« 「マーキュリー通信」no.5383【ワンポイントアップの経営術-293「顧客目線に立っていないJR」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5385【知らぬが佛と知ってるが佛-14「エコという大義の下、国民を騙し続ける政府」】 »

2024年6月 6日 (木)

「マーキュリー通信」no.5384【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス-70「新たな候補地埼玉県南東部部」】

 

埼玉県富士見市に住むシングル・マザーからシェアハウスユートピア館に関心があるとのことで、本日説明に伺いました。
これまで訪ねたことのない市だったので、新鮮に感じました。

富士見市は人口11万人のベッドタウンで、市内に東武東上線の3駅(みずほ台、鶴瀬、ふじみ野)があります。

平成20年6月には、地下鉄有楽町線に加え、地下鉄副都心線と東武東上線の相互乗り入れが実現しました。
さらに、平成25年3月には、東武東上線と東急東横線、横浜高速みなとみらい線との相互直通運転(東京メトロ副都心線経由)が開始したことにより、池袋まで30分、渋谷まで45分、横浜まで70分、元町・中華街までは80分と、交通の利便性が向上しました。
そして、電車の本数も多いので交通の利便性は高いです。

ただし、3駅とも駅周辺の商業集積度はまだまだです。真ん中の鶴瀬駅から徒歩15分ほどの所にイオンショッピングモールがあるのが魅力でした。驚いたことに、3駅ともバス便がほとんどないのです。
よって、駅から徒歩10分程度の土地を探すことになります。
最近の不動産バブルで坪単価100万円程度まで上昇したので、採算ぎりぎりのレベルといえます。

次に隣にふじみ野市があります。人口11万人なので、東の富士見市と同程度です。ふじみ野駅が富士見市なので、外部の人間にはややこしいです。それなら両市が合併して、人口22万人の富士見市にすれば外部の人間には魅力的に見えるのですが、そこは地元の諸事情があるのでしょうね。
駅は上福岡駅1つだけです。こちらも富士見市の3駅と同様で、似たり寄ったりです。

その2駅先が川越駅なので訪ねてみました。
こちらは商業集積が進み、埼玉県南西部の1大拠点です。駅の格が数倍上です。
現在第1候補地の上尾市と似ています。
川越駅は、大宮駅から川越線で5駅です。これに対し上尾駅は高崎線で大宮駅から2駅です。
両駅とも、大宮駅から新幹線に乗り換えることができます。

両駅とも、駅から徒歩10分圏内は地価が高すぎて採算に合わないので、バス便利用となります。

今後は、商業集積が進んでいる上尾駅、または川越駅からのバス便かそれともこれから発展余地のある東武東上線沿線の4駅なのか検討していきたいと思います。

本日の東武東上線の5駅を訪ねて、シェアハウス候補地の視野が広がりました。

| |

« 「マーキュリー通信」no.5383【ワンポイントアップの経営術-293「顧客目線に立っていないJR」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5385【知らぬが佛と知ってるが佛-14「エコという大義の下、国民を騙し続ける政府」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.5383【ワンポイントアップの経営術-293「顧客目線に立っていないJR」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.5385【知らぬが佛と知ってるが佛-14「エコという大義の下、国民を騙し続ける政府」】 »