« 「マーキュリー通信」no.4745【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-51「シングル・マザーを支援する仕組みを採り入れる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4747【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-53「スケールメリットを追求する」】 »

2022年8月20日 (土)

「マーキュリー通信」no.4746【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-52「経営の安定にはキャッシュ・フローが最重要」】


ユートピア館構想1万棟という膨大な事業計画ですが、千里の道も一歩からという格言の通り、第1棟目の成功が最重要です。

成功の基本は居住者の満足、幸福感が得られるかが最重要です。しかし、慈善事業ではないので、キャッシュ・フローがしっかりと回っていくことが最重要です。
昨日のメルマガで、家賃8万円+管理費1.5万円は高いというご意見を頂きました。
6万円が妥当とのご意見でした。
しかし、その場合、建設コストを下げて、家賃削減することも考えられます。
私もシェアハウスを事前に視察したことがありますが、4~6畳で6~8万円の家賃でした。しかし、もし私が一人暮らしなら絶対住みたくないシェアハウスでした。何か惨め観を感じました。ユートピア館は、もっともっと楽しく協生する仕組みをハード、ソフト面で考えています。

第1号棟は、キャッシュ・フローが回らないリスクも考慮して、全額自己資金で賄う予定です。

ユートピア館のキャッシュ・フローは、家賃収入なので、継続収入です。従って、居住者が満足して、ずっと定住するかどうかが最大のポイントとなります。継続収入によりキャッシュ・フローがしっかりと回っていくか、これを経営上の最重要課題と考えています。その集合体が1万棟となります。

★8月29日(月)20~21時ユートピア館の事業説明を行います。皆さんのご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377
※セミナー参加者の内、先着5名様まで、zoomで無料の経営相談、ビジネス相談等の特典をつけましたので、ご参加をお待ちしています。

| |

« 「マーキュリー通信」no.4745【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-51「シングル・マザーを支援する仕組みを採り入れる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4747【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-53「スケールメリットを追求する」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4745【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-51「シングル・マザーを支援する仕組みを採り入れる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4747【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-53「スケールメリットを追求する」】 »