« 「マーキュリー通信」no.5359【知らぬが佛と知ってるが佛-7「コロナ狂想曲に踊らされる日本人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5541【知らぬが佛と知ってるが佛-9「言論統制時代へ」】 »

2024年5月15日 (水)

「マーキュリー通信」no.5360【知らぬが佛と知ってるが佛-8「日本民族全滅の恐れがあるレプリコンワクチン接種を絶対阻止しよう!」】


東京理科大村上康文名誉教授が、現在日本政府が数千億円の予算をつけて推進しているレプリコンワクチン接種反対を訴えています。

日本政府は、数千億円の予算をつけてレプリコンワクチンを推進しています。
通常、人体の生命に極めてリスクの高いワクチンの場合、臨床実験はマウス→サル→そして人間へと進みます。
しかし、実験用サルの値段が高級車1台分もするので、サルだけで終わらせ、その次は日本人を人体実験にする計画です。

マウスと人間のDNAはかなり異なり、マウスだけでは想定されたリスクを除去できない。
しかし、政府は、武見厚労省を中心とした利権構造を優先して、最重要の臨床実験を飛ばしています。

その最たるモノが、レプリコンワクチン接種者の吐く息から他人にスパイクタンパクが移り、死に至らしめるリスクです。
昨年までのコロナワクチンはスパイクタンパクの影響で推定40万人が死亡していると専門家は見ています。
その事実に目をつむり、製薬会社、医療業界の利益最優先でコロナワクチン開発を進めています。

レプリコンワクチンは、最悪、人が生物兵器化し、吐く息から他人に移り、次から次へと死亡者が出ていくリスクがあります。

海外では、そんな危険なことはできません。彼らは日本人の事をサルと見下しているので、日本の人体実験の様子を見ることにしています。

もし、問題なければ採用し、問題が発生すればやらないという方針でいるそうです。
もし、問題が発生した場合、人から人へとレプリコンワクチンが移り、日本民族全滅のリスクがあります。

当然、日本人は海外に渡航することもできなければ、外国人もやってきません。完全鎖国国家となり、国家滅亡の道へと進んでいきます。

武見厚労相は、WHOの3悪党、テドロス事務局長、中谷議長、担当弁護士と協力して、レプリコンワクチン接種を奨めようとしています。その結果、日本の製薬会社、医療業界は莫大な利権を手にすることができるからです。

彼らは国民の命より自分たちの利益を優先しています。

この政府の暴挙を止めさせるために、「日本の未来を守る国民運動」を立ち上げました。
5月31日(金)12時30分日比谷野外音楽堂に集合、13時からデモ行進を開始します。

読者の皆さんも是非一緒に参加しませんか。

WHOの3悪党+武見厚労相は、これまでのワクチンは打った振りをして知らぬが佛を決め込んでいました。しかし、レプリコワクチンは、自分が打たなくても、人から人へと感染していくので、知らない間に移り、死んでしまう可能性があります。死んだら、死後即堕地獄となり、地獄の業火に焼かれて塗炭の苦しみを味わうことを佛は知っています。

村上康文名誉教授の最新刊5月13日発売「今だから分かる、コロナワクチンの真実:世界の実態と日本の現実」(1650円)


◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

WHOは国際パンデミック条約とIHRの悪法を推進に反対して、4月13日(土)に池袋で2万人のデモ行進があり、私も参加しました。
日本のマスコミは全く採り上げませんでした。
逆に海外のメディアが採り上げたため、同条約が通過しても、WHOの各国への強制は削除されました。また、各国国民の人権を尊重するという条文削除が撤回されました。それだけでもデモの効果はあったようです。

是非、政府の暴挙を食い止めるために、5月31日のデモに一緒に参加しませんか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 「マーキュリー通信」no.5359【知らぬが佛と知ってるが佛-7「コロナ狂想曲に踊らされる日本人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5541【知らぬが佛と知ってるが佛-9「言論統制時代へ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.5359【知らぬが佛と知ってるが佛-7「コロナ狂想曲に踊らされる日本人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5541【知らぬが佛と知ってるが佛-9「言論統制時代へ」】 »