« 「マーキュリー通信」no.5132【クリエイティブに生きる-105「20年ぶりの時を経て、最高傑作『琵琶湖平静の詩』完成!」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5134【奇人変人が世の中を変えていく-472「プロ野球に引き分け試合をなくしたらもっと面白くなる」】 »

2023年10月10日 (火)

「マーキュリー通信」no.5133【阿部慎之助巨人軍新監督にひと言申す】


今年も巨人は優勝しないと私は予想しましたが、巨人ファンの私にとり残念なことですが、昨年に続きずばり当たってしまいました。

1つ目は、原監督の続投でした。
私がTV観戦した巨人戦で、原監督の采配ミスが7割ほどあり、その大半は負けに繋がっていました。
単純なセオリーミス、例えば1死1,2塁のケースでの送りバント、何度も仕掛け失敗していました。
その他投手の継投ミスも何度もありました。
阿部新監督には、素人でも分かるこんな単純なセオリーミスはまずは止めて欲しいです。
原監督に気を遣っていたのか、これを指摘した解説者はいませんでした。

次に、外国人野手の採用と他球団からの昔活躍した選手の採用。
今年もブリンソンを採用して失敗しました。巨人でいうならかつてのクロマティ、阪神でいうならかつてのバースのような選手が現れるのは宝くじに当たる確率です。
そして、今年もかつての4番打者40歳の松田をトレードで獲得しました。幸い直ぐに2軍に落として、被害を最小限に食い止めました。

この2つを長年繰り返してきたおかげで、将来有望な若手選手の活躍の場を奪ってきました。その結果、つぎはぎだらけの戦力となっていきました。

しかし、今年は新人門脇名遊撃手、松井2世秋広が活躍しました。そしてドラフト1位の浅野も来季に向けて活躍しそうな期待をもたしてくれました。

さらには来季期待できそうな若手選手が目白押しです。
よって、来季は、若手中心にベテランが穴を埋めながら戦っていけば、巨人ファンとしてはわくわくしながら観戦でき、巨人人気も戻ってきます。

間違っても、外国人野手や他球団の4番打者の獲得は止めて欲しいです。

一方、今年は投手陣が守護神大勢の長期戦力離脱もあり、崩壊しました。
その責任は投手コーチであり、投手コーチの総入れ替えをすべきです。

ただし、有望な若手投手が多いので、こちらはトレードで補強しながら、戦力アップを狙えば良いと思います。

上記2つを基本に据えながら、来季を戦えば、優勝できる戦力を持っています。阿部新監督のお手並み拝見です。

| |

« 「マーキュリー通信」no.5132【クリエイティブに生きる-105「20年ぶりの時を経て、最高傑作『琵琶湖平静の詩』完成!」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5134【奇人変人が世の中を変えていく-472「プロ野球に引き分け試合をなくしたらもっと面白くなる」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.5132【クリエイティブに生きる-105「20年ぶりの時を経て、最高傑作『琵琶湖平静の詩』完成!」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5134【奇人変人が世の中を変えていく-472「プロ野球に引き分け試合をなくしたらもっと面白くなる」】 »