« 「マーキュリー通信」no.4537【ワンポイントアップのコミュニケーション力-205「頑固は自分を不幸に追い込んでいく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4539【ワンポイントアップの思考力-30「地球温暖化より遙かに恐いミツバチの絶滅」】 »

2021年12月15日 (水)

「マーキュリー通信」no.4538【ワンポイントアップの幸福力-39「幸せという漢字は下から読んでも幸せ」】


今月6日発売した「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」の感想を読者から徐々に送られてきました。

私は幼い頃、両親を無くしました。
高校2年生の時に父が10年ぶりに家出から帰ってきました。
その時の父は、所持金がほとんど無く、着の身着のままのみすぼらしい格好をしていました。
その時、私は父を反面教師として生きていく事を決意しました。
それ以来、「父親のようにはなりたくない」という想いで、生涯努力精進し、それが現在も続いています。

読者からは、「普通親に対し恨みを持ち、ぐれても良いのに、菅谷さんの精神力に感銘を受けた」との感想を頂いています。

「幸」という文字は、下から読んでも「幸」と書きます。つまり、自分の不遇を嘆くのではなく、逆の見方をするとまた違った想いとなります。

その結果、「福」をもたらし現在「幸福」な人生を送ることができています。

一方、「幸」から「一」をとると「辛い」という文字になります。
片親の人は「幸」から「一」がなくなり、「辛い」状況に追い込まれます。
しかし、「辛い」の漢字に「ハ」を加え、しっかりと立ち上がり、自分の人生をしっかりと「見」つめていくと「親」という文字となり、人生が変わっていきます。
「親」という漢字を国語辞典で調べたら、「中心となって支配するもの。親会社」と書いてありました。

これは、例え親がいなくても、人生を1冊の問題集と捉え、「自分が人生の中心、人生ドラマの主役」として真摯に生きていくことで、自己成長していくことになります。

「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」では、そのことを書き綴りました。

先週発売した「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」はお陰様で好評発売中です。
1540円を著者サイン入り送料込み1500円でお譲りしています。

また、1月18日(火)20~21時zoomによる出版記念講演会がありますので、皆様のご参加をお待ちしています。参加費は無料です。
終了後は、1時間ほどオンライン飲み会があります。

ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377

| |

« 「マーキュリー通信」no.4537【ワンポイントアップのコミュニケーション力-205「頑固は自分を不幸に追い込んでいく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4539【ワンポイントアップの思考力-30「地球温暖化より遙かに恐いミツバチの絶滅」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4537【ワンポイントアップのコミュニケーション力-205「頑固は自分を不幸に追い込んでいく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4539【ワンポイントアップの思考力-30「地球温暖化より遙かに恐いミツバチの絶滅」】 »