クリエイティブに生きる

2020年10月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.4121【クリエイティブに生きる-42「固定観念を外す-2」 】


私の年代はメガネは目が悪くなったら仕方なくするもので、なんとなくかっこう悪いものというイメージでした。

しかし、その固定観念を打ち破ったのがガッキーこと新垣結衣の大ヒットドラマ「逃げ恥」でガッキーと共演した星野源でした。
逆にメガネを外した星野源を観ると何となく締まりがないイメージです。

メガネは格好悪いというイメージを払拭して急成長しているのがメガネのJINSです。田中仁社長は安価でファッション性の高いメガネ+ブルーライト防止等の機能をつけて大ヒットさせました。

メガネ業界は安売りで飽和市場と思っていたのですが、その固定観念を見事打ち破りました。メガネをファッションと捉えるなら、市場はいくらでも拡大していきます。

最近ではメガネの似合うタレントをよく見かけます。田村淳、そして山里亮太の赤い縁のメガネも印象的です。

女性では滝沢カレンが「滝沢カレンの何でも聞いて」という番組でメガネをけけて知的に見せようとしています。しかし、やはり彼女はメガネがない方がすてきです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダ駐在員時代に一番親しかった公認会計士のアンダーソン夫妻の、アンダーソン夫人がガンでなくなった旨娘のバーバラから手紙が今週届きました。

アンダーソン夫人は、メガネがとても似合う知的美人でした。
享年87歳、ご冥福を祈ります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

「マーキュリー通信」no.4117【クリエイティブに生きる-42「固定観念を外す」】


30年くらい前にフランスベッド社製のマッサージ機能付きのマットを購入しました。
船堀健康ランドの実演説明会で実際に自分も試して、快適でした。販売員の説明では軽いので部屋から部屋の持ち運びが楽とのことでした。50万円と高価でしたが、毎月1万円の割賦販売ということで購入しました。

しかし、いざ使ってみると、想像していたより重たく、部屋から部屋の持ち運びは結構面倒でした。また、ソファーをそのまま部屋に置いておくのも美観上の問題もあり、結局余り使われないままでした。

それ以来、マッサージチェアは場所を取るという固定観念があり、また、余り使わないと思っていました。

しかし、今年に入りコロナ禍の為、在宅ワーク中心となりました。その結果、時間的に余裕ができ、今年は4冊出版することになりました。

その分パソコンに向かう時間が増えたため、首と肩のこりが増してきました。

そこで、妻の提案により、今回マッサージチェアを購入しました。

設置場所は仕事部屋です。マッサージチェアを設置することで、他の収納棚等を移動し、部屋の中かが却ってすっきりしました。

1時間程度パソコン作業をした後に、マッサージチェアで15分間休憩をとり、リラックスする時間を入れることで、パソコンの仕事も効率よくできるようになりました。

固定観念を外すことで、いろいろなアイデアが湧き、より快適な仕事部屋に改造することができました。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

「マーキュリー通信」no.4115【クリエイティブに生きる-41「ズームで仕事部屋にイノベーションをかける」】


コロナ禍で今年はほとんど在宅ワークです。
それを救ったのがズームです。
5月のゴールデンウィーク明けからズームのホスト役を始めました。以来5ヶ月で60~70回は行いました。最大200名近くの方がセミナーに参加しました。

そこで、私の仕事部屋にイノベーションをかけました。

まず、パソコンの後ろにパーティションを設置し、部屋を2分割しました。
片方のスペースをくつろぎスペースとしました。

一方、在宅ワークで浮いた時間を活用して、執筆活動に力を入れ、今年は4冊出版することになりました。4冊目の「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」の原稿も書き終え、年内出版の運びとなりました。

しかし、パソコンに向かう時間が多くなり、どうしても首や肩が凝ります。
そこで、マッサージチェアを購入しました。
マッサージチェアで15分間首肩をマッサージしながらリラックスできます。同時に目の疲れも取ります。

また、著者在庫用本棚も新たに作りました。

コロナ禍のおかげで私の新しいワークスタイルが始まっています。

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

「マーキュリー通信」no.4076【クリエイティブに生きる-40「毎日のルートを変えることで新たな発想が生まれる」】


私の住むマンションは864世帯の大規模マンションです。
その為、エレベーターが10カ所、階段が10カ所、出入り口が20カ所ほどあります。

私は毎朝トレーニングの一環として13階の我が家から階段を1階まで降りて、18階まで1段おきに上っていきます。そして最後は13階の我が家まで降りてきます。

階段トレーニングでは毎朝そのルートを変えています。そのルートの数は10カ所x10カ所x20カ所を掛け合わせると、少なくとも2000通りとなります。

ルートを変えることで新しい発想が生まれてきます。

今朝は3時15分に目が覚めたので、そのまま起きて、急いでやる仕事とメルマガ「マーキュリー通信」を書き、それから階段トレーニングを始めました。

その時、急いで郵便ポストに入れる郵便物があったので、初めて正面玄関から出て、近くのポストまで投函しに行きました。


一方、夏場は暑いので、これまで2時間の運動(柔軟体操+筋トレ)をした後に、階段トレーニングをやっていました。

しかし、暑さ対策として、先に階段トレーニングをすることにしました。

すると違った光景が見えてきます。
これまではサラリーマンが忙しそうに出かけるシーンが多かったです。

今朝は、早朝なのでマンション内では誰とも会いませんでした。

しかし、外に出てみると、ジョギングの人や犬の散歩の人など違った生活習慣の人と出会いました。

外からマンション内の中庭に入るとなんとガマガエルと出逢いました!

また、新たな気づきとして今朝は日の出も観ることができました。

そこで今後は階段トレーニングを2時間の運動の前にすることにしました。

今後、日の出が遅くなるので、朝焼けを楽しむことができるようになります。その時間帯は自律神経に最適の時間帯です。

そして、すっきりとした気分で1日をスタートさせることができます。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「早起きは三文の得」と言いますが、毎朝5時に起きる私にとって、本日は2時間の得をした感じがしました。
その2時間で朝の仕事を片付けることができたわけですから、すっきりした気分で午前中の仕事に臨むことができます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

「マーキュリー通信」no.4066【クリエイティブに生きる-39「引き算の発想でビジネスを成功させる」】


世の中の商品はいろいろな機能が満載され、その為却って使いづらくなっています。

スマホなど最たるモノで、私の場合、通話以外にLINE、ズーム、インターネット、電子書籍、スケジュール管理等せいぜい10くらいです。機能を大幅に絞り込み、安い値段にして欲しいと思っています。

このように世の中の商品の通常の発想は、足し算の発想です。

一方、費用対効果を考えて、必要最低限に絞り込む引き算の発想で成功しているビジネス・モデルもあります。

駐車場に行くと料金ゲートがあります。駐車すると駐車料金を精算するまで、ロックされて車を出せない仕組みになっています。

しかし、律儀な日本人、99%の人が駐車場料金を払っているというデータがあるそうです。

それなら1%の不心得のユーザーの為に数百万円もする料金ゲートとロック機能をつけなくても良いことになります。
その分、駐車料金を値下げしてユーザー還元した方が喜ばれます。
また、駐車する際の手間も楽になるので、ユーザーは歓迎して、このビジネス・モデルが大ヒットしているそうです。

引き算の発想を取り入れることでいろいろなビジネス・モデルや商品が浮かんできます。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

「マーキュリー通信」no.4064【クリエイティブに生きる-38「ちょっとした一工夫を加えることで大ヒットにつながる」】


若い人は知らないでしょうが、1980年代頃迄はカラオケは8トラックというテープで歌っていました。
一方、スナックでは8トラックもしくは演奏付きで客が歌っていました。
その後、現在のやり方に変わってきました。
しかし、スナック等でアカの他人の素人の歌を聞くのが嫌な人も多数いました。
また、狭い日本の家屋では、隣家に迷惑をかけるので思いきり声を出して歌うのが厳しい状況です。

そこで、個室で周りに迷惑をかけずに、思い切り歌えるカラオケボックスが登場しました。

ユーザーのニーズを取り入れると、新たな発想が生まれます。

現在コロナウィルスを気にしてカラオケボックスに行くのを躊躇している人も多いと思います。
しかし、店側の方がもっと大変です。もし、コロナウィルス感染者が出たら、閉店となってしまいます。
入店時は、検温をし、手の消毒、そしてマスク着用が必須です。

私もマスク着用でマイクから離しながら唱うので大丈夫です。
私はカラオケ館のファーストクラスの会員なので、毎回ファーストクラスの豪華な雰囲気で一人カラオケをしています。
先日も、ビートルズの歌を2時間唱いまくり、ストレス解消しました。大画面がダブルになっているので、迫力も倍増でした ( ^)o(^ )

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

1990年代の前半、三井物産の情報通信事業部で新規事業の責任者をしているときに、米国ベンチャー企業マルチメディア社に出資し、同社の画像圧縮技術の販売促進をしていました。

同社の画像圧縮技術を使って、カラオケに転用することも可能でした。
しかし、今のカラオケの技術と比べると、技術的にも遙かに幼稚なモノでした。

あれから30年近く経ち、IT技術の長足の進歩を実感しています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

「マーキュリー通信」no.4062【クリエイティブに生きる-37「発想の転換が大ヒットにつながる」】


夏に一番人気の食べ物といったらスイカでしょう。栄養が豊富で夏ばて対策にも良いです。
しかし、そのスイカの消費量が年々減少しているそうです。
その理由は、大きくて冷蔵庫に入りにくいことと、種があることだそうです。

そこで、種なしスイカの開発に農家はしのぎを削っているようです。しかし、言うは易し、行うなうは難しいそうです。
そこで、種なしを諦めて、現在の種の3分の1の大きさの品種を開発したそうです。
その結果、種を食べることができるスイカが完成しました。

そして、大ヒットにつながっているそうです。

| | コメント (0)

2020年7月15日 (水)

「マーキュリー通信」no.4033【クリエイティブに生きる-38「乙女心をつかんで人気観光駅に」】


鳥取県八頭郡智頭町大内にあるJR智頭急行智頭線の駅恋山形駅は1日の乗降客がわずか3名の廃駅寸前の駅でした。

しかし、恋に来いの想いを託して、駅舎を全てピンクにしました。
駅の看板はピンクのハート形にしました。
春には芝桜を植えて、色を添えました。

インスタ映えするので口コミで若い女性がどっと押し寄せて、恋の観光スポットになったそうです。

まさに若い女性のハートをつかんだようです。

発想次第で商売繁盛のネタはいくらでもあるのですね。
http://www.chizukyu.co.jp/chizukyu/syaryou_eki/eki/koiyamagata/

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

「マーキュリー通信」no.4008【クリエイティブに生きる-36「料理で右脳を鍛える」】


3ヶ月近く在宅勤務中心の生活をしているので、妻も料理等で大変で結構ストレスが貯まっているようです。

そこで、時々私が料理をします。

私の料理方法は、極めていい加減。思いつきで取りかかります。
まず冷蔵庫、冷凍の中を開けて、料理を決めます。

昨夜は、キュウリ、にんじん、タマネギ、ピーマン、キャベツが傷みかけていたので、それらをフライパンに入れて、料理することに決めました。
野菜の切り方は、その時時によって変えていますが、今回は比較的大きく角切り中心にしました。

味付けは、トマトの缶詰が見つかったので、それをベースにしました。

肉類は、冷凍庫を開けたらベーコンが見つかったので、それを解凍して最後に投入しました。

味付けは塩こしょうで決めます。

味見をしなくても毎回ぴたっとほどよい味加減に決まります。

レシピなしでかなりいい加減なやり方ですが、これが「オレ流」で、失敗したことはありません。毎回合格点です ( ^)o(^ )

ふだんは左脳中心の生活ですが、料理の時は、自動的に右脳に切り替わります。

右脳活性化で新たなインスピレーションが湧き、これもまた楽しいひとときとなります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

小学校5~6年の時に、家庭科で料理と裁縫を習いました。

私は料理は好きでした。今でもその時に作ったこふきいもとカレーのおいしい味を鮮明に覚えています。
三つ子の魂百までという格言がありますが、それが今でも続いています。

一方、裁縫では運針用布に針と糸を通すのですが、これがジグザグとなり、不合格でした。
今でも裁縫は苦手です(^人 ^;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

「マーキュリー通信」no.3999【クリエイティブに生きる-35「性質を変えると新たな発見に結びつく」】


ステンレスは磁石ではつきません。

ところがステンレス製のフォークの先端に磁石を近づけると吸い付きます。
これはステンレスに力が加わると、その部分に鉄イオンが発生し、磁石を吸い寄せる働きをするからです。

ある用途で購入した商品でも、違った用途にしようと考えると様々な用途が湧いてきます。

40年近く前カナダに住んでいた頃、37cm角のスツールは、重たくて使い道がないので、捨てようと思っていました。

一応取っておくと、その都度いろいろな用途に使われ重宝しています。

今は、衣替えした仕事部屋のテーブルとして機能しています。
もちろん高いところのモノを取るときの踏み台として使う用途は今でも重宝しています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる