« 「マーキュリー通信」no.5198【奇人変人が世の中を変えていく-485「親子で日本を食い物にする絶対させてはいけない総理候補」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5200【人生に勝利する方程式-332「Think big! 2000人の寒村、江戸を100万都市にした家康の先見力」】 »

2023年12月13日 (水)

「マーキュリー通信」no.5199【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-126「頭の中で因数分解する」】


ぼけ防止の手段として、身の回りの出来事等を頭の中で計算して答を出すトレーニングをしています。

私が住むマンションは18階建てです。
マンションの階段を18階まで登降しているとき、階段の段数は全部で何段あるのか関心を持ちました。

そこで、1階分の段数を数えたら16段だと分かりました。
これに18階をかけます。

私の頭の中で直ぐに中学の時に習った因数分解が浮かびます。
この場合、(X+a)x(X+b)=X2+(a+b)xX+(axb)に数字を当てはめます。

16を15+1、18を15+3に分解します。
よって、X=15、a=1,b=3となります。
これに上記因数分解の式を当てはめます。

15の2乗=225、a+b=4これに15をかけて60となります。
最後はaxb=1x3=3
今出した数字225+60+3=288となります。
これを階段登降しながら瞬時に答を出します。

それ以外よく使う因数分解の式として、(X+a)x(X-a)=Xの2乗-aの2乗です。
14x16=(15-1)x(15+1)=225-1=224となります。

その他、1から10までの合計は(10x11)/2=55
これを知っていると、1からaまでの合計は、ax(a+1)/2という数式を覚えておくと簡単に答が出ます。

私は数学が一番好きだったので、中学生に習った因数分解、方程式を今でも活用しています。
小学校の時に習ったつるかめ算や旅人算も、方程式で解くと簡単にできた痛快さを今でも感触として残っています。

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

来年5月26日で75歳になります。
それを記念して、電子書籍として「人生100年時代をぴんぴんころりで10倍楽しく生きる法」を出版しますのでご期待ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 「マーキュリー通信」no.5198【奇人変人が世の中を変えていく-485「親子で日本を食い物にする絶対させてはいけない総理候補」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5200【人生に勝利する方程式-332「Think big! 2000人の寒村、江戸を100万都市にした家康の先見力」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.5198【奇人変人が世の中を変えていく-485「親子で日本を食い物にする絶対させてはいけない総理候補」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5200【人生に勝利する方程式-332「Think big! 2000人の寒村、江戸を100万都市にした家康の先見力」】 »