クリエイティブに生きる

2017年8月 1日 (火)

「マーキュリー通信」no.3255【クリエイティブに生きる-10「メルマガで発想力を鍛え る」】

私のメルマガは過去13年間で3200回以上発信しています。

私のメルマガスタイルは、日々活動していますので、そこから入ってくる五感情報が私

の脳にヒットします。するとキーワードがインスピレーションとして降ってきます。
そのキーワードをメモに書き留め、キーボードの指を置くと自然と文章が出てきます。

実はこの作業は発想力を磨くには良いです。

発想は自分の過去の経験に基づき、それが新たな出来事、情報と反応して出てきます。

私の場合、脳の中に無数の情報の小箱がある感覚です。

この無数の小箱から情報を頻繁に取り出すことで、自然と発想力が磨かれます。発想し

たモノは実践することで更に記憶として明確になっていきます。

このトレーニングをパソコン上で行っているので、キーボード操作が自分の体の一部と

して反応するようになって来ます。

従って、紙に文字を書こうとしても文章が湧いてきません。同様にスマホで文章を書こ

うとしても文章が湧いてきません。

アウトプットする媒体も重要であることが分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

「マーキュリー通信」no.3130【クリエイティブに生きる-9「第3の道を考える」】

今年のNHK大河ドラマは「おんな城主直虎」(柴咲コウ主役)です。

これまでの恒例を破り初回から第4話までは子役新井美羽が好演しています。

昨日の第3話では、今川義元から井伊家は人質としておとわ(直虎の幼少名)を差し出す

ように要求されます。

父、井伊直盛はその命令に従わざるを得ません。もし、一人娘おとわを人質に差し出し

たら、跡取りのいない井伊家はお家断絶の危機に陥ります。

おとわは、大叔父南渓和尚に相談します。

南渓和尚は、おとわに「第3の道を考えよ」とアドバイスします。

おとわは、考えた末、突然髪の毛をはさみで切り落とします。そして、「出家する」と

宣言します。

おとわのこの突拍子もないアイデアで、井伊家はおとわを人質に差し出すことを免れま

す。

おとわの機転で、井伊家はお家断絶を免れます。頭が固い大人にはない発想でした。

法名は、和尚の配慮で男子名「次郎法師」とし、いつでも還俗できるようにしました。

「おんな城主直虎」第3話から、世の中には、yes or noで判断する以外に、第3の道を考

えると新たな道が開けることの重要性を学びました。

これが創造力の原点といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

「マーキュリー通信」no.1659【クリエイティブに生きる-8「企画力と判断力は両立しない」】

日々の業務の中で、様々な判断を求められます。その時は、左脳が働いています。

一方、企画力の場合、創造性が求められます。この場合、主として右脳の方が働きます。

従って、企画力と判断力は両立させることは難しいと言えます。日々忙しく各種判断をしている最中には、あまりアイデアは湧いてきません。

入浴中に、何かインスピレーションが湧く時、判断業務をしていないはずです。歩行中に何かアイデアが湧く時、判断業務をしていないと思います。

企画力と判断力を別々に鍛えることで、あなたの右脳と左脳は強化されます。Dsc00950_2

日頃忙しくしていて、なかなかアイデアが湧いてこない人は、多忙な業務からいったん解放され、ゆっくりと落ち着く場所や時間を設けることをお薦めします。

それが人によっては、入浴中であったり、トイレの中だったりします。私の場合、月1回池袋サンシャインの前にあるタイムズスパでリラックスすることで、様々なインスピレーションを戴けます。

本シリーズは、「創造の法」(大川隆法総裁著、幸福の科学出版)のp39~45を参考に書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1659【クリエイティブに生きる-8「企画力と判断力は両立しない」】

日々の業務の中で、様々な判断を求められます。その時は、左脳が働いています。

一方、企画力の場合、創造性が求められます。この場合、主として右脳の方が働きます。

従って、企画力と判断力は両立させることは難しいと言えます。日々忙しく各種判断をしている最中には、あまりアイデアは湧いてきません。

入浴中に、何かインスピレーションが湧く時、判断業務をしていないはずです。歩行中に何かアイデアが湧く時、判断業務をしていないと思います。

企画力と判断力を別々に鍛えることで、あなたの右脳と左脳は強化されます。Dsc00950_2

日頃忙しくしていて、なかなかアイデアが湧いてこない人は、多忙な業務からいったん解放され、ゆっくりと落ち着く場所や時間を設けることをお薦めします。

それが人によっては、入浴中であったり、トイレの中だったりします。私の場合、月1回池袋サンシャインの前にあるタイムズスパでリラックスすることで、様々なインスピレーションを戴けます。

本シリーズは、「創造の法」(大川隆法総裁著、幸福の科学出版)のp39~45を参考に書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

「マーキュリー通信」no.1653【クリエイティブに生きる-7「アイデアを数多く出し、それを熟成させる」】

仕事に集中していると、いろいろなアイデアが湧いてきます。
アイデアの出方も、その人の経験によって異なってきます。

私の場合、ジェネラリストとしていろいろな職種を経験してきたので、様々な方面から出てきます。
又、関連書籍を読むことで、その書籍からもいろいろなヒントを得られます。

歩いている時、電車に乗っている時、入浴中等様々な状況の中でアイデアが湧いてきます。そのような時、不要な名刺の裏にキーワードを書き留めておきます。後ほど、そのキーワードを見ると、キーワードからアイデアが湧き出してきます。

アイデアが出たら、次は実践してみることです。実践してみないと、そのアイデアが生きたアイデアなのか分かりません。実践を通じて、修正をかけたりしながら、そのアイデアが現実的なものとなって来ます。

この習慣を付けることで、クリエイティブな人生を生きることができます。Dsc00773_2

※本シリーズは、「創造の法」(幸福の科学大川隆法総裁著 幸福の科学出版 1890円)のp30~33をヒントに書いています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

3月11日に発生した東日本大震災の傷跡はまだまだ癒えない状態ですが、被災地で亡くなられた方のご冥福を心からお祈りします。
又、避難民の方々の一日も早い復旧を心より祈念申し上げます。

さて、早いもので新年度入りしました。

現在日本国中に自粛ムードの風が吹きあれていますが、被災者に気を使いながらも、我々はそろそろ自粛ムードから解き放たれ、どんどん稼ぐ方向へとシフトしていくことも大事と考えています。

我々は稼ぐことにより、震災復興の為の莫大な資金重要の一助になればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

「マーキュリー通信」no.1633【クリエイティブに生きる-6「仕事でも、家庭でも創造性発揮の余地は充分にある」】

ハーバード大学の調査で、会社をクビになった人の6割以上は、人間関係がうまくいかなくなって会社を辞めざるを得なかったそうです。

人間関係がうまくいかない最大の原因はコミュニケーション不足です。

お互いに自己主張して、感情的に対立して、人間関係を悪化させることが多いです。
このような時、創造性を発揮する余地は殆どありません。

逆にお互いに相手の言い分を聴くことで、新たなアイデアや企画が沸いてきます。人は、相手から認められると、気分が良くなり、アルファ脳波がたくさん出て、アイデアがどんどん湧いてくるものです。

又、人というものは、相手が自分の主張を半分聴いてくれた場合、殆ど聴いてくれないと思い、欲求不満を持ちます。
おおよそ8割程度聴いてくれて、丁度半分程度聴いてくれたと思うものです。

日常仕事をしていて、こちらの主張を絶対通さなければならないという程重要なものは殆どありません。

従って、私は、相手の意見と違う場合、殆ど相手の意見に合わせることにしています。

これは家庭についてもいえます。Dsc00777

我が家では、私は妻の主張を殆ど受け入れています。妻からの相談事に関しては、妻の意見をまず聴きます。そして、概ねその意見を支持します。

菅谷家にとって重要な事項で、主婦の視点、観点では判断できないような大きな事に関しては、私が判断し、決断を下します。

このような姿勢で臨んでいると、いくらでもアイデアが湧いてきます。これが創造性を発揮する源と思っています。

※本シリーズは、「創造の法」(幸福の科学大川隆法総裁著 幸福の科学出版 1890円)のp25~27をヒントに書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

「マーキュリー通信」no.1620【クリエイティブに生きる-5「固定観念を取り払う」】

創造性を妨げる最大のものは固定観念です。

あなたの現在考えていることは、あなたがこれまで生きてきた経験と教育、社会常識、社会情勢に他ならないわけです。

時代劇を見て、その時代の考え方を異質に受け止める人は多いと思います。
しかし、現代のあなたの考えていることも、50年先の人から見たら、異質と思われているかもしれません。

それよりも大多数の外国人から見たら、現在の日本人の言動を奇異に感じているかもしれません。

今年のNHK大河ドラマ「江姫」も、前作「龍馬伝」同様非常に面白いです。

江姫の伯父、織田信長は次々と独創的なアイデアを出し、それを実践し、天下人寸前までのところまで来ました。これは信長が固定観念を持たなかったからです。

その信長ですら、「自分の家来は自分を殺さないものだ」という固定観念を持っていたのかもしれません。

固定観念は、このように最悪の場合、自らを死に至らせることになります。これがトップリーダーであればあるほど、会社に与える影響力が大きくなります。

現代で言えば、菅首相がそれに当たります。

社会主義は「善」との固定観念に囚われ、ばらまきを主体とする社会主義政策を次から次へと実施し、国家の借金を雪だるま式に膨らませています。

社会主義政策は、国が高度成長期にある時に、所得の再分配により、行き過ぎた貧富の格差を是正するときにのみ有効です。

右肩下がりの少子高齢化社会では、全くの間違った政策であることに気づかなければいけないのに、固定観念に縛られた首相の下で治められている日本国民は実に不幸といえます。最大の不幸社会が進行中です。

菅首相は、内閣支持率が7%になっても辞めないと言ったそうです。しかし、利権構造を断ち切ったりして、国民の為の政策を実施をする過程で業界団体から反発を受け、その結果の低支持率なら意味があります。

しかし、政権延命が見え見えの結果の支持率低下は、自ずと話が違います。私の周りの経営者、ビジネスマンで、お世辞にも民主党政権を評価する人は皆無だということを本人も素直に耳を傾けるべきと思います。

※本シリーズは、「創造の法」(大川隆法著、幸福の科学出版1890円)をヒントに書いています。今回は、p28からのヒントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

「マーキュリー通信」no.1598【クリエイティブに生きる-4「異質なものを組み合わせる」】

異質な組合せをすると新たなものが生まれてきます。

私の所に、頻繁に新しい商材が持ち込まれます。IT、環境、健康、経費削減等様々な商材が持ち込まれます。

その度毎に、世の中の新しいビジネスの種、芽を知ることができます。

一方で、商材を持ち込む方の中小・ベンチャー企業経営者は、それぞれの分野から物事を見ています。

私の場合、各種商材の組合せ、シナジー効果等も考えます。異質な組合せを絶えず考える習慣をつけていると、新しいアイデアが頻繁に浮かんできます。
私はアイデアノートを作り、思いついたことはアイデアノートに書き留めておくことにしています。

そして、都度そのアイデアが実行できたかどうかもチェックしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

「マーキュリー通信」no.1593【クリエイティブに生きる-3「インスピレーションの本質とは」】

私自身60歳を過ぎても勉強する習性が続いています。

高校受験に失敗した私は、その原因が勉強をあまりやらなかったことを反省し

て、大学受験では猛勉強しました。

そのかいあって、第1志望校である一橋大学商学部に現役合格できました。そ

の時の青春の原体験が現在まで継続しています。

勉強しないと自分が堕落していく不安感がある一方で、勉強することにより多

くの学びを得ることができ、自己成長の喜びを感じることができるからです。

その過程でインスピレーションが湧いてきます。創造の芽は、ふだん日頃の努

力精進の中から生まれるものと思っています。

これが創造的な人生を送る基本と思っています。

本シリーズは、昨年出版されミリオンセラーとなったベストセラーNo.1の書「創造の法」(大川隆法著、幸福の科学出版1890円)をヒントに書いています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

良書は、何度も読み、実践していくことで身についてきます。

私の場合、boblog「マーキュリー通信」に書く事で、理解を深めていっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

「マーキュリー通信」no.1529【クリエイティブに生きる-2「Be Positive」】

Be Positiveとは、人生を前向きに、積極的に生きることを意味します。この姿勢で生きていく限り、人生は好転し、クリエイティブな人生を生きていくことができます。

クリエイティブな人生を生きていくと、新たな発見に度々出会います。

そして、それが喜びに変わっていきます。

私自身今年も新たな発見に度々出会いました。新たな発見の前には、経

験が伴います。

やはり経験することで、自己向上が図れます。今年も後残すところ1ヶ月強ですが、大きな学びをたくさん得ました。今年1月と比べたら、又、一段と自己成長していることに気づきます。

これはいつもBe Positiveに生きているからと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

シリーズ「クリエイティブに生きる」の第1回目を書いたのが8月22日でした。その後シリーズで書く予定でしたが、余りにも多くの出来事が起こるので、後回しになってしまいました。

シリーズ「クリエイティブに生きる」は、本年のベストセラー書「創造

の法」(大川隆法総裁著、幸福の科学出版)から学び、体験したことを記載しています。

今年から、このような読書方法も自分自身の知的財産を身につける意味で役に立つと思い始めました。

この読み方で、書籍を立体的に、多角度から読み、身につけることができます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誕生日に思う | 趣味 | 速読法があなたの人生を変える! | 龍馬の如く生きる