« 「マーキュリー通信」no.4726【ワンポイントアップのコミュニケーション力-208「ネガティブな人の所には情報が入らなくなり、ポジティブな人の所には情報はどんどん入る」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4728【ワンポイントアップのコミュニケーション力-209「妻の真心を込めた手料理に感謝する」】 »

2022年7月29日 (金)

「マーキュリー通信」no.4727【ワンポイントアップの思考力-51「政府の資金移動の異常規制は預金封鎖の準備段階?」】


ウクライナ戦争を端に発し、インフレ状態となっています。
インフレ状態の時に強いのが金であり、金相場は昨年来3割は上昇しています。
これにつられて、個人の宝飾品を業者に持ち込む人が殺到しています。そのおかげで金相場は上げ止まっています。
しかし、この騒動が落ち着けば、金相場は再び上昇相場へと上値を追うことが予想されます。

私は1年前から毎月金の定額購入を田中貴金属と始めました。
しかし、金相場の上昇を予想して、タンス預金を金購入に切り替えました。

本日、みずほ銀行王子支店を振込のため訪ねました。

1階はATM、2階が振込のフロアです。入り口には50代男性が立っていて、「何のご用ですか?」と尋問してきたので、びっくりしました。
次ぎに女性が、「当行に預金口座をお持ちですか?」と聞かれたので、「ない」と応えると、その理由を聞かれたので、びっくりしました。そして、「10万円以上の振込には、免許証等写真付きの本人確認証が必要です」と言われました。

振込は、紙の用紙ではなく端末を使用します。そこに私の個人情報を記入した上で、送金目的、資金源等詳細を聞かれます。

広い店内は、顧客は私以外1名でした。

この程度の振込をするのに、30分もかかりました。詐欺行為を防止するためという大義名分の下に、ここまで国民の資金管理に踏み込んでくるの政府の姿勢に驚きです。

2024年には、新1万円札が渋沢栄一に代わります。
それまでに個人のタンス預金をあぶり出し、マイナンバーカードと紐付け、個人の財産を極限まで管理しようとする政府の意図を肌で感じました。

最近預金封鎖を言う経済評論家がいますが、今から警戒しておいた方が良いです。

そして、みずほ銀行王子支店は、まさにお役所そのものでした。高い銀行員の給料と経費を維持できなくなるだろうし、メガバンクは今後さらに淘汰されていくことを実感しました。

一流大学を卒業して、こんなつまらない仕事をやらせる行員は気の毒と思いました。

| |

« 「マーキュリー通信」no.4726【ワンポイントアップのコミュニケーション力-208「ネガティブな人の所には情報が入らなくなり、ポジティブな人の所には情報はどんどん入る」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4728【ワンポイントアップのコミュニケーション力-209「妻の真心を込めた手料理に感謝する」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4726【ワンポイントアップのコミュニケーション力-208「ネガティブな人の所には情報が入らなくなり、ポジティブな人の所には情報はどんどん入る」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4728【ワンポイントアップのコミュニケーション力-209「妻の真心を込めた手料理に感謝する」】 »