速読法があなたの人生を変える!

2014年1月28日 (火)

「マーキュリー通信」no.2323【速読法があなたの人生を変える!-10「速読法が自分の弱点を補強!」】

私は商社マン時代はあまり本を読みませんでした。毎日遅くまで残業しているか、夜付き合いで飲みに行くことが多かったせいで本を読む習慣が身につきませんでした。

鉄鋼部門の営業マンだった頃は、それほど本を読む必要は感じませんでした。

しかし、情報産業部門に異動し、新規事業の責任者となってからは、情報による勉強不足が私の弱点となりました。

次から次へと私の所に新しい事業が持ち込まれました。当然その関連知識を書物から補完する必要がありましたが、超多忙な為にその時間が持てませんでした。又、当時はインターネットはなかったので、今のように必要な情報をキーワード検索することもありませんでした。

いろいろな事業を手がけるときには、取引先の会社情報、業界情報、商品知識等様々な知識を必要とします。

しかし、知識の補完を怠ったため、判断ミスにつながったこともありました。

現在も、頻繁に私の所に様々なビジネスが持ち込まれます。

しかし、速読法のお陰でインターネットからの情報以外に書物からもかなり仕入れています。

昨年は500冊の本を読みましたが、今年は毎月50冊、年間600冊のペースで読んでいます。500冊の本を読むと、自分の脳の図書館に書物が格納されている感じになってきます。

現在経営参謀役の仕事が中心ですが、このお陰で顧問先に的確なアドバイス、判断業務等ができるようになりました。

顧問先には、見えないところで様々な情報を仕入れている成果が出ています。何を聞かれても脳の図書館から必要な情報を瞬時に取り出し、的確に答えられるよう情報武装を絶えず心がけています。速読法がそれに一役買っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

「マーキュリー通信」no.2304【速読法があなたの人生を変える!-8「速読法のお陰で年間読書目標500冊を達成!」】

今年1年間の読書量の目標を500冊と定め、本日達成しました。
毎年の読書量の目標を強く意識したのは2009年からで、下記のように推移しています。

2002 年  72
2003 年 123
2004 年 125
2005 年 108
2006 年 108
2007 年 104
2008 年  75
2009 年 124
2010 年 156
2011 年 200
2012 年 270
2013 年 500
累計        1965冊

やはり読書量は、毎年目標を決めるとその数字に向かって努力するので、肝要と思います。
特に昨年4月から速読法を開始してからは、より目標が明確となり、読書量が伸びています。

読書量が伸びることで、経営コンサルタントの仕事として、広く浅く幅広いジャンルの読書が

必要となり、自分の仕事にプラスとなっています。

来年は月50冊、年間600冊が目標です。

今年は、特に中国の尖閣侵略問題、韓国の反日激化問題があった為、そちらの関係の書籍を多

数読みました。
結論から言うと、中韓の主張は反日プロパガンダの為の虚構の構築と言えます。南京大虐殺事

件や従軍慰安婦事件といった事実無根の事件を世界中にばらまくとそれがブーメラン効果とな

って、自分の首を苦しめる事になります。既に、中韓批判が出始めています。

読書をすることで、その著者が時間をかけて書いた様々な情報を短時間で入手することができ

ることが最大のメリットです。
又、日本のマスコミがいかに3F(Fact,Fair,Free)からかけ離れています。本来のマスコミの

果たすべき役割である「事実を公平に権力者からの干渉なしに報道すること」からかけ離れて

います。

日本のマスコミのスタンスは、特に外交に関しては、反政府、媚中韓が基本的スタンスの記事

構成となっています。この基本原則を押さえてマスコミ情報に接しないと、かなり事実が歪ん

でしまいます。

今年読んだ本のベスト10は下記の通りです。
どの本をベスト10入りさせるかは難しいところですが、私に与えた影響度、どの程度学べたか

が評価基準となっています。
私は読後5段階評価しています。下記10冊は5点をとった本の一部です。

第1位 未来の法 大川隆法著 幸福の科学出版
第2位 思考は現実化する ナポレオン・ヒル きこ書房
第3位 大東亜戦争とアジアの独立  明成社
第4位 尋常小学修身 八木秀次 小学館
第5位 マーフィー名言集 しまずこういち
第6位 重光葵 連合軍に最も恐れられた男 福富健一 講談社
第7位 企業参謀ノート 大前研一 プレジデント社
第8位 韓国は日本人がつくった 黃文雄 徳間書店
第9位 一目で分かる日中戦争時代の武士道精神 水間政憲 PHP
第10位 今そこに迫る地球寒冷化、人類の危機 丸山茂徳 KKベストセラーズ

※問題の書、「はだしのゲン第10巻 中沢啓治著、汐文社」は有害図書ワーストワンでした。

新日本速読研究会
認定講師 菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

「マーキュリー通信」no.2291【速読法があなたの人生を変える!-8「速読の習慣を簡単に身につけるコツ」】

速読法の習慣を簡単に身につけるコツ、それは朝自分が決めた時間に実施することです。

速読法を帰宅後、夜に行うと、どうしても残業で帰宅が遅くなったり、飲み会が入ったりと不

規則になります。
そして、ついつい「今日は止めておこう」ということになり、その内、面倒となり、止めていってしまうことになります。

速読法も稽古事と同じです。稽古をして上達する。楽しくなる。稽古を頻繁に行い、習慣化していく。これが好循環となります。

私は速読法のオンライン・トレーニングを開始してから1年8ヶ月となりますが、ほぼ毎朝実践しています。

毎朝実践する習慣となっているので、速読法のトレーニングが苦ではありません。

速読法を習慣化することで、読書スピードが速くなり、楽しくなってきます。更には、視力ア

ップにもつながるという副次的効果が生まれます。

読書スピードが上がることで、自分の仕事にも当然役立ちます。

私は経営コンサルタントとしてたくさんの本を読むことを課題としていますが、今年は年初に立てた目標500冊をまもなく達成します。

500冊の書物を読むことで、自分自身の力になったことを実感できます。書棚には、今年読んだ様々なジャンルの本が収納されています。これも私の知的財産となっています。

速読法に関心のある方は下記URLをクリックして下さい。

http://www.healthys-jp.com/afsp/af00012.html

新日本速読研究会

認定講師 菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

「マーキュリー通信」no.2272【速読法があなたの人生を変える!-7「速読法とは読まない訓練をすることです!?」】

このタイトルを見て??と思った人が多いと思います。

つまりこれまでの読書習慣は目で一文字一文字を追い、確認しながら読む読書法、つまり音読習慣です。この音読習慣を続ける限り、読書スピードのアップには限界があります。

速読法の読書習慣とは、車の運転と似たところがあります。

車の運転では、道路標識を始め、様々な情報が視界に入ります。それらの情報を1つ1つ読んでいません。視界に入ってくる情報をキャッチし、運転に必要な情報を選び、運転をしていきます。

運転技術は、上達するに従い、情報を瞬時に処理し、ベストな判断をしていきます。

速読法もこれと同様で、本を開き、入ってくる文字情報を瞬時に捉え、認識し、理解していきます。これをいかに速くできるかをトレーニングしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

「マーキュリー通信」no.2266【速読法があなたの人生を変える!-6「音読の限界」】

速読法のトレーニングをした後に、読書スピードを測定しますが、毎回同じ文章を読んで測定します。

よくある質問に、「同じ文章を毎回読んでいたら、読書スピードは自然と上がるのではないですか?」があります。

確かに一定の読書スピードまでは読書スピードは上昇します。しかし、従来の読み方である音読に頼っていると分速2500文字が限界となります。

速読法のコツは、従来の音読から視読という未知の世界へと読書習慣を切り替えることにあります。視読習慣をつけることで、読書スピードは飛躍的に上がっていきます。

ホームページhttp://www.unou-jp.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

「マーキュリー通信」no.2254【速読法があなたの人生を変える!-5「速読法を始めた理由」】

何をするにも目的が明確でないと長続きしませんが、私が速読法を始めた理由は2つあります。

1つは中小企業の経営参謀役として、私の強みであるジェネラリスト機能の強化です。
私の強みは、多分野に亘る知識と経験、多角度思考、つまり瞬時にいろいろな角度から物事を捉えることができ、経営者に的確なアドバイスができることです。
その為の、知識を更に増やすことです。

もう1つは、現在9社の顧問をしていますが、多くの人と知り合えば知り合うほど、自分の知らないことがいかに多いかを改めて知るところとなります。

その分野の知識を吸収すれば、更に自分の視野が広がり、情報感度も上がってきます。そして、蓄積効果が上がり、喜びが伴います。

知的好奇心の探求はぼけ予防にもなります。

やはり速読法を始める目的を明確に持つことが重要です。

「目的を持って始める」は、世界的ベストセラー書となっている「7つの習慣」の第2の習慣です。

★私が師事した新日本速読研究会会長川村明宏先生は、速読法の元祖の方で、速読法の業界では自他共に認めるナンバー1の方です。
元祖速読法を学びたい方は、下記URLから見ることができます。

1ヶ月間の無料体験もできますので、ご自分でその凄さを試してみて下さい。

http://mail.os7.biz/l/00XTdn/2uWn7CRf/

新日本速読研究会
認定講師 菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.2237【速読法があなたの人生を変える!-4「速読法はぼけ防止にも役立ちます」】

速読法の1つ目のトレーニング、眼筋力の強化は視力アップにもつながることは、前回お伝えしました。

速読法の2つ目のトレーニングは脳の処理スピードを上げることで、活字を素早く見て、理解力を上げていきます。これは結果的にぼけ防止にもつながります。

だから高齢者にも速読法は人気があります。

先日の集中講座で、杖をついた80代の男性が速読法にチャレンジしている姿を見て、周りの参加者は大いに刺激を受けました。

一方、脳の処理スピードを上げると言うことは、仕事の処理スピードも上がるので、若者にも速読法は人気があります。

★私が師事した新日本速読研究会会長川村明宏先生は、速読法の元祖の方で、速読法の業界では自他共に認めるナンバー1の方です。
元祖速読法を学びたい方は、下記URLから見ることができます。

1ヶ月間の無料体験もできますので、ご自分でその凄さを試してみて下さい。

http://bit.ly/13qacQz

新日本速読研究会
認定講師 菅谷信雄

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

「マーキュリー通信」no.2223【 速読法があなたの人生を変える!-3 「速読法を実践していくと目が良くなります」】

速読法の基本は、眼筋力の強化、脳処理速度のアップ、そして視読への切換です。

その中で、眼筋力の強化をすることは視力のアップにつながります。

事実私も裸眼視力が左右共に0.02から右0.04、左0.05にアップしました。数字の上では倍以上の視力アップとなったので、生活の上でも実感できています。裸眼でもTVを見ることができる

ようになりました。

裸眼視力が0.07以上になると、本全体の文字を捉える速読眼が強化され、更に読書スピードがアップするそうです。これを007のルールといいます。当面の目標を裸眼視力0.07に置いています。

★川村明宏先生の正統派、元祖速読法を学びたい方は、下記URLから見ることができます。

1ヶ月間の無料体験もできますので、ご自分でその凄さを試してみて下さい。

http://bit.ly/13qacQz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

「マーキュリー通信」no.2216【速読法があなたの人生を変える!-2「こうして私は本1冊を20分で読めるようになりました」】

速読法の元祖、川村明宏先生の速読法は、理論が明快で、そのオンラインによるトレーニング方法も非常にわかりやすいので、長続きしている理由だと思います。
今朝もトレーニングをしましたが、毎朝決まった時間(私の場合7時半)にオンライントレーニングを実施してきたことが、飽きずに長続きできる秘訣だと思います。

そしてその理論は明快です。

1.眼筋力をつける
スポーツをするときには、筋力強化が必要です。速読法も同様です。眼筋力には目の上下、左右、そして斜めの全部で6つの眼筋力があり、それをトレーニングしていきます。

2.脳力アップ:脳の処理スピードを上げる
読書とは、文字を認識して、理解する過程を辿りますが、その為の脳力アップのトレーニングをします。

3.視読の習慣をつける
私たちの読書習慣は、音読→黙読の習慣がついており、これが読書スピードを遅くしている原因です。従って、文字を読まないで理解するトレーニングを積んで生きます。

この3つのトレーニングを毎日続けていくだけで、読書スピードはアップしていく。極めて単

純な理論です。

私はこれまでいくつかの速読法にチャレンジしてきましたが、挫折してきました。その最大の理由はトレーニング方法にあると思います。

例えば一番最近挫折した速読法で、フォトリーディングがありますが、トレーニングとして、

マインドマップを作成して、脳力アップを図ります。

しかし、このマインドマップ作成のところで、壁にぶつかり、あえなく挫折してしまいました

尚、川村明宏先生の正統派、元祖速読法を学びたい方は、下記URLから見ることができます。

1ヶ月間の無料体験もできますので、ご自分でその凄さを試してみて下さい。

http://bit.ly/13qacQz

新日本速読研究会認定講師 菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.2208【速読法があなたの人生を変える-1「速読法の講師資格を取得」】

昨年4月から新日本速読研究会の速読法のオンライン講座を受講してきました。

更に、今年3月からは速読法講師養成講座にチャレンジし、7月27日に講師資格を取得しました。

当初、経営コンサルタントとして更に読書量を増やし、より広範囲の知識を得ようと思い、オンライン講座を受講しました。その目的は達成し、本日現在300冊、年間500冊のペースで読んでいます。

これまで速読法に関しては、何度も挫折しました。

しかし、今回挫折せずにここまでこれた理由としては、理論的に納得できたことと、オンライ

ンで毎朝決まった時間に30分間トレーニングし、リズムを作れたことです。必要なときにはスカイプのコンサルティングもあります。

理論的には、下記3つの能力の強化です。
1.眼筋力の強化
 速読もスポーツと同じで、速読で使う筋肉、即ち眼筋を鍛えます。

2.脳の処理スピードを上げる
 
3.音読から視読への切換

この3つを毎日のトレーニングで体得していきます。

私が受講した速読法は、川村明宏先生が開発した速読法ですが、唯一速読法として特許を取得し、フェローの称号を授与された速読法業界の元祖で、ダントツトップの方です。

今、出回っている速読法の大半は川村明宏先生がルーツになっています。

一方、私がなぜ講師資格を取得したかというと、現在出回っている速読法の基本が川村明宏先生の基本理論から離れ、間違って伝わっているので、正しい速読法を伝える使命を感じました。

それと更に重要なことは、もし速読法が日本の公教育に取り入れられたら、生徒たちの学力は一気に上がり、ゆとり教育の為に学力低下著しい日本の教育の再生につながるという使命感を感じたからです。

子供たちは大人と比べ素直で、短期間で読書スピードが100倍に上がる子供もざらにいます。

このような使命の下、この度川村明宏先生のご子息純矢氏が経営するワールドジーニアスセンターの経営参謀役となり事業拡大に協力することになりました。

最近川村明宏先生と接する機会が多いですが、ひと言で言えば天才です。

天才が故に、理解できない人も多く、中にはネットでの中傷誹謗を見かけます。

川村明宏先生の正統派、元祖速読法を学びたい方は、下記URLから見ることができます。

1ヶ月間の無料体験もできますので、ご自分でその凄さを試してみて下さい。

http://bit.ly/13qacQz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | 「新しい時代を創る経営者の会」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 世界最小の総合商社的経営論 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の折り返し地点、60年を振り返って | 人生の新発見 | 人生・その他 | 奇人変人の異見 | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 心の格差社会を考える | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最勝の総合商社的経営論 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誰でもできる超簡単健康法 | 趣味 | 速読法があなたの人生を変える! | 龍馬の如く生きる