ワンポイントアップの幸福力

2022年5月28日 (土)

「マーキュリー通信」no.4676【ワンポイントアップの幸福力-47「自分の心の中を平和にすることが世界平和の第1歩」】

 

毎週土日に常連参加している朝6読書会で、今朝も素晴らしい学びを頂きました。
今朝の朝6読書会著者インタビューは、金本麻理子さんの著者「うつぬけの魔法」でした。
彼女は、一番大切に育てて頂いた祖母が、最期は認知症となり、他界しました。大切な人を失った喪失感から、鬱になったそうです。
そんな時、医師であり、クラウンアンバサダーパッチ・アダムス医師の米映画「バッチアダムス」を観ることになる。「鬱は病気ではない。孤独が鬱を作る」という彼のメッセージから金本さんは鬱から立ち直ります。クラウンとは道化師のことであり、日本ではピエロと呼んでいます。
パッチ・アダムスは、鼻にピエロの赤い鼻をつけて、様々な施設を訪ね道化役を演じます。そして、その人たちを与える愛の実践により幸福にしていきます。
今朝、一番響いた言葉は、
人を愛することが世界平和に繋がる。
「愛」とは?自分の事を大切にする=他人を愛する
自分の心の中を平和にする=世界平和の第1歩
でした。

パッチ・アダムス医師は、米国の帰還兵の多くがPTSDに罹っています。彼らを精神的に立ち直らせる為にクラウンアンバサダーとして現在も活躍しています。

現在、ロシア、ウクライナ戦争の真っ最中です。
両国の兵士も極限の状況の中、精神的に病んでいると思います。彼らの心の中も戦争状態と思います。
1日も早く戦争が終結して、心の中の平和も取り戻して、平穏な世界に戻ることを祈念します。

パッチ・アダムス医師は、米国だけでなく、求めに応じて世界を巡回して、幸福大使を務めているそうです。
金本さんは、パッチ・アダムス医師がソ連崩壊後の間もない頃に会い、感銘を受けました。その出会いからパッチ・アダムス医師との親交を深めてきました。

そして、著書「うつぬけの魔法」の出版となります。鬱は決して病気ではない。だから、薬を飲んではいけない。「鬱は病気ではない。孤独が鬱を作る」、与える愛の実践により、心の中に平和を取り戻すことで幸福感味わうようになる。その時、鬱病ともおさらばすることになります。

| | | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

「マーキュリー通信」no.4653【ワンポイントアップの幸福力-47「人生の多角化を考える」】


サザエさんの父波平は54歳、定年まで後1年です。
定年後は、孫のタラちゃんと残り10年の余生を楽しく送ることが生きがいでした。
当時の平均寿命は65歳でした。
老後は、孫と一緒に楽しく余生を暮らす大家族の時代でした。大家族の時代だったので、年金で老後を過ごせました。孫のタラちゃんにも何か買ってあげることができました。

しかし、今は大家族主義から核家族化が進行し、毎日孫と暮らすことはなくなりました。
定年は10歳延びましたが、人生100年時代に向って平均余命がどんどん伸びています。
従って、定年後の人生は10年でなく、数十年となります。

しかし、大半の高齢者は、後10年の感覚です。余生を何となく楽しく生きれば良いという感覚です。
そうでなく今一度第2の人生を設計する、人生の多角化を考える。
アクティブシニアとなれば、過去の経験が強みです。その強みを活かして、社会に溶け込み、もっと社会のために尽くそうと考えると人生がより楽しくなっていきます。

人は人と交わることで新たな楽しみを発見し、喜びも倍加していきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

3年前、古稀の時に書いた「生涯現役社会が日本を救う!」は、お陰様で重版となりました。

それを記念して定価1540円を、著者のサイン入り送料込み1000円でお譲りしています。
ご希望の方は、お手数ですが下記住所まで1000円札を同封の上、郵送して頂けますか。LINEペイ、ペイペイでもOKです。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324菅谷信雄

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

「マーキュリー通信」no.4643【ワンポイントアップの幸福力-46「厭離穢土の世界より欣求浄土の世界を求める」】


歴史的に有名な戦、桶狭間の戦いで今川義元が新興勢力織田信長に敗れ、歴史が大きく変わり始めました。

当時、今川義元に人質に取られていた徳川家康は、死ぬことを考えていたそうです。
その時、彼の自刃を思いとどまらせた聖人が、彼に「世の中は汚れきっている厭離穢土(おんりえど)の世界だけど、あなたの力で欣求浄土(ごんぐじょうど)の世界に変えてったらいかが」と諭され、自刃を思いとどまったというエピソードがあります。

現代世界を見ると、ロシアに侵略されたウクライナの社会情勢はまさに厭離穢土の世界と言えます。

日本の世界でも、拝金主義が横行し、為政者は利権構造にあぐらをかき、国民の平和と安全を真摯に追求する政治家は少なく、厭離穢土の世界かも知れません。

しかし、世の中がいくら乱れていても、自分の心の中の世界は少なくとも「欣求浄土」の世界を求めていれば、心の中はいつも平安でいられると思います。

| | | コメント (0)

2022年2月23日 (水)

「マーキュリー通信」no.4606【ワンポイントアップの幸福力-46「本日は富士山の日です」】


本日2月23日は天皇誕生日ですが、富士山の日でもあります。223、つまりふじさんと読めるからですね。

私の住むマンションは18階建てなので、冬季は18階から観る雪景色の富士山がきれいです。
今朝も1階から18階まで階段を上り、最後富士山の雪景色を観て、心が晴れやかになりました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中学生の時に、数学で√3を覚えるのに、「富士山麓オーム鳴く」即ち、2.2360679ですが、今朝思い出しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年1月30日 (日)

「マーキュリー通信」no.4580【ワンポイントアップの幸福力-45「母の形見フリージア」】


1月31日は母の誕生日です。母は翌月2月15日、私が5歳の時に白血病で亡くなりました。30歳の短い人生でした。

母との思い出は限られていますが、母はフリージアの花が好きでした。
母の誕生日に飾ろうとフリージアの花を買いました。

妻が小さな花瓶に入れて、食卓の上に置きました。
我が家の食卓は円形ですが、これとベストマッチングしています。
日一日つぼみが開き、黄色の花が見え始めています。そして、母との思い出が蘇ってきます。

これまで食卓の上に花を生けるという考えがなかったので、今後は記念日や節目節目に四季折々の花を買って、飾ることにしました。

こんな小さな出来事ですが、心を温かくしてくれるのですね。

| | | コメント (0)

2022年1月27日 (木)

「マーキュリー通信」no.4577【ワンポイントアップの幸福力-44「こちらからアクションを起こす」】


一昨日某交流会でM氏と10年ぶりに再会しました。

10年ほど前にM氏から中古のコピー機の販路開拓を依頼されました。
M氏とは当時信頼関係にあったので、説明会に参加しました。
しかし、説明会ではコピー機の重大な欠点を説明しないかった為、見込客に説明する際、その重大な欠点が理由で成約できませんでした。10社ほど回って、結局ダメなことに気づきました。
M氏にその旨伝えたのですが、M氏は言い訳するだけで、一向に謝罪がありませんでした。M氏との信頼関係は一気に崩れ、それ以来縁を絶っていました。

一昨日、M氏は私の存在を知っていたのに、一向に私に挨拶がありません。
年齢も私より10歳以上年下です。

しかし、帰り際私はM氏に「Mさん、お久しぶり、今仕事は何をやっているのですか?」と笑顔で声をかけ、私の名刺も渡しました。

M氏も笑顔で挨拶してきました。

過去の嫌なことを引きずらず、こちらからアクションを起こすことでMさんとの関係を修復することができました。

| | | コメント (0)

2022年1月21日 (金)

「マーキュリー通信」no.4572【ワンポイントアップの幸福力-43「レモン絞り器でレモンを搾ると出てくるモノは?」】


レモン絞り器でレモンを搾ると当然レモン果汁が出てきます。
これに蜂蜜を加えたりしながら、レモン果汁を味わいます。
その時、幸福感で満たされてきます。

しかし、もしその時レモンに青カビが生えていたらどうですか?
そのレモンは使えないので捨てる人が多いでしょう。

心の状態もこれと同じです。
いつもプラス思考で晴れやかな気持ちでいる人から出てくる言葉もきれいですし、他の人を気分良くしてくれます。

しかし、心の中が不平不満を持っていると、口から出てくる言葉は愚痴不平不満が出てきて、相手に不快な気持ちを与えます。

カビの生えたレモンを食べたら体に有害です。
同様にマイナスの感情を貯め込んでいたらストレスとなり体に良い影響を与えません。

健康のためにも、マイナスの思いを消去すると幸福感にもつながり、メンタルヘルス上良いです。

| | | コメント (0)

2022年1月 5日 (水)

「マーキュリー通信」no.4556【ワンポイントアップの幸福力-42「社会人第3の人生の始まり」】

今年3月末で社会人人生丁度50年となります。
その内、半分の25年が三井物産勤務、そして、三井物産を早期退職して早25年経ちます。
社会人人生50年で様々な経験を積んできました。

現在の私のミッションは「生涯現役社会の仕組み」を創ることです。
その中核をなすモノが、シェアハウスユートピア館です。
第1号館は、年末を目処に日本初のシニアとシングルマザーが協生するシェアハウスユートピア館です。
ユートピア館は、現代の様々なニーズに応えるためのシェアハウスです。中小・ベンチャー企業向けシェアハウスも検討中です。

ユートピア館事業は、私の社会貢献事業なので、役員報酬は頂きません。

よく人から「菅谷さん、なぜそこまで頑張るのですか?」と聞かれます。

私は高校2年生の時からミッションを掲げて生きてきた人間なので、ミッション達成に喜びを感じます。
それが社会貢献事業ならなおさらです。ユートピア館の居住者の笑顔と感謝の想いが私にとっての最大の報酬となります。

もう1つの報酬は「自己成長」です。これまでもミッション達成により、自己成長してきましたが、その度に喜びを感じてきました。

私の年代になると、お金を稼ぐことより社会貢献に喜びを感じます。

今の私は25年前に三井物産を辞めたときより、心身共に充実しています。これが人生の総決算になるからです。

第4の人生は100歳の時に始まりますが、その時、50冊目の本「いつでも夢を」を出版予定です。「いつでも夢を」の内容は、私の履歴書、人生の歩みの本です。

その時は100歳の誕生記念と出版記念の両方をやりたいと思っています。

| | | コメント (0)

2021年12月28日 (火)

「マーキュリー通信」no.4550【ワンポイントアップの幸福力-41「Air書道で幸福感を味わう」】


昨日は朝6読書会の分科会「0秒思考の会」に参加して、瞬間的に考える力をつけるトレーニングの話をしました。

今朝は、「0秒思考の会」の参加者、小山礼子先生からAir書道を勧められ、参加しました。

Air書道は、まず最初に10分間小山礼子先生の指導の下、Air書道体操をします。ここで氣の流れを良くします。

そして空気中に自分の描きたい文字を描きます。
それから半紙に文字を書きます。
今は百均で習字セットを手軽に入手できます。

書道は高校生以来、50年以上のブランクがありましたが、何とか描けるモノなんですね。

Air書道は、毎月2回24節気に併せて実施します。毎回24節気に併せ、小山礼子先生が解説してくれます。そこから日本の古き良き慣習を学び、日本人の感性の豊かさを学んでいきます。

今年最後は22日冬至でした。

その日は、お寺でご来光の後、初のリアル会、戸塚の海蔵院の本堂をお借りして実施しました。海蔵院の住職もAir書道に参加しました。

各自好きな文字を選びました。私は、「神佛」という文字がインスピレーションで湧いてきました。

毎年京都の清水寺の住職が流行語文字を発表していますが、今年は「金」でした。
私にとっては「神佛」という文字でした。

今月出版した「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」の「現代の3本の矢力」は、「思考力」、「人間力」、「健康力」を掛け合わせたものですが、その根底で支える心が、「神佛」の御心に叶ったものです。

さて、「神佛」という文字を全紙大(79cmx140cm)を両手を使って描き上げました。
描き上げたときの爽快感、幸福感、充実感を味わいました。
そして、Air書道の不思議な魅力を体験しました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

朝6読書会で多くのことを学び、朝6読書会で学んだエッセンスをふんだんに取り入れた「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」は好評発売中です。中には10冊単位で購入される方もいて、著者在庫200冊があっという間になくなりそうです。

本書をご希望の方は、著者サイン入り1500円(送料込み)でお譲りできますので、ご連絡をお待ちしています。

一方、同書の出版を記念して、これまでの下記出版物は一律1000円(著者サイン入り、送料込み)で奉仕させて頂きますのでご連絡をお待ちしています。

「生涯現役社会が日本を救う!」
「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」
「あなたの人脈力10倍アップの極意」
「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」
「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」
「あなたの仕事力・生産性10倍アップの極意」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

「マーキュリー通信」no.4538【ワンポイントアップの幸福力-39「幸せという漢字は下から読んでも幸せ」】


今月6日発売した「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」の感想を読者から徐々に送られてきました。

私は幼い頃、両親を無くしました。
高校2年生の時に父が10年ぶりに家出から帰ってきました。
その時の父は、所持金がほとんど無く、着の身着のままのみすぼらしい格好をしていました。
その時、私は父を反面教師として生きていく事を決意しました。
それ以来、「父親のようにはなりたくない」という想いで、生涯努力精進し、それが現在も続いています。

読者からは、「普通親に対し恨みを持ち、ぐれても良いのに、菅谷さんの精神力に感銘を受けた」との感想を頂いています。

「幸」という文字は、下から読んでも「幸」と書きます。つまり、自分の不遇を嘆くのではなく、逆の見方をするとまた違った想いとなります。

その結果、「福」をもたらし現在「幸福」な人生を送ることができています。

一方、「幸」から「一」をとると「辛い」という文字になります。
片親の人は「幸」から「一」がなくなり、「辛い」状況に追い込まれます。
しかし、「辛い」の漢字に「ハ」を加え、しっかりと立ち上がり、自分の人生をしっかりと「見」つめていくと「親」という文字となり、人生が変わっていきます。
「親」という漢字を国語辞典で調べたら、「中心となって支配するもの。親会社」と書いてありました。

これは、例え親がいなくても、人生を1冊の問題集と捉え、「自分が人生の中心、人生ドラマの主役」として真摯に生きていくことで、自己成長していくことになります。

「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」では、そのことを書き綴りました。

先週発売した「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」はお陰様で好評発売中です。
1540円を著者サイン入り送料込み1500円でお譲りしています。

また、1月18日(火)20~21時zoomによる出版記念講演会がありますので、皆様のご参加をお待ちしています。参加費は無料です。
終了後は、1時間ほどオンライン飲み会があります。

ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる