ワンポイントアップの経営術

2018年10月 4日 (木)

「マーキュリー通信」no.3556【ワンポイントアップの経営術-219「巨人軍高橋由伸監督辞任! 今こそ巨人軍首脳は間違った経営戦略に気付け!」】

昨夜、巨人軍高橋由伸監督が辞任を表明しました。

私はこのメルマガを通じ何度も発信していますが、人気先行で能力のない人を監督につければ

こういう結果になります。

3年前高橋由伸監督が就任したときに、人気先行で監督人事をやると、いくら外国人選手、他

球団の高額年俸選手を獲得しても、優勝はできませんよと何度も訴えてきました。

その間、若手の有望選手の芽を摘んできました。
典型的な例が、一番期待の若手太田泰司を育てられず、日本ハムに放出しました。皮肉なこと

に、太田は日本ハムで花開きました。

又、毎年貧打が問題となっていますが、これはコーチ陣の問題です。今年大ブレイクした岡本

のコーチ以外は全員クビです。

テニスで一躍大ブレイクした大坂なおみは若干二十歳です。米国人のコーチについて、彼女の

欠点を矯正し、見事一流の仲間入りを果たしました。

一方、投手陣は優勝できる戦力なのに、お粗末なできでした。これも投手コーチは全員クビで

す。

来年こそは外国人選手、他球団の高額年俸選手を獲得する愚を止め、生え抜きの選手の若手の

育成に努めて欲しいです。

その為には中途半端な外国人選手、他球団の高額年俸選手は全員クビです。

巨人の今の強みは走る選手が多数いることです。
来シーズンは走って走りまくるスピード野球をファンに魅せて欲しいです。

そうなれば例え優勝できなくてもファンは納得です。
私も含め、巨人離れしたファンが戻ってきます。

さて、巨人の経営は一般企業にも通じます。

現在事業承継できない中小企業が多数あると聞いています。

自分の親類縁者に適切な後継者がいない場合、M&Aで売りに出すべきです。
もし、買い手がつかないようなら、それは魅力のある事業とはいえないわけですから、市場か

ら撤退を余儀なくされていきます。

間違えても、能力のない息子を後継者にしてはいけません。

巨人軍の監督交代人事を見ていて、それを痛感しました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

8月28日に東京ドームで巨人広島戦を観戦しました。

先発投手内海は初回からコントロールが定まらず、初回からいきなりホームランを献上します

私は内野スタンドから、「内海を即刻変えろ!さもないと滅多打ちされるぞ!」と叫びました

。その直後、内海は滅多打ちにされて、降板しました。当日は10対5で惨敗でした。

こんな素人でも分かる監督采配を今年も何度も見ました。

やはり監督能力のない人を監督に指せている巨人軍首脳の眼力のなさと思いました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.3555【ワンポイントアップの経営術-218「これは凄い!高いリピート 率を仕掛けるビジネス・モデル」】

TVのCMでアートネイチャーが1000本1万円の植毛キャンペーンをやっていたのでそれに乗りまし

た。私も多少髪の毛が薄くなっているので気になっていました。

さて、昨日無事1000本の植毛をしました。
1本1本丁寧に地毛に結んでいくのでとても手間がかかり、3時間かかりました。
私の場合、髪の毛のカラーリングとカットもお願いしたので、2回に亘り計6時間かかりまし

た。

髪の毛は、月1cm程度伸びます。
又、抜け毛もあります。それに伴い、一旦結んだ人工毛も取れます。約3~4割は抜けるそう

です。

更に白髪も伸びてきます。私の場合、カラーリングで髪の毛を染めました。これも月一度のメ

ンテが必要です。

つまり、1000本の植毛の後は、毎月1回髪の毛のカット、植毛のメンテナンス、カラリングの

作業が必要となってきます。

1000本1万円の植毛では儲かりません。しかし、その後のメンテナンスでしっかりと毎月収入が

入る仕組みです。

ビジネス・モデルを考えるときに、リピート率が重要です。

その意味でアートネイチャーの植毛ビジネスは凄いビジネス・モデルといえます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

髪の毛のカラーリングをして、多少髪の毛にボリューム感が出てきたので、一回りは若く見えます(^ω^)
初めて会う人に私の年齢69歳を伝えると、皆さん一葉にびっくりします。

スキンケアと筋トレを20年以上実施しているので、やはり50台に見えるそうです。

単に頭だけ黒々とさせても全体的に相手に違和感を与えてしまいます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

「マーキュリー通信」no.3554【ワンポイントアップの経営術-217「道楽を本業にしてはいけな い!」】

O社長は現役時代から酒豪で、銀座のナイトクラブをハシゴし、一晩に百万円を使い、1ヶ月で

1000万円を使った強者でした。

そんなO社長は、ナイトクラブを開くことが夢でした。

そして、先月念願のナイトクラブを錦糸町にオープンしました。

私も友人知人とお祝いに駆けつけました。

しかし、O社長は開店までの心身にわたる疲労が重なり、腰痛でダウン。肝腎の開店日には休む

有様でした。

私が同店を訪ねたとき、同店の客は私の友人知人7名だけでした。これに対し、ホステスの数が

6名もいました。

店内を見渡すと、花輪は私と友人の2つプラスもう1つ、3つしかありませんでした。

O社長はその後も店を殆ど出ていません。

こんな調子ですから、店内はがらがらで閉店も時間の問題です。

道楽とナイトクラブの経営は別問題。

私は開業前からO社長には、未経験の分野、それもかなり難しいナイトクラブ開業には反対でし

た。しかし、O社長は聴く耳を持ちませんでした。

やはり客としてホステスに囲まれながら賑やかに過ごす方がO社長には向いているようです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨夜は、仲間と居酒屋で飲みました。

仲間と居酒屋で楽しいひとときを過ごすことの方が私には向いているようです。

高い料金を払って、見ず知らずのホステスと会話を交わすのは、私にとっては苦手なようです

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

「マーキュリー通信」no.3550【ワンポイントアップの経営術-216「顧客ニーズに素直に耳を傾 け、実施する」】

フェリー人気が復活しているそうです。
フェリーというとざこ寝スタイルの安かろう悪かろうのイメージがありますが、各社とも集客

の為に様々な経営努力をしています。

最大手の太平洋フェリーは、本四連絡橋を利用するサイクリング客を何とか集客できないかと

知恵を絞ります。

調査の結果、サイクリング客の1割しかフェリーを利用していないことが分かりました。
その最大の理由が、乗船の際、自転車をいちいちばらして乗らなければならないという面倒く

ささであることが分かりました。

そこで、同社は「マイバイク ステイサービス」と銘打って、自転車のまま個室に宿泊できる

サービスを登場させました。

その結果、サイクリング客にも大人気、一気にサイクリング客を取り込むことができるように

なりました。

顧客ニーズが多様化する中、顧客に寄り添った商品開発の重要性を各社益々求められる時代と

なっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

「マーキュリー通信」no.3549【ワンポイントアップの経営術-215「悪徳FC商法に注意!」】

フランチャイズビジネスが花盛りです。

フランチャイズビジネスは、個人では得られないノウハウをFC本部が提供して、利益を上げさ

せる仕組みです。

最近、リラクセーションマッサージのFCのオーナーと良く会います。

同FCの加盟金は300万円程度ですが、店舗内装費、敷金、礼金、集客費用等で初期投資は2000万

円程度になります。

フランチャイズビジネスで最重要の経営指標は月商です。
同FCでは、加入前の月商と比べ、実際には半額程度だそうです。FC加盟店3社のオーナーが皆半

額程度と応えていました。

これでは詐欺商法です。いずれそのリラクセーションマッサージのFC本部はフランチャイジーから訴えられ、市場から淘汰されていくと思います。

FCに加盟する際に、最重要の経営指標である年間を通じての月商を聴き、実際にオープンして

から月商が10%以上下回ったら営業補償を契約条項に盛り込むべきです。
それがダメなら、原状回復も含めた、閉店条項を追記させるべきです。

それができないなら加盟は取り止めた方が良いです。

経営コンサルタントの立場から見れば、リラクセーションマッサージ市場は過当競争の市場で

す。
こんなレッドオーシャン市場に参入すること自体経営センスがありません。当然、加盟を止め

るようアドバイスします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

日本では和製英語が反乱していますが、そのなかで一番の間違いが、リラクセーションです。
リラクセーションを濁ってリラクゼーションと表記しており、いまだに濁らない表記を見たこ

とがありません。

動詞がリラックスなので、その名詞形は自然と濁らないリラクセーションとなります。

だれが間違えたのでしょうね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

「マーキュリー通信」no.3532【ワンポイントアップの経営術-214「巨人軍の戦略戦術を他山の 石とする」】

昨夜東京ドームで巨人・広島を観戦しました。

素人でも分かる監督の采配ミスで10対5の惨敗でした。

広島の戦力を見て正直うらやましいと思いました。

ドラフトで採った選手をしっかり育成し、チームが噛み合っています。それが見事に花開き、

今年もダントツ優勝です。

一方、巨人は、毎年外国人選手と金に任せてFAで他球団から有力な選手を獲得してきています

。それが余り機能しないまま、毎年優勝を逃しています。

高年俸の選手ばかり獲得するので、生え抜きの選手は余り育ちません。やる気をなくして、他

球団にトレードされ、他球団で活躍するケースが目立ちます。

そして能力のない監督を人気先行でいつまでも使い続ける愚かさ。3年間やらせて、経営陣も身

にしみて分かったはずです。

これは企業経営にも当てはまります。

業界トップを目指して、高年俸のビジネスパーソンばかり採用していると、他の社員との調和

が乱れ、社内に軋轢が走ります。

その結果、業績が思ったほど伸びないことがよくあります。

毎年採用する新入社員を計画的に教育し、早期に戦力化する。一方で、その企業で不足してい

る人材を外部から採用して補うという基本方針で臨めば、組織力強化につながり、会社の長期

成長に繋がっていきます。

巨人軍は経営戦略の失敗により、戦力も落ち、人気も落ちていっています。

一方で、広島はその逆です。昨夜も東京ドームにも拘わらず、ネット裏の私の席の周りには広

島ファンが多数広島を応援していました。

こんなこと昔はあり得なかったことです。

巨人軍経営陣はお客様がいる球場に足を運び、現場の状況を肌で感じるべきと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.3433【ワンポイントアップの経営術-213「中小企業は経営資源を集中 する」】

経営の3要素、「ヒト、モノ、カネ」が中小企業は大企業と比べ圧倒的に不足しています。

だから中小企業が生きる道は、自社の強みの部分を大企業が進出していないニッチな領域に1点

集中していくことが求められます。

過去の失敗例を見るとこの基本原則を忘れている中小企業経営者が多いようです。

あれもやりたい、これもやりたいという気持ちは分かります。

しかし、結果的に強みを強化できないまま中途半端に終わり、挫折に終わることが多いといえ

ます。

会社経営がうまくいっていない経営者は今一度この基本原則に立ち戻ったらいかがでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

「マーキュリー通信」no.3425【ワンポイントアップの経営術-212「マネジメントにかかわる教 育の基本とは」】

毎朝、ピーター・ドラッカーの「ドラッカー365の金言」を読んでいます。

昨日の金言は中小企業の経営者によく当てはまります。

中小企業の経営は100%近く社長に依存しています。

但し、もう1つの視点があります。それは従業員の成長です。

従業員の成長とは、従業員の強みに合わせた育成です。

特に中小企業の場合、従業員の能力差が大きいです。従って、社長自身絶えず従業員の強みは

何かを模索し、強みに焦点を合わ
せた従業員教育をやっていくことが肝要といえます。

従業員が成長すれば、それに伴い会社も成長していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.3408【ワンポイントアップの経営術-211「代金に品質が伴わないと客は離れていく」】

本日久しぶりに新宿東口の船橋屋で天丼(消費税込み1900円)を食べました。

船橋屋の天丼は値段は比較的高めですが、味が良いのが評判です。本日もそのつもりで食べに行きました。

しかし、出てきた天丼を見ると、いかにも質の悪い油を使っているようで、まずそうなイメージでした。
実際に食べてみるとやはりその通りでした。

これではチェーン店のてんやの安い天丼と何ら変わりありません。これでは2度船橋屋に行く気がしません。

一方、先日船橋屋の近くの椿屋珈琲で商談をしました。

椿屋珈琲は池袋を主に使いますが、コーヒー1杯980円と高価ですが、リッチな雰囲気と店員の対応がワンランク上なので気に入っています。

しかし、新宿東口の椿屋珈琲は普段良く使うルノアールと何ら変わりありません。却ってうるさくて落ち着きがありませんでした。この雰囲気なら980円を払う気がしません。

一方、本日ホテルメトロポリタンのコーヒーショップで商談をしましたが、コーヒー代金は1045円でした。しかし、こちらは落ち着いた雰囲気で、しかもコーヒーのおかわりは自由です。又、ホテル内なので店員の対応もホテルの対応でした。又、利用したいと思いました。

上記2例を挙げましたが、顧客がその店の単価よりサービスと店の雰囲気が良ければ再度利用するし、価格と比べかなり良くなければ2度と利用しなくなります。

経営者は顧客のこの単純な論理をもっと理解する為に、時々店を巡回し、チェックするべきです。そうでないといつの間にか顧客離れが起き、経営不振に陥ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

「マーキュリー通信」no.3390【ワンポイントアップの経営術-210「天動説から地動説 へ」】

経営的に天動説とは自社中心に経営をしていることを意味し、地動説はお客様中心に経

営していることを意味します。

顧客志向と言いながら意外とそうでない企業も多いです。

商売で成功する最も大切なことはお客様志向です。

エステー化学は消臭芳香剤・防虫剤・除湿剤(湿気取り)などが主力商品の大手メーカ

ーですがここ数年売上が伸び悩んでいたそうです。

そこで同社鈴木喬会長は、社長の座を姪の鈴木貴子社長に譲りました。

経営戦略はデザイン改革です。

同社の製品ターゲットは女性です。そこでデザインを鈴木貴子社長を中心に女性目線に

徹底的に変えました。

男性陣の抵抗は予想以上に強かったのですが、鈴木喬会長の絶大な支持を受けて、鈴木

貴子社長はその能力を遺憾なく発揮し、同社製品のデザインを次から次へと変えていき

ました。

このデザイン革命が女性の支持を受け、同社の2018年3月期業績は売上で前期比8.1%増

の497億円、営業利益で前期比22.6%増の35億円、経常利益で前期比13.7%増の33億円

が見込まれます。

天動説から地動説に変え、業績を大幅アップさせた好例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 生涯現役社会が日本を救う | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誕生日に思う | 趣味 | 龍馬の如く生きる