ワンポイントアップの経営術

2020年9月27日 (日)

「マーキュリー通信」no.4107【ワンポイントアップの経営術-254「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-6」】

 

本日の稲盛和夫氏の言霊は「不成功者には粘りがないのです。うまくいかなくなったときに、直ぐにあきらめてしまうのです。」

私は現在一般財団法人全国福利厚生共済会の会員として個人、中小企業向け福利厚生事業を伝えている仕事をしています。

その中でうまくいく人とそうでない人が出てきます。

うまくいかない人は直ぐにあきらめてしまうのです。

全厚済には成功者が多数います。
稲盛和夫さんのような経営の神様に会えなくても、身近に成功者は多数います。その成功者のサクセスストーリーに素直に耳を傾けて実戦すれば、成功していきます。

成功者は皆プラス思考です。
うまくいかない人は皆マイナス思考です。
自分で勝手にできないと決めつけ、自分の小さな世界の殻に閉じこもってしまいます。得てして自己中心です。自己イメージが低い人が多いです。

成功者は、近未来を意識しながら自己成長していきます。

うまくいかない人は目先の事しか考えられないようです。自分の将来に不安は抱きつつも、何とかなるさと勝手に決めつけて、将来の不安から逃れようとします。そして、その日その日を何となく生きているようです。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

「マーキュリー通信」no.4106【ワンポイントアップの経営術-253「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-5」】


本日の稲盛和夫氏の言霊は「人は仕事を通じて成長していくものです」です。

今年はコロナ禍の影響で私も在宅ワークを余儀なくされています。

そこで、5月ゴールデンウィーク明けからズームのホスト役を務めることを始めました。最初は1人から、そしてだんだんと数を増やしていきました。

今では自分がホスト役のセミナー、勉強会、ミーティング等は月15~20回も行うようになり、すっかりズームに慣れました。

昨夜の拙著「生涯現役社会が日本を救う!」セミナーには過去最高の150名が参加しました。

今月からズームの定員を100名から500名にグレードアップしました。

今やズームは、ビジネスの強力な武器として使うことができるようになりました。

一方、在宅ワーク中心のビジネススタイルに変わり、有効時間を活用して今年は年間4冊本を出版することにしました。

1月「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」、
4月「あなたの人脈力10倍アップの極意」
10月「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」
12月「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」

出版を通じて大きな学びを得ると同時に自己成長している喜びを感じています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

リクエストにお応えして、「生涯現役社会が日本を救う!」セミナーを10月23日(金)13時半~15時、30日(金)20時~21時半の2回開催することになりました。ログインID9301822900 パスワード DEC3377

なお、同書は初版がおかげさまで売り切れとなりました。

この度増刷しましたので、著者サイン入りの同書を、1540円のところを1500円でお譲りいたします(送料込み)。

ご希望の方は、下記住所に普通郵便に1500円または切手を同封して送っていただけますか。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324 菅谷信雄

また、LINEペイでもOKです。
振込をご希望の方は、ジャパンネット銀行本店営業部(店番号:001) 普通7482176 (有)マーキュリー物産にお願いします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

「マーキュリー通信」no.4105【ワンポイントアップの経営術-252「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-4」】


「人生に目標を持った人と、持たない人とでは、人生の後半では相当な差がついてしまうはずです」
この言霊は、特に人生100年時代が進展する中において強く感じます。
人生80年時代なら、定年退職後、退職金で悠々自適の生活を送る人生も良かったかもしれません。

しかし、人生100年時代では、男性は70代前半、女性は70代後半で健康寿命が終わり、残りは寝たきり痴呆老人となっています。

従って、人生の最晩年の25年間をどう生きるかによって、人生が輝いたモノになるのか、そうでないのかが変わってきます。

稲盛さんのように仏門に入るも良し、そこまで行かなくても宗教の門をたたいて、自分の人生を見つめ直すのも良いといえます。

最近、私の周りでもそのようなアクティブシニアが増えてきています。

人生の最晩年に見つけた「信仰」という金貨は天国に通じる通行手形になるかも知れません。

その時の条件として、稲盛さんのように徹底的に自己を見つめ、人生を振り返り、反省していきます。するとこれまで人生の途上で出逢った人々に対する感謝の念が湧いてきます。これが法雨、感謝の涙です。

その時に通行手形が有効となります。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

「マーキュリー通信」no.4100【ワンポイントアップの経営術-251「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-3」】


稲盛語録で私が3番目に響いた言葉は、「利他という徳は困難を打ち破り、成功を呼ぶ強い原動力となる」です。

稲盛和夫さんが創業した第二電電は、私が三井物産在職中に創業したテレマーケティングの新会社株式会社もしもしホットラインが一番お世話になった企業です。
稲盛和夫さんの直弟子だった千本倖生専務には大変お世話になりました。今回のプレジデント誌にも千本さんの記事が掲載されていました。

私は、もしもしホットライン創業時に使命感と4つの誓いを作成しました。

4つの誓いの1番目に、
「私たちはお客様を大切にし、お客様から信頼されるよう絶えず心がけます」を掲げました。これを毎朝始業時に社員全員が唱和しています。

その精神は利他です。

当時のテレマーケティング業界はコスト競争でした。いかにクライアントに低コストでカスタマーセンターを受注するかでしのぎを削っていました。
その為に、マルチクライアント制といって、一人のオペレーターが複数の企業を担当してコストダウンを計っていました。

これに対抗して、もしもしホットラインではシングルクライアントシングルルーム制をとりました。

コストより質を重視したカスタマーセンター作りでした。当然業務委託料は高くなります。

具体的には、一人のマーケッターが1企業の専任となります。時間の経過と共に、学習効果が働き、お客様企業のかゆいところまで手が届くようになります。
なお、もしもしホットラインでは、オペレーターと言わず、マーケッターという呼称にしました。エンドユーザーの声を直接聴けるので、毎月マーケット情報としてまとめ、お客様企業にレポートしています。エンドユーザーの生の声として高く評価されました。マーケターをマーケッターとしたのは、マーケターだと「負けた」と聞こえるので、敢えてマーケッターと「ツ」を入れました。
また、もしもしホットラインではクライアントとか顧客という用語の代わりにお客様企業という呼び方をしています。この用語は、現在でも株主短信等引き継がれて使用されています。

もう1つ、そのお客様企業専用の部屋で専用のマーケッターが担当するので、お客様企業の機密保持が守られます。
当時は、顧客の機密保持は今ほど厳しくありませんでした。それを時代に先駆けて導入しました。

もしもしホットライン創業時には、幾多の困難と出逢いました。しかし、利他の精神がお客様企業との信頼関係を構築し、もしもしホットラインを業界大手へと成長させていった原動力の1つになったと確信しています。

使命感と4つの誓いは現在も始業時に社員全員が唱和し、私の精神的遺産として受け継がれているようです。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

「マーキュリー通信」no.4099【ワンポイントアップの経営術-250「経営の神様 稲盛和夫の利他の経営学に学ぶ-2」】


稲盛語録で私が2番目に響いた言葉は、「リーダーは自己犠牲を払う勇気を持っていなければなりません」です。

私自身中学生の頃からリーダーを努めてきました。
社会人の今でもリーダーをしています。

現在は、月に10回以上ズームを中心にセミナーの講師、ミーティング、勉強会のホスト役を務めています。

参加者は数人から多いときは100名以上になります。

そこには責任が伴います。

今週は拙著「あなたの人脈力10倍アップの極意」セミナーには136名の人が参加しました。拙著「生涯現役社会が日本を救う!」セミナーには80名の人が参加しました。
今、責任を全うしてほっとしています。
これらのセミナーは全て無料です。そこには自己犠牲が伴います。
自分自身そうは思っていませんでしたが、稲盛語録からはっと気づかされました。

ズームのホスト役を始めたのはまだゴールデンウィーク開けでした。
最初は一人から始め、現在では100名以上の大人数をこなすことができるようになりました。

知らないうちに力がついていていることに気づきました。

自己犠牲を別の言葉で言い換えれば利他の精神と思います。

利他の精神でリーダーシップを発揮している過程の中で、知らないうちに自己成長している自分に気づきます。そして幸福感を味わっているという新たな発見がありました。

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

「マーキュリー通信」no.4098【ワンポイントアップの経営術-249「経営の神様 稲森和夫の利他の経営学に学ぶ-1」】


プレジデント誌9月18日号に京セラの稲森和夫名誉会長特集として、ラストメッセージが掲載されていました。京セラ、第二電電DDIを上場企業に育て上げ、JALの経営再建で経営手腕を振るわれた稲森語録には学ぶとことが多いです。

読者から稲森語録でダントツ1位は「人生とはその「今日1日」の積み重ね、「いま」の連続にほかなりません。」でした。

私にもこのメッセージはずしりと重みがあります。

総合商社三井物産に25年勤務しました。私の場合、10カ所の職場を経験させて頂いたので、いつ何をやっていたのかを明確に思い出せます。各職場で貴重な経験をさせて頂きました。25年間全力で駆け抜けてきました。その経験の積み重ねが自分の力になっています。

三井物産を退職してから早23年半経ちます。既に三井物産在籍中とほぼ等しい年月を過ごしたことになります。こちらも全力で駆け抜けてきました。

三井物産時代の総合的な力、基礎的な力の上に、今大きな花を咲こうとしている息吹を感じています。

昨日、来月初めに出版する「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」の印刷現場を見学しました。
また、今年4冊目の出版に当たる「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」の打ち合わせを出版社としました。

今年は1月から、10倍アップの極意シリーズとして、
1月に「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」、
4月に「あなたの人脈力10倍アップの極意」、
10月に「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」、
そして12月に「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」を出版します。

この4冊に、自分の人生の「今日1日」の積み重ねを感じています。

社会人となって50年近くなりますが、全力で取り組んできてつくづく良かったと感じています。だから書籍という形となって自分の経験談を後生の人に受け継ぐことができると感じています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年古希を記念して出版した「生涯現役社会が日本を救う!」は初版がおかげさまで売り切れとなりました。

この度増刷しましたので、著者サイン入りの同書を、1540円のところを1500円でお譲りいたします(送料込み)。

ご希望の方は、下記住所に普通郵便に1500円または切手を同封して送っていただけますか。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324 菅谷信雄

また、LINEペイでもOKです。
振込をご希望の方は、ジャパンネット銀行本店営業部(店番号:001) 普通7482176 (有)マーキュリー物産にお願いします。

また、本日13時半~15時「生涯現役社会が日本を救う!」ズームセミナーがあります。

無料ですのでご都合がつけばご参加をお待ちしています。

ご都合の悪い方は、25日20~21時半にも開催します。

ログインID9301822900 
パスワード DEC3377

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

「マーキュリー通信」no.4079【ワンポイントアップの経営術-248「ピンチをチャンスに変える」】


コロナショックのおかげで在宅ワークを余儀なくされました。
そんなところに現れたのがズームでした。

ズームはまだ昨年知ったばかりでした。
しかし、私がズームをホスト役としてやることには抵抗がありました。
しかし、ズームは今後普及していくと読んで、私自身ホスト役としてズームにチャレンジすることにしました。

ゴールデンウィーク明け後に、まずは自分一人からスタートしました。次は一人の相手を対象にズームを始めました。
「習うより慣れろ」の精神で、徐々に慣らしていきました。

気づいてみたらホスト役として50回以上行いました。
定員100名の枠なので、1カ所で複数名参加していただき、拙著「生涯現役社会が日本を救う!」セミナーには最大120名に参加していただきました。

そこで、今度100名の定員枠から500名の枠に拡大しました。

ズームはwithコロナ時代の新しい武器となりました。

参加する側からすれば時間と諸経費が節約できます。巣ごもり社会なので、夜の時間帯は比較的自由が利きます。
ホスト側からするとセミナー会場を手配し、運営する煩わしさから解放されます。

500名枠に拡大することで、私の出版戦略と経営コンサルタント機能とのシナジー効果が期待でき、今後いろいろなアイデアが湧いてきそうです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年出版した「生涯現役社会が日本を救う!」はおかげさまで初版の在庫がほぼなくなったため、増刷しました。昨日、著者に増刷分が届きました。

メルマガ読者からは、著者サイン入りの本書を希望する方が多数いました。
お待たせいたしました!
1540円のところを1500円(送料込み)で郵送したします。
ご希望の方は、〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324 菅谷信雄まで
切手1500円または現金1500円を普通郵便で送っていただけますか。
またはLINEペイでもOKです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

「マーキュリー通信」no.4016【ワンポイントアップの経営術-245「学んでいる組織を創っていく」】



本日のドラッカー365の金言は今の私にふさわしい金言でした。

仕事ができる人は仕事を楽しむ。全ておもしろいわけではないが、決まり切ったこともしなければならない。決まり切ったことは山ほどある。
ピアノの巨匠は毎日3時間は鍵盤をたたく。そのたゆまぬ努力が見事な旋律を奏で、人々を魅了する。

指示命令で動く組織は成長しない。

学んでいる組織は成長している。
目先の利益を追いかけるのではなく、組織が学び続ける限り、必然と組織は成長していく。

現在私が全力投球で臨んでいる一般財団法人全国福利厚生共済会のビジネスでは人材育成を主眼にビジネスを進めています。

目先の数値を追いかけるのではなく、指示命令で動く組織ではなく、一人一人が学ぶ姿勢、学んでいる組織を創ることで組織の成長を促しています。

一人一人が自己成長することで喜びを得て、その結果組織は伸びていくことになり、収入という見返りも得られるようになります。

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

「マーキュリー通信」no.3993【ワンポイントアップの経営術-244「テレワークで働き方改革が促進される」】


私自身過去2ヶ月間全て在宅ワークでした。

その間、ズームを活用したミーティングも増やしてきました。
2ヶ月前私がズームをホスト役でやることなど考えてもいなかったのですが、習うより慣れろ、今では使いこなすようになってきました。

テレワークのメリットは、移動の時間が節約できます。
毎回2~3時間は節約できるので、このメリットは大きいです。
この浮いた時間を活用して、座学の情報を得ています。
座学からの情報を更に強化することで、情報源の多様化を図り、質量共にアップできています。

次に、交通費、飲食費、会議費等経費の節約も大きいです。
出張すれば数万円かかっていたわけですから、大きな節約となります。

一方、テレワークによる時間、諸経費の節約の一方、やはり求められるのは成果です。

経営者の立場からすると、テレワークでも何とかこなせると思っているのでしょうか。全てテレワークは無理としても、経費の節約の観点と成果の切り口の両方で見える化するとそれが見えてきます。

そして、それに合わない従業員は給与の削減、さらにはレイオフの対象となって来ます。

一方、従業員の立場からすると、これまで満員電車に乗って通勤していたストレスから解放されています。

今後は、時差出勤、フレックスタイム、テレワーク等様々な働き方が求められるようになります。
週1~2回程度の出勤なら、都内まで2時間程度の戸建ての広い家に住むことも可能です。家賃も安くてすみます。会社としても、定期支給の代わりに、実費精算すれば、交通費の削減にもなります。

官制の押しつけでなく、経営者、従業員双方の立場から働き方改革が進められていくことになると思います。

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

マーキュリー通信」no.3973【ワンポイントアップの経営術-243「80歳になって後悔することは人生でやらなかったこと-アマゾン創業者 ジェフ・ベゾフ」】


アマゾン創業者 ジェフ・ベゾフ年商30兆円となった今でもチャレンジを続けています。
企業コンセプトは、顧客志向。お客様が欲するモノなら何でもチャレンジしていこうと未来先取りの投資を続けてきました。

現在56歳のジェフ・ベゾフは、「80歳になって後悔することは人生でやらなかったこと」だそうです。

チャレンジしても失敗することもあります。
しかし、失敗から学ぶことも多いです。
それを肥やしにして次の飛躍に向かえば良いのです。

経営トップが失敗を恐れたとき、会社の成長は止まります。

ジェフ・ベゾフは、80歳の自分、将来の自分から現在の自分を俯瞰してみています。
もし、あの時失敗を恐れて、チャレンジしなかったら、それは後悔につながります。

だから今でも果敢に挑戦し続けているわけです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私自身もアマゾンに頻繁に注文し、すでに生活の一部になっています。
今月だけで、10品頼んだことになります。

最初は、書籍だけだったのが、今ではそれ以外の商品もアマゾンから買っています。

一昨日頼んだヘアーカッターが、今届いたところです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる