ワンポイントアップの幸福力

2021年1月27日 (水)

「マーキュリー通信」no.4229【ワンポイントアップの幸福力-17「白血病患者が死の恐怖を克服して20年、今でも懸命に生き続ける、そのエネルギー源は」】


朝6読書会から毎回大きな学びです。

製薬会社に勤務していた久田邦博さん(ニックネームはクニ坊)は、20年前38歳の時に突然白血病を宣告され、余命幾ばくもないことが分かりました。
当時、4人の息子がいました。

薬を飲み、生きながらえるだけの人生、最初は自暴自棄になりました。

しかし、望月俊孝著「9割夢が叶う 宝地図の秘密」を読み、勇気を与えられました。

1年間人生を無駄に生きてきたことを猛省しました。
そこからクニ坊の人生に対する取り組み方が変わりました。

残りの人生が他人と比べ短いなら、もっと濃密な人生を生きようと決意しました。
つまり後10年しか生きないなら、他人の4倍速で生きようということです。

自分の夢を見つけ,夢の達成に全力投球することを決めました。

当時クニ坊は製薬会社で新人6人の研修担当でした。
彼らはクニ坊の研修を受け、成長していきました。
クニ坊は10年経っても生きています。彼が指導した新人達は成長し、中には部長になった者もいました。

そこで、クニ坊は会社を退職し、自分の生きてきた人生を語る「研修ファシリテーター」として第2の人生の道を歩み始めました。

そこからつかみ取ったキーワードが、「幸せです。感謝」です。
この気持ちが病魔を吹き飛ばし、白血病宣告を受けてから20年、未だに元気で研修ファシリテーターの仕事を続けています。

クニ坊は、死と向き合ったとき、神とは自分の内側、奥の方にあると感じたそうです。

クニ坊のエネルギー源は、「人は100%死ぬ。癌になって自分の生き方に負けることが癌に負けたことになる。心の持ちようがいかに大事か、癌に負けずにサバイバルしているクニ坊そのものを見せることが自分の使命と見ている」とのことです。

詳細は、電子書籍「死ぬ前に読んでおけ」をご覧ください。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

これまで50以上の異業種交流会に参加しましたが、朝6読書会(中林久氏主催)は秀逸です。現在はコロナ禍の為、全てzoomです。

毎週土日朝6時から30分と水曜日夜9時から30分あります。その後、著者インタビューが1時間ほどあります。
私も著者インタビューを3回受けました。
2月7日(日)には4回目の著者インタビュー「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」を受けます。

朝6読書会をご希望の読者は、菅谷信雄までご連絡頂けますか。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

「マーキュリー通信」no.4209【ワンポイントアップの幸福力-15「他人にどう思われるかの感じ方には二通りある」】


日本人は他人の目を気にしながら行動する人が多いようです。
大半の人はマスコミ情報に頼っています。
正月に妹の旦那さんと会話をする機会がありました。彼はトランプ大統領は、史上最悪の大統領だと酷評していました。

彼の情報はマスコミからの情報です。
そこで、私は、「マスコミの情報はほとんどフェイクニュースです。マスコミ以外のyoutubeや、雑誌、書籍等を読むと全く逆です。むしろ、私はトランプ大統領は、ワシントン、リンカンと並ぶ歴史に残る偉大な大統領と思っています。」そして、マスコミがフェイクニュースを垂れ流す理由の1つに「ディープステート(闇の政府)の存在がある。ディープステートにとって、トランプ大統領は彼らの利権を脅かす危険な存在だからです」ということを解説しました。彼も少しはマスコミの洗脳から少し解放されたようです。

さて、昨日1月6日はトランプ大統領にとって米国大統領選の山場でした。
その為、私はトランプ大統領を支援する日本の保守団体JCU(Japan Conservative Union)のあえば議長他仲間達とトランプ大統領必勝祈願のために、飯田橋にある東京大神宮に新年の参拝に出かけました。

その時、私はトランプ大統領を支持する赤い帽子をかぶりました。
傍から見ると奇異に感じたかも知れません。

しかし、私は他人からどう思われることより、自分の正しい信念に基づき行動することをモットーとしています。自分に正直に生きることを大切にしています。自分に偽って生きることの方が幸福力を阻害することになるからです。

残念ながら昨日のジョージア州選挙では、民主党に1議席奪われ、トランプ大統領の共和党の過半数は達成されていません。勝負は後1議席確保で共和党の過半数が実現します。
そうなるとトランプ大統領再選に向けて大きな一歩となります。

トランプ大統領の必勝を期して、今朝も必勝祈願をしました。

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

「マーキュリー通信」no.4197【ワンポイントアップの幸福力-14「劣等感の克服」】

 

私は子供の頃、視力が弱かったです。小学校5年生の時に、国領にある慈恵医大病院に通いました。
しかし、治療しても視力アップにはならないと分かりました。
そこで、メガネを掛けることになりました。
メガネは授業の時と必要の時だけと言われ、その通りにしていました。

しかし、調布中学に進学してから、かけたり外したりするのが面倒だったので、そのままかけっぱなしにしていました。

するとメガネの矯正視力がどんどん上がっていきました。級友からは牛乳瓶の底みたいとからかわれました。それ以来メガネをかける自分の容姿にコンプレックスを持っていました。メガネでも視力が上がらず、いつも席は一番前に座っていました。

そのコンプレックスを救ったのが27歳の時に装用を始めたソフトコンタクトレンズでした。

視界が広がり、周りのモノがよく見えるようになり、世界が変わったような感じがしました。何よりもメガネとおさらばできたので、コンプレックスが解消しました。

しかし、今年はコロナ禍で在宅ワーク中心です。家ではメガネをかけています。
当然、zoomをやるときもメガネとなります。

そして、いつの間にか私のコンプレックスは消えていました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

小学生の時、京王線調布駅から慈恵医大病院のある国領まで通っていました。電車賃は5円、バス代は10円でした。
国領駅から慈恵医大病院まで歩いて15分でした。そこでバス代10円が浮いたので、帰りにコロッケやメンチカツを買って食べました。ささやかな喜びでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

「マーキュリー通信」no.4175【ワンポイントアップの幸福力-13「部屋中が札束で埋め尽くされていても幸福でないある大金持ちの話」】

 

7月1日から香港では ?香港国家安全維持法が施行されました。それ以降、アグネス・チョウ始め多数の民主活動が逮捕され、香港の自由と自治は奪われました。

米国は、香港の民主主義を崩壊させる行為に対し、厳しい制裁を発動しました。
その1つに第4代中華人民共和国香港特別行政区行政長官兼初代国家安全維持委員会主席を務める林鄭月娥(キャリー・ラム)の口座を凍結しました。

キャリー・ラムの月給は600万円、平均的な香港市民の月給の20倍の高給取りです。
因みにトランプ大統領の月給は1ドルだそうです。つまり、ほぼ無給で米国の改革に真剣に取り組んでいるわけですね。

口座が凍結されたため彼女の給料は現金で支給されるそうです。
その他、彼女の金融資産は数十億円と言われています。
そのお金を引き上げたけれど、貯金しておく口座がないのでやむなく自宅に置いてあるそうです。
自宅は足の踏み場もないくらい札束で埋まっているそうです。

彼女は、中共トップの指示に従い香港市民を弾圧していますが、決して心は穏やかでないはずです。

いくらお金を貯めても、あの世に持って行くことはできません。

持って行けるモノは心だけですが、彼女は地獄へと真っ逆さまです。
金と権力の亡者の哀れな末路は容易に見えます。

その大量の札束を香港市民にばらまいたら多少は人気回復するかも知れませんね。

| | コメント (0)

2020年11月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.4150【ワンポイントアップの幸福力-11「諦める言い訳をするより、諦めないことの方が幸福力につながる」】


私の生涯唯一の後悔は、一橋大学の剣道部を2年生の時に退部したことです。

退部理由は練習の厳しさについていけなかったことです。

私は大学生になって初めて剣道を始めました。
大学受験でひょろひょろにやせて小柄で体力のない私には厳しい剣道の練習について行くのがやっとでした。

特に背の高い上級生が相手から面を竹刀で打たれると、防具を着けていない後頭部をたたかれ悲鳴を上げていました。

しかし、それでも我慢をしてついていけたのは、先輩、同僚の素晴らしい仲間がいたからでした。

しかし、2年生になると、下級生にも抜かれ、コンプレックスは更に強くなりました。そこで私は退部を決意しました。

卒業後、剣道部の仲間と酒席を共にすることがあるのですが、やはり途中退部という負い目があります。そして、同じ釜の飯を最後まで食べなかったコンプレックスがあります。

今を思うと、練習は適当に休みながら4年間最後までやれば良かったと思っています。手を抜けない私の性格が災いしていました。

私はチャレンジして失敗してもただの一度も後悔したことがありません。

しかし、途中ギブアップしたことの後悔は一生続くことを剣道部の退部で身をもって経験しています。
それ以来、私は途中で諦めることの愚を悟ったので、この経験を未だに持ち続けています。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

「マーキュリー通信」no.4131【"ワンポイントアップの幸福力-12「恐怖心の克服」】


子供の頃に知り合いのおじさんから汗が眼に入って目が見えなくなったと言われました。そのおじさんの眼は今でも目に焼き付いています。
それ以来、汗をかいて眼に入ると子供の頃の事を思い出します。

コロナ禍の報道を連日マスコミは行い、国民はすっかり恐怖心を植え付けられてしまったようです。

京都大学上久保教授が7月に発表した日本人免疫説では、既に日本人はコロナウィルスの免疫力がついているのでコロナショック以前に生活に戻って良いとのことです。
適宜外出し、コロナウィルスを受け入れることで、コロナウィルスに対する免疫力がつくそうです。
逆に家に閉じこもり、外部と一切遮断している生活をしていると免疫力がつかず、第2波が来たときに、感染しやすくなるとのことです。

私は上久保教授説を信頼して、現在行動をしています。もちろん元気に生活しています。

恐怖心は、免疫力の低下につながります。恐怖心の払拭も第2波対策になります。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日の産経新聞にシルバー川柳が載っていました。時節を反映していて思わず笑い転げました。

「ばあさんの手作りマスク 息できず
「円満の秘訣 ソーシャルディスタンス」
「武勇伝 俺の話は無観客」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.4061【ワンポイントアップの幸福力-11「恐怖心を消去する」】


コロナショックのマスコミの過激報道で国民はすっかり恐怖心を植え付けられています。

一方、京大上久保教授のyoutube投稿「日本人はコロナウィルスに対する免疫力が既についており、コロナショック前の生活に戻って大丈夫」には感謝です。

コロナショック一色の日本列島で、上久保教授の勇気ある言動を高く評価します。

昨日「マーキュリー通信」でもお伝えしましたが、上久保教授は外出しコロナウィルスに接触することで、逆に免疫力がつく。
日常生活の中で、我々はコロナウィルス以外にも多くの目に見えないウィルスや細菌と接触しています。当然、検査をすればウィルスや細菌が手についていることが分かります。
そして、それらのウィルスや細菌が口から体内に侵入しても、通常は免疫力があるので、発病しません。
コロナウィルスもそれと同様です。

逆に無菌状態、引きこもり状態で外出しないと免疫力がなくなり、却ってコロナウィルスに罹りやすくなってしまう。

また統計的にもコロナウィルスで亡くなる日本人は13万人に一人の確率です。いたずらにコロナウィルスに恐怖を抱く必要はないと考えます。


こういう科学的データを基に上久保教授は検証しています。

一方、恐怖心は免疫力低下につながります。

これを機に、コロナウィルスに対する不安を解消することで、恐怖心を消去することができます。

その結果、心がすっきりします。そして、外出してもコロナウィルスの恐怖を自然と忘れるようになります。


いずれにしろ、政府も水面下でコロナウィルス問題をチェックしていると思います。

半年近くに及ぶマスコミのコロナウィルス報道に国民は食傷気味です。

そんな国民の空気を察して、マスコミもそろそろ「コロナショックからの解放記事を報道し始めると思います。

その結果、政府も空気が変わったことを読み、withコロナと共生しつつも、コロナウィルス前の生活に戻って良いとの発表が秋口にはあるものと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

上久保教授のyoutube投稿以降、私も自らに解除宣言をしました。
最近はカラオケボックスで歌を唱ったり、ラクーアに出かけたりしてストレスを発散しています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

「マーキュリー通信」no.4018【ワンポイントアップの幸福力-10「じょんのびしよう!」】


毎週日曜日朝6時からじょんのび日本遺産(TBS)を視聴しています。

「じょんのび」とは、新潟地方の方言で「ゆったり、のんびり」という意味です。
『じょんのび日本遺産』は、文化庁が認定する「日本遺産」を“ゆったり”“のんびり”と巡り、日本各地の歴史的魅力や特色を通して、文化・伝統を再発見できる極上の旅番組で、米国の美人アーチストナタリー・エモンズが情緒豊かに各地方を紹介します。

最近は、コロナショックで取材ができないので、これまでの番組を文化、食、音楽等の切り口で紹介しています。

今朝は、食に関するまとめでした。
日本の文化伝統を伝えるじょんのび感がある内容でした。

大学生の頃に訪ねた山口県津和野の鮎御膳も紹介されました。

毎朝2時間運動をしながらじょんのびを聞いています。

心の健康の後は、7時からゲンキの時間、
そして7時半からは「がっちりマンデー」でビジネス情報を仕入れます。

本日の圧巻は、農地に太陽光パネルを設置し、そこにサカキの木を植える農業ビジネスです。
この事業主は農家から土地をただで借りているそうです。

農家は、高齢化に伴い後継者がいません。
太陽光パネルを設置して売電すれば収入となります。
しかし、農業をすることが条件です。
この仕組みを活用したわけですから、時代の流れにマッチしたものすごい発想です。

再来年には生産緑地法の有効期限切れとなるので、この仕組みを活用する新たな農業ビジネスが活発化ししそうです。

将来私も農業ビジネスに関わりたいと思っているので良いヒントとなりました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

津和野は大学4年生の時に訪ねました。

その時、「津和野から萩へ」という歌を作詞作曲しました。
(昭和47年3月23日)

1.雨の城山に一人登る
  霧の城跡は誰もいない
  天守閣の静かなたたずまい
  青野山に浮かんだ大鳥居
  ああ津和野は昔ながらの鯉の町
  ああ津和野は君と歩いた恋の町

2.白い土塀の武家屋敷
  ミカン畑の花も咲く
  天守閣の静かな黄昏は
  指月山に夕日のかかる頃
  ああ萩は昔ながら城下町
  ああ萩は君と訪ねた城下町
        by 阿加土丈

阿加土丈は私のペンネームです。
歌を作ったり、水彩画を画くときには阿加土丈のペンネームを使っています。

全部で20曲強作詞作曲しましたが、「津和野から萩へ」は、「北海旅情」と並ぶ私の2大作品となります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

「マーキュリー通信」no.4013【ワンポイントアップの幸福力-11「withコロナの時代の新しい価値観、行動意識」】


最近はwithコロナという言葉がよく使われるようになってきました。

昨夜夕方5時頃仕事で電車(地下鉄 南北線)に乗りました。
王子神谷駅で乗車し、都営大江戸線の赤羽橋駅で降りました。

乗車状況は、満席で吊革につかまる乗客もいて、コロナ前の状態に戻ったようです。但し、全員マスクをしていました。

喫茶店でミーティングしましたが、座席は横並びの座席にwithコロナの時代を実感しました。もちろんここでもマスクをすることが新しいマナーとなっています。
コーヒー代金はLINEペイで支払いました。コロナで私も含めキャッシュレスが加速しているようです。

さて、ミーティングは8時半に終わり、帰宅後は9時半から11時までズームを通じて3者間のビジネスミーティングです。

ミーティングの結果は、ズームミーティングの方がかえって良かったくらいです。

顔を合わせてのミーティングは、往復の時間が2時間+コーヒー代(550円)がかかったのと比べ、ズームミーティングは経費ゼロです。

これもwithコロナの時代の新しいビジネス・モデルといえます。


さて、withコロナの時代では新しい価値観が求められているようです。

自:自立。複数の収入源を得て、勤務先から精神的にも経済的にも自立する。
公:公共のために、貢献する意識。自分の不注意のため、社会に大きな迷惑をかける。つまり、コロナウィルスはネズミ算的に拡大していく。
共:共に助け合う共助の精神。この精神をはぐくむことで、いずれ来ると言われている大震災の時の備えとする。
民:役所の対応の遅さ。やはり民間でできることは民間でしていく。国に頼らず、自分たちの生活は自分たちで守る。
幸:巣ごもり生活から、会社一辺倒の自分を見つめ直し、家族との絆、友人との絆の大切さを実感し、これが幸福の原点と認識するようになる。

何やら政党の頭文字となりましたが、各政党も自公共民幸(幸福実現党)は、自分たちの票集めのための政策ではなく、国民が自立できる政策作りをしていく。これがwithコロナ、そしてアフターコロナの時代に求められるあるべき政治ではないかと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日は、私が三井物産在籍中の1987年6月23日に創業した株式会社もしもしホットラインの設立記念日です。
当時20~30代だった多くの仲間も大半が還暦となり、もしもしホットライン(現社名りらいあコミュニケーションズ㈱)を定年退職していきました。

もしもしホットラインは従業員3万名、年商1280億円の東証一部に成長しました。
そして、仲間の大半は去って行きましたが、創業時に私が書いた使命感と4つの誓いの精神は現在でも引き継がれています。

そして、その精神的遺産は私にも引き継がれ、その精神で日々ビジネス活動を行っています。

<株式会社もしもしホットラインの使命感>
より多くの人や企業と感動を共有し
会社の成長を通じ
従業員とその家族の幸福及び社会の発展に貢献します
(注)私の原文では
高度情報化社会に貢献し、会社の発展を通じ
従業員とその家族の幸福及び株主の利益に寄与すること

でしたが、前社長が勝手に変えてしまったことは残念です。ただ大筋では変わっていないので由としています。
なお、4つの誓いは原文のままなのでほっとしています。

四つの誓い
一、私たちはお客様を大切にし お客様から信頼されるよう 絶えず心掛けます

一、私たちは調和を尊び 自由闊達な社風作りを目指します

一、私たちは絶えず挑戦と 創造を目指します

一、私たちは礼儀礼節を大切にし 自主管理と基本動作の錬磨に努めることを誓います

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

「マーキュリー通信」no.3967【ワンポイントアップの幸福力-9「小さな幸福を見つける」】



先日ほこりをかぶっていたホワイトボードをパソコンデスクの後ろに置き、ついたて代わりに使いました。
今週、コープでパーティションを購入し、ホワイトボードの隣に置きました。
私の仕事部屋をパーティションで仕切ったおかげで、4畳半の居間が新たに誕生した感じです。

パーティションには暦や写真等を移動しました。部屋がすっきりした感じになりました。

その結果、これまで仕事部屋として機能優先で使っていた部屋が茶の間機能も加わり、心が豊かになった感じがします。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる