Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術

英語の上達法を実体験を基に語ります

2017年7月16日 (日)

「マーキュリー通信」no.3244【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-100「liason を意識する」】

英会話の特徴は、前の単語の語尾(子音)と次の単語の語頭(母音)がくっついて発音

されることです。これをリエゾンといいますが、これに慣れないと英会話をなかなか聞

き取れません。特に簡単な単語ほど分かりづらいです。

例えば、"If I fell in love with you"の場合、"イファイ フェリン ラヴ ウィズィ

ユー"のように発音されます。
普段から自分で口に出して発音しておくと、native speakerの発音が聞き取りやすくな

ります。

更には、音が変わってしまいます。
I've got it.はアィヴゴリと聞こえます。Let it beはレリビーのように聞こえます。
この部分は訓練しておく必要があります。

大学受験勉強の時に、英会話で松本亨先生のラジオ番組を良く聞きました。
その中で、"I'll ask her"は"Alaska"、"Did you make her"は"Jamaica"と聞こえると説

明されていましたが、今でも昨日のように覚えています。

これは普段から発音する訓練しておくと良いと思います。私は時々ビートルズの歌をカ

ラオケボックスで歌いますが、その時にこのリエゾンを意識しながら歌っています。

尚、カラオケボックスの英語の歌にはカタカナでフリガナがふってありますが、リエゾ

ンしていないので、このフリガナを無視して極力リエゾンを意識しながら歌うと良いと

思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

「マーキュリー通信」no.3240【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-99「where とwear は同じ発音です」】

日本人はwhの発音とwの発音の区別を付けるのが苦手なようです。

whは良く使われる疑問詞(when,where,who,what,why,which)のwhの内、who以外はwhの発

音とwの発音は基本的に同じです。
従って、wen,wear,wat,y,wichとhを外したものと同じになります。
このように認識すると、これらの疑問詞を使うときに発音を迷わなくて済みます。

一方、warの発音を日本語化するときに、大抵ワーと日本語表記して、定着しています。

しかし、これはウォーと発音すべきで、こちらの方が原音に近くなります。
wardrobe,award,warning,wander,etc.です。

但し、warmはウォーム、waterはウォーター、ソニーのWalkmanはウォークマンと原音に

近く表記されています。尚、warはウォーと表記することが多いようです。

各英単語を日本語表記するときに、最初に使った人の感覚で勝手に使ったのが誤表記の

原因と思います。

この混乱を避けるときに、英会話の時に、この辺統一しておくと、発音で迷わずスムー

ズに入ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.3208【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-98「略語と して定着した英語の語源を知ると英語の理解が深まる」】

日本語の特徴の1つとして、英語を縮めて略語としてしまうことです。略語が一般的に使

われ、英語の元の意味が分からなくなることもたまにあります。

そんな時、語源をしておくと英語の理解を深めるのに役立ちます。

・ID(Identification)の略。原義は確認する。
・コピペ:copy & paste、これは分かりますよね。
・IOT(Internet of things):最近よく使われていますが、従来は主にパソコンやサーバ

ー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々なモノ

を接続することを意味します。
・USB(Universal Serial Bus):この略を知らない人は多いと思います。知っていると

、国際規格と分かります。
・URL(Uniform Resource Locator):この略を知らない人は多いと思いますが、略語を知

ると、意味を納得します。

最後にIT、これはinformation technologyの略ですが、日常IT、ITと言っているので、

何の略かさえ忘れがちです。

昔、森元総理が"What is IT?"を"What is it?"と読んでしまったことは、語り草になっ

ています(^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

「マーキュリー通信」no.3183【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-97「錦織圭 を世界のトップテニスプレーヤーにした"Try it"】

錦織圭選手は、子供のから米国に渡り、米国のプロテニスプレーヤーから指導を受けて

いたそうです。

その時に響いた言葉が"Try it"(ためしてみ)でした。

世界のトップテニスプレーヤーになる為に、練習に次ぐ練習をしました。様々なプロの

テクニックも、やってみて、ダメなら更に努力して身につけていったそうです。

現在の錦織圭選手があるのも、子供の頃からの不断の努力があったのですね。

英語もそうですよね。ためして、努力していくうちに流ちょうな英語が話せるようにな

ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

「マーキュリー通信」no.3180【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-96 「"i"と"i:"の発音の違いができると、英語らしくなる」】

日本語では「いー」の発音をする時、「い」の口のまま口を左右に拡げます。

しかし、英語の"i"と"i:"の発音は異なります。

"i:"の発音は日本語の「いー」の発音とほぼ同じですが、英語の"i"は異なります。

英語の"i"の発音は、日本語の「い」と「え」の中間的な発音です。

「え」の口をしながら「い」と発音すると英語の"i"により近い発音となります。

長い単語の場合、例えばexperienceの場合には日本語の「い」と発音しても通じると思

いますが、短い単語、例えばfit,bit,give等を発音する場合、native speakerに通じな

い場合があるので気をつけると良いです。

これは日本語でも同じです。長い単語の場合には推測が働きますが、短い単語、例えば

クギをクジと言ったら分からなくなるのと同じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.3147【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-95「トラン プ大統領と安倍首相の関係はgood chemistry」】

第1回トランプ大統領と安倍首相の首脳会談は二人の緊密さを全世界に発信しました。

トランプ大統領は二人の関係を"good chemistry"と表現しました。

最近、日本人の間でも良い化学反応と表現することが多くなりましたが、"good

chemistry"とはまさに良い化学反応のことです。

25年ほど前、ワシントンに出張した際に、相手の調査会社の社長から"good

chemistry"と言われたのを、今でも新鮮に覚えています。

"good chemistry"を作っていくことが、政治経済社会、あらゆる場面で重要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

「マーキュリー通信」no.3142【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-94「英語の コミュニケーションセンスのない日本の政治家」】

岸田文雄外務大臣がレックス・ティラソン氏の米国国務長官就任に祝意を伝え、お互い

に「フミオ」「レックス」と呼び合うことにしたそうです。

しかし、「フミオ」という名前は外国人には覚えにくいです。

私なら「フミオ」に因んでFrankとします。これなら岸田という名前を忘れても、次会う

時に、"Hi, Frank, nice to see you again"とshake hands して、心が開きます。

又、会話の最中に、"Frankly speaking"などといえば、相手の笑顔を誘い、場が和んで

きます。

私の場合、外国人に会うと、"Please call me, Bob"と伝えます。菅谷という名前は忘れ

ても、次回会う時に、相手は笑顔で、"Hi, Bob, nice to see you again"とshake hands

してくれます。

安倍首相も"Shinzo"などと呼ばせず、私なら"Shiny"と呼ぶようにお願いします。Shiny

future(輝く未来)などと言えば、この人は前向きで好感度が増し、いつまでもニック

ネームを覚えてくれます。

名前をニックネームに変えるだけで、相手とのコミュニケーションが増し、距離感がぐ

んと近くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

「マーキュリー通信」no.3140【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-93「発音も大事」】

英語のaの発音は4つあり、それを区別するのが苦手な日本人が多いようです。

カナダに駐在していた頃、同僚のY氏は、faxの発音をfuksと発音していました。
秘書のS嬢は彼の発音に慣れており、ちゃんと通じていました。

しかし、急ぐ時にはY氏は、"fuks,please"の代わりにsが抜けて"fuk,please"と言ってしまうこともありました。

若い秘書に向かってこんなこと言ったら、今ならセクハラで訴えられてしまうかも知れませんね(^人 ^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

「マーキュリー通信」no.3120【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-92「英語の 日本語の表記を文科省主導で原音に近づける」】

日本人が英会話の苦手な1つとして間違った発音表記が横行していることです。
もちろん英語と日本語は全く異なる言語なので、同じように表記することは不可能です


しかし、それでもできるだけ原音に近い表記することで、日本人の英会話の手助けにな

ると思います。

発音表記を原音に近づける工夫として10に分けて書いてみました。

1番目は、「エイ」と発音すべき英語で「エー」となっているものを「エイ」に統一する
例)メール(mail)→メイル、ゲーム(game)→ゲイム、デート(date)→デイト、tail→

テイル

2、シーはスィーとシーに区別する
 see,sea→スィー、she→シー、sing→スィング、single→スィングル、seat→スィー

3.2つの発音があるものは原音に近い発音に統一する
 オードリー・ヘップバーン(Hepburn)、ヘボン(Hepburn)→ヘボンに統一、ヘップバー

ンとは発音してもnative speakerに通じません。
セカンド、セコンド(second)→セカンド

4.間違った人名表記は原音に近い発音に変更する
 リンカーン(Lincoln)→リンカン、ルーズベルト(Roosevelt)→ロウズヴェルト、ルー

スヴェルト

5.warは「ワー」でなく、原音に近い「ウォー」に統一する
 award,wardrobe,warning,war,warship

6.濁音の間違った表記を原音に忠実に表記する
 ルーズ(loose)→ルース、ハンドバック→ハンドバッグ、リラクゼーション→リラク

セイション

7.erは伸ばさない
 コンピュータ、カラ、スポンサ、ドクタ

8.vの表記をヴにする
 ヴァンクーヴァ、ヴィエットナム、ヴィジョン、ヴァイタリティ

9.日本語にないf,l,th発音をどうするか? 
 lアイト、rアイトぅ、thインク、fウードと表記して、区別するか。
それとも中学生の英語の授業で、発音する時に、thinkを舌を噛みながら発音するように

指導するか、その辺は議論のしどころです。

10.間違った和製英語を正しい英語に変更する
 マンション→コンドミニアム、コンド、ナイター→ナイトゲイム、セレブ→有名人、
 クレーム→苦情、リフォーム→リモデル

その他まだまだあると思いますが、東京オリンピックを控え、来日外国人が益々増加し

、英会話の必要性は増しています。

英語表記を文科省が音頭をとることで、国民の関心が高まり、英語熱が更に高まってい

くと思います。

国民にとって迷惑な規制が多い中で、野放図となっている英語表記を正しい方向に持っ

て行く時期と思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

各業界で、独自の間違った表記が散見されます。

先日も、IT用語で、「ヘッター・フッター」という表記に出会いました。 「ヘッター・

フッター」の組み合わせだったので、ヘッダーの間違いと直ぐに気付きました。

又、以前ファーストフードと言っていたのに、最近マスコミがファストフードと呼ぶよ

うになりました。この方がトレンディなのでしょうか。マスコミこそ正しい英語表記を

して欲しいと思います。

一方、建築業界でフーチングの英語はfootingです。正しくはフッティングです。これな

どひどすぎる表記ですよね。これでは元となる英語をイメージできません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

「マーキュリー通信」no.3099【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-91「各シチ ュエーションを意識しながら話すと伝わりやすい」】

英語を理解するコツとして、シチュエーションを理解することです。
英単語には複数の意味がありますが、会話はそれぞれの状況に応じ単語が使われていき
ます。
例えばビジネスの会話をしていれば、当然ビジネス英語が出てきます。
exitという単語は、投資の時に使うと、上場時にどれだけの株価で売れれ、利益がどの
程度期待できるかという意味に使われます。
exit(エグジット)はビジネスの世界では頻繁に使われます。これを知らないと日本語
でも英語でも理解できなくなります。
exitが駅の改札口に使われると出口となります。
今年イギリスのEU離脱でBrexitという単語が話題となりました。これはBritain+exitの
合成語ですが、イギリスのEU離脱という意味となります。
このようにシチュエーションに応じた英語を使うと相手の言葉も理解できるようになっ
てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誕生日に思う | 趣味 | 速読法があなたの人生を変える! | 龍馬の如く生きる