幸福になれない症候群

2017年9月 3日 (日)

「マーキュリー通信」no.3279【幸福になれない症候群-16「幸不幸を決めるのは自分の 心」】

人生の途上では様々な出来事と出会います。その出来事を他人から見れば不幸と思える

こともあります。しかし、幸不幸を決めるのは自分の心です。

私は5歳で母親が病死し、その翌年父が家出をしてしまいました。私は家出した父親を

恨んだことは一度も無ければ、自分の境遇を不幸と思ったことも一度もありません。

両親が不在だったので、頼れるのは自分しかないと思い、幼少の頃から自立心旺盛に育

ちました。

父親は10年後に戻ってきましたが、その時の父親の姿は着の身着のままの惨めな姿で

した。

その時、「父親のようにはなりたくない」、「その為には努力精進して、自分を鍛えて

いこう」と決意しました。それが習慣となり現在まで続いています。

又、チャレンジング精神旺盛な私は多くの失敗もしました。挫折も味わいました。しか

し、いつも失敗は反省し、自分の成長の肥やしとしてきました。

決して周りの環境のせいや他人のせいにしませんでした。全て自己責任として捉えてき

ました。

それは「幸不幸を決めるのは自分の心」と思っているからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

「マーキュリー通信」no.3262【幸福になれない症候群-15「自意識過剰と被害妄想は自 分を苦しめる」】

人は会話の中で、仕事、趣味、家族等TPOに応じ、様々な話題が出てきます。そして、会

話の大半は忘れられていきます。

人は他人の事を話す場合、全て理解しているわけではありません。自分が断片的に知っ

ていることを、その人のフィルターを通して話します。ある時は誇張したり、ある時は

面白半分に話したり、その時の状況に応じて会話を楽しんでいます。

その時、自分の事を過剰に意識する人がいます。そして他人の言ったことをいつまでも

執念深く覚えています。そのことを言った当人すら忘れてしまったことをずっと覚えて

いたりして、悩んだりしています。

自意識過剰の人は得てして被害妄想に陥りやすいです。自分の事を悪く言っているので

はないかと疑心暗鬼になったりします。

自意識過剰の人は、思い込みが強いです。そして自分を苦しめます。

自意識過剰の人は、一度コミュニケーションの原点に立ち戻ると良いです。

人間とは忘却する動物です。又、忘れるから過去の嫌な出来事が脳裏に残っていないか

ら良いのです。

そう思う、いやそう思い込んでしまえば、気が楽になります。このトレーニングを積ん

でいけば、自意識過剰は自然と抜けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

「マーキュリー通信」no.2866【幸福になれない症候群-14「子供が結婚しないと言って 嘆くあなたへ」】

少子高齢化社会が益々進展しています。その実態は晩婚化、非婚化が大きな要因と言え

ます。

我々と同年代の団塊の世代では、子供が30歳過ぎても男女とも結婚しないケースが増

えています。

私の若い頃は、未婚の男女には社会的風潮として、30歳過ぎても未婚だと恥ずかしい

という風潮があり、世間的なプレッシャーもありました。

しかし、現在はそのような社会的風潮がなくなり、これも晩婚化、非婚化の大きな要因

となっています。

子供が結婚しないと言って嘆く同世代の親たちは多数います。

子供は親を見て育ちます。父親像、母親像を見て、自分もああいう両親にはなりたくな

いという気持ちが潜在的にインプットされていきます。

特に両親が不仲な場合、子ども達にそれが投影されていきます。熟年離婚をしないまで

も、「亭主元気で留守が良い」、夫婦げんかが絶えないような両親を見ていると、子供

は将来に不安を持ちます。

熟年夫婦が仲良くすることも、子供の結婚を後押しする一助になるかも知れません。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

夫婦は歳をとるに従いありがたみを感じてきます。

歳をとるにつれ、病気、けがが増えてきます。その様な時に、連れ合いがいることで、

とても助かります。

若い時は、そのことに気付きませんが、これも結婚をするメリットと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

「マーキュリー通信」no.2835【幸福になれない症候群-13「自分を責めることはエネル ギーの無駄遣い」】

自分に自信のない人は自分を責めがちです。

何か問題が起こった時に、全て自分に責任があると思い込んでしまうようです。

相手から見ると、何もそこまで自分を追い込まなくても良いように思えます。
その心の奥底には相手からの同情を求める気持ちがあるのではないかと思います。
そうなると相手に心理的負担をかけていくことになります。

自分を責める人は、結局は自己中心の性格といえます。

一方、自分を責めることは、謙虚さとはちょっと異なります。
謙虚さは相手中心です。相手を慮り、自分の奢りを抑え、良い人間関係をつくる潤滑油

となります。

但し、謙虚さも余り謙虚になると、却って相手に気を遣わせることになり、自己中心的

になっていってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

「マーキュリー通信」no.2484【幸福になれない症候群-13「嫉妬は自分のあこがれの対 象」】

ワールドビジネスサテライトで人気の美人キャスター大江麻理子さん(35歳)の婚約発

表がありました。相手はマネックス証券松本社長(50歳)です。

当日のスポーツ紙を見ると、大江麻理子さんには資産100億円の大富豪の玉の輿に乗った嫉妬、松本社長には若い美人キャスター大江麻理子さんと結婚するやっかみが出ていました。

単純に2人の門出を祝福すれば良いのに、スポーツ紙の個人感情を入れた記事構成に疑問を抱きました。

嫉妬の対象は、自分にはできない人なのですが、裏返せば自分のあこがれの対象でもあ

ります。

今、大相撲の人気者遠藤が優勝すれば、マスコミの記事はお祝い一色でしょう。逆に相

撲界の中では、「なんで遠藤ばかりもてはやされるのか」と嫉妬が渦巻いていることで

しょう。

嫉妬をそのような目で見てみるとおもしろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2483【幸福になれない症候群-12「自分の影におびえる馬」】

ギリシャ時代に、自分の影におびえる馬がいました。影におびえて飛び跳ねると、その

影が激しく動きます。その動く影を見て、又おびえます。

そこで、馬を太陽の方向に向けたら、影が見えなくなりました。その結果、馬がおびえ

ることがなくなりました。

私も子供の頃、親戚の家の和室に入ったとき、暗がりの中で人影を感じたので、泥棒と

思いびっくりして親戚のおばさんに知らせました。

おばさんが入ってきて灯りをつけると、そこには鏡台がありました。私は暗がりで私の

影を見て、びっくりしたわけです。

そんな子供の頃のことを今でも覚えています。

人は過去の恐怖体験を残像として持っており、それがいつまでも消えないことがありま

す。丁度自分の影におびえる馬のように。

しかし、ものの見方を変えると、その恐怖体験がたいしたことでなくなることもありま

す。
昔の恐怖体験が消えない人は、一度この消し込み作業をすると、恐怖体験が消え、その

恐怖に怯えている自分がおかしく思えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

「マーキュリー通信」no.2420【幸福になれない症候群-7「頑固強情な人」】

人間は歳をとるにつれ人の意見を聴かなくなってきます。
それはある面でやむを得ないことかもしれません。
なぜなら、人の意見を聴き、自分の思いと行いを変えることは大なり小なりリスクを伴
うからです。
しかし、この頑固さが強く出始めると、周りの人はだんだんと離れていきます。そして
、最後はひとりぼっちになっていくこともあります。家族でさえ離れていきます。
その結果、老人ホームに入るか、一人暮らしということになります。
世間から乖離された老人ホームに入れば認知症のリスクが大きくなります。
一方、一人暮らしの場合は孤独死のリスクが増大します。まれに振り込め詐欺に遭い、
財産をだまし取られるリスクも出てきます。
世の中は大きく変わっていっています。これまでの価値観では生きていけないことも多
く生じてきています。
従って、ものの見方、考え方を変えることで、自分自身が幸福になっていくという視点
に立つことも肝要です。
老後、認知症や孤独死のリスクを最小限にしたいと思うなら、頑固さもほどほどに押さ
えておくことも、自分自身が幸福になる術と思うことも必要と考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

「マーキュリー通信」no.2377【幸福になれない症候群-10「怒りは幸福とは真逆の行為」】

怒りは幸福とは真逆の行為です。怒りは相手を不幸にするだけでなく、自らも不幸にします。

人は怒っている人に対しては、避けようとします。

怒っている人と議論しようとしても聴く耳を持っていません。議論してもお互いに感情的になって、火に油を注ぐことになり、感情的なしこりが残るだけです。

些細なことで絶えず怒る人には悪霊が憑いていることが多いです。正気に返ったとき、「あれ、なんでこんな事で怒ったんだろう」と思う場合、悪霊の憑依現象と思って間違いありません。

悪霊撃退のこつは、怒りが治まったときに、一人静かに反省してみることです。怒りの原因を把握し、怒りをぶつけた相手に心から詫びてみることです。相手を嫌な気持ちにさせた事に対し詫びるのです。この習慣を続けていくと、瞬間湯沸かし器のように直ぐに怒る悪い性癖が治まってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

「マーキュリー通信」no.2310【幸福になれない症候群-9「他人を裁く人は自分も不幸にします」】

先ほど同じマンションに住むペットを飼う女性の高齢者から新年の挨拶をしました。すると彼女は開口一番、「Hさんが、あなた又新しいペットを飼っているんでしょう。」「まだ、今まで

のペットを飼育中よ!」、「犬がそんなに長生きするわけがない!」との応酬があったそうです。

当マンションでは、ペット禁止ですが、13年前私が理事長の時に、「現飼育者に限り一代限りの飼育ならOK」の温情裁定を出しました。

Hさんは現在66歳の一人暮らしの女性。非常に正義感の強い人で、曲がったことが大嫌いな性格です。その性格が災いして、相手の気持ちに配慮せず、本音をずばっ、ずばっと相手にぶつけます。

当マンションではうるさ型の女性として恐れられていますが、皆関わりたくないので、腫れ物に触るような感じで対応しています。

Hさんの場合、結局自分を不幸にしていることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

「マーキュリー通信」no.2307【幸福になれない症候群-8「直ぐに周りに当たり散らす人」】

時々、直ぐに周りに当たり散らす人を見かけます。ある程度気の許せる人間関係の場合に、よく起こるのですが、しかしそれにも限度があります。

このような性癖の人は、周りの人に甘えていると言わざるを得ません。

周りにいる人は、その人が当たり散らし始めると、又、始まったと敬遠し始めます。

この時、コミュニケーションは切れています。

こういう性癖のある人は、決して幸福になれません。極めて自己中心的な人です。

それではどうしたらこういう悪癖を直すことができるでしょうか。

それは相手の立場に立って考えることです。

自分がそのようなことをされて果たして嬉しいかです。

そう考えたときに、当たり散らすことを思いとどまるようになってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 生涯現役社会が日本を救う | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 趣味 | 龍馬の如く生きる