ワンポイントアップの幸福力

2024年4月20日 (土)

「マーキュリー通信」no.5339【ワンポイントアップの幸福力-71「子供時代の思い出が突然蘇る」】


今朝、目が覚めたら65年前の本日のことが突然蘇ってきました。

65年前の昭和34年、小学校4年生だった私は、この日4月20日に自転車に乗れるようになりました。
自転車屋のせがれとして自転車に乗れないコンプレックスを持っていました。

その日は近所に住む1歳年下のすみえちゃんが私の20インチの自転車の荷台を「軽い気持ちで乗ってご覧。しっかり押さえているからね。絶対に手を放さないから安心して」と言われ、それを信じてペダルを漕ぎ始めました。
1分くらいした頃、後ろから「のぶおちゃん!自転車乗れてるよ!」と叫ぶ声が聞こえました。
その時、自転車を一人で乗れた瞬間です。そして、コンプレックスから解放された瞬間でした。
幼なじみのすみえちゃんには今でも感謝しています。

その5年後、調布中学3年生の時でした。
新学期が始まり、クラス替えがありました。
4月20日頃、学級委員長を選ぶ選挙が始まりました。
投票結果、クラスの人数47名中、私に投票したのが何と44名もいました。そして、学級委員長に選ばれました。
それまで人を引っ張っていくようなことはむしろ敬遠していました。
それが私のリーダーシップの原点といえます。

その5年後は大学2年生の年でした。
その年は、朝日洋上大学生として朝夕新聞配達をしていました。
その年は異常気象の年で、東京で4月に大雪が2回も降った記憶に残る年でした。
その年の8月に朝日洋上大学生として、400名の仲間と一緒にさくら丸に乗船して37日間米国遊学しました。
私の国際ビジネスマンとして羽ばたく原点の年でした。

大人になってからの5年、10年は年々短く感じ、あっという間に過ぎ去っていきます。

しかし、子供の頃の5年、10年を振り返って見ると、わずか10年の間に子供から大人に成長していく過程をタイムスリップして俯瞰することができます。

読者の皆さんも試してみたらいかがですよ。
幸福な気持ちになって来ます。

 

| | | コメント (0)

2024年4月18日 (木)

「マーキュリー通信」no.5335【ワンポイントアップの幸福力-70「赤ちゃんの笑顔」】


4月から新たなドラマが始まりました。
NHKでも朝の連続テレビ小説が始まりました。
その中で必ずあるのが出産シーンです。
出産の際、妊婦は苦しみます。
しかし、出産して赤ちゃんを抱きしめた母親は、その苦しみ以上の喜び、幸福感を得ます。
そして、家族みんなが幸福感に包まれます。

赤ちゃんの出生数が毎年減少していますが、日本のどこかで赤ちゃんが毎日誕生しています。

同じ日本国民として、赤ちゃんの笑顔に接し、幸福感を共有したいですね。

| | | コメント (0)

2024年3月25日 (月)

「マーキュリー通信」no.5309【ワンポイントアップの幸福力-69「幸福になるのは権利でなく義務と認識する」】


本日のテーマ「幸福になるのは権利でなく義務と認識する」は、神の意志を理解すると納得します。

神は、その意志により霊エネルギーを物質化しました。これが神の3大発明の1番目です。
2番目は時間です。あの世、4次元の世界には時間は存在しません。
そして、3番目の発明は、人類が進歩発展の方向、幸福になる方向に向かって欲しいという念いがあります。
そのために、4次元の世界から、この3次元の世界に生まれてきます。

人は、産まれてくる前に、神との約束で人生計画を立てます。その計画に沿って人生を歩んでいきます。
不幸になろうと思って産まれる人はいません。

人生の途上で、様々な困難、挫折に出逢います。失敗もします。
そのような多くの経験をしますが、それは「成幸」するための経験と理解できるようになります。
「成幸」という文字は、成功+幸福です。幸福感を伴わない成功は成功といえません。
同時に多くの人も一緒に幸福にできたかが問われます。

未だ「成幸」していないと感じる人、それはまだまだ人生の修行の途上と思ってください。

4分の3世紀生きてきた私が自信を持ってお伝えできます。
私も過去に様々な失敗、挫折等を経験してきました。

しかし、それらの経験が私自身を自己成長させ、「成幸」を手に入れる源泉と気がつくことができました。

| | | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

「マーキュリー通信」no.5278【ワンポイントアップの幸福力-68「「成幸」の後には自己成長が伴う」】


大学1年~2年生にかけて、朝日新聞を1年間朝夕配達しました。

当時、配達員不足に悩んでいた朝日新聞の新しい企画として、朝日洋上大学制度を立ち上げました。
新聞を朝夕配達すると、米国に行けるという企画でした。

当時配達員の給料は17千円、15千円を天引きして、不足分を朝日新聞が補填するという制度でした。

当時海外旅行は夢の時代でした。
さくら丸という貨客船を改造して、30日間船上で米国の政治経済社会歴史を学びます。
1週間は、ハワイ、ロス、シスコを訪ねます。
そこで私はこの新制度にチャレンジしました。

朝夕の新聞配達は、大変でした。
毎朝4時起きして、新聞店に出かけ、まずはチラシを新聞に入れる作業です。
それが終わると5時半頃から2時間かけて配達しました。
雨風、そしては冬は雪が降りました。私の時は、4月まで大雪が2回降りました。その場合、自転車が使えないので、歩きながら6時間かけて配達しました。
台風の時は、新聞が飛ばされないように苦労しました。

冬季は早朝は暗く、暗闇から犬が吠えてきて、びっくりしたことが何度もありました。
私が配達していた調布市は工事が多く、工事の穴に落ちたこともありました。

そんな大変な思いをして、何とか1年間新聞配達をやり遂げました。
その時、苦難困難をやり遂げた不屈の精神が備わっていました。

全国から学生が375名(男子300名、女子75名)+朝日新聞からスタッフとして25名参加し、総勢400名の朝日洋上大学でした。

新しく立ち上げるので苦労も多かったですが、新しい事を創りだしていくことも学びました。
その過程の中で、朝日洋上大学生同志、同じ釜の飯を食った仲間として、深い絆で結ばれていきました。
その中から10カップルほど結婚しました。
私自身は、20歳の青春を思い切り謳歌しました。

当初は、米国遊学が夢でしたが、それ以外にも多くのモノを手に入れました。
2時間の新聞配達はものすごい運動量です。当時マンションはなく、2階建てのアパートが多かった時代でした。2階まで駆け上がり、新聞配達しました。
そして、早寝早起き、私自身生涯を通じて一番健康だった時期でした。

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

当時1ドル360円の時代でした。
米国で商品を買うとき、円換算すると何でも高く感じました。
感覚的には1ドル200円程度でした。
その感覚が当たり、その16年後、1985年にプラザ合意で一気に円高となり、200円となっていきました。

また、当時、商品の裏を見ると、made in Japanと書いてあり、それを避けました。当時の日本商品は安かろう、悪かろうの時代でした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

「マーキュリー通信」no.5277【ワンポイントアップの幸福力-67「人生のある時に、本気モードのスイッチを入れ、全力で集中して取り組むと見える景色が違ってくる」】


昨日の「マーキュリー通信」で、1年半大学受験勉強に全力投球で集中しました。
その結果、まさかの一橋大学に現役合格しました。
1968年3月8日、合格発表の日、人生で一番緊張し、一番感動の歓びを得た瞬間でした。
その幸福感は、今でも私の体に脈々と生き続けています。

その後、私の人生が大きく変わりました。そして、見える景色、世界も大きく変わっていきました。
その時のやり遂げた「感」が、私の宝物となっています。
同時に全力投球で頑張ればできるのだという「努力精進」という宝物を得ました。この努力精進は、現在まで行き続け、今後も私の大切な宝物として行き続けることでしょう。
また、独立心旺盛、自助努力の精神も養われました。

もし、あの時、頑張っていなければ、調布市の町の自転車屋の跡継ぎとして、平々凡々な毎日を送っていたかも知れません。

それをイメージしたとき、自分の性格から自分の人生に後悔していたかも知れません。

人は誰でも幸福になりたいと思っています。
幸福は自分で手に入れるモノだと実感しています。

| | | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

「マーキュリー通信」no.5275【ワンポイントアップの幸福力-66「不要な過去を捨てる」】


よく過去と他人は変えられないと言います。

過去は何かというと、記録と記憶の2つです。
記録=事実です。これは変えられません。

しかし、記憶は時間の経過と共に変わっていきます。
読者の皆さんも一度ご自分の過去を振り返ってみたらいかがですか。

時間の経過と共にだんだん懐かしくなり、あの時は、まだこどもだったなあとか、あの時の言動は大人げなかったりとか思えてきたりすることも多いと思います。

過去のトラブル、喧嘩、いざこざ等も反省や感謝に変わることもあります。

4歳の時に、隣の農家の肥だめに落ちた経験があります。
未だに吊しのズボンを着ていたことを思い出します。

今を思うと私の不注意からでした。
私はおっちょこちょいの性格で、よく同種の失敗をします。
その原点が4歳の肥だめなのかと、今メルマガを書きながら気づかされました。

一方、過去の嫌な記憶を、いまだに根に持ち、相手に対する恨み心が抜けきれない人も中にはいます。
それもあなたの性格なのだということです。

もし幸福になりたいと思うなら、過去のわだかまり、嫌なことを思い切って捨てるよう努力したらいかがですか。

そのことで幸福力がアップしていきます。
コスパから観たら実に良いと思いませんか。

| | | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.5271【ワンポイントアップの幸福力-67「母の命日に思う」】


母は私が5歳の時、悪性貧血で他界しました。
享年30歳でした。1月31日に誕生日を迎えた、半月後の事でした。
今年は70回忌と言うことになります。
今日は妹と一緒に墓参りをしました。
お墓に仏花の代わりに、母が好きだった黄色のフリージアを生けました。
黄色のフリージアが、母を喜ばせるようなイメージが湧いてきました。

母に挨拶したとき、幼少の頃の少ない出来事が走馬燈のように浮かんで来ました。
そして、これからも母に恥じないような人間として生きていく事を誓いました。

しかし、妹は当時4歳4ヶ月だったので、ほとんど記憶にないそうです。

母の記憶がない妹には申し訳ないのですが、少しの記憶がある私は、母との思い出、幸福感に浸っていました。

| | | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

「マーキュリー通信」no.5263【ワンポイントアップの幸福力-66「ノルマなく、自由に選択できることの幸福」】


昨日のメルマガ「マーキュリー通信」で、大手総合商社を早期退職する商社マンが増えている。
その理由の1つに官僚体質にあると伝えました。

私が48歳で三井物産を早期退職した理由の1つに、高額な年収の確保の為にノルマがきつく、ノルマノルマで追われ、いつの間にか本当の自分を見失っていたからです。

私自身、高校2年生の時から、ミッションでずっと生きてきた人間です。

あれから27年が経ち、私自身経済的自由と時間の自由を得ました。

経済的自由を得ているから、24時間誰からも束縛されずに、自由に生きることができます。
組織内に止まっていたら、この自由はあり得ません。
自分の想いと行いに忠実に生きることの歓びは手に入りません。

三井物産を退職後、世界最小の総合商社(有)マーキュリー物産を資本金1000万円で立ち上げました。
敢えて有限会社にしたのは一人取締役なら全て自分の意思で自由に決裁できるからです。

三井物産在籍中、新規事業の責任者の私のところに、多数の案件が持ち込まれました。
マーキュリー物産でも多数の案件が持ち込まれました。
その案件に対応する為に、従業員も増えていきました。
従業員数は15人まで増えていきました。

その時、気づきました。
営業マンには、新規営業の力がありませんでした。
従業員の給料を賄うために、私は必死に働きました。
確かにノルマはありません。誰の指示もありません。時間も自分でコントロールできます。
しかし、NTTのBフレッツ営業で失敗し、借入金が膨らみ、経営危機に陥りました。
そこで、リストラの断行、事務所も閉めて、私一人になりました。
そして、7年かけて借金を全額弁済しました。

その後、私は18社のベンチャー起業家に数千万円の投資をしてきました。
大半の経営者は、私と同様の経験を味わっています。

今自信を持っていえることは、自分の関心事でビジネスをやってはいけない。
その前に、継続的権利収入を確保できるビジネス・モデルに時間を投資し、その上で自分のやりたいことをやるという順序に切り替えるようにアドバイスしています。

億単位の株式を集めても、投資家に対する気遣い、時間の束縛、そして、ベンチャー起業家の場合、利益を上げなければ無報酬という厳しい現実が待っています。

起業後、10年後まで生き残っている企業はわずか6.3%、20年後は0.3%と言われています。
よく千3つと言われますが、数字が物語っています。

その意味で、様々な困難挫折を味わいながら、マーキュリー物産は22年経ちました。そんな自分をよくやったと褒めて上げたいと思います。

| | | コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

「マーキュリー通信」no.5258【ワンポイントアップの幸福力-65「本日は旧暦の新年、祖先の智慧に小さな幸福を見つける」】


昨日が節分、旧暦で言うと大晦日です。
「鬼は外、福は内」と豆を蒔いた家庭も多かったと思います。
そして、福を招く恵方巻きを食べた人も多いと思います。

そして、今日から旧暦でいう新年の始まりです。
全世界の半分以上は旧暦で新年を祝っているそうです。

昭和の時代にはなかった行事が、商業主義に乗って、バレンタインデー、ハロウィーン、クリスマス等いつの間にか日常生活に浸透してきました。

しかし、旧暦の方が、四季豊かな日本の風情に合っている感じがします。

街中の木々に目を注ぐと、厳しい冬に耐えて、そろそろ新芽の息吹が感じられる頃です。
2月は梅の季節、各地で梅の花を楽しむことができます。そして、3月の桜の季節へと移り変わっていきます。

こういう四季折々の変化を楽しむには旧暦の方が優れています。

西洋の合理主義から、東洋、なかんずく日本の神秘主義に触れることで、小さな幸福を日々感じることができます。

| | | コメント (0)

2024年1月 2日 (火)

「マーキュリー通信」no.5224【ワンポイントアップの幸福力-65「日本民族は、生かされていることを感じている民族」】


昨年の朝6読書会で、365日「ご利益大全」(藤本宏人著 サンマーク出版)の解説がありました。

藤本宏人氏は、神社に属さない高等神職官位・明階として35年間日本の文化、歴史、精神を研究する「ご利益」の専門家です。
藤本明階師は、30年以上前に、人間以外の力の存在と重要性に気づいたそうです。

人生という波の動きに翻弄され、絶望の淵に立たされたとき、人間の自力でない他力の存在に救われたそうです。

それ以来、「幸せに生きた人々」と「他力」の関係について研究を進めてきた。「幸せを生む他力を追い続ける」ことが藤本明階師のライフワークとなったそうです。

我々の周りに存在する住む家、衣装、食べ物他は誰かが作ったモノです。
しかし、全く無から人間が作り出したモノはこの世、この宇宙には存在しません。
時間という概念もそれは人間が生活に便利なように数字表記したモノに過ぎません。
この大前提を理解したのが極東の島国日本民族でした。

この世に存在するモノは、「もともとあるモノ」で構成され、それにより人間は「生きている」のではなく、「生かされている」という事実を根本から理解しているのが日本民族でした。

本書は、日本人が森羅万象世界の全てを「神様」「仏様」として祈りの対象として進化させていった内容を毎日1ページの形式でわかりやすく解説しています。

それを明治以前の古歴で使っていた24節氣、72候を素に記述しています。
現在我々が使用している太陽暦はたかだか150年前のものに過ぎません。

古歴は、人智を超えた変化を活用するツールでした。
古歴には重要な目的があります。
それが人間には理解できない領域の変化を活用する目的です。

昨日からまた1年の最初に戻ったので1月1日から再読しています。

1月1日は、古歴では1年の始まりではありません。古歴で24節氣の立春2月4日となります。
よって、1月1日はそれまでに縁起の良いことを祝う予祝といえます。

私の場合、今朝予祝をしたら2つのインスピレーションが降りて来て、急遽メルマガを2つ書くこととなりました。

なお、2日の今日の夜に見る夢は初夢として現実化します。
特に7福神の誰かの夢を見ると、その神様の夢が実現します。
それなら是非大黒天様の夢を見たいですね。

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

昨日、元日に靖国神社を参拝しました。
晴天にも恵まれ、大行列でした。

靖国神社に参拝する人は右翼が多いと未だに勘違いする人も多いようです。

しかし、家族連れも多く、皆さん鳥居をくぐるとき、一礼してからくぐる人が多く、礼儀正しい人が多いようです。

私は先の大戦で犠牲になった数百万人の兵士の慰霊と感謝の祈りを捧げました。

彼らの犠牲なくして現在の日本の平和と繁栄はなかったわけですから。その事実を子々孫々伝えていくのが我々の義務といえます。

早く政治問題から離れ、天皇陛下、首相も参拝してほしいものです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「感謝力10倍アップの極意」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ユートピア社会の建設を目指す! ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 生涯現役社会が日本を救う 知らぬが佛と知ってるが佛 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる