府が強大な権限を持つことです。

その流れが日本にもやってきています。コロナ禍以降それが顕著です。

新型コロナウィルスが直接原因で亡くなった日本人は過去1年半で1500名程度と言われています。月間100名程度です。
これではニュース性がないので、その数を10倍に水増しして、マスコミを使って恐怖心を煽っています。

PCR検査自体そのものが不正確と専門家から言われています。PCR検査を受けた結果陽性反応と出れば、その大半は感染していない陽性反応者にもかかわらず、それを感染者と大々的に発表し、国民に危機意識を植え付けているマスコミ。
そして、緊急事態宣言を4回も実施しました。政府はそのおかげで企業は疲弊しているのにそんなことおかまいなしです。

僅かの補助金を出すから商売をやっている業者は黙って政府の言うことを聞けと圧力を掛けています。

現在の日本の状況は全体主義国家中共に近づいている感じです。

私のようにコロナウィルス騒動はコロナワクチンという巨額の利権構造と指摘するものは少数派で、大多数の国民はおとなしく従順です。
政府としては従順な国民を飼い慣らす手応えを得たようです。

そして、世の中をチャンス平等の社会から結果平等の社会へ誘導する自信を深めたようです。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

最近近所のサウナに通っています。
サウナ室内では私語禁止、タオルで口をふさぐことを義務づけています。
私が番台にタオルで口をふさいでも意味がなく、却って息苦しい旨訴えたのですが、東京都からの行政指導なので止む無しとの回答でした。

私は一応了解しましたが、息苦しいのでサウナ室内でタオルをしないで静かに座ってオリンピック観戦をしていました。
すると後ろからやくざ風の男から「マスクをつけろ」と威嚇してきました。
当然ルールに従わない私が悪いので、その場でタオルで口を覆いました。

東京都の当局の間違った行政指導のせいで末端では迷惑を被っています。
これも結果平等社会の1つのようです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.4406【ワンポイントアップの幸福力-30「妻からのホワイトボードメッセージ」】


百均(CanDo)で、ひらがな、アルファベット、数字、料理等のマグネットピース、それにホワイトボードを購入して妻にプレゼントしました。

すると妻はそれらのマグネットピースを組み合わせて様々なメッセージをボードに貼り付けて、私に魅せます。

昨日は朝の挨拶から、3度の食事、外出時、帰宅時、就寝時等全部で9つのメッセージをホワイトボードに託して贈ってくれました。

これだけで家庭内の空気は幸福感で満たされます。

改めて妻の感性とセンスに脱帽、感服です ( ^)o(^ )

| | | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

「マーキュリー通信」no.4405【ワンポイントアップの思考力-15「ゼロ秒思考の3部作から更に学びを得ました」】


7月29日のメルマガで、「ゼロ秒思考」(赤羽雄二著)で「思考力」のアップに繋がる事を書きました。

同書には、続編が2つあります。「ゼロ秒思考 仕事編」「ゼロ秒思考 行動編」です。

「ゼロ秒思考 仕事編」では、テーマを決めたら1分で思いついたことを書き出す。このトレーニングを積んでいくことで、頭の中が整理されていきます。仕事がてきぱきできるようになります。

当然仕事力がアップしていきます。タイムマネジメントができるようになり、生産性も上がります。

「ゼロ秒思考 行動編」では、即断即決力が上がると書いています。
日本人は、即断即決ができない人が多いですが、その理由として不安が挙げられます。即断即決力を高めるには、全体像を把握することです。そのポイントを抑えれば、何も恐れることはありません。
私の場合、ビジネスで金銭が発生する場合、最大のリスクを考慮して、そのリスク内なら即断即決します。

毎日テーマを決め、1分で思いついたまま書き出す。それを毎日10回繰り返す。
10のテーマを毎日出していくことは大変です。直ぐにネタ切れしてしまいます。従って、様々な切り口でテーマを見つけます。各テーマに対し直ちに1分で書き上げます。この思考過程を習慣にすると即断即決能力が身についていくわけです。即断即決の漢字を速断速決と書くなら、意思決定にスピードを求められます。しかし、即断即決の漢字は即座に決めることです。
ゼロ秒思考とは、テーマを決めたら、即書き出します。だから自然と即断即決力が身についていくわけです。

一方、私は朝6読書会でゼロ秒思考のズームによる朝活を知りました。その場で私はゼロ秒思考の朝活に参加することを決めました。

ゼロ秒思考の朝活は、翌日でしたが、参加して良かったです。

一人でやるゼロ秒思考と比べ、皆でやるゼロ秒思考は、いろいろなヒントを頂きます。また老若男女が参加しているので感性も考え方も異なります。
それが「思考力」の幅を広げていることに気づきました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本年4月に出版した「あなたの仕事力・生産性10倍アップの極意」を、定価1540円のところを現在著者サイン入り送料込み1500円でお分けしています。
ご希望の方は、その旨ご連絡いただけますか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.4404【ワンポイントアップの仕事力-163「速聴力をつける」】


昨日のメルマガ「マーキュリー通信」では、4速スキル、速読、速考、速書、速プレの話をしました。

実はもう1つ、5速目に速聴があります。

最近youtubeを視聴する機会が圧倒的に増えました。
時間節約のため、2倍速にして聞くことが多いです。2倍速にしてもきちんと聴き取れます。
2倍速にすることで、却って集中力が増して、内容をより理解できます。
内容によってはワープロに要約して文章として保存しておきます。

また、私の場合、テレビ番組は原則録画したモノを観ますが、2倍速にしても良い内容なら2倍速にして時間節約をします。

通常の2倍速から標準速に切り替えると、とても遅く感じます。これは丁度高速道路の運転に慣れて、一般道路に移動するときにとても遅く感じるあの感覚です。

速聴のメリットは、標準速より集中して聴こうとするので、視聴した内容をより長く記憶することができます。
そして、これが潜在意識下にインプットされていきます。
その結果、右脳と左脳がバランス良く活性化し、「覚える」「記憶」が強化されていきます。

速聴を加えた5速スキルの力をアップしていくことで、仕事力もアップしていくことになります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本年4月に出版した「あなたの仕事力・生産性10倍アップの極意」を、定価1540円のところを現在著者サイン入り送料込み1500円でお分けしています。
ご希望の方は、その旨ご連絡いただけますか。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年8月 1日 (日)

「マーキュリー通信」no.4403【ワンポイントアップの思考力-14「ゼロ秒思考の極意」】


毎週土日6時に開催している朝6読書会で、「ゼロ秒思考」(赤羽雄二著)を知りました。

「ゼロ秒思考」とは、自分に質問をします。例えば「過去1週間で楽しかったことは」
この質問に1分間で思い浮かんだことをだーっと書いていきます。
このトレーニングを積んでいくことで、瞬間的に物事を考える習慣がついてきます。その結果、思考力がアップし、即断即決できるようになり、仕事力もアップしていきます。

「ゼロ秒思考」のワークショップを先週から参加しました。今朝も7時から8時15分まで参加しました。

主催者の渡邊小百合さんが次々とテーマを与え、それを参加者が1分で書き出し、発表します。
問「家の中の何を片付けるのか?」
これに対し、回答は、本、衣類、書類等が多かったです。
また、20代の男性はメルカリに出すという回答でしたが、これは私にはない発想なので参考になりました。

次の問「整理整頓するこつ」に対して、
女性からはわくわくしないもの。女性らしい感性でした。

問「片付いた後をどうしたいか?」
きれいなままにしてすっきりとしておきたい。この感性も頷けます。

今朝の参加者は8名でしたが、一人でやるのと比べると、質問の発想の仕方も違うし、参加者が老若男女いるので感性も発想も違うので、自分の感性を磨いたり、発想力をアップするのに参考になりました。

昨日、「トランスフォーム仕事術」(松本幸夫著)を読みました。
自己能力を10倍高める仕事術として、4速スキルを説明していました。

4速スキルとは、速読、速考、速書、速プレの事です。
このうち、速考、速書、速プレの3つはゼロ秒思考ワークショップで得られます。
最後の速プレとは、プレゼンの事です。
ワークショップで、皆にゼロ秒思考で考えたことを1分以内で手短に説明することで速プレの能力が自然と身についていきます。

速読に関しては、朝6読書会でGSR速読法を知り、別途有料セミナーにも参加し、速読スキルを身につけているところです。昨年の読書量は150冊でした。今年は500冊に引き上げ、昨日現在318冊読み、年間500冊のペースで進んでいます。

昨年までの私はメルマガのテーマをゼロ秒思考で考え、キーボードに指を置くと、瞬時に文章が出てくるトレーニングを積んできたので、これが私の得意技となっています。

しかし、今年は朝6読書会で、「未来先取り日記」を学び、毎朝手書きで今日起こる良い出来事を先取りして「できた!」と書いていきます。未来の良い出来事を既に起こった未来として潜在意識に植え付けていくトレーニングです。未来の良い出来事を先取りすることで、実現する確率が高くなっています。
本日で3冊目となります。3冊目は高級ノートを買い、気分良く書けるようにしました。

さらには、今年から10年日記が4冊目です。4冊目の10年日記は、一番の老舗の石原出版に変えたところ、書くのが楽しくなり、これまでの日記量と比べ、格段に増えました。

世の中はデジタルシフトの時代ですが、私にとって今年はアナログによる手書きも両立させることで、4速スキルを強化しています。

私自身他人から奨められたモノは素直に受け止め、まずやってみる姿勢でいます。自分に合えば続ければ良いし、合わなければやらなければ良いという軽い気持ちで取り組んでいます。

朝6読書会には昨年12月から参加していますが、ほぼ毎週土日6時に常連参加しています。主催者の中林久氏とはビートルズ・ファンクラブで知り合い、軽い気持ちで朝6読書会に参加しましたが、過去8ヶ月の学びは大きいです。毎回名ファシリテーター役の中林さんには感謝の気持ちで一杯です。

今年72歳となった私ですが、素直な気持ちで何でも取り組んでいると自己成長の喜びを感じています。

今年の私のキーワードは、アナログによる自己変革です。

なお、朝6読書会やゼロ秒思考のズームの勉強会に参加を希望の方はその旨ご連絡いただけますか。

| | | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »