« 「マーキュリー通信」no.4695【祝 もしもしホットライン創立35周年!むしむしホットライン】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4697【日本の今後向かうべき方向とは】 »

2022年6月24日 (金)

「マーキュリー通信」no.4696【奇人変人が世の中を変えていく-435「恐るべき15歳の奇人変人 現る!」】


毎週常連参加している朝6読書会で、6月18日は私の12冊目の書籍「人間力10倍アップの極意-人生は1冊の問題集」の著者インタビューでした。

その翌日は、朝6読書会始まって以来最年少15歳の丸本大仁君でした。73歳と最高齢の部類に入る著者から15歳の最年少著者へのバトンタッチが奇異でした。

丸本君は、中学2年生の時に不登校となりました。
コロナウィルス対策用のマスクに効果がないことに疑問を抱き、その理由を担任の先生に書面で提出しました。
その内容が学校で協議され、本来マスク着用義務はないので、丸本君のマスク不使用が認められました。
しかし、その理由を生徒に開示しなかったために、マスク不使用の丸本君に対し周りからいじめが発生しました。
そこで、丸本君は不登校となりました。

1年間の不登校の後、丸本君の父と担任の先生と進路に関する三者面談がありました。父親は、担任の先生に、1年間の不登校に対し、担任の先生として「人間関係」に関してどう思うのかと聴いたのですが、担任の先生は何も応えられませんでした。
※丸本君の母は他界して、現在は父親との二人暮らしです。

丸本君は、上から言われたことを何も疑問も抱かず、ただそれを生徒に押しつけている学校側の姿勢に疑問を持ちました。
マスク不使用の件は、学校として議論する格好の社会の教材となるからです。

さて、丸本君の著書「大人たちへの失望」(ヒカルランド)を読みました。

読んでみて驚きです。
私がメルマガでいつも書いている内容がそっくりそのまま書いてあるではないですか!

世界でできている出来事の大半はディープステート(国際金融資本)によって起きているし、今回のコロナウィルスもそうです。
コロナワクチンの危険性も訴えています。子供にコロナワクチンを打たせるリスクも明確にしています。

今回のコロナウィルス騒動も予め仕掛けられたモノだと言うことを、きちんと文献を調べ、自ら考え、結論に導いています。

マスコミ報道についても疑問を呈しています。厚労省で陽性者と発表している数字を全て感染者と発表しています。陽性者と感染者では全く違います。
このフェイクニュースにより、国民に不安と恐怖を与えています。

また、地球温暖化、SDGs等に関してもディープステートが彼らの利益のために仕掛けたモノだと見抜いています。

さらには、内閣府の発表した2050年のムーンショット計画にも批判が及んでいます。これが実現したら、人間がロボットに支配される時代になってしまうと警告しています。

丸本君の偉いところは、膨大な文献を調べ、自らの頭で考え、結論を出していることです。

巻頭で、反コロナ、反ワクチンの主張をしたら皆から嫌われる。それでも良い!99%に嫌われても、1%の支持されればそれで幸福とのことです。この勇気に73歳の奇人変人としては拍手喝采です。

丸本君は高校に進学せず、現在一般社団法人みんな天才化機構の理事を務め、全国で講演会を開いているそうです。恐るべき15歳ですね。

そして、丸本君の父親が凄いです。丸本君の能力を最大限引き出すような教育をしています。
詰め込み教育で一流大学に合格しても、何が正しいかさえ分かりません。それより若いときから、疑問に思った事を徹底的に調べ、自分のモノとして身につける事の方がずっと重要と思います。

きっと丸本君は今世産まれる前に、この父親を選び、日本及び世の中を変えるために産まれてきたのでしょうね。

ディープステートに操られているスウェーデンの少女グレタとは偉い違いです。

他人と違う異見を主張することは勇気のいることです。しかし、このままさらに知らないことを調べ、若さ故の勇気ある発言をして世の中を変える力となって行って欲しいと思います。

人生は1冊の問題集です。他人と同じような問題を解くより、ずっと難しい難問を解いて、人生を生ききった方が魂を鍛える意味では遙かに重要と思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日マンション内で小学生に会いました。10人くらいの子は全員マスクをつけていました。

一人の小学生に、「子供にマスクをつけるのは危険ということを学校で教わらないの?」と聞いたら、ノーでした。「アメリカではマスク着用を止めたので、日本も早くマスク不使用を止めたらいいね」とさらっと伝えました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 「マーキュリー通信」no.4695【祝 もしもしホットライン創立35周年!むしむしホットライン】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4697【日本の今後向かうべき方向とは】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4695【祝 もしもしホットライン創立35周年!むしむしホットライン】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4697【日本の今後向かうべき方向とは】 »