パソコン・インターネット

2010年10月16日 (土)

「マーキュリー通信」no.1505【これでパソコンライフがぐんと楽しくなります(*^^*)】

9月にマーキュリー物産が加入したここワンという懸賞モバイルサイトで、「パソコン初心者向けのアンケート」をとりました。

11日間で835名の方からアンケートを戴きました。

その結果新たな発見がありました。

回答者の内、76%の方がパソコンを所有していますが、その内70%の方

が有効活用していないことが分かりました。

パソコンを有効活用していない理由は、「使い方が分からない」「何が出来るかわからない」が年齢に関係なく60%前後を占めていました。

当初パソコンを有効活用していない人は年配の人が中心かと思いました

。しかし、40代以下の若い層も含め、全世代でパソコンを持て余しているようで、若い人でもExcel、Wordを使いこなせていないことが分かりました。

アンケート回答者は普段携帯電話を使い慣れている人ですから、どうしてもパソコンを使うのが面倒になってくるのでしょうね。

そして今回のアンケート結果から、パソコン初心者は「自分の趣味に関するホームページを見てみたい」「ワードやエクセルを使ってみたい」という人が50%、年賀状、暑中見舞い等に使ってみたいという人が3人に1人いました。

一方、昨年からiPhoneやiPadが大人気ですが、私もiPhoneを昨年10月に

購入しました。

しかし、キーボード操作と比べとても操作がしづらいです。しかも取説がないので、半年以上宝の持ち腐れでした。その後、分からないことを友人知人に聞いて、やっと最近ではiPhoneの機能の1~2%程度使えるようになりましたが、まだまだ満足のいくレベルまで到底行っていません。

従って、iPadに関してはiPhoneを使いこなせるようになってから購入しようと思っています。

パソコンに関しては私は中級レベルですが、初心者の人がiPhoneやiPad

を購入したら、私同様宝の持ち腐れになることが目に見えています。

従って、まずは現在所有のパソコンを有効活用することで自分の好きな趣味から入り、パソコンライフをエンジョイすることをお薦めします。

そろそろ年賀状のシーズンなので、年賀状にトライしても良いですね。

又、パソコンを持っていない人も4人に1人いましたが、中古のノートパソコンをソフマップ等で3万円程度で買えば良いです。新品を買う必要はありません。ExcelやWordもマイクロソフトの独占に対抗して、最近では似たようなソフトがフリーで手に入りますので、仕事で使わないのなら、これで充分です。

さて、パソコン初心者に耳寄りなニュースです。

パソコン操作に関する全てを網羅した初心者向けパソコンソフト「ぱそともくん」(CD-ROM6枚組、税込9000円)を「マーキュリー通信」読者に送料、代引き手数料無料でご提供させて頂きます(対応ソフトはWINDOWSなら2000以降はOKです。Macは不可)。

パソコン操作がわからなければ、電話によるカスタマーセンターがありますので至れり尽くせりです。

私が親しくしているI社長は、「ぱそともくん」を使ってみて、「CDなので、分からなければ反復して聞くことができるし、分かっている箇所は先送りすればよいし、使い勝手がよい。子供に聞くのも嫌だし、ぱそともくんはありがたい」と嬉しそうに応えてくれました。

パソコンスクールへ通うことを考えたら、ずっと安上がりだし、時間に縛られずに済むのが何よりだそうです。

たった今もI社長から電話があり、お客様に提出する資料に使うデータ作成を、Excelを使ってシミュレーションをするそうです。

以前はパソコン操作が億劫だったそうですが、「ぱそともくん」を使い始めてから、パソコン操作が楽しくなったそうです。

皆様からのお申込をお待ちしています。

お申込の際はは、〒住所、氏名、電話番号を記載の上、メールで願いします。
sugaya@mercury-b.com

※商品未開封の場合は、商品到着後8日以内にキャンセルメールを戴ければ、
返品後に全額返金致します。但し、返品時の送料はご負担願います。Pasotomo

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私自身今年動画で分かるパソコンソフトを28480円(DVD4巻セット)で購入しましたが、宝の持ち腐れとなっています。

このソフトは、プロとしてパソコンを活用するソフトがぎっしり詰まっており、中級レベルの私にはプロレベルまで使いこなすニーズもなく、又、時間もありません。

ホリエモンの一押しのお薦めということで買ってしまった私が愚かでした(;-;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

boblog「マーキュリー通信」no.1136【パソコンが突然壊れる!】

 boblog「マーキュリー通信」は1週間のご無沙汰です。

 実は、1週間前に突然電源が入らなくなりました。原因はマザーボードが壊れたことです。
マザーボードの修繕費用より購入した方が安いので買い換えることにしました。
 今回のパソコン買換でいろいろと学びがありました。
 
 私の場合、データは外付けのハードディスクに保存しているため、被害は最小限ですみました。
 筆王の住所録だけCドライブに保存されていたため、昨年9月10日時点のデータしか残っていませんでした。但し、最近は余り住所録は使っていないので、それほど困っていません。
 一番困ったのは、ATOKの単語登録です。最近3年間の単語登録が消えてしまったので、又、一から単語登録のやり直しです。

 これを機に、データ保存を筆王の住所録以外はCドライブで行わず、全て外付けのHDDにしたため、レスポンスが圧倒的に良くなりました。
 又、バックアップはUSBタイプのHDDで行うことにしました。

 前回Dellを購入時、1年も経たないうちにマザーボードがいかれ、かなりのデータが消失し、痛手を受けました。原因はmade in Chinaの為、品質管理が不十分だったことでした。前回のパソコンの使用年数は5年4ヶ月なので、そろそろ買換の時期ですが、いきなり電源が入らなくなるのはユーザー不信に繋がります。
 
 今回もメーカーはDellですが、出荷時のチェックが甘く、パソコン本体が到着したときに、不良品だったことが判明し、再度やり直ししました。
 これ以上、ユーザーの評判を落とすと、Dellのシェアは一気に落ち込むことでしょう。

 最近のパソコンは通信も絡み、ソフトの入れ替えも含め、個人レベルでやることは極めて大変なので、今回もITコンサルタントに頼みました。
 ハードウェア自体は64800円とかなり安くなりましたが、セットアップ費用が同程度かかります。一方、Office2007の評判が極めて悪いので、6年前のOffice2003を使わざるをえず、office2003が未だに37千円と高額なことです。充分に償却をしているはずなので、10分の1位の価格で販売すべきです。こういうユーザーの不満は大きいです。
 ビル・ゲイツが兆単位の寄付金をしても、ソフトの値段を下げ、ユーザーの満足を得ることが先だと思います。
 尚、評判の悪いOS Windows Vistaは今回も見送り、XPにしました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
 
 自宅で1週間パソコンのない日が続きましたが、その分時間的ゆとりができて、本を読んだりして、Sugaya3 又、違った時間の活用ができました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.732【ATOK2007の変換能力】

漢字変換ソフトATOKは私にとって必需品です。このおかげで手書きの速度と比べ、数倍から数十倍のスピードで文章が書けます。
 さて、ATOK16からATOK2007にバージョンアップしたので購入しました。うたい文句は、これまでの曖昧な仮名漢字変換の精度が飛躍的に向上した事です。しかしながら、実際に使ってみると、変換能力はATOK16と大して変わらずがっかりしました。
 Justsystemに問い合わせたところ、私の漢字変換ミスの実例を元に問い合わせてみたところ、未だ変換能力の未熟さを認めました。私の方からは、この程度のバージョンアップで、買い換えを促進するのは企業モラルに反する旨伝え、担当者もその旨上司に報告するとのことでした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

「マーキュリー通信」no.725【最近のメール事情】

 今年の6月から1ヶ月半当社で受信するe-メールが極端に減りました。取引先等から「e-メールを送ったけれど」という連絡を多数頂きました。
 
 そこで、当社のITコンサルタントに調べてもらったところ、なんと5000件ものメールがセキュリティ上問題ありとしてサーバ側(当社の場合Nifty)に溜まったたまま当社に送信されませんでした。この中には、お客様からの注文メール等重要メールも多数含まれており、業務に支障を来しました。
 サーバに溜まっていたメールをはき出してもらい、何とか事後処理をしました。その後、サーバ側にメールが溜まったままにならないようにしてもらいました。
 しかし、最近、又お客様よりメールを送ったけれど当社からの返事がない旨連絡がありました。

 ITコンサルタントに相談したところ、spam mail対策として、各プロバイダがセキュリティレベルを更に上げており、送信メールを拒否しして送らないケースや、受信を拒否するケースがも出てきたそうです。
 この対策としては、当社の場合ベッキーを使用しており、その中のリモートメールボックスの「受信済みのメールも含め全て受信」をクリックします。その中に送信先のe-メールがなければ、送信側のプロバイダ側で送信メールをはじいた可能性が高くなります。
 
 e-メールという非常に便利なツールも、これを悪用する人間が増えるといろいろな制約が出てきます。現在、メールの90%以上はspamと言われています。
 spam根絶に向けて、国がこのような悪質な利用者を罰する法律を早く制定する必要が早急に求められます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

「マーキュリー通信」no.722【21世紀のIT戦略はデジタルネイティブを狙え!】

 昨日の田内ゼミ情報交遊会は、日経BPクリエーティブ鈴木浩編集委員の話でした。
 田内ゼミ情報交遊会とは、22年前に一橋大学商学部田内ゼミのOBが田内先生を囲んで毎月勉強会をやろうという趣旨の下に集まった異業種交流会です。私が10年間世話役を務めた後、先生が他界されたのを機に、りそな銀行辻氏が2代目の世話役をやっています。
 デジタル・ネイティブという発想は、2000年頃から米国メディアに登場している。デジタルネイティブとは、16歳以下の生まれながらにしてITを使いこなす世代をいう。一方、それ以降の年代をデジタル・イミグラントという。

 16歳以下というと中高生の年代。この年代は携帯メールよりむしろパソコンを使いこなす。一方、大学生は携帯メール中心の生活だそうで、パソコンに関しては中高生にかなわないそうだ。
 10年後、20年後にはデジタルネイティブが社会の第一線で活躍している。ITを駆使しして仕事で活躍するデジタルネイティブ世代がいる一方で、この世代をターゲットにしたIT戦略が重要となってくる。そのキーワードはポータルであり、ポータル戦略に勝つ者がIT時代の勝者となる。現時点では、その最有力はグーグルといえる。

 一方、携帯電話は全世界で10億台普及しているが、2011年には50億台に急膨張する。携帯のコンテンツは、パソコンと比べ遙かに進化している。最近ではおサイフ携帯も登場し、決済手段にも躍り出た。
 そして、その主役がデジタルネイティブであり、デジタル・イミグラントの世代でもある。携帯の待ち受け画面はいずれポータルサイトが主流となろう。デジタル・イミグラントの大半はネットショッピングを携帯から行う。
 先日も、品川インターシティのフリーマーケットで、若い女性が自分の着た物や身の回り品を売りに出していた。彼女たちは、ネットショッピングでどんどん品物を買うが、ちょっと気に入らないとすぐに売りに出す。こういう性癖を持っている。この消費性向を把握しておくのがIT戦略に欠かせない。私のように物を大事に使う世代には理解できない消費性向であり、とうていついて行けないが現実にはそうなっている。

 いずれにしろ、各世代、年代の消費性向とIT能力を把握した上でのIT戦略の確立が21世紀のIT時代の勝者の決め手となるといえる。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「感謝力10倍アップの極意」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ユートピア社会の建設を目指す! ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 生涯現役社会が日本を救う 知らぬが佛と知ってるが佛 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる