ワンポイントアップの人間力

私の「活私豊幸」=「自分を活かしながら人生の途上で出会った人々をいかに豊かに幸福にできる人間でありたい」 人生で学んだことを書いています。

2017年7月14日 (金)

「マーキュリー通信」no.3242【"ワンポイントアップの人間力-115「自己顕示欲の功罪 」 】

【"ワンポイントアップの人間力-115

「自己顕示欲の功罪」】

過去13年間で、約50のカテゴリーに亘り3千回以上メルマガを書いていきました。
過去の記事は、下記URLからご覧いただけます。
http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/

◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

自己顕示欲は自己成長には必要です。

丁度今ひまわりが咲き誇っています。ひまわりは太陽の方向に向かってまっすぐ伸びて

います。そして、あの明るい黄色の美しい様が人々を元気づけてくれます。
しかし、あまりひまわりだけが密集して成長していくと、丈の小さな植物の生長の妨げ

になります。

自己顕示欲もこれと同様です。自己顕示欲が余りにも強烈になると周りから迷惑がられ

てきます。そして、空気を読めなくなっていきます。

この自己顕示欲のコントロールは謙虚さです。

絶えず謙虚さを忘れず、周りと調和しながらいくと、ひまわりのように周りを元気にし

ながら人々を引っ張っていくことになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

好評発売中
◆「あなたの人間力10倍アップの極意」
http://www.mercury-b.com/n10/index.html

============================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

「マーキュリー通信」no.3233【"ワンポイントアップの人間力-114「トイレの効用」】

我が家のトイレには相田みつをの日めくり暦が飾られています。

本暦の冒頭に、道元禅師の教え「便所は仏道修行者にとって大事な場所のひとつです」

が記載されています。
トイレを汚さずきれいに使うことは、即ち心の修行に繋がります。

本日のメッセージは「そのときの出逢いが」です。

今年も半年が過ぎ、多くの人との出逢いがありました。

自分と価値観の違う人と出会うことは、その分学びになり、自分の向上に繋がります。

そして知らない内に人間力のアップとなっていきます。

この価値観の違う人をどれだけ受け容れるかによって、包容力も上がっていきます。

中には価値観がかなり違い、自分には受け容れがたい人もいます。それは無理して受け

容れることはないと思います。

一方、価値観と価値観がぶつかることがあります。人によってはこれを怒りに変え、衝

突したりします。

これは心の修行からするとマイナスです。こういう価値観の人もいるのだと理解すれば

、怒りも自然と出てこなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

「マーキュリー通信」no.3212【ワンポイントアップの人間力-113「目に見えないもの を信じる素直な心が人間力アップに不可欠」】

時々「目に見えないもの以外は信じない」という人に出会います。

しかし、大宇宙の中から見た地球は豆粒以下の大きさです。

現代科学で解明できた事実は、大海の水の一滴にも及びません。
又、人が一生のうちで経験することなど、大海の水の一滴の1000兆分の1程度の知識にも

届かないかも知れません。

従って、「目に見えないもの以外は信じない」という人は、それだけ可能性を閉ざして

しまうことになります。

この世のあらゆる事象は神仏が創ったモノと理解すると全ての謎が解けてきます。現代

科学もその謎解きに向かって進歩発展していることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

「マーキュリー通信」no.3191【ワンポイントアップの人間力-111「成功していく人の 特長とは?」】

人生の途上で様々な人と出会います。
「いやー、この人すごいな!」という人にも出会います。

実はその瞬間、その人に対する劣等感を感じています。それならその人のようになりた

いと思い、その人のようになるように努力していけば良いのです。

一方で、嫉妬心を感じる相手もいます。

実は嫉妬心を感じる相手は、自分がこうなりたいと思う憧れの対象でもあります。従っ

て、自分もその人のように実力を磨いていけば良いのです。

但し、同じ憧れでも、イチローには嫉妬心が湧きません。これはイチローのようになり

たい思うわけでもないし、なれるわけでもありません。遙か雲の上の存在だからです。

又、自分が努力していく分野ではないからです。フィールドが異なります。

このように成功していく人の特長とは、一見マイナスと思えることでも、プラスのエネ

ルギーに転化していくことができる人です。

マイナスのエネルギーをプラスに転化し、昇華していく過程の中で、その人の人間力は

知らない内にアップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

「マーキュリー通信」no.3184【ワンポイントアップの人間力-110「自己顕示欲vs自己 嫌悪」】

自己顕示欲は、人が成長していく時に必要です。
目標を掲げそれに向かっていく時に他人から見ると自己顕示欲と映ることもあります。

それが強くなりすぎて周りの人の鼻につき始めると、つまり「俺が、俺が」が強くなり

すぎると相手から敬遠され始めます。

それを気付かせてくれるのが自己嫌悪です。
人は時折、「あー、ちょっとやりすぎちゃった!言い過ぎちゃった!」と自己嫌悪に陥

ったりします。

この自己嫌悪により行き過ぎた自己顕示欲をセーブしてくれます。

これに気付かず、自己顕示欲をむき出しに突き進むと人は離れていくことになります。

そして、いつの間にか心の中で裸の王様の状態となっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

「マーキュリー通信」no.3179【"ワンポイントアップの人間力-109「詐欺師に対してさ え相手中心に物事を考えると腹も立たなくなる」 "】

長い人生を生きていく時に様々な人と会います。中には詐欺師にも出会います。

最近も詐欺師と会い、私自身相当の損害を受けました。

しかし、相手中心に物事を考えると腹も立ちません。

彼は私を始め周りの多くの人を裏切り、その結果信頼関係を断ち切ってしまいました。

彼の心の中は穏やかでないはずです。心の中は地獄の状態です。

そしていつの間にか裸の王様となり、自分が破綻、破滅の道に突き進み、お金より人と

人との信頼関係の方が大切なことに気付くことでしょう。

生きている内に自分の間違いに気付けばまだ幸いです。

しかし、それに気付かずあの世に行くと、三途の川を渡れずに地獄の世界へと堕ちてい

きます。

そして、生前の自分の過ちを反省させられます。その時の苦しみの方が遙かに大きいこ

とに気付かされます。

こう思うと詐欺師の相手にさえ「ご苦労様」という気持ちが湧いてきます。

一方自分に対しては、自分の甘さを鍛えてくれた砥石のような役割を果たしてくれた彼

に感謝の念さえ湧いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

「マーキュリー通信」no.3167【ワンポイントアップの人間力-108「心も偏らない栄養 摂取が必要」】

国会では安倍首相及び昭恵夫人を巡る森友学園が問題となっています。
これらを巡る政治家のやりとりを見ていると、私の目からは皆心の栄養が偏っているな

と感じます。

一方で、森友学園の教育方針には賛同できます。戦後廃止されタブー視されている教育

勅語を子供に教えることは心の栄養摂取においては非常に良いと思います。

「教育勅語」を採り上げると、直ぐに悪しき戦前教育の復活と猛反対を受けます。

私は彼等はつくづく心の栄養が偏っているなと感じます。

「教育勅語」を子供が読むことで、心の栄養を吸収し、素晴らしい人格形成に役立ちま

す。

もちろん戦後の現代事情に合った形に一部修正することは必要と思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.3164【ワンポイントアップの人間力-107「後生への最大の置 物を遺す」 】

内閣府の経済社会総合研究所から「社会保障を通じた世代別の受益と負担」というディ

スカッション・ペーパーが出ています。

これによると年金、医療、介護の3制度の生涯純受給率は1955年生まれ以降の世代は払い

損となり、その格差はどんどん拡大していき、2015年生まれは△13.2%となっています


しかし、これは国の外郭団体の数字なので、そのまま鵜呑みにする人は殆どいないと思

います。

それより政府や官僚が社会保障制度を構築すると、そこにはムダと利権構造が発生し、

赤字は際限なく膨らんでいきます。

そこで私は社会保障制度に頼らない仕組みを構築することを考えています。

それは生涯現役人生を送る仕組みを作っていくことです。つまりアクティブシニアを生

涯現役として社会に参加する仕組みです。

この仕組みを作れば、少なくとも介護と医療費で負の遺産を残す事ことは減少していく

ことでしょう。

本日はヨーガスクールの経営者と会いました。ヨーガスクールのインストラクターにシ

ニア層がなり、シニアに健康を伝えていく。これも生涯現役人生を送る仕組みの1つです


私自身日々いろいろな人と会っています。その人達から学ぶことが多いです。

後はその仕組みを推進する収入を得ることです。その収入を得る仕組みも着々と構築し

ています。

こういう仕組みを作り、後生への最大の置物として遺していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

【ワンポイントアップの人間力-106 「冬の厳しさを通り抜け、その先に春の芽の息吹が感じられる」】

冬の厳しい気候から漸く春らしい陽気となって来ました。

「春の来ない冬はない」の通り、冬の厳しい気候の中で、植物は新芽を吹き出す準備を

しています。

人生もそれと同様です。いろいろな艱難辛苦(即ち厳しい冬)を乗り越え、人間的に磨

かれ、人間的にたくましくなっていきます。
それがない人は、人間的に浅い感じがします。

社会人になって丁度45年経ち、実に数多くの人との出会いがありました。そのことを実

感します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

「マーキュリー通信」no.3161【ワンポイントアップの人間力-105「人生を振り返ると 夢幻であることに気付く」 "】

昨日のメルマガで、人生の選択は自分の魂の傾向性に従い行っていることをお伝えしま

した。

自分の人生を振り返った時、子供の頃の懐かしい思い出も含め、全て夢幻だったことに

気付きました。

しかし、幼少期から現在まで延々と続く自分自身の人生の中で普遍のもの、変わらない

ものは魂です。

人生の様々な場面でその魂が鍛えられてきました。言い換えるなら人生とは魂の修行の

場ともいえます。その修行の場を神仏が用意してくださっているのだと思うと、神仏に

自然と感謝の思いが湧いてきます。

私の人生は後数十年続くでしょうが、残りの人生も魂を鍛えながら、この世を去って行

きます。

最期に三途の川を渡る時はこの世からの卒業です。魂の傾向性の良き部分を発揮して、

世の為、人の為に生きていった人生なら天国へと向かいます。

一方、悪しき魂の傾向性を修正できず、心の中が曇り、世の中に迷惑をかけた人は地獄

へと墜ちて行きます。業(ごう、カルマ)として地獄で反省業を強いられ、来世ではそ

のカルマの刈り取りが必要となってきます。

自分自身の肉体の存在は、現在、この時点のみだと気付きます。

その肉体も神仏の念いで創られたものと悟った時、神仏への感謝の念がこみ上げ、心の

中がきらめいてきます。

爽やかな小恍惚感を感じます。今、そんな感覚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誕生日に思う | 趣味 | 速読法があなたの人生を変える! | 龍馬の如く生きる