« 「マーキュリー通信」no.5175【奇人変人が世の中を変えていく-477「1億総下流社会が進行中」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5177【奇人変人が世の中を変えていく-478「本日は最大の祭日、新嘗祭」】 »

2023年11月22日 (水)

「マーキュリー通信」no.5176【ワンポイントアップの感謝力-7「トイレに感謝」】


 板橋文化会館のトイレに『一歩前、下に漏らすな、黄金のしずく』というしゃれた標語が貼ってあります。

トイレは日常何気なく使っていますが、緊急時ほどありがたいモノはありません。その時、思わずトイレに感謝します。

私の子供時代は、汲み取りトイレでした。トイレとは言わず、便所、厠(かわや)、ご不浄と言っていました。

トイレットペーパーはまだなく、新聞紙を使っていました。
その内、A5サイズのねずみ色の便所紙に変わり、やがて白い紙になっていきました。

用便後、たまにズボンのポケットに入れていたモノを落とすことがあります。落とすときにぼっちゃんという音がするので、私たちの年代をぼっちゃん世代と呼んでいます。

大学1年生の時、身分証明書をうっかり落としてしまいました。
私は渇かしてから、大学の窓口に行き、「カレーの中に落としてしまったので、交換してください」と頼んだら、OKを頂きました(^人 ^;)

今や、汲み取り式の便所はほとんど見かけませんが、子供の頃と比べ、まさにトイレ革命です。そんな記憶がある私にとり、トイレには本当に感謝しています。

私は和式トイレを好んで使います。その方が足腰が鍛えられるからです。これをウンチングスタイルと呼んでいます(^人 ^;)

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

仙台から帰る新幹線の中で浪人中の長島さんが座席にひとりぽつんと座っていました。目線が合ったので、長島さんは気づいたようです。
しかし、その時、私は緊急事態でトイレに駆け込む時でしたので、挨拶できませんでした。

それ以来、長島さんとは会うことはありませんが、今でも欠礼したことを後悔しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 「マーキュリー通信」no.5175【奇人変人が世の中を変えていく-477「1億総下流社会が進行中」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5177【奇人変人が世の中を変えていく-478「本日は最大の祭日、新嘗祭」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.5175【奇人変人が世の中を変えていく-477「1億総下流社会が進行中」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5177【奇人変人が世の中を変えていく-478「本日は最大の祭日、新嘗祭」】 »