シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」

2022年11月19日 (土)

「マーキュリー通信」no.4820【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-52「ユートピア館が追求する組織形態はティール組織」】


今朝の朝6読書会のテーマは、「ティール組織」でした。
「ティール組織」の著者はフレデリック・ラルー、現在全世界で10万部販売されているベストセラー書です。

ティール組織は、ミッションの下で動く組織と言えます。財務内容を公開し、そこに働く人が自分の報酬を自分で決める組織です。

現代の組織で言う階層構造、役職も存在しません。指示命令で動く組織ではありません。

こんな組織形態がうまく作動するのか?と疑問に持つ人も多いと思います。

ビュートゾルフ(オランダの地域看護組織)は、2006年10人でスタートした組織です。それが2013年7000人の組織に拡大しています。人の採用もチーム単位で実施します。現在では、オランダの地域看護士の3分の2を占めるに至っているそうです。
ティール組織が、組織のスリム化に繋がり、社会保障システムの節約に大貢献し、年20億ユーロ節減に繋がっているそうです。
分からないことは、自分にとって良いアドバイスをしてくれる人に聞いてみることになっています。

ティール組織は、責任、感謝の循環の世界に生きる組織です。
いわば霊主体従のコンセプトです。即ち、自分自身の生きる目的、存在目的を追求していきます。霊、スピリチュアルな面を重視します。肉体は霊の従属的な存在と捉えます。霊的人生観を確立していきます。

霊主体従が理解しづらい人は、世界的大ベストセラー書スティーブン・コヴィー著「7つの習慣」でいうインサイドアウトの考え方を採り入れたら良いと思います。
つまり、内なる自分、宇宙的存在と自分が繋がり、内在的な自分から外に発していく意識のとらえ方です。こうすることで本当の自分に忠実に生きながら、ストレスフリーのライフスタイルを送ることができます。

ティール組織は、組織を生命体として捉えるので、アメーバ組織のように自由に伸びていきます。

このティール組織こそ、私が事業推進中のユートピア館の建設事業の核をなすモノです。
ユートピア館の事業主体はユートピア建設ですが、ミッションで動く組織です。

現代社会は、少子高齢化、離婚の増加、高齢者の孤独死、認知症寝たきり老人の増加等様々な問題を抱えています。

ユートピア建設は、生涯現役社会を構築しながらこれらの諸問題を解決していく組織です。だから現代の日本社会にユートピアを建設していくという意味でユートピア建設という組織、事業体にしています。

ユートピア館を全国展開していく中で、各知識の実情、生活習慣等に合わせた組織を創っていきます。その運営に関しては、各地域のリーダーに任せていきます。終業時間も設けません。各自が自分で働く時間を決めることにします。

私のやることは、そのミッションを各地域の実情に合わせて普及していくことです。経営戦略、事業戦略、マーケティング戦略等の大枠は創ります。
そのミッションに従い、全体をまとめ引っ張っていく存在です。
ユートピア館の居住者もユートピア建設で働く人もミッション追求=幸福の追求です。
ユートピア館の居住者もユートピア建設で働いて頂いて良いわけです。はたらく=傍を楽にするという意義で捉えます。
また、給料、給与という用語は労働対価という意味合いが強いので使いません。報酬という言葉にします。傍を楽にした結果の報い、報酬となるからです。
従って、自分で自分の報酬を決める組織にします。ユートピア建設の財務内容も公開します。
因みに私は無報酬で活動していきます。私の報酬は、参加者の笑顔、幸福です。それが増大していくことで私の報酬も増加していきます。
団塊の世代は、かつて高度成長期には社会に多くの貢献をしてきました。
しかし、人生100年時代の進展に伴い新たな社会問題として、年金を食いつぶし、医療費の高騰や介護保険財政に逆貢献しています。

そんな団塊の世代の一人として、日本という素晴らしい社会に対する恩返しの気持ちでユートピア建設事業を推進していきたいと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

35年前に私が創業したテレマーケティングの新会社もしもしホットラインの給与体系は男女同一待遇同一賃金という給与体系を私が創りました。
丁度、男女雇用機会均等法がスタートした翌年でした。もしもしホットラインの7割が女性社員だったので、従業員を大切にする経営、とりわけ女性を大切にする経営を目指し、男女同一賃金制度を設け、それが同社の発展に寄与しています。

今度は、ユートピア建設で、ユートピア社会を目指し、ティール組織の下、自分の報酬は自分で決める組織すれば生き生きとした組織になるのではないかと思っています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年11月15日 (火)

「マーキュリー通信」no.4816【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-51「事業実現の為にはイメージを強化する」】


ユートピア館の第1号棟は、来年末完成を目指して事業推進中です。
事業計画をより具体的なイメージにすることが大切と考え、先月横浜の住宅展示場に住宅展示場6社訪問、昨日も2社訪問しました。

住宅展示場のモデルルームにあるLDKは概ね22~25畳です。これはユートピア館の目玉である広いLDKと同じサイズで、私がイメージしているLDKとほぼ一致しています。ユートピア館では、これに繋がる掘りごたつ付きの和室(4畳半+床の間、押入)がセールスポイントとなります。

前回の住宅展示場訪問では、目玉のロフトの高さを1メートルと考えていました。しかし、1.4メートルまで高く出来ることが分かりました。

そして、今回は、1階の部屋にもロフトを設けることは構造上難しいことが分かりました。そこで、1階の2室を2階に移動し、2階は全て居室にしました。

代わりに2階の洗面所、浴室を1階に移動しました。そしてコインランドリーを止め、市販の家庭用洗濯機に変えました。
これでスペースにゆとりができ、階段スペースを確保出来ました。

建設コストは、大手住宅メーカーは、最近の資機材、人件費高騰の影響で坪単価120万円以上に跳ね上がっています。

これに対し、中堅メーカーは、坪80万円程度で建設でき、予算内で納めることができることが分かりました。

行動に移すことの重要性を再認識しました。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

名刺交換する際に、3種類の名刺を渡しています。
一番先に渡すの一般財団法人全国福利厚生共済会の名刺です。
全厚済のウェブサイトの中に「ふくりの住まい」というサイトがあります。全厚済は住宅メーカー30社と提携しています。
全厚済からの紹介となると建築代金から3%の割引となります。建築代金は金額が大きいので3%でも150万円程度のコストダウンになります。

昨日名刺交換したA社の担当者は、全厚済の会員であることが分かりました。
しかもその前日私は昼夜2つのセミナーに参加していましたが、彼も同じセミナーに参加していたそうです。
ただ数百人規模の会場なので気がつきませんでした。

余りにもの偶然にびっくりしました。
同社の対応が一番良く、コスト面でも一番競争力があるので、現時点で本命です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年10月18日 (火)

「マーキュリー通信」no.4794【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-51「住宅展示場を訪ね、新たな情報を得る」】

 

昨日、ユートピア館の建設費、設計イメージを固めるために横浜の住宅展示場を訪ねました。

自分が作成した事業計画を大きく変える貴重な情報を入手できました。

坪単価100万円(消費税込み)程度を上限と考えていました。
昨今の物価上昇で、どの程度影響が出るのか心配していましたが、タマホーム、アキュラホーム、アイダ設計等は80万円程度に抑えることが分かりました。
なお、今回は私が会員となっている一般財団法人全国福利厚生共済会からの紹介なので、価格は3%引きになることを確認しました。

次に土地代です。
私が住む北区王子、東十条地区は過去半年間で倍近い土地代の上昇でした。お隣の川口を訪ねたら、坪単価300万円と異常な値上がりです。川口は庶民の町なので、このミニバブルはいずれは終演すると思います。
終身雇用制度は終わった時代に日本人のマイホーム志向の根強さにびっくりです。

但し、埼京線沿線でも戸田駅徒歩9分の場所では坪単価145万円とまずまずでした。
一方、東武東上線沿線価格は上板橋10分の土地が坪単価86万円でした。よって、今後は東武線、西武線の沿線に地域を広げることにしました。

私の希望は、キャッシュ・フローと節税のために定借を希望していますが、タマホーム、アキュラホームは土地も探してくれることが分かりました。

さらには、目玉であるロフトの高さの制限が1.4メートルということが分かり、現在の1メートルから高くし、より魅力のあるシェアハウスにすることができます。コスト面でもそれほどのコストアップにならないことが分かりました。

そして、間取りですが、モデルルームのLDKは22~25畳なので、ユートピア館のLDK22畳と同じサイズだったので、イメージが大きく湧いてきました。

ユートピア館実現に向け、大きな第1歩となりました。

| | | コメント (0)

2022年9月 5日 (月)

「マーキュリー通信」no.4760【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-58「龍馬は1日してならず」】


今朝起きたらたまたま「龍馬は1日してならず」という言葉が降ってきました ( ^)o(^ )
私は龍馬が歴史上の人物で一番好きです。性格も考え方も行動も似ています。

龍馬は、幼少の頃、おねしょをして「よばあたれ」と言われていました。
私も小学校1年生の頃迄、お漏らしをしていました。

龍馬が12歳の時、母が他界します。そして、乙女姉さんさが母親代わりでした。
私の母は、5歳の時病死しました。祖母が母親代わりでした。

そんな龍馬が武市半平太の攘夷思想から抜けだし、勝海舟の感化を受け、大きく羽ばたいていきます。
日本初の商社「亀山社中(後の海援隊)」を創設し、活躍します。
日本初の総合商社三井物産初代社長益田孝もその影響を受けています。

三井物産には25年間勤務しましたが実に多くの経験をして、多くのことを学びました。三井物産を退職して、丁度25年経ちました。その間、世界最小の総合商社マーキュリー物産を設立し、経営コンサルタントとして18社にも投資してきました。成功も失敗も数多く経験し、それが私の貴重な財産となっています。

それらの集大成のビジネスが日本初!シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウス ユートピア館事業です。

来年末第1号館の完成を目指して事業推進中です。100里の道も一歩からの例えの通り、まずは第1号館を完成し、そこから様々なノウハウを得て、1万棟の建設に向けて、進んでいきたいと想っています。

龍馬が生き抜いた幕末は欧米諸国からの侵略の危機が訪れています。しかし、日本人の精神、ご先祖様を大切にし、感謝し、武士道の精神が生きていました。

しかし、今はその武士道の精神が消え失せています。

私が目指すユートピア館は、武士道の精神を基にした「愛」です。「愛」を潤滑油とした大家族主義の復活です。

超高齢者社会がさらに進んでいます。政府の縦割り行政の影響で、寝たきり痴呆老人がどんどん増えています。

それを阻止するのが生涯現役社会の仕組みを構築することです。その中核事業がユートピア館です。

龍馬は1日してならず、しかしたまには休息「龍馬の休日」も必要と思っています。そこから新たな発想も湧いてくると思っています。

| | | コメント (0)

2022年9月 3日 (土)

「マーキュリー通信」no.4758【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-57「突拍子もない夢のかなえ方 6箇条」】


今朝の朝6読書会は、江戸末期の革命志士で有名な久坂玄瑞と先祖が繋がる児童文学作家久坂七夕(しちせき)さんの著者インタビューがありました。

彼女はこれまで様々なことにチャレンジして、夢を実現してきました。
パラシュートなしのスカイダイビング、
末期癌を克服後、フルマラソンにチャレンジ、しかも9年連続完走、その後は東京~小田原100キロ完歩、沖縄200キロマラソン完走、次は四国300キロマラソンにチャレンジするそうです。

外国人と話すときの魔法の言葉、if you canだそうです。
ポートランド行きのフライトに乗る直前、パスポートを忘れたことに気づきます。
でも彼女はパニクらず、魔法の言葉、if you canを連発して、何とパスポート無しでポートランドまで行けたそうです!

「本は手に取ると重いが、頭に入れると軽い」という長州出身の祖母の教育を受けて、小学生の頃から膨大な量の書籍を読み続け、その内容を脳が記憶しているそうです。
今でも年間五千冊の本を読むそうです。1冊1~2分、それを3回繰り返すと本の内容を覚えてしまうそうです。
だから書店は立ち読みでOKとのことだそうです。

さて、そんなスーパーウーマンの久坂七夕さんが、
「突拍子もない夢のかなえ方」を教えてくれました。
1, 「素直」になる
2, 夢を「明確」にする
3, やれると信じ、「やる」と決める
4, 自分の「人生」の主役となる
5, 今までの経験、人、全てに「感謝」する
6, できるだけ多くの人に「夢を語り、仲間を作る」
人は変わる、変われる!
一瞬、今変われる!

実は、私は生涯現役社会の中核事業として、日本初 シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウス ユートピア館の1万棟の事業推進中です。

他人から観れば「突拍子もない夢」に思えます。
しかし、上記「突拍子もない夢のかなえ方」6箇条を私自身肝に銘じながら実践実行中です。

事業は、ユートピア建設という会社組織で推進していくので、いずれは後継者を育成し、事業承継していきます。
1万棟の実現はその過程です。
夢は、生涯現役社会の仕組みを創り、現代の日本社会が抱えている3重苦の課題(年金、健保、介護)解決にしていくことです。

Yes, I can!「Think Big! できると思えばできる!」です。

| | | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウス ユートピア館の事業説明会のご案内

明日8月29日(月)20~21時来年末完成を目指してシニアとシングルマザー用シェアハウス ユートピア館の事業説明を行います。皆さんのご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377
※セミナー参加者の内、先着5名様まで、zoomで無料の経営相談、ビジネス相談等の特典をつけましたので、ご参加をお待ちしています

| | | コメント (0)

2022年8月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.4750【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス-56「ユートピア文庫」】


ユートピア館の廊下の両脇には共用の本棚を設置します。居住者が本を共有するスペースとして開放します。

以前豊島区に住んでいたときに、中央図書館に「はだしのゲン」というマンガが陳列されていました。
同書は、戦前の天皇批判のマンガです。その第10巻だけ読みましたが、見るに堪えないひどい内容でした。
天皇をくそじじい呼ばわりし、多くの兵士を戦争に駆り出した殺人鬼と酷評しています。そして、戦地では、日本兵が中国人の婦女子暴行や強姦シーン、日本刀で首を切り落とすシーン等事実無根の描写をここぞと描写しています。その内容は、まさに中国人が通州事件で、日本人に働いた残虐行為そのものでした。

私は早速図書館の副館長に抗議し、子ども達に悪影響を与えるので、直ちに撤去するよう求めました。しかし、憲法で保証された表現の自由と子供の判断を尊重したいとの回答でした。らちが明かないので、豊島区長にポルノ雑誌より悪書の「はだしのゲン」の撤収を要求しました。しかし、同じ回答でした。

ユートピア館では、もちろん子供に悪影響を与える有害図書を共用の本棚等に置くこと、共用部で有害図書を見ることを禁止します。それを互助会の規則に定めておきます。

代わりに、日本の歴史と文化、伝統を重んじる図書は大歓迎です。なければ私から謹呈したいと思います。
因みに、「検定不合格 新しい歴史教科書」(自由社)、「新しい歴史教科書」(扶桑社)は、子ども達に是非読んで欲しい図書と言えます。

★8月29日(月)20~21時ユートピア館の事業説明を行います。皆さんのご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377
※セミナー参加者の内、先着5名様まで、zoomで無料の経営相談、ビジネス相談等の特典をつけましたので、ご参加をお待ちしています。

| | | コメント (0)

2022年8月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.4749【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-55「ユートピア館は社会変革事業」】


現代の日本社会は、戦後米国の支配が続き、その影響が未だに色濃く反映しています。
個人主義の横行により離婚率の増加、少子化、核家族化等々、現代の日本社会は様々な問題が噴出しています。

10年後、20年後の日本社会をイメージすると、高齢者のひとり暮らしが益々増加し、孤独死が大きな社会問題となっていきます。
2050年には団塊の世代が全員100歳以上となり、100歳以上の人口が100万人以上にもなると言われています。しかもその大半は寝たきり痴呆老人です。

もはや行政には頼ることができません。いつのまにか利権構造ができあがり、税金の無駄遣いとなります。

従って、私の目指すユートピア館は、民間の活力を生かすやり方をしていこう考えています。補助金に頼ると、行政介入を招き、理想とするシェアハウスユートピア館ができなくなります。

基本コンセプトは、生涯現役社会を創っていくことです。その中核となるのがユートピア館事業です。

21世紀型大家族主義を掲げ、アカの他人同志が、協力しながら暮らしていきます。

これを実践していくことで、現代社会の諸問題を解決していくつもりです。
即ち、高齢者の孤独死の回避、シニアと子供の触れあい、地域社会との触れあいも考えています。

社会人として50年以上の経験を、ユートピア館に集中投入していきます。建設棟数が増えるに従い、徐々にスケールメリットを発揮し、社会を変革する力となっていくことを期待しています。

★8月29日(月)20~21時ユートピア館の事業説明を行います。皆さんのご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377
※セミナー参加者の内、先着5名様まで、zoomで無料の経営相談、ビジネス相談等の特典をつけましたので、ご参加をお待ちしています。

| | | コメント (0)

2022年8月23日 (火)

「マーキュリー通信」no.4748【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス-54「コールセンターを併設する」】


居住者の経済面のサポートの一環として、ユートピア館内にコールセンターの設置を考えています。
コールセンターの業務内容は、シニアとシングルマザーに特化した内容に絞り込みます。

私は三井物産在籍中に、テレマーケティングの新会社もしもしホットラインを創業した経験があります。通信の自由化の波に乗り、同社は東証一部上場企業まで成長し、現在社名をりらいあコミュニケーションズ㈱に変更しました。2022年3月期の売上高1179億円。従業員3万人。

立ち上げ時は。ユートピア館内にあるシェアオフィスにコールセンターを設置し、スモールスタートします。業務時間は9~21時を原則としますが、居住者の都合と社会ニーズに応じ調整します。
居住者は、フルタイムでもパートでも自分のライフスタイルに合わせて、仕事ができるようにします。
コールセンターには、シニアとシングルマザーから様々な問合せが来ます。それをまとめて毎月レポートを作成します。これを商品化していきます。

スポンサーは、それを具体的に必要とする企業です。
コールセンター業務の責任者は、もしもしホットライン創業時のメンバーがリタイアしているので、彼女たちに声をかけてみます。私も経験があるので、私がやっても構いません。

人数が不足する場合には、近隣から募集すれば良いと思います。ユートピア館は、当初から地域との触れあい、コミュニケーションを大切にしているので、コールセンター業務を通じてそれができれば良いと思います。地域住民が、ユートピア館の居住者になることも歓迎です。
こうやって地域に溶け込むユートピア館、地域と一体化していくユートピア館をイメージしています。

 

一方、コールセンターはフリーダイヤルで対応するので、地域を選びません。よって、ユートピア館の数が増えるにつれて、スケールメリットを発揮していきます。いずれは数千から数万人の巨大コールセンターへと発展していくことをイメージしています。

★8月29日(月)20~21時ユートピア館の事業説明を行います。皆さんのご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377
※セミナー参加者の内、先着5名様まで、zoomで無料の経営相談、ビジネス相談等の特典をつけましたので、ご参加をお待ちしています。

| | | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

「マーキュリー通信」no.4747【シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」の建設-53「スケールメリットを追求する」】

私はユートピア館を25年かけて1万棟の建設計画があります。そんなの無理と多くの人が言います。
まずは第1号棟を成功させることが最優先です。100里の道も1歩からと言います。1号棟を成功させることで、事業成功の道を1歩1歩進めていきます。その次はFC展開です。ここで建設棟数を急増させていきます。

もちろん事業としてやるのでユートピア建設という会社を創り、会社組織でやっていきます。当然人材を育成し、事業承継もしていきます。

さて、ユートピア館の建設棟数が増えて行くに従い、居住者の数も増えていきます。1棟当たりの居住者の数は10~15名程度です。1万棟建設の際には、10~15万人の居住者数になります。
ここに数の論理、棟数が増えて行くに従い、スケールメリットが発揮されていきます。

その時の視点が、利益優先ではなく、居住者の役に立つかが最優先されます。例えば、市場には農薬と化学肥料の野菜が多数売られています。
よって、消費者が安心して食べることができる野菜の栽培を手がけていきたいと思っています。
また、スーパーやコンビニで販売されている加工食品は食品添加物のオンパレードで、栄養価が低い食品が多いと言われています。これらの食品を長年食べ続けると、生活習慣病になると言われています。
また、子供には発達障がいのリスクがあります。

そこで、安心して食事ができる食品の提供を安価で提供できる仕組みを作りたいと思っています。

一方、今後消費増税が懸念されます。現在年収300万円以下の低所得者層が半分程度ですが今後は8割まで増加していくと予想されています。

現在、私は一般財団法人全国福利厚生共済会に加入しています。利益を追求しない一般財団法人ですが、将来1000万加入を目指しています。その頃は、スケールメリットを生かして、商品の価格が半分程度になることが期待されます。

そうなれば生活費の削減に繋がります。

そんなスケールメリットという将来展望も視野に入れた事業計画を考えています。


★8月29日(月)20~21時ユートピア館の事業説明を行います。皆さんのご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード3377
※セミナー参加者の内、先着5名様まで、zoomで無料の経営相談、ビジネス相談等の特典をつけましたので、ご参加をお待ちしています。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる