クリエイティブに生きる

2018年7月29日 (日)

「マーキュリー通信」no.3507【クリエイティブに生きる-20「毎朝の順路を変えると、新たな 発想が湧いてくる」】

毎朝、1時間以上の運動後に、13階の我が家から階段を降りていき、マンション内を散策してから18階まで一段おきに上り、最後は13階の我が家まで階段を降りて帰ります。

864戸の大規模マンションなので、私が住むA棟だけで5つの階段があります。

そこで毎朝いろいろな階段を使います。18階まで同じ階段を使うのは結構しんどいです。そこ

で、5つの階段を使うと楽々と18階まで上ることができます。

又、違った階段を使うことで異なる景色をエンジョイできます。18階から眺める景色も楽しい

です。

違う棟の住戸を見ながら眼筋力のトレーニングにも利用しています。

一方、マンションの出入り口は10箇所以上あります。こちらも毎朝異なった出入り口を使うこ

とで様々な光景と出会います。
マンション内住民との出逢いもあります。「おはようございます。」と声を掛け合い、すがす

がしい気分になります。中には子供を連れた育メンパパもいて、時代の流れを感じます。

そこで脳が刺激を受け、いろいろなアイデアが湧いてきます。

階段昇降トレーニングもこのように工夫を凝らしながらやると楽しみながらできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

「マーキュリー通信」no.3503【クリエイティブに生きる-19「心の中から湧き上がってくるも のを大切にする」】

私は本来左脳型人間ですが、それでも時々インスピレーションが湧いてきて、それを大事にしてそれに従って行動することが多いです。

このインスピレーションは、真剣に取り組めば取り組むほど良く湧いてきます。

今は両親の介護問題で忙殺されていますが、真剣に取り組んでいるといろいろな協力者が現れ

、それを素直に受け止め、感謝の気持ちで接していると、次から次へとインスピレーションが

湧いてきます。

基本は逃げないで現実を直視しながら対応する、そして利他行です。両親に対する感謝の思い

を最期まで貫くことと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.3500【クリエイティブに生きる-18「コップに水が半分入っているを どう解釈するか?」】

多くの商品、サービスがコップの水がなくなっていくように廃れていきます。

コップの水が半分なくなっているときに世間の人はその存在に気付き始めます。

今から30年ほど前に携帯電話が世に出たとき、ショルダーホンの時代でした。

高い料金、重い、通話地域が限定されていると三重苦の商品でした。当時、誰が子供まで携帯

電話を持つ時代が来ると想像したでしょうか。又、スマホの存在など想像すらできませんでし

た。

今、私は個人、中小企業向けの福利厚生サービスの構築の事業に全力で取り組んでいます。

いまだ世間の大半の人は、福利厚生サービスは大企業のものという認識です。

しかし、私は今後福利厚生サービスは個人や中小企業にも普及していくと思っています。なぜ

なら福利厚生サービスは、個人や中小企業も必要としているからです。これを潜在需要といい

ます。

このニーズに半分の人が気付いた時点で、即ちコップの水が半分になったときに、個人、中小

企業向け福利厚生サービスは一気に急成長していくと予想しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今回でメルマガを発信して丁度3500回です。

皆さんからいろいろな角度で感想を頂きます。それが参考になり、メルマガ発信力の源泉とな

っています。

これからもご支援よろしくお願いします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

「マーキュリー通信」no.3495【クリエイティブに生きる-17「異なった価値観から学ぶ」】

最近は若い人が穴あきのジーンズを履くのがすっかり定着したようです。

しかし、私の年代では、破れたジーンズは貧乏人の象徴だったので、私には破れたジーンズを

履く勇気はありません。

ただビジネスの切り口で捉えるなら、全く異なった価値観からいろいろなヒントを頂きます。

彼等のものの考え方、価値観、視点から捉えると様々なアイデアが湧いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

「マーキュリー通信」no.3477【クリエイティブに生きる-16「臨機応変に応じて柔軟な発想を する」】

大会場のセミナーに参加したとき、途中の休憩で一番混み合うのがトイレです。男性の場合、

大と小に分かれています。

大半の男性は大で用を足す人に対する心遣いから空いている大便器を使わずに、小便器の前で

長蛇の列で待っていることが多いです。

又、自分だけが大便器に行く勇気を持てずに、小便器で待っている人もいるようです。

そんな時私は大便器の方に向かい、用を足してきます。

その後皆さんどどっと大便器を使い始めます。

セミナーの休憩時間は限られているので、その時の配慮は一人でも多く早く使えるようにする

柔軟な発想が大切と思っています。

柔軟な発想を持つことで、自分の固定観念を外すことができ、新たな発想、アイデアが湧いて

きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

「マーキュリー通信」no.3474【クリエイティブに生きる-15「放物線の魅力」】

NHKの番組で放物線を放映していました。

放物線の存在を中学や高校の数学で学んだこをと思い出しました。

どんな物体、ボールでも箱でも、強く投げても弱く投げても、高さにかかりわりなく放物線は

、同じ軌跡を描きます。体操選手の宙返りもきれいな放物線を描きます。
その描く弧が小さいか大きいかの違いはありますが、重ねてみるとピタッと一致します。

放物線は数学の方程式で正確に表す事ができます。

更に放物線の形はとても神秘的であり、美しいです。まさに神の創った造形美とでもいえます

そして、放物線を眺めていると、いろいろなアイデアが湧いてきます。

ふと中学時代の頃にタイムスリップしている自分を発見しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

「マーキュリー通信」no.3470【クリエイティブに生きる-14「必要は発明の母」】

今度の新居は35年ぶりの借家です。

新築の新居には非常に満足していますが、ただ1つ借家のために、釘、画鋲の類いを壁に刺すこ

とができないのが困っている点です。

そこで、壁に釘、画鋲を使わない工夫をインターネットやホームセンター、百均で調べ、壁に

ダメージを与えない方法を考えました。

幸い、新居ではキッチンや浴室の壁がマグネットになっているので、それを活用して、ポスタ

ー、カレンダー等を掛けました。

又、今回絵を掛けるためのピクチャーレールがあることを知りました。その為のワイヤーもホ

ームセンターで購入しました。

借家人になり違う視点でいろいろなことを見ることができ、そこから新たな発想がわいてきま

した。

「必要は発明の母」とは、実に妙を得た言葉と実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

「マーキュリー通信」no.3453【クリエイティブに生きる-13「新たな発見」】

新居のマンションでは毎朝13階の自宅から階段を降りて、ポストをチェックした後に階段を1段おきに上っていきます。

その時に新たな出遭いや発見があります。

エアコン室外機のホースの先に細い溝があります。その細い溝は廊下の端の浅い排水路へと繋がっています。

一昨日から雨ですが、こうして廊下に雨が溢れないように排水路を伝ってスムーズに流れるようにしています。

こうした住民のニーズに沿った細やかな配慮は新たな商品化のヒントとなります。

一方、この時間帯には1階で通勤に出かける人と出会いますが、「おはようございます。」と

お互いに越を掛け合うだけで気分が爽やかになります。

更に、このマンションは小学生が非常に多いです。小学生とも「おはよう!」と声を交わし、

「学校まで歩いて何分?」とか会話を交わすだけで元気を頂きます。

こうして爽やかな1日がスタートします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

「マーキュリー通信」no.3402【クリエイティブに生きる-12「自分のもつ悩みをアイデアに変える」】

悩みのない人はいないと思います。悩んでいるだけでなく、その悩みの中に次の飛躍へのアイデア、ヒントが隠されていると考えるとどうでしょうか。

経営者を目指して起業したが倒産してしまった。その倒産の中からどういう場合に失敗し、どういう場合に成功するかを実体験として経験します。そこから経営コンサ

ルタントとして立ち上がった人もいます。

人一倍健康だった人が或る日突然大病を患い入院を余儀なくされる。入院中にこの時間は神様が自分に与えてくれたプレゼントと考える。そして、これまでの人生を振

り返り、次の飛躍を考える。

自分の悩みをノートに書き出してみると良いです。最低10個は出てくるはずです。その悩みの中から商売のネタ、人生好転のヒントが出てくるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

「マーキュリー通信」no.3336【クリエイティブに生きる-11「身近な商品からヒント を得る」】

カッターナイフは、板チョコをパリッと割るところをヒントに作られたそうです。

この横展開の発想を持っていると、自分の仕事の改善に役立ったり、新たなビジネス創

造のヒントになります。

最近の私の事例では、ヘアートニックのキャップを使って、小物整理に使っています。

キャップは全部で6個ですが、これに糊、消しゴム、リムーバー、コードレスイヤホン

等を入れています。

更にはサプリメントの空瓶を鉛筆、ボールペン立てに使っています。

これで机周りがすっきりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 生涯現役社会が日本を救う | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誕生日に思う | 趣味 | 龍馬の如く生きる