« 「マーキュリー通信」no.4438【ワンポイントアップの幸福力-34「外こもりだった私」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4440【ワンポイントアップの幸福力-35「感謝ノートを始めました」】 »

2021年9月 4日 (土)

「マーキュリー通信」no.4439【奇人変人が世の中を変えていく-425「政策の失敗で退陣を余儀なくされた菅総理」】

菅総理では、11月の総選挙では戦えないという声が自民党内で高まり、菅首相は総裁選出馬を取りやめました。

利権構造の巣窟となってしまったコロナ行政により国民の失望を買い、自らの首を絞めてしまった菅総理でした。

私がもし総理だったら、インフルエンザに毛の生えた程度の武漢ウィルスなので、必要最低限の予防策を国民に徹底することで難局を乗り切ることにします。

特に、昨年7月安倍政権の時に緊急事態宣言が解除となってからは、京大上久保教授が「日本人は集団免疫ができたので、コロナ禍前の生活に戻って良い」との学説を発表したので、それに従って行動するべきでした。
当然、インバウンド需要がなくなったので、Go to キャンペーンを展開し、旅行業界と運輸業界そして飲食業界を救います。

また、PCR検査に関しても多くの専門家が正確性を疑っています。従って、数を増やせば増やすほど陽性反応者が激増していきます。
マスコミはこれ見よがしに過熱報道をして、国民の危機感を煽っています。

武漢ウィルスは、接触感染です。従って、マスクは冬のインフルエンザや風邪の季節以外はあまり役に立たないことを国民に伝えます。特に夏場は熱中症リスクが高まります。マスクから解放されるだけで、国民の不安は解消されます。

そして、恐怖心は免疫力を落とすので、徒に武漢ウィルスに恐怖心を抱かない事です。
万一、罹ったとしても、普通に健康な生活を送っている人が死亡する確率はほぼゼロに近いです。
基礎疾患や免疫力の低下した高齢者は要注意です。

このような常日頃の生活を送っていれば、武漢ウィルスを特に怖がる必要はありません。感染予防としては、5ALAというサプリメントがあるので、それを飲めばOKです。副反応や死の恐怖に怯えながらコロナワクチンを打つ必要はありません。

1年間の菅政治を見てきて、彼一人の意思でやっているのではなく、もっと大きな力、利権に動かされている操り人形のような印象を受けます。

そう思うと哀れさを覚え、1年間ご苦労様とねぎらいの言葉をかけたくなります。

さて、後任の首相候補を見ると誰一人後継を託す人材がいないのが残念です。

そうなるともりかけ、桜問題等多くの議論が沸き上がるでしょうが、残念ながら安倍前首相以外適任者はいないと思います。

喫緊の課題は、中国の軍事的脅威が日に日に増している昨今、現行憲法制約下では、中国包囲網を強固にするしかないと思います。

即ち、米国との同盟強化をベースに、インド、豪州、ニュージーランド、台湾、ASEAN、そしてロシアとの平和条約締結による北方領土2島返還交渉ができるのは安倍前首相以外適任者はいないと思います。

さらには、日英同盟の復活、これにより中国包囲網は完成します。

同時並行的に、世界一侵略されやすい現行憲法の改定に早急の着手すべきと考えます。国家の最優先事項は国防であることをこれを機に今一度再認識して欲しいと思います。

 

| |

« 「マーキュリー通信」no.4438【ワンポイントアップの幸福力-34「外こもりだった私」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4440【ワンポイントアップの幸福力-35「感謝ノートを始めました」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4438【ワンポイントアップの幸福力-34「外こもりだった私」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4440【ワンポイントアップの幸福力-35「感謝ノートを始めました」】 »