生涯現役社会が日本を救う

2020年9月28日 (月)

「マーキュリー通信」no.4109【生涯現役社会が日本を救う-109「“後悔”人生で最大の誤りは何も挑戦しないで生きること。けんど人はその誤りに命が尽きる頃気付く。」】


毎朝届くメルマガ「坂本龍馬指南一日一言」からも学びが多いです。

時代は人生100年時代にどんどん進んでおり、高齢者の多くはその流れに乗っていることを一応理解しています。
しかし、脳と体は人生80年時代のままの人が多いようです。すなわち、定年退職して、残りの余生をただ何となく大過なく生きている高齢者が多いようです。

その結果、最後の10年前後は寝たきり痴呆老人が年々増加しています。
中には認知症のため、自分の子供のことすら忘れ、生きていることすらも忘れている高齢者も多数います。

自分の存在を認識している人は、最期晩年になってこんなに長生きするならあれもこれもしておけば良かったと後悔します。

龍馬はそんな生き方のシニアに「カツっ!」と言っていますよ!

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

「マーキュリー通信」no.4101【生涯現役社会が日本を救う-108「東京都の80歳以上人口、100万人突破!」】


本日は敬老の日です。

東京都の高齢者も年々増え続け、今年は昨年比3万2千人増え、100万人の大台を突破したそうです。

100万人以上住んでいる都市を政令指定都市ですが、東京都は既に80歳以上人口で政令指定都市となります。
世界でも初の事例だそうです。
因みに75歳以上の後期高齢者は164万人いるそうです。

一方、65歳以上の高齢者は、日本全国で前年比30万人増加の3617万人になったと総務省が発表しました。
この比率は28.7%と毎年最高を更新しています。
なお、団塊の世代は全員70歳以上となり、前年比78人増の2791万人22,1%です。

一方、65歳以上の高齢者で働いている人は、892万人おり、16年連続増加、就業者全体に占める比率は13.3%となっています。

私の提唱する生涯現役社会は、好むと好まざるとにかかわらず、年々増加しています。
しかし、働くことで社会参加し、それが寝たきり痴呆老人の増加に歯止めをかけています。

私の住むマンションは864世帯の大規模マンションです。ここには清掃スタッフとして全員60歳以上です。皆、一所懸命、元気に働いています。そして、一様に明るいです。

一方、幸いにして働いていない高齢者も、コロナ禍で巣ごもりせず、ボランティア活動や宗教活動等すれば、寝たきり痴呆老人の予防となります。

最悪は、巣ごもりしている一人くらしの高齢者です。

この人達は認知症予備軍となります。自分のため、社会のため、積極的に社会参加しましょう。

私は40年近く前にカナダに住んでいました。

カナダ人はリタイアするとボランティア活動や宗教活動をしながら地域社会に溶け込んでいきます。

当時一番親しかった公認会計士夫妻とは今でも妻が文通しています。80歳を超えていますが、元気な様子が手紙を通じてうかがえます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私も一応71歳の高齢者なので、妻の奨めでマッサージチェアを買うことにしました。
本日は墓参りの帰りに、池袋のビックカメラまたはヤマダ電機で買うことにしました。
丁度、コロナ禍の特定給付金20万円が役立ちそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

「マーキュリー通信」no.4089【生涯現役社会が日本を救う-107「渋沢栄一翁が訴える『老人達こそ勉強せよ』」】


新しい1万円札に決まった渋沢栄一翁。日本資本主義の父といわれています。

但し、渋沢栄一翁が目指した資本主義は拝金主義の資本主義ではなく、論語とそろばんの合本主義でした。

倫理観なき資本主義は終焉していくと予想していました。

最も重んじたことの1つに人材配置、適材適所がありました。

現在の日本は、給料分働かない中高年サラリーマンが各企業の人件費を圧迫しています。

更には、定年退職した高齢者の年金が財政を圧迫しています。


皆さん、自分自身のことを年齢という尺度で型にはめていませんか。

現在は人生80年時代から人生100年時代へと移りつつあります。
従って、自分の年齢を8掛けしてみると良いです。

60歳なら企業では定年の年齢です。
しかし、8掛けすると48歳です。まだばりばりに働ける年代です。しかも、これまでの経験が活かせます。

70歳を8掛けすると56歳です。まだまだばりばりに働ける年代です。
そこには社会人として培ってきた自分の強みがあるはずです。
更に勉強してその強みを更に強化すれば、きっと世の中の役に立つはずです。

三井物産の同期のK君は、毎週同期の仲間にメルマガを発行しています。
政治経済社会問題を深く洞察しています。
今回は、ペリー来航時にコレラも上陸してしまい、多数の死者を出し、江戸市民はパニック状態に陥ります。
幕府は、黒船に乗船して検閲を求めるが、拒否される。
この時、活躍したのが後藤新平でした。
後藤の活躍によりコレラ騒ぎは一件落着し、外国船への立ち入り検査を許可されるようになります。

K君のメルマガは、毎回20~30分程度の読み応えのある力作ですが、今回も10冊以上の本を参考に論理展開しています。
毎回とても参考になります。

K君の知識の蓄積は相当なものとなり、セミナーを開いてもレベルです。

そして、1つの境地を確立したようです。その意味でK君の探究心に同期生として敬服しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

友人から頂いたシニア川柳の一部をご紹介します。

私の選んだ秀逸には★をつけました。

◎お迎えはいつ来ても良いが今日はイヤ
◎歳をとり美人薄命嘘と知る
◎八十路越え大器晩成まだならず
◎デザートは昔ケーキで今薬
◎その昔惚れた顔かと目を擦り
◎転んで泣いてた子が言う「転ぶなよ」
★驚いた惚(ほ)れると惚(ぼ)けるは同じ文字
◎人生に迷いは無いが道迷う
◎温かく迎えてくれるは便座のみ
◎遺言書「全て妻に」と妻の文字
◎石段の下から拝む寺参り
◎あーんして昔ラブラブ今介護
◎「先寝るぞ」「安らかにね」と返す妻
◎突然に医師が優しくなる不安
◎徘徊と噂されて散歩止め

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.4019【生涯現役社会が日本を救う-106「改めて生涯現役人生を送ることの大切さを実感」】


義母が老衰のため他界したので、昨夜お通夜、本日告別式に参列しました。享年93歳でした。

義母は明るく活動的な女性でしたが、7~8年前に横須賀の老人ホームに入居しました。食事以外は6畳の個室で一人っきりです。

そのせいで認知症が激しくなり要介護4まで進み、最期は実の娘すら分からなくなりました。

一方、昨年7月8日に父が95歳で他界しました。
その前年に八王子の医師から父の脳の手術をするので長男として同意して欲しい旨要請がありました。

しかし、私は当時94歳の父の手術を断りました。
これに対し、医師は簡単な手術で副作用もなく短時間で終わるとの説明だったので、私も不承不承OKしました。

手術は無事終了しました。しかし、その後父は車いすの生活となり、要介護4まで進んでしまいました。

これにショックを受けて、後妻は要支援2だったのが要介護3までアップしました。
現在90歳ですが、川崎の老人ホームで他の入居者とのコミュニケーションもなく寂しく暮らしています。なお、継母は耳がほとんど聞こえないので、面談の際は筆談となります。

この身内の2つの事例を経験して、国の官僚発想による社会保障制度に疑問を感じています。

人生100年時代、皆が健康でぴんぴんころりの人生を全うできれば、それは結構なことです。

しかし、官僚の創り上げた社会保障制度は、認知症老人の輩出、医療機関が儲かる仕組み、何かおかしいです。

それなら国民としては、ぴんぴんころりの人生を全うすべく、普段から心がけることが責務と考えます。

その最善の解決策が、生涯現役人生を送ることだと思います。

自分だけは大丈夫と思っている人、80代、90代まで生きてしまったとき、そのつけが回り、家族に負担をかけることになります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

40年前カナダに駐在の頃、義母はカナダにやってきました。

私はカルガリー空港からバンクーバー空港まで義母を出迎えに行きました。

そのフライトの中で食べたサンドイッチがおいしいと義母と会う度毎に話題になりました。

また、カナディアンロッキーで一番有名なバンフスプリングスホテルに妻と3人で泊まりました。
巨大なお風呂があり、3人で水着を着て一緒に撮った写真が一番の思い出です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

「マーキュリー通信」no.4012【生涯現役社会が日本を救う-106「80歳の青春」】


毎朝、ドラッカー365の金言を読んでいます。

作曲家ヴェルディが歌劇「ファルスタッフ」を作曲したのは80歳の時でした。
その時、ヴェルディは、「私は作曲家として完全を求めて来た。だから今でも挑戦し続けている」という名言を残しています。

その時、ドラッカーは18歳、未熟な貿易商でした。

ドラッカーは、巨匠ヴェルディの言葉に触れ、「自分は何を得意として、何をすべきか」と考え始めました。

考え悩み続け、その15年後の33歳の時に答えを得ました。

そして、ドラッカーもまた一生涯完全を求めて歩み続けました。

心がそういう状態なら、青春に年齢は関係ありません。

これが生涯現役社会を生きる、指針ではないかと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年7月に「生涯現役社会が日本を救う!」を出版しました。
おかげさまで口コミで人気を博しています。
残念ながら著者在庫は底をつきましたので、アマゾンから購入できますので、よろしくお願いします。

その中で、「令和の時代に入り、国民は明るい未来を期待しているようですが、決してそうとはいえない。厳しい時代がやってくる」と予測しています。

コロナショックを予測したわけではないですが、予測通りとなっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

「マーキュリー通信」no.3974【生涯現役社会が日本を救う-105「65歳の錯覚」】


最近65歳の人と会話する機会が増えています。

現在は人生100年時代がさらに進んでいる中で現行の社会制度が追いついていないことを彼らの多くはしっかりと認識していないようです。

多くの企業の定年延長が65歳まで延びました。その後は、嘱託社員として1年毎に契約する形態が多いようです。

しかし、人生100年時代なら後30年以上生きてしまうことになります。

その為の人生計画を設計せずに、目先の生活のことしか考えていないようです。今を何とか生きれば良いとしか考えていないようです。

人生80年時代ならそういう考え方でも良いと思います。

しかし、人生100年時代では現在の自分の年齢を8掛けしてみるとよいです。
65歳なら52歳です。後期高齢者となる75歳で初めて60歳となります。
そして年々1年が経つのを速く感じます。8掛けなら15ヶ月を1年12ヶ月と感じる感覚です。

先日S氏と久しぶりに話しました。
65歳のS氏からはもぬけの殻の印象を受けました。
定年退職して、年金とアルバイトで何とか生活しているそうです。
20年前は一緒に仕事をばりばりやっていた仲とは思えぬ生気が抜けた感じでした。

男性高齢者の健康寿命は70代前半、女性が70代後半ですが、後の10年前後は寝たきり痴呆老人となります。

周りにそのような高齢者が多数いることを知っているはずですが、自分だけは大丈夫と思うのでしょうか。

その結果、国の財政負担を圧迫し、社会保障制度は破綻しつつあります。

政府は、社会保障制度を維持するために消費増税と年金支給を遅らせ、減額を検討していきます。

65歳ならまだ何とかがんばろうと思えますが、75歳になるとさすがにその気力が衰えてきます。

そして、そのときに若い頃のもっと人生設計をしっかりやっておけば良かったと後悔します。

だから65歳は人生100年時代では52歳、まだまだばりばり働く年代なんです!
そして、それが高齢者の義務であり若い人への責任でもあるといえます。


昨年7月に発刊した「生涯現役社会が日本を救う!」には、本日取り上げたことを詳細に書いています。

アマゾンから購入できますので是非お買い求めください。
購入した方はご連絡いただけますか。読者ポイントを10ポイント謹呈します。
さらにアマゾンのカスタマーレビューに書き込んで頂いた読者には10ポイント謹呈いたします。
100ポイント貯まった読者にはすてきなプレゼントを郵送いたします。

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

「マーキュリー通信」no.3966【まさかの時の為に継続的権利収入を確保する】


本日から5月です。
4月は1ヶ月間すべて在宅ワークでした。
食事も3食すべて自宅で食べました。
社会人になって49年目の初体験でした。

一方、収入は毎月25日に一般財団法人全国福利厚生共済会(全厚済)からきちんと振り込まれます。
現在、北区王子の新築高層マンションに住んでいますが、賃貸料+光熱費をしっかりと補填してくれています。

全厚済のビジネス(プライムビジネス)は、個人、中小企業向けの福利厚生サービスを共済方式で創り上げて行くビジネスで、現在600以上のサービスがあります。

私は本ビジネスを2016年8月に伝えられました。
しかし、当時経営コンサルタントとして20の仕事を同時並行的にやっており、時間的に取り組む余裕もなければ、やる理由も見当たりませんでした。
また、口コミ方式、いわゆるネットワークビジネス方式で組織を作っていく仕事なので、経営コンサルタントのイメージダウンにもつながると思いあまり関心がありませんでした。

しかし、プライムビジネスは全厚済の髙井利夫代表理事の社会貢献事業としてスタートし、その経営理念を伝えていくビジネスと解りました。
政府の年金を中心とする社会保障制度は行き詰まりを見せ、今後は自分たちの生活は自分たちで守るという経営理念の下、髙井代表理事は無報酬でプライムビジネスを推進してきました。
また、非営利なので月会費4千円は全て会員に還元される仕組みになっています。

髙井代表理事の経営理念を理解した私は、3年前の2月末からプライムビジネスに仕事して真剣に向き合い、取り組んできました。

私の報酬は毎月右肩上がりで伸びていき、継続的権利収入となっています。

そして、今回コロナウィルスショックというまさかの時が訪れました。

プライムビジネスは、共済方式を採用しているので、先月会費を払ったので、今月払わないということはないわけです。
毎月の会費が4千円と低額なので、毎月の会員継続率が97%と極めて高い数字を維持しています。

こういう仕組みのため、私自身毎月安定収入を頂いており、全厚済には感謝しています。

プライムビジネスは、会費が4千円と低額のため、すぐには収入には結びつきませんが、年金同様じっくりと取り組んで行く人には向いています。

しかし、口コミ方式、ネットワークビジネス方式で会員数を広めていくので、未だに先入観で見ている人も多数います。
全厚済は、いずれネットワークビジネス方式を止める計画なので、そのときはビジネスチャンスはなくなります。

日本人は大企業というブランドに弱いです。

昨年はかんぽ生命の詐欺的商法で多くの高齢者が被害に遭いました。

退職金をアパート経営に投資しませんかと金融機関から甘い誘いがあり、社会問題化しました。

フランチャイズビジネスも、競合相手がひしめいているレッドオーシャン市場です。
1000万円以上の多額の資金をつぎ込んで失敗している人が後を絶ちません。


プライムビジネスを私はまさかの時にローリスクで取り組める最強のビジネス・モデルと思っています。

私の喜び、幸福を一人でも多くの人に伝えたいという気持ちで接しています。

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

「マーキュリー通信」no.3920【生涯現役社会が日本を救う-103「協会月報から見えてくる恐ろしい近未来」】

 

平成30年度の全国健康保険協会(協会けんぽ)の概要が送られてきました。
その内容をチェックすると、現在の国の社会保障制度の実態が垣間見えてきます。

収入11.3兆円の内、国庫補助金が1.3兆円です。
国の補助は、まだ1割程度で比較的少ないといえます。
健康保険料は、企業と従業員が折半で負担します。
料率は9.9%と介護保険第2号被保険者に該当する場合は11.63%です。
※介護保険第2号被保険者とは40 歳から 64 歳までの医療保険加入者

最低が、月収63千円未満の場合、5742円です。これを労使折半します。
月収20万円の場合、19800円または23,260円
30万円で29,700円または34,890円
40万円で40,590円または47,683円
50万円で49,500円または58,150円
60万円で61,380円または72,106円となります。

月収の人で20万円の人が年間医療費で元を取るには、79万円医療費を支払ってやっと

元がとれます。
月収30万円の人なら119万円医療費を払わないと元が取れないことになります。
月収が高くなるにつれ、この乖離がどんどん拡大していきます。

実際に国民がどの程度負担しているかを調べると、
20~30代は年間10万円前後、加齢と共に増加していき、60~64歳で40万円となります


因みに65歳以上になると急上昇していきます。
65~69歳 50万円
70~74歳 65万円
75~79歳 80万円
80~84歳 94万円
85歳以上 108万円

月収30万円の人は85歳以上にならないと自分の支払う保険料の元が取れない仕組みと

なっています。

これを支出の項目を見ると一目瞭然です。

支出の内、6割6兆円が現役世代用医療費支出、4割が介護給付金も含め65歳以上の高

齢者向けに負担を強いられています。

2025年には団塊の世代(1947~1949年生まれ)全員が75歳以上の後期高齢者となりま

す。
その場合、団塊の世代が支払う医療費は年間65万円から80万円にアップします。
※70~74歳の医療費負担は現在2割で、今後75歳以上の負担率が1割から2割に引き上

げられるので、負担率による上昇幅は抑えられます。
しかし、団塊の世代の人数は806万人となり、それだけで1.2兆円の純増が予想されま

す。

その不足分は現役世代と税金の両方で賄われることになるでしょう。

協会けんぽの概要書をチェックしたら、恐ろしい近未来が見えてきました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

明日から3月2日まで米国(ワシントン)に出張します。
その間、パソコンメールでの応対はできませんのでご了承願います。
LINE交換している人とは可能です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

「マーキュリー通信」no.3916【生涯現役社会が日本を救う-102「自由は不自由」】



 定年退職者に聞くと、これまで会社に一生懸命尽くしてきた人ほど、定年後は思い

切り羽を伸ばして自由を謳歌したいと言います。

しかし、3ヶ月くらいするとこの自由な生活に飽きてきます。

奥さんからは粗大ゴミ扱いされ、奥さんと一緒に旅行に行こうと言っても、妻は自分

の友人との旅行を優先します。

ここで会社人間だった自分と社会人間で生きてきた妻とのギャップを感じます。

そこで、自分の特技や趣味を活かそうとカルチャースクールに通い始めます。
例えば、ギターを弾きたいといっても、満足のいくレベルに達するまでは、それ相応

の時間を必要とします。

初心者のあなたはそこでも周りの人とのギャップを感じ、ついて行けなくなります。

ここにあなたは自由を満喫する為には、能力が必要となることを悟ります。
更には、経済的裏付けもないと自由に行動できる範囲は狭められてきます。

時間は誰にでも平等に与えられます。

しかし、何のためにその貴重な時間を使うのか、目的意識が明確でないと、結局その

自由な時間でさえも不自由に感じてきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年古稀を記念して出版した「生涯現役社会が日本を救う!」はお陰様で口コミで拡

がっています。

本書であなたの生きる目的も含め生涯現役人生を送る為のあなた自身の指針を発見す

ることができることでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

「マーキュリー通信」no.3874【生涯現役社会が日本を救う-101「閉店間際の人生を変えてみませんか?」】


閉店間際のレストランに行くと、従業員は「お客様、すみません。只今閉店の時間です」とお

断りします。

しかし、これがオーナー店長なら、「ご来店ありがとうございます。」と言って、客席に案内

します。
その時の気持ちは、これで売上が増えるという気持ちです。
更に、当店のおいしい料理をお客様に味わって頂きたいという気持ちです。

通常サラリーマンは、60歳で定年を迎え、更に5年延長して65歳まで嘱託で働くことが社会慣行

のようです。

そして、65歳になると、「これで俺の人生も終わった。後はのんびり過ごしたい」と思うので

はないでしょうか。

しかし、現在は人生100年時代です。65歳なら、人生後3分の1、35年残っています。
サラリーマン感覚で、勝手に自分の人生を閉店していませんか?

各自自分の人生のオーナーです。

子供の頃の夢、サラリーマン時代に忙しくて捨てていた夢を思い出し、残りの3分の1の人生で

叶えてみようと思いませんか。

この精神的態度を変えることで、残りの3分の1の人生がバラ色に輝いて見えるようになります

更に、人生のお客様、即ちこれまでお世話になった家族、職場の仲間、趣味の世界、社会に対

し恩返しをしていきませんか。

こういう精神的態度で生きていったとき、最期棺桶に入るとき、「ああ、俺の人生に悔いはな

かった。思い残すことはない」と満足して、あの世に旅立つことができます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

7月に発売した「生涯現役社会が日本を救う!」は口コミで大ヒット中です。
今、アマゾンでチェックしたら、最高値5700円で販売されていました!
まだ定価1540円で購入できますので、どうかそちらでお買い求め下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる