« 「マーキュリー通信」no.4747【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-53「スケールメリットを追求する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4749【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-55「ユートピア館は社会変革事業」】 »

2022年8月23日 (火)

「マーキュリー通信」no.4748【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス-54「コールセンターを併設する」】


居住者の経済面のサポートの一環として、ユートピア館内にコールセンターの設置を考えています。
コールセンターの業務内容は、シニアとシングルマザーに特化した内容に絞り込みます。

私は三井物産在籍中に、テレマーケティングの新会社もしもしホットラインを創業した経験があります。通信の自由化の波に乗り、同社は東証一部上場企業まで成長し、現在社名をりらいあコミュニケーションズ㈱に変更しました。2022年3月期の売上高1179億円。従業員3万人。

立ち上げ時は。ユートピア館内にあるシェアオフィスにコールセンターを設置し、スモールスタートします。業務時間は9~21時を原則としますが、居住者の都合と社会ニーズに応じ調整します。
居住者は、フルタイムでもパートでも自分のライフスタイルに合わせて、仕事ができるようにします。
コールセンターには、シニアとシングルマザーから様々な問合せが来ます。それをまとめて毎月レポートを作成します。これを商品化していきます。

スポンサーは、それを具体的に必要とする企業です。
コールセンター業務の責任者は、もしもしホットライン創業時のメンバーがリタイアしているので、彼女たちに声をかけてみます。私も経験があるので、私がやっても構いません。

人数が不足する場合には、近隣から募集すれば良いと思います。ユートピア館は、当初から地域との触れあい、コミュニケーションを大切にしているので、コールセンター業務を通じてそれができれば良いと思います。地域住民が、ユートピア館の居住者になることも歓迎です。
こうやって地域に溶け込むユートピア館、地域と一体化していくユートピア館をイメージしています。

 

一方、コールセンターはフリーダイヤルで対応するので、地域を選びません。よって、ユートピア館の数が増えるにつれて、スケールメリットを発揮していきます。いずれは数千から数万人の巨大コールセンターへと発展していくことをイメージしています。

★8月29日(月)20~21時ユートピア館の事業説明を行います。皆さんのご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377
※セミナー参加者の内、先着5名様まで、zoomで無料の経営相談、ビジネス相談等の特典をつけましたので、ご参加をお待ちしています。

| |

« 「マーキュリー通信」no.4747【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-53「スケールメリットを追求する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4749【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-55「ユートピア館は社会変革事業」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.4747【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-53「スケールメリットを追求する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.4749【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-55「ユートピア館は社会変革事業」】 »