« 「マーキュリー通信」no.5368【自分の健康は自分で守る-312 「感染ルートは目、鼻、口」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5370【クリエイティブに生きる-126「同じ漢字でも中国語と日本語で全く意味が異なる!」】 »

2024年5月24日 (金)

「マーキュリー通信」no.5369【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-69「風の時代では、お金と幸福の価値観が大きく変わったことに気づく」】


友人から新刊書「Global Citizen」(川尻征司著 扶桑社)を頂きました。

川尻氏は今年42歳の事業家です。
彼は弱者の自分がビジネスで勝利するには未開拓のフィリピンで勝負しようと決意し、フィリピンで不動産事業を始め、大成功しました。
こういう元気の良い先見力のある若者には拍手喝采です。

さて、その川尻氏が、世界幸福度ランキングで、フィジー、コロンビアに続き第3位であることに注目しています。
フィリピンは発展途上国で、昨年の平均月収が11万円と、まだまだ生活は豊かではありません。

しかし、なぜ彼らが幸福なのかというと、フィリピンの人達がたくさんの人と繋がり、愛を与え、愛を受けとっているからです。
今は地の時代から風の時代となりました。
風の時代では、収入、地位、名誉より幸福であることが「成幸」に繋がります。

現在のフィリピンは昭和30年代の日本に当たります。
昭和33年をテーマに大ヒットした映画「オールウェイズ3丁目夕日」の時代でした。

この年に、長嶋茂雄が巨人軍に入団しました。まだ家庭にテレビがなく、広場にある街頭テレビを見る時代でした。

当時私は小学校3年生でしたが、家電製品がなく、裸電球の時代でした。
何でも手に入る今と比べ、それでも私は昭和30年代の方が圧倒的に好きです。
それは大家族主義の時代、人々が愛溢れ、調和し、時がゆったりと流れていた平和な時代だったからです。

私が来年末完成を目指して事業推進中のシェアハウスユートピア館は、それを再現したいと思っています。

利益の前に、まずは入居者の最大の幸福の追求です。入居者のニーズに耳を傾け、映画「オールウェイズ3丁目夕日」のようなユートピア社会を実現したいと思っています。

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

今から35年ほど前、仙台からの新幹線のグリーン車の中で、ひとりぽつんと座っている長嶋さんと目が合いました。
当時巨人軍の監督を成績不振の責任をとって、辞任した頃です。

早速挨拶すべきでしたが、その時、トイレに駆け込む途中だったので、余裕がありませんでした。
用を足した後、長嶋さんに挨拶すべきでしたが、挨拶する勇気がありませんでした。
今でも挨拶しなかったことを後悔しています。

それ以来私は縁の大切さを感じ、縁を大切に生きてきました。
その結果、今日に繋がっています。

長嶋さんは、私に貴重な教訓を与えて頂いたのですね。と思うと長嶋さんに感謝します。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 「マーキュリー通信」no.5368【自分の健康は自分で守る-312 「感染ルートは目、鼻、口」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5370【クリエイティブに生きる-126「同じ漢字でも中国語と日本語で全く意味が異なる!」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.5368【自分の健康は自分で守る-312 「感染ルートは目、鼻、口」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5370【クリエイティブに生きる-126「同じ漢字でも中国語と日本語で全く意味が異なる!」】 »