ワンポイントアップのプレゼン力

2016年6月 3日 (金)

「マーキュリー通信」no.2968【ワンポイントアップのプレゼン力-9「プレゼンの成否 は聞き手側のニーズに応えているかどうかが決め手」】

私のメルマガ読者の為の異業種交流会「ビジネス情報交換会」では、毎回2名のプレゼン

ターが持ち時間各45分で自社の商品、サービスを説明します。

「ビジネス情報交換会」の特長は、プレゼンを受ける人がそのプレゼンを聞いて、改善

点を本音ベースで語ることができます。そしてよりよい商品、サービスにしていきまし

ょうという参加型の交流会です。

昨日の1人目は、中小企業の販路開拓をサポートするサービスです。

私が事前にセミナー型は失敗する旨アドバイスしていたのですが、いきなり少子高齢者

社会の到来や、中小企業の実態等を語り始めました。
結局、プレゼンターの自己満足で終わり、商品内容が殆ど伝わりませんでした。参加者

は、失敗事例として捉えたようです。

2人目のプレゼンターは、スマホに手書きで書いて送るソフトの説明です。
こちらは、Facebookのようなビジネス・モデルを考えていたようです。
即ち、アプリケーションの無料ダウンロードによりできるだけ多くの登録者を集め、広

告で儲けるビジネス・モデルです。

しかし、参加者の中から、その場合サーバーコストが大変であることと、スポンサー確

保が大変なことをアドバイスしました。
従って、中小企業のやるべきことは、クローズドの市場を狙ったら良いとのアドバイス

が出てきました。

本サービスは、例えば孫が手書きの文字をおじいちゃん、おばあちゃんに送ったら喜ぶ

と思います。こういうところにターゲットを絞ってビジネス展開していけば成功すると

思います。

商品名は「なごみ」、プレゼンター名は慶長久和氏でした。

私の方からは、「わる書き」(孫の下手な字でも祖父母は嬉しいの意味)、事業者名の

レアな名前を活かして、「慶弔 絆」にビジネスネームを改名することをアドバイスし

ました(^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

「マーキュリー通信」no.2440【ワンポイントアップのプレゼン力-8「ユーモアを交える」】

プレゼンの中にユーモアを交えることは場の空気を和らげる意味で大事です。しかし、

TPOを間違えると、却って失笑を買うことになります。

先日、あるセミナー(60名程度)で、プレゼンターが冒頭で、「トイレ休憩は設けませ

んので我慢してくださいね。それでも我慢できない場合には、・・・」と言って、紙コ

ップを出しました。

本人は会場の笑いをとるためのジョークだったのでしょうが、会場の笑いは冷ややかで

した。当然女性も参加していました。

この種の無理して笑いをとるジョークは避けた方が良いと思います。余り奇異なジョー

クだと、そのジョークだけが頭に残り、そのプレゼンターの品格が下がってしまい、却

ってプレゼンの妨げとなってしまいます。

ユーモアはあくまでも場の空気を和やかにするためと理解してください。

プレゼンになれていない人は、無理してユーモアをいう必要はありませんが、事前にど

ういうユーモアを言うか、準備しておくと良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

「マーキュリー通信」no.2421【ワンポイントアップのプレゼン力-7「セミナー受講者とのコミュニケーションが重要」】

世の中には自分のことを名プレゼンターと思っている人も多数います。
先日、ホテルのセミナールームで約100名の参加者を集めたO社長によるセミナーが開催
されました。
朝9時から夕方18時までの缶詰セミナーでした。
O社長は、ジョークも交えながら参加者とコミュニケーションをとりながら進めていきま
す。
ジョークもO社長独特のジョークなのでしょうか。
「本日は決められたトイレ休憩時間以外はトイレにいくことは認めません。もし、どう
しても我慢できない場合には、溲瓶を用意します」
会場からは笑いが漏れましたが、女性も参加しており、失笑も漏れました。
実際、9時間の缶詰セミナーでしたが、昼の1時間以外は午前午後各1回程度で、参加者
の疲労は高まり、集中力も衰えていましたした。
O社長は、参加者に適宜質問をするのですが、一方的な質問で押しつけがましい質問でし
た。
コミュニケーションとは、参加者と会話のキャッチボールをしながら、どうのように感
じ、何を考えているかを把握しながら進めていくことが重要です。
いくら立派なセミナールームで行い、立派な教材テキストをつけても、参加者とのコミ
ュニケーションがとれていなければ、そのセミナーは良いとはいえません。
O社長のプレゼンは余人を持って代えがたいうまさがありますが、一方的な押しつけのセ
ミナーでは反発を感じる人も多数いたのではないかと思います。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
私のプレゼンスタイルは、余人を持って代えがたいものではありません。基本を大事に
し、その基本さえ守れば、誰でもプレゼンが上手に行えます。
私も昔は人前で話すと上がっていましたが、プレゼンのこつを得ればそれもなくなりま
した。
詳しくは、私の経験を語った電子出版「あなたのプレゼンテーション力10倍アップの極
意」をご覧ください。
http://www.mercury-b.com/presentation/index.html
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

「マーキュリー通信」no.2371【ワンポイントアップのプレゼン力-7「パワーポイントのプレゼ ン・ペーパーは使い方を間違えると参加者に内容が伝わらない」】

先日、パワーポイントのプレゼン・ペーパーでセミナーを受講しましたが、殆どの受講生が理 解できなかったようです。

その最大の理由は、プレゼン・ペーパーをスクリーンに映し出し、講師が大量にあるプレゼン ・ペーパーを口早に説明するだけなので、セミナー参加者がついて行けなかったところにあっ たようです。

せっかく立派な教材テキストがあったのですから、スクリーンを使わずに、ホワイトボードで 教材テキストの補足説明をすれば、参加者は理解できただけに残念でした。

私はなるべくスクリーンは使わないようにしています。 セミナー参加者の顔がよく見えず、コミュニケーションがとりづらくなるからです。

どうして も講師からの一方通行になりがちです。 資料を渡し、資料に沿って説明すれば、セミナー参加者は資料に補足説明を書き足し、理解が 深まります。 セミナーのポイントは、いかにセミナー参加者とのコミュニケーションをとり、セミナー参加 者が理解できたかです。

その意味では、プレゼン・ペーパーの使い方は、1つ間違えると、今回のようにセミナー参加 者に殆ど伝わらなくなってしまい、デメリットの方が大きくなります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

以前はOHP全盛の時代がありましたが、今は殆ど見かけず、OHP自体が死語になりつつあります 。OHPの後に、パワーポイントによるプレゼンが流行り始めました。

これを使うと何となく賢そうに見えるのですが、セミナー参加者に内容が伝わりづらくなるの で、私はあまり使わないようにしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

「マーキュリー通信」no.2325【ワンポイントアップのプレゼン力-8「TPOによりプレゼン内容も変わる」】

相手に伝わるプレゼンをする際に、TPOを考えることも重要です。

先日、異業種交流会に参加したところ、司会者より「新規参加者のPRを20~30秒で紹介して下さい」と説明がありました。

ところがこのタイムリミットを忘れ、大半の人が時間超過しました。

20~30秒の制限時間なら、社名、氏名、業務内容を一言語って終わりです。PRのこつは明るく大きな声でゆっくりと話して終わりです。いかに印象づけるかがポイントです。
但し、関心のない人には印象に残らないので、自分がターゲットとする人を意識しながら自己PRすれば良いと思います。

又、交流会の際には、交流時間に相手が関心あるかどうかかまわずにプレゼンしてしまう人もいました。これなどもTPOを考えないと、相手に伝わりません。

一方、私が主催するビジネス情報交換会では毎回2名のプレゼンターが登場します。プレゼン時間は15分です。事前に、私よりプレゼンターにプレゼンのポイントを説明します。要領よくポイントのみを説明するようにお願いしているのですが、これができない人が非常に多いのにはびっくりします。

セミナーと勘違いして自分の生い立ちまで語ってしまう人、15分の時間制限をオーバーして自分の言いたいことだけを言いつのってしまう人等結構います。

プレゼンとは、TPOを勘案しながら自分のターゲットとする人にいかに伝えるかです。この原則を踏まえると、相手に伝わるプレゼンができるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

「マーキュリー通信」no.2322【ワンポイントアップのプレゼン力-7「しゃべりすぎても相手に伝わらない」】

プレゼンは、いつも相手とのコミュニケーションを意識しながら行うことが重要です。

よく自分の言いたいことを一方的に言いつのる人がいますが、これは自己満足に過ぎません。

ピーター・ドラッカーのコミュニケーションの原則に、「人は自分の関心のある事柄しか理解

しない」があります。

相手が何を欲し、何に関心があるのかを把握し、説明しないとせっかくのプレゼン時間が徒労に終わってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.2240【ワンポイントアップのプレゼン力-6「自分のプレゼンを録画して、チェックしてみる」】


自分のプレゼンを一度録画してみると、自分のプレゼンの改善点が分かります。

例えば、私の場合では、「えー」とか「あのー」とか連発していることに気づき、プレゼン全

体にメリハリがないことが分かりました。それ以来、「えー」とか「あのー」という言葉は、

意識的に使わないようにしています。

「えー」とか「あのー」が目立つと、聞いている方が耳障りに感じます。この「えー」とか「

あのー」を無意識で連発する人が結構多いので、まずは「えー」とか「あのー」をなくすこと

が、プレゼン力向上の第1のコツと思います。

それから動画を撮ると、身振り手振りをチェックすることができます。表情が硬いとか、アク

ションが小さいとか、大きいとかもチェックできます。

そして何よりも大事なのは、プレゼンが自分からの独りよがりの一方通行となっていないかの

チェックです。聞き手との双方向になっているかどうかが最重要のチェックポイントです。

プレゼンが苦手な人は、ここをチェックすると、かなり改善していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

「マーキュリー通信」no.2204【ワンポイントアップのプレゼン力-5「良いプレゼンとは」

良いプレゼンとは、プレゼンの目的、趣旨を理解し、当日のプレゼンする相手が理解すること

です。

私が主催する異業種交流会「ビジネス情報交換会」では、毎回2名のプレゼンターがプレゼンし

ます。
1名の持ち時間は45分ですが、その内15分をプレゼン、残り30分を参加者からの質疑応答に充て

ているユニークな異業種交流会です。

質疑応答を通じ、プレゼンを聞く方が何を求めているのかが分かり、そこからビジネスチャン

スにも発展します。

プレゼンターには、毎回その趣旨を伝えているのですが、いざプレゼンタイムになると、その趣旨を理解せず、自分の思いの丈を一方的に伝えてしまうプレゼンターが実に多いのです。

一方、時々あの人のまねはできないというようなプレゼンの名人がいます。

しかし、いくらプレゼンが上手でも、プレゼンの目的、趣旨が伝わらなければ、自己満足の域を出ません。時々会場の人の理解そっちのけで自分のプレゼンに酔う名人(?)がいます。

プレゼンする前に、今回のプレゼンの目的、趣旨を再確認した上で、プレゼンに臨むことも良いプレゼンをするこつといえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.2199【ワンポイントアップのプレゼン力-4「ラポール(心の架け橋)の重要性」】

プレゼンする前に重要なことは、相手の心を開かせることです。これをラポールと言います。
ラポールとは、フランス語で「橋をかける」という意味で、相手と自分との間に心の橋が架かっている状態、すなわち、心が通じ合い、互いに信頼し、相手を受け入れている状態を意味する。

まず相手と会ったときには笑顔で接する。硬い表情で接したら、それが相手にも伝わります。

次に、場を和ませるような挨拶をしていきます。それは相手の個人に関することだったり、会社に関することだったり、自分とその会社との関係だったり、いろいろあります。

例えば珍しい名前なら、そのことに触れたりします。

その後、今回のミーティングの趣旨を説明します。

私がプレゼンターなら、前回のワンポイントアップのプレゼン力で述べたように、会話のキャッチボールをしながらプレゼンを進めていきます。

そうでない場合には、脇役として場の空気を和らげるように努めます。

相手の心が開いていない状態では、相手は聴く耳を持ちません。それを相手の表情から読み取ります。

時々大上段に構えたような質問を投げかけるプレゼンターがいます。そのような場合、相手の表がこわばり、不快になったのが直ぐに分かります。場の空気が重くなってきます。

そのような場合には、脇役としてその場の空気を和らげるように努めます。

プレゼンとは、プレゼンする前から始まっていると認識することが重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

「マーキュリー通信」no.2193【ワンポイントアップのプレゼン力-3「会話のキャッチボールをする」】

良いプレゼンとは、丁度キャッチボールをするように見込客と会話を交互に交わしながら、進めていくことです。

会話のキャッチボールをしていると相手の関心度合いを測ることができます。

自分の投げたボールに関心を示さない場合には、関心が薄いと判断して、別のボールを投げます。
その反応度合いによって次に投げるボールを瞬時に判断します。

これは結構難しいテクニックですが、大事なことはお客様が何を考えているかしっかりと耳を傾けることです。関心のないところにいくらボールを投げ込んでも時間の無駄です。

「会話のキャッチボール」、これは私が絶えず考えながらプレゼンを行っていることですが、

どの種の球を投げるか、直球なのか、変化球なのか、この辺は極めて高度な判断を要することがあるので、これは場数を踏むしかないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誕生日に思う | 趣味 | 速読法があなたの人生を変える! | 龍馬の如く生きる