« 「マーキュリー通信」no.4660【富の吸い上げから循環へのシフト「日本人よ、覚醒せよ!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4662【今年の原巨人軍を評価すると】 »

2022年5月 9日 (月)

「マーキュリー通信」no.4661【ワンポイントアップの思考力-47「岸田首相の思考力は旧社会党の非武装中立論並」】

 

カーター政権時の第10代国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたブレジンスキー(2017年87歳で死去)が、日本は保護領であると語っていました。かれが補佐官を務めたのは1977年から1981年ですから、戦後30年以上経っても、まだ米国は日本を独立国として認識していなかったようです。

最近の岸田首相の言動を見ていると、未だに日本は米国の保護領的動きしかしていません。

岸田首相は、首相になる前の2020年に「核兵器のない世界へ 勇気ある平和国家の志」を出版しました。

これではかつての社会党の非武装中立論と大した差は無いと感じ、彼を首相の器でないと判断しました。もし首相になったら日本の国益を大きく損ねると危惧しました。

昨年首相に就任した岸田氏は、自民党総裁選前の公約を次々と反古にし、国益を損ねる政策を次々と打ち出してきました。

社会党の非武装中立論を掲げたときと比べ、中国は世界第2位の経済大国となり、その経済力を使って世界中に軍事侵攻し、日本も核の脅威にさらされています。
また、中国の属国北朝鮮も核ミサイルを発射し、日本の核の脅威はまったなしの状態です。

にもかかわらず、佐藤栄作政権時代の建前上の非核三原則を堅持する方針を打ち出し、余りにもの国防軽視の脳天気な発言に驚きました。

そして、今回のロシアのウクライナ侵攻に関しても、米国側につき、旗色を鮮明にしてしまいました。これで北方領土返還はなくなりました。
それどころかロシアを敵国にしてしまったために、いつロシアが攻めてくるかわからない国防上のリスクも出てきました。

そして、最近はローマ法王とも謁見しました。
現在のベネディクト三世は、ディープステートの幹部であり、知る人ぞ知る闇で宗教界をコントロールしている人物です。

故ブレジンスキーも、キッシンジャーと並ぶディープステートの幹部です。

米国バイデン大統領は、ディープステートの操り人形として有名です。今回のロシアのウクライナ侵攻も、ディープステートが誘導したとされています。

トランプ前大統領の4年間、戦争を起こさなかったため、武器弾薬が在庫の山となっていました。それを処分するのにロシアが利用されたと言われています。

その結果、一番儲かったのは武器商人であるディープステートとなります。

本来なら、岸田首相は、日本の国益を考慮し、のらりくらりと曖昧な態度で臨むべきでした。

しかし、悲しいかな米国の保護領日本の首相では、バイデン同様傀儡政権なので、米国のご意向に逆らうわけにはいきません。


その結果、エネルギー価格、食糧価格が高騰し、国民の生活を圧迫しています。

現在1ドル130円の超円安が進行中です。民主党政権時代、瞬間的に80円を割り込みました。それから見ると62.5%の円安です。
ドル円換算すると、日本の一人当たりGDPはいつの間にか韓国にも抜かれてしまいました。
そして、先進国で唯一成長しない国として、今日本の国力は坂を転げ落ちるように衰退していっています。

今やゆでガエル状態の日本人、それに気づかない大多数の日本人、気がついたときは、ゆであがってしまいますよ!

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年12月に「10倍アップの極意シリーズ」第6弾「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」を出版しました。「現代の3本の矢力」とは、私の造語で、「思考力」、「人間力」、「健康力」の3つです。
私の最高傑作と読者から高い評価を頂いています。まだ若干著者在庫があります。
ご希望の方は、お手数ですが下記住所まで郵便切手1500円を同封の上、郵送して頂けますか。LINEペイ、ペイペイでもOKです。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324菅谷信雄です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 「マーキュリー通信」no.4660【富の吸い上げから循環へのシフト「日本人よ、覚醒せよ!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4662【今年の原巨人軍を評価すると】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4660【富の吸い上げから循環へのシフト「日本人よ、覚醒せよ!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4662【今年の原巨人軍を評価すると】 »