シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する

2009年12月26日 (土)

「マーキュリー通信」no.1262【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-12「あなたにとって良い保険だけを」】

私のアイリオ生命の代理店としての活動理念は「あなたにとって良い保

険だけを」です。これをブログのタイトルにしました。

「あなたにとって良い保険だけを」の意味は、アイリオ生命の生命保険

が、お客様の現在の生命保険の内容と比べ、品質的にも料金的にも勝っ

ていることが前提です。そうでなければ、無理して勧めません。

先月末に生命保険代理店試験に合格後、今月1ヶ月間はアイリオ生命の

代理店研修を集中して受けました。

その結果、アイリオ生命の生命保険商品に自信を持ち、アイリオ生命と

いう生命保険会社に信頼を持つに至りました。

このアイリオ生命に対する確信が持てた時点から営業活動を開始する予

定でいました。

そうでなければ私のことを信頼して保険加入するお客様に対し、私の良

心が許さないからです。

アイリオ生命の年間保険料収入は直近で172億円です。大手生保と比べ

れば、吹けば跳ぶような数字です。

アイリオ生命の収入は、掛け捨ての生命保険料収入だけので低めの数字

になっています。

支出は、諸経費+保険給付金、保険金、そして代理店手数料です。

諸経費の中には、他の生保のように基本的にはCMは打ちません。本社事

務所は賃借とすることで、多額の資金をかけません。徹底的に諸経費を

押さえ込んでいるので、資金は潤沢です。

だから他社と比べ商品内容の充実を図ることができるわけです。

172億円規模の生命保険収入になると大数の法則が働きます。被保険者

に支払う保険給付金、保険金は一定の比率に収まります。

よって、会社が赤字になることはないわけです。

但し、死亡保険金の場合は、万一に備え再保険を掛けています。

一方、アイリオ生命は積立保険はやりません。
これをやると多額の保険料収入が入ってきます。その保険料収入を運用

に回します。

その結果、大数の法則が働くなくなり、リスクを負うことになります。

バブル崩壊期に多数の生保が倒産したのは、積立保険の運用の失敗が最

大の原因です。

今、大手生保の積立保険の多くは国債購入に充てられています。今後ハ

イパーインフレーションの可能性も否定できず、国債が紙くず化するリ

スクも出始めてきました。その時には、再び倒産する生保が出てきます

その意味では、積立保険をやっていないアイリオ生命は経営的には却っ

て安心できます。

「あなたにとって良い保険だけを」の意味は、最高品質の生命保険商品

と、他社と比べ安い保険料がベースとなっています。

しかし、アイリオ生命の財務内容が良くなければ、お客様に安心して生

命保険をお勧めできないわけです。

この3つの確信を持って、年明けからじっくりと地道に営業活動をして

いきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「マーキュリー通信」読者の皆様へ

この度、新たにブログ「あなたにとって良い保険だけを」を開設しまし

た。こちらのブログも是非ご覧下さい。
[link]http://ameblo.jp/anatanitotteyoihokendake/

ブログ開設記念として、先着10名様に「生命保険の罠」(講談社新書

840円)をプレゼントします。

ご希望の方は、住所、氏名をご連絡ください。
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「マーキュリー通信」no.1261【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-12「私が選んだ生命保険会社」】

 これまで日本の生命保険の意義と問題点を述べてきました。

いろいろと調べている内に、日本の生命保険会社は、生命保険の原点で

ある「自分や家族が人生の中で事故、災害、病気等に遭い、経済的に困

った時に補償するもの」ということを殆どカバーしていないことに気づ

きました。

そこで、出会ったのがアイリオ生命でした。
アイリオ生命の経営理念は、「世の為、人の為、ちょっとだけ自分の為

」です。

「世の為」というのは、世界一高い日本の生命保険料に風穴を開け、他

社と比べ圧倒的に安い保険料を提供するというアイリオ生命創業者中川

博迪(ヒロミチ)会長の経営理念です。

「人の為」とは、生命保険の契約者は殆ど契約内容を理解していない。

だからこそ、いざ困った時に、お客様のニーズに応えることを徹底的に

実行する。
その結果、お客様から「生命保険の加入していて良かった」と感謝され

ることです。

現在の多くの生命保険は、いざという時いろいろな例外規定がついてい

て保険金が支払われないことが多く、お客様から怒りを買うことが多い

と聞きます。これでは決して「人の為」とはいえないわけです。

そして、最後の「ちょっとだけ自分の為」は、アイリオ生命の代理店も

生活のために収入が必要です。慈善事業で営業活動をやっているといっ

たら欺瞞になってしまいます。

しかし、この理念に基づいているため、代理店報酬の形態が他社と異な

ります。

他社の多くは、代理店報酬として月額保険料の4~5倍の報酬が入りま

す。しかし、契約後は殆ど収入がありません。

この為、できるだけ高額の保険料を獲得しようと一生懸命になります。
そして、1回獲得した顧客からは注文が期待できないので、顧客のアフ

ターフォローより、別の顧客を紹介していただくことが最優先となりま

す。そして、次の客への営業活動に走ります。

一方、アイリオ生命の場合、代理店報酬は月額保険料の僅か12~20%で

す。又、生命保険料自体安いですから、契約しても入ってくる報酬は微

々たるものです。
但し、お客様が生命保険に加入している限り、ずっと入り続ける仕組み

になっています。収入のタイプは継続的な権利収入となります。

従って、いきなり本業で生計を立てようというわけにはいきません。主

婦が時間に縛られずに家計を助けるためにするとか、年金だけではゆと

りのある生活は難しいので、プラスαの継続的収入等に向いています。

私の場合も、5年後の65歳になる時に、年金プラスαでゆとりのある生

活を送るために、じっくりとアイリオ生命の生命保険のすばらしさを伝

えていきたいと思っています。

アイリオ生命の生命保険商品は、他社と比べ品質で圧倒的に勝り、安い

ので、私のような駆け出しの代理店でもできます。

このような代理店報酬体系となっているので、目先の収入しか考えない

代理店には向きません。

お客様に最高品質の生命保険商品を提案し、事故や入院の時に、喜んで

いただき、感謝していただくそういう営業を展開していきたいと思って

います。

お客様が死亡により保険金を支払うケースには殆ど遭遇しません。
但し、事故やけがでの入院は結構頻繁に起きます。その時にアイリオ生

命の生命保険に加入していた良かった感謝されることになります。
その時にアイリオ生命の代理店をやっていて良かったと感じるわけです


これがアイリオ生命の「世の為、人の為、そしてちょっとだけ自分の為

」という経営理念です。

又、「世の為」になることを実践をする為に、代理店報酬の一部を寄付

金としてアイリオ生命に提供します。
アイリオ生命は、この寄付金を別勘定で管理し、毎年億単位の寄付金を

実行しています。

一方、大手の生命保険代理店では、他社との差別化ができていないので

、どうしても義理人情で入っていただくか、お願いベースで入っていた

だくしかありません。

さて、アイリオ生命の代理店制度でありがたいのは、出社義務がないこ

と、そしてノルマがないことです。

従って、自分のペースでじっくりと営業活動ができることです。

これから年金を満足にもらえなくなる時代になります。団塊の世代の私

の年代は一応大丈夫ということになっています。

しかし、今後消費税がどんどんアップしていくことになるでしょう。
仮に、現在の5%から将来20%にアップしたとき、年金収入が15%減

少したことと同じになります。

だから、防御策として、今から手を打っておく必要があるわけです。私

の趣旨に賛同する人がどんどん現れ、同じように自己防衛し、喜んでも

らえれば私としては本望です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「マーキュリー通信」読者の皆様へ

この度、新たにブログ「あなたにとって良い保険だけを」を開設しまし

た。こちらのブログも是非ご覧下さい。
[link]http://ameblo.jp/anatanitotteyoihokendake/

ブログ開設記念として、先着10名様に「生命保険の罠」(講談社新書

840円)をプレゼントします。
ご希望の方は、住所、氏名をご連絡ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

「マーキュリー通信」no.1258【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-11「あなたの生命保険があなたに合っているどうかの見分け方」】

あなたが事故や病気で入院した時のことを考えて下さい。

その時最悪の事態を想定して下さい。

事故の場合、最悪再起不能も考えられます。

失明とか両手両脚を切断したとかが最悪の事態ですよね。

その時、どの程度保険で補償してくれるかです。

又、先日片手や片足切断の場合の重度障害のことを説明しました。

これは結構可能性のあるリスクです。これをどの程度補償してくれるか

がポイントです。

一方、病気で入院の場合、糖尿病、ガン、脳梗塞等再入院のケースも多

々あります。

再入院の場合、前回退院した時から180日以上期間をあけてないと補償

されない生命保険はあなたのニーズを満たしていません。欠陥商品とも

いえます。生命保険としては致命的です。

又、何日以上入院すると退職することになるのか、会社の就業規則をチ

ェックしてみることも必要です。
もし、180日以上の入院になると退職することになっている場合、180日

以上入院給付金が支払われることが重要です。

最近60日や120日の短期の入院保険を勧めている生命保険代理店がいま

すが、120日以内の短期入院はあなたのニーズに合っていません。

なぜなら短期入院の場合、高額医療費として後で健康保険からかなりの

部分戻ります。だから、短期の入院保険だけなら生命保険をわざわざ掛

ける必要はないわけです。その分貯金した方が得策です。

一方、ガン保険もいろいろと条件を付けて、いざガンになった時に保険

給付金を支払ってくれない生命保険会社も多いです。

従って、あなたの代理店からきちんと納得いくまで説明を受けることも

重要です。

一方、死亡保険金はわかりやすいですよね。

あなたが今死んだ時にどの程度の生活費が必要なのかによって変わって

きます。

共稼ぎで妻の稼ぎがよい場合、死亡保険金は余り必要ないかもしれませ

んね。

独身男性に死亡保険金は不要であることは以前説明しました。ましてや

新入社員に5千万円の保険金など言語道断です。これは詐欺に近い行為

です。

ところで、生命保険の代理店に、あなたに勧める生命保険と代理店が加

入している生命保険が同じかどうか聞いてみて下さい。

もし、違うなら納得いくまで聞いて下さい。

往々にして顧客には代理店報酬が良い生命保険を勧め、自分にはニーズ

のあった生命保険に加入している代理店も結構いることをご承知おき下

さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

「マーキュリー通信」no.1255【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-9「何故事故が起きた時に、保険給付金の不払いが起きるのでしょうか?」】

★なぜ事故にあった時、

保険給付金の不払いが多発しているのでしょうか?



最大の理由は、

生命保険に加入する時に、

生命保険内容を理解しないで加入するからです。

すべて生命保険の代理店に任せてしまうからです。


生命保険に加入してから1ヶ月後には

多分あなたは生命保険の加入内容を殆ど覚えていないことと思います。

それは、生命保険は、あなたが事故を起こした時に、

初めて関わりを持つからです。

そんな不吉なことをいつまでも覚えておきたくないという心理が働きます。

それまでは封印してしまうので、忘れてしまうのです。

その封印を解く時は、事故にあった時です。

その時、あなたはあなたの加入した生命保険商品が、

あなたの事故を補償していないことに気づきドクロ

その事実に愕然として怒りを発することになるのです叫び

具体例で説明しましょう。

※日額1万円の入院給付金が180日間支払われる生命保険の例

あなたは糖尿病で60日間入院したとします。

最初の4日間は免責されるケースが多いので、

56日分の56万円が 支払われます。

あなたは1度退院した後、120日後に再入院したとします。

この場合、入院給付金は1円も支払われません叫び

理由は、次の入院までに最低180日間間隔があいていることが条件となっているからです。

この条件は多くの生命保険会社で採用されている一般的なルールです。

※運動会で子供と一緒に走り転倒してアキレス腱を断裂したお父さんの例

医者の処置が悪く、断裂した足を切除しなければならなくなりました。

しかし、生命保険による補償は出ませんでしたドクロ

理由は、両足を切断していないからです叫び

片足切断の場合、重度障害といい、

多くの生命保険会社ではまだ生命保険の対象となっていません。

その他、事故にあっても生命保険で補償されないケースは多数あります。

野球で外野フライを打ったら、ヒットになるケースの方が少ないです。

一般個人は、外野に球を飛ばせば、ヒットになると勘違いしていることが多いのです。

生命保険商品の実態はこんなものだと理解して下さい。

しかし、全ての生命保険会社がそうだと限りません。

あなたの生命保険をチェックして、

あなたが実際に事故にあった時のことを想定して、

生命保険代理店に質問してみて下さい。

もし、大半のケースで補償とならないことが分かったら、

生命保険会社を変えることも、

いざというときにあなたを守るためにも重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

マーキュリー通信」no.1253 【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-8 「生命保険商品は生涯でマイホームの次に高い買い物なのに・・・」】

生涯支払う生命保険料は人によって異なりますが2000万円前後といわれ

ています。

これはマイホームに次いでマイカーと並んで高額商品といえます。

ところが一度生命保険に加入してしまうと、生命保険契約の中味を理解

している人は余りいません。

自分が、万一けがや病気で入院した場合、どの程度入院給付金が出るの

かをはっきりと分かっている人は少数です。

その理由は給与天引きにあります。毎月の給与から天引きされるので痛

みを感じません。

もし、保険代理店が毎月集金に来ていたらどうでしょう。仮に5万円を

自分の財布の中から支払っていたらどうでしょう。5万円の重みを感じ

、その中味は何であるかもっと関心を持つはずです。

マイホームやマイカーも給与天引きです。しかし、こちらは実物として

善し悪しを感じることができます。だから関心を持っているわけです。

生命保険は、宝くじと全く逆の性質を有しています。

毎月宝くじ代金として5万円天引きされ、毎月当選結果が郵送されてき

たら、毎月わくわくしながら当選結果を待ちます。

ところが生命保険の場合、入院給付金をもらうために、けがや事故に

あうことを期待したり、ましてや宝くじの1等に当たる死亡保険金五千万

を心待ちにする人はいません。

このからくりがあるから、生命保険商品に関心を持たないわけです。し

かし、これだけ高額の買い物です。

ライフサイクルやライフスタイルの変化により都度見直すことが重要

す。

そうでないと生命保険代理店の言いなりになってしまい、必要のない生

命保険を掛けさせられている可能性もあることを肝に銘じて下さい。

言いなりになっているかどうかの判定は、あなたの現在のライフスタイ

ルやライフサイクルにあなたの生命保険商品があっているかどうかチェ

ックしてみて下さい。

不明な点は生命保険代理店に聞いてみるのです。

もし、合っていないようなら生命保険をライフスタイルやライフサイク

ルに合わせ換えるべきです。

マイカーもそうですよね。独身時代と結婚して子供ができたらマイカー

も変わってきますよね。それと同じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

「マーキュリー通信」no.1250【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-7「生命保険は自分のライフサイクルに合わせて掛ける」】 

本シリーズ第7回で、新卒の新入社員が保険のおばちゃんのかもになっ

て、分け分からず5千万円の死亡保険金を掛けさせられている実態を説

明しました。

日本の生命保険はとにかく分かりづらいです。商品名だけ見ても保険内

容がよく分かりません。更に特約がつくので一層分かりづらくしていま

す。

しかし、生命保険を掛ける基本は、自分のライフサイクルに合わせて、

必要な生命保険を掛ける。これにつきます。

未婚の若い男性は無茶が多いです。従って、けがを中心とした入院保険

が主体です。

結婚すれば、一家を支えるという責任が出てくるので、死亡保険が必要

です。
死亡保険金額をいくらにしたら良いのか?

それは、子供の数と、夫婦共稼ぎかどうかとか、その家族によって変わ

ります。
又、世帯主の年収により生活水準も異なるので、それも考慮します。

又、中小企業の経営者の場合、その経営者が万一死亡もしくは高度障害

になった場合、会社の経営が立ち行かなくなることを想定して保険を掛

けておく必要があります。

一方、疾病保険もライフサイクルと職場の実態に合わせて掛けることが

必要です。

最近は、入院60日とか、90日とか比較的短期が主流のようです。
しかし、これは保険の本来の趣旨から見たらおかしいです。

短期の入院には、健康保険から高額医療の保障制度があり、実際に負担

する金額は僅かです。従って、短期の入院なら生命保険はいらないくら

いです。

本当に必要な入院保険は長期です。大病して長期入院を余儀なくされた

場合、現在勤務している会社はいったい何日まで面倒を見てくれるのか

、ここがポイントです。

仮に180日(6ヶ月)を超えたら肩たたきの対象となるなら、180

日以上の長期入院保険に加入すべきです。

尚、定年以降の高齢者の場合、死亡保険より入院やけがの保険を中心に

考えることが必要です。
特に年金暮らしでぎりぎりの生活を送っている人は、入院やけがに備え

て、保険を掛けておくことが賢明です。

さて、生命保険は基本的には掛け捨てです。
高度成長の頃の高い配当率の頃は、貯蓄も兼ねていたので、貯蓄型の生

命保険はそれなりにメリットがあります。

しかし、ゼロ金利の今日貯蓄タイプの生命保険はお金のムダです。

但し、年金破綻の現在、若い人は年金タイプの保険には加入することも

必要です。
年金タイプの保険に加入すると、通常の生命保険と合わせ、年間17万

円まで所得控除と住民税の控除が受けられます。

とにかく、生命保険の代理店の話に言いなりになると、高い生命保険料

を支払わされることになります。
まずは、自分のライフサイクルをチェックし、どのような生命保険を必

要とするのかを計算し、そこから生命保険の代理店に相談するというプ

ロセスが重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

「マーキュリー通信」no.1247【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-6「なぜ保険金詐欺事件が起きるのでしょうか?」】

被保険者を殺害して、多額の保険金を奪い取る事件を時々耳にします。

なぜ、このような事件が起きるのでしょうか。

これは生命保険会社の過酷なノルマの影響が大きいです。
保険外交員は、絶えずノルマとの戦いです。又、保険外交員の多くは完

全歩合給の社員が多いです。

歩合給の仕組みは、保険契約を取った時に、一時的に高額の報酬を手に

します。しかし、その後の報酬は雀の涙程度に激減します。

このため、絶えず新規の顧客開拓に奔走します。

一方、保険契約者の中には、多額の保険金をかけて犯罪を企む輩も出て

きます。保険約款の中には当然禁止事項です。

しかし、過酷なノルマのために、保険外交員はこの危険な客にも手を出

さざるを得なくなります。

保険外交員の上司、支社長も当然長年の営業経験から、その危険度を職

業的な勘で察知します。

しかし、こちらも本社からのノルマの影響で、見て見ぬふりをするケー

スが出てきます。

これが後々発覚して、保険金殺人事件や詐欺事件としてマスコミを賑わ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

「マーキュリー通信」no.1246【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-5「なぜ新卒の新入社員に多額の保険金をかけるのでしょうか?」】

毎年4月になると新入社員が入ってきます。
この世間知らずの新入社員が大手生保のおばちゃんの格好のターゲット
(かも)になります。

そして、しばしば独身の若者に5千万円もの高額な保険金がかけられま

す。独身の若者が高額の保険にはいる必要があるのでしょうか?

大手生保のおばちゃんは、死亡時の保険金よりも、高度障害の時の保証

を強調します。

高度障害とは、2つ以上の身体機能が機能不全になった状態を言います

。それなら高度障害だけを勧めればよいわけですが、この場合には、保

険料はがくんと下がり、保険会社にとっておいしくないわけです。

若い時は無茶をする年代なので、若い時に加入すべき保険は、高度障害

+重度傷害保険がお勧めです。

重度傷害保険とは、片手、片脚が機能不全になった状態をいいます。

例えば、スキーの時に転倒して、骨折して、片脚が使えなくなってしま

ったとか、最近若い人の車いすも増えています。

重度傷害保険は、高度障害と比べ確率が高くなるので、これを商品とし

て販売するのは生命保険会社にとってうまみがないわけです。

尚、保険金額は、家庭環境、職場環境、自分の懐具合等によって適宜判

断すれば良いわけです。

一方、高額な死亡保険金は不要です。せいぜい親に迷惑をかけないため

に葬式代程度が出ればよいわけです。

いずれにせよ、生命保険会社のおばちゃんの説明に言いくるめられない

ことが大切です。

必要な生命保険は、個人のライフスタイルによって変化します。自分に

とって必要な保険は何かを絶えず考えておくことが必要です。

生命保険の基本は、「現在の自分のリスクは何か?」を考えることです

そのリスクが発生した時に、経済的に補填して、自分の生活が経済的

に支障がないようにしておくことです

前述の、重度傷害保険、高度傷害保険が若者には必要なことがご理解い

ただけたことと思います。

デフレの時代の今こそ、自分がかけている生命保険の中身をチェックし

て、果たして今の自分に必要な生命保険なのかを把握しておくことが肝

要です。
もし、不要と判断した生命保険がでてくれば、解約して支出を削減する

ことも大事です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本シリーズを書くのは2週間ぶりです。

その間、多くの人から、「菅谷さん、今度保険の代理店を始めるのです

か?」ときかれました。

生命保険に対するイメージは良くありません。

しかし、もともと生命保険は、明治の頃、一家の大黒柱が死ぬと、一家

離散や娘は吉原に売り飛ばされたりしている惨状を見て、福澤諭吉が提

唱し、1881年に日本でも生命保険会社が誕生しました。その第1号が明

治生命でした。

しかし、現代の生命保険は、福澤諭吉の理想とはかなりかけ離れたとこ

ろにあり、儲け主義に走っているという情けない実態です。

言い換えると、保険契約者は欧米と比べ高い保険料を支払わされている

のが実情です。

従って、「生命保険の本来のあるべき姿に戻り、お客様の為の保険商品

を提供していけば、きっと喜ばれるはずだ」との思いで、私もこの度生

命保険代理店の資格を取りました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

「マーキュリー通信」no.1236【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-4「生保代理店が中高年に向いている理由】

 昨日社団法人生命保険協会から生命保険代理店の受験結果が届きまし

た。98点で合格でした。

 生命保険代理店の試験内容は一般常識+生命保険業界及び生命保険商

品に関する質問です。

中高年は若年層と比べ記憶力ではかないませんが、
一般常識は社会経験が長い分、勝っています。

試験内容の内、一般常識部分は7~8割程度です。
従って、受験勉強を全然やらなくても、80点前後はとれます。

合格最低点は70点なので、受験勉強をしなくても合格は可能です。
しかし、代理店になってから、
生命保険業界及び生命保険商品の知識は当然必要になってくるので、
受験勉強の時にやりました。

又、引っかけ問題が結構あるので、
傾向と対策を事前にやっておけば、
受験の際に、自信をもって臨めます。

現在、産業界はリストラの嵐が吹き荒れ、
36歳以上の中高年の再就職は極めて厳しい状況です。

本シリーズ第1回目で述べたように、
保険商品に満足している人はごく僅かです。
統計上は、一応3分の1程度です。
しかし、実際には自分のかけている生命保険商品の内容を知らない人の

方が圧倒的多数です。

従って、満足と答えた人も、
果たして本当に満足かどうかまでは把握できていません。

ですから、
保険代理店の仕事はまだまだたくさんあるといえます。

中高年の強みは、若年層と比べ、
人脈が多いことです。

従って、顧客ニーズを把握し、
顧客ニーズに合った生命保険商品を提案すれば、
ビジネスとして十分成り立つわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.1232【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-3「巨大な力を持った生保は、生命保険のあるべき役割から逸脱していった」】

平成19年末の生保の総資産は326兆円と巨額に上っていることを前回ご

説明しました。

生保は、この巨額の資金を基に、本来の保険事業とは異なる金融機関と

不動産事業を営んでいます。

しかし、生保会社は保険事業に本来限定されているはずなのに、監督官

庁は拡大解釈して認めています。

生保がこの2つの巨大事業に進出することで、強大な力を持つに至りま

した。
 
この2つを武器に各企業に保険外交員いわゆる生保レディを送り込みま

した。

そして、餌食になったのが、各企業の世間知らずの新入社員です。丁度

釣り堀に糸を垂らすがごとく新入社員をつっていきました。
 
会社が認めた生保レディが、あめ玉戦術で生保商品を必要としない新入

社員の下に何度も足繁く通います。それも数社の生保レディが訪れます


 
新入社員の世間知らずを良いことに、終身タイプの高額な保険金をかけ

させました。死亡保険金5千万円をかけさせられた独身の新入社員も多

数いると聞き及びます。

生命保険会社にとっては、この種の生命保険商品が一番儲かる商品だそ

うです。

因みに、掛け捨てや年金タイプの生命保険商品は、あまりうまみがない

そうです。

そして、いつしか生命保険商品は、生保レディ、言い方を変えるなら生

命保険のおばちゃんの非効率な営業による販売商品というイメージが

定着し、男性が一生涯胸を張ってやる仕事ではないという世間的イメ

ージとなりました。

生命保険商品は、複雑でよく分からない。だから3分の2近い保険契約者

が、保険内容を不十分もしくはよく分からないと思っているわけです。

この辺に生命保険商品と営業の問題点が潜んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | 「新しい時代を創る経営者の会」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 世界最小の総合商社的経営論 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の折り返し地点、60年を振り返って | 人生の新発見 | 人生・その他 | 奇人変人の異見 | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 心の格差社会を考える | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最勝の総合商社的経営論 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誰でもできる超簡単健康法 | 趣味 | 速読法があなたの人生を変える! | 龍馬の如く生きる