経済・政治・国際

2020年2月12日 (水)

「マーキュリー通信」no.3908【JCU主催「建国記念の日に皇統問題を考える」セミナーに参加して】


昨日の一般社団法人JCU(Japan Conservative Union)主催のセミナーの一番手として

著作家宇山卓栄氏「建国記念の日に皇統問題を考える」の講演を聴きました。

宇山卓栄氏は、皇統消失の危機を訴えています。

国民の7~8割は女系天皇に賛同しています。

男系天皇のルールは皇室典範により決められています。

戦前の明治憲法では、皇室典範は憲法と同じくらい重視されており、政治家の意図で

簡単に変えられませんでした。

しかし、現在の皇室典範は、時の首相の意向で簡単に変えることができます。

安倍首相は、男系天皇に賛成しています。
しかし、自民党は一枚岩でなく、自民党の二階幹事長は女系天皇に賛同しています。

ではなぜ男系天皇の血筋を保つことが大切なのでしょうか。

宇山卓栄氏は、もし愛子様が女性天皇になり、一般人から婿を取った場合、もしその

婿が中国人の血筋が流れていたら天皇家の血筋が一発で崩壊することになります。

ましてや現在は一般人との恋愛結婚も認められており、できちゃった婚も否定できま

せん。

二階幹事長は親中派議員の親玉です。

そこに中国の意図が働いていると思うのは決してうがった見方とは言い切れません。

一方で、欧州は女系天皇を認めています。
それは欧州は同じキリスト教国であり、民族的にいろいろと血が混じり合っているの

で、それほど違和感を覚えません。

しかし、日本の場合、中国の国民性とは得て非なるものです。だから男系天皇の血筋

一筋が最重要となります。

さて、天皇家には多少の資産以外財産権は認められず、法的な権利はなく、義務だけ

が課されています。日々その激務に励まれています。

そんな過酷な労働を女性天皇に強いるのはむごいというのも、男系天皇支持論者の意

見です。これは女尊男卑の思想です。


それでは国民の7~8割がなぜ女系天皇を支持しているのでしょうか?

教師による教育とマスコミの影響が大きいといえます。

今でこそ日教組の加入率は低落傾向にありますが、日教組による天皇軽視の教育の影

響も大きいです。

また、マスコミの報道も、産経新聞以外男女平等の時代に男系天皇の血筋一筋を主張

するのは時代に合わないと主張しています。

この影響が大きいようです。

マスコミの浅薄な知識による国民の啓蒙が世論形成に一役買っています。そして、そ

れに乗る政治家という構図になっています。

宇山卓栄氏は、男系天皇の維持の為には、旧宮家の復活が最善の手段と訴えます。

それほど経費がかかるわけでもないので、この議論を男系天皇を支持する安倍首相の

時に法案を可決して欲しいと最後に締めくくりました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私も日教組の影響を受けていたようです。

若い頃は天皇家軽視、天皇のことを不遜にも「天ちゃん」と呼んだり、現天皇を皇太

子の頃に浩宮と呼び捨てにしていたりしていました。

今思うと不遜な自分の態度を恥じ入る次第です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.3907【JCU主催「建国の日に考える、日本の未來」セミナーに参加して】


昨日一般社団法人JCU(Japan Conservative Union)主催のJCU設立5周年記念行事に参

加しました。

JCU饗庭(あえば)直道代表は、5年前に日本の保守団体の分裂、乱立の危機を憂えて

真の保守団体を目指して設立しました。

真の保守とは何か?

今年は皇紀2680年に当たる年です。
日本は、男系天皇の血筋一筋に2680年に亘り栄えてきた世界で唯一の存在です。

今後も男系天皇の血筋を死守しながら、日本の良き伝統を守りながら、日本の平和と

繁栄を目指すのが真の保守団体といえます。

あて、饗庭直道代表は、何のコネもないところから2010年に単身渡米し、保守団体

ACU(American Conservative Union)のセミナーに参加しました。
そこで、真の保守を訴えました。
米国では真の保守とは、建国の精神である自由、平等、信仰の下、米国の平和と繁栄

を推進していくことです。

これに共感した共和党幹部が饗庭直道氏を共和党顧問に推薦しました。

饗庭直道氏は、2016年の米国大統領選挙で、当時泡沫候補と言われていたトランプ氏

の演説を聴いて共感しました。彼はヒラリークリントンに勝てる共和党候補はトラン

プ氏以外にはないと確信しました。

それからトランプ大統領候補を全面的に応援し始めました。
最初猛反対していた共和党幹部も饗庭直道氏の熱意にトランプ大統領候補支持に回り

ました。

そして、ヒラリークリントンの圧倒的優勢の下に米国大統領選挙は行われました。
最後の最後までヒラリークリントン大統領誕生を全世界のマスコミや政治家は信じて

疑いませんでした。

ところが饗庭直道氏は、トランプ大統領誕生を信じていました。
なぜならトランプ大統領候補が、草の根的な選挙運動を展開し、米国民の一般層に個

別に向き合って彼等の悩みに応えていきました。そして、彼等の圧倒的支持を得てい

たからです。

饗庭直道氏が影ながらにトランプ大統領候補を支援した結果、トランプ大統領の誕生

に繋がりました。
ここにトランプ大統領と饗庭直道氏の信頼関係は強固なものとなりました。
現在、日本の政界でトランプ大統領と直に話せる人は安倍首相以外いないそうです。

尚、トランプ大統領は一見傲慢そうに見えますが、気遣いのできる極めて紳士的な大

統領だそうです。

トランプ大統領との太い絆の下に、JCUは米国最大の保守団体ACUとの連携の下、中国

の帝国主義に対抗すべきアジア太平洋保守連合を構築しつつあります。

さて、米国は日本に原爆投下した憎き国です。饗庭直道氏もそのことを忘れていませ

ん。

しかし、日本の現在未來に亘る国家の平和と安全を考えた場合、米国との同盟関係を

強固にしながらアジア太平洋保守連合を創っていくことが日本の平和と安全に繋がる

ことになります。

政治家は自分の票に繋がることを中心に動きます。
その為、これだけ軍事的脅威の中国が隣国にいても、経済最優先で動いてきました。

饗庭直道氏は、トランプ大統領との太いパイプを活かして、一昨年トランブのアメリ

カ(その偉大なる復活)の日本語版を発刊しました。
著者は、元大統領候補ギングリッチ氏です。

昨年は、トランポノミクスの日本語版を発刊しました。
こちらもトランプ大統領の上級経済顧問スティーブン・ムーア氏です。

トランポノミクスにより好景気を続ける米国経済を鋭く分析しています。

両書とも日米でベストセラー書となっています。

饗庭直道氏は、日本の間違った経済政策を指摘しています。

社会主義政策では、日本の繁栄どころか国は没落の道を辿る。

経済繁栄の道はトランポノミクスによるべしと訴えています。

それは規制緩和と減税です。

饗庭直道JCU代表は、真の保守団体を掲げながら、日本の繁栄を外交面と経済面の両

面で具体的にかつ現実面を重視しながら進めている強力なリーダーシップの持ち主で

す。

建国記念日に現在の日本の平和に感謝する一方で、未來の日本、子ども達のために我

々が平和な日本をしっかりとバトンタッチしていく責任を感じた本日のセミナーでし

た。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私自身高校2年生の時に、自分の将来は世界に股にかけるビジネスマンか、外交官を

目指していました。

その意味で、世界を股にかける饗庭直道氏の活躍にはただただ共感共鳴するだけです

饗庭直道氏が率いるJCUをこれからも支えていきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

「マーキュリー通信」no.3891【本日は日米安保条約締結60周年】


本日は日米安保条約締結60周年の日です。

60年前の今日、私は小学校4年生でした。

マスコミの報道は、安保条約非難一色の印象を受けていました。
当然、小学校4年生では、安保条約の是非などわかりません。
ただ、マスコミの報道の影響を受けて、安保条約は悪いものと思っていました。
当時、子供でさえ、「安保、反対」叫び、安保ごっこが流行りました。

その10年後、私は大学1年生でした。
安保条約改定に関しても、当時のマスコミは同様に「安保条約により、日本は再び戦

争に巻き込まれる」と訴えていました。
当時の学生は、大半が社会党、共産党支持でした。
私も当然、安保に反対していました。

しかし、社会人になってみて、世の中の仕組み、世界の仕組みが分かるようになり、

安保条約は絵空事であることが分かりました。
しっかりと勉強もせずに、いたずらに安保反対を唱えていた自分を反省しています。

安保条約を体を張って締結した岸信介首相の英断を称えます。
安保条約がなければ、日本はソ連に侵略されていたかも知れません。
現在では隣国中国の侵略をとっくに許していたかも知れません。
その意味で、私は岸信介首相を戦後ベストの首相と高く評価しています。
ついで、安保改定と沖縄返還を実現した弟の佐藤栄作首相をベスト2の首相と評価し

ています。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

当時、左翼思想に染まっていた私は、佐藤栄作首相への抗議として「イエスタデイの

テーマ」という歌を作詞作曲しました。
9番まで歌詞を作りました。その1番を紹介します。

栄ちゃんと一緒に楽しいね
日本の自衛隊イエスタデイ
栄ちゃんと一緒に楽しいね
アメリカボスの自衛隊イエスタデイ

可愛子分を増やすため
三ツ矢作戦徴兵令イエスタデイ

※イエスタデイとは過去のものとして、止めてしまえという意味が込められています


最後に、イエスタデイ、イエスタデイと繰り返し、「ふざけんな、この野郎!」と叫

んで終わります。

若気の至りといえ、今では自分の知識不足を猛省しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

「マーキュリー通信」no.3829【物理学者がこの世は仮の世界と言いだし始めた!?】

 

仏教では、あの世の世界を実在界といい本来私たちがいる世界と定義しています。
そして、この世を仮の世界として、人間はあの世とこの世を転生輪廻することで魂の修行をし

ている存在と説いています。

冨島佑允著「この世界は誰が創造したのか」(河出書房新社)の論述は興味深いものがありま

す。
冨島氏は、京大理学部、そして東大大学院理学部研究家を卒業しました。
大学院時代には、世界最大の素粒子実験プロジェクトの研究員として活躍しました。

◆シミュレーション仮説
私たちは、誰かによって生かされているのではないか。私たちは何者かによって創られたコン

ピューターシミュレーションの世界に生きているのではないか?
この世は仮想現実かもしれないという説が、今、物理学者や哲学者から提示されている。欧米

ではシミュレーション仮説と呼ばれるものだ。
一見、SF的で荒唐無稽だが、その内容を詳しく見ると、きちんとした論拠に基づいている。

そもそも私たちが感じていること、認識していることは全て脳が創り出した幻である。
私たちが認識している色は、光りの波長の違いを電気信号として脳に伝えられ、脳がそれを解

釈しているに過ぎない。

一方、脳と心は別問題である。

物理学の世界では、現在この検証を徹底的に追求しているそうです。

本来、科学は宗教の世界を探求するものです。

つまり、人間は神が創造したモノであり、この世とあの世を転生輪廻を繰り返しながら魂の向

上をしていく存在です。

科学で解明されないものは信じないという傲慢な姿勢を止め、もっと素直に科学者が神仏の創

った世界の探求を真摯に実践するときに、人類の発展は更に飛躍していくことと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

台風19号被害見舞金は、私のメルマガ読者では1件で済んでほっとしています。
被害に遭われた方にはお見舞い金1万円に代えさせていただきます。

一方、ビジネス情報交換会の剰余金の中から3万円を一般財団法人全国福利厚生共済会経由見舞

金として寄付させていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

「マーキュリー通信」no.3780【必要以上の税を集めるのは合法的強盗である】


昨日のメルマガの続きです。
J-CPAC(Japanese Conservative Political Action Conference)2019大会で、公認会計士の吉

田寛先生が「必要以上の税を集めるのは合法的強盗である」と力説していました。

米国では、代議士は選挙前に増税しないことを誓います。これを約束しているので、米国では

国民の税意識が高いといえます。

吉田寛先生は、税金負担の日を1年の内いつまでなのかを日米比較しています。
1965年 日本(3月24日) 米国(4月8日)
 1965年では、日本の税負担は3月24日で終わり、翌日からは自分の自由に使えるお金となりま

す。これに対し、米国は4月8日でした。つまり当時は米国の方が税負担が大きかったといえま

す。

 その50年後はどうなったでしょうか?
2015年 日本(5月28日) 米国(4月24日)
日本国民が税負担から解放される日が2ヶ月もずらされたのに比べ、米国はそれほど増えていま

せん。
これは日米両国民の税意識の差と言えます。
日本はお上から税金をとられるという感覚です。
これに対し、米国では税負担の見返りとして政府のサービスを要求します。

一方、国の借金を子供の代まで残さないデータも興味深いです。

1965年 日本(3月24日) 米国(4月6日)
 1965年の日本では借金がなかったことを意味しています。米国も同様でした。

 その50年後はどうなったでしょうか?
2015年 日本(7月2日) 米国(5月)
 日本はご存知の通り、国の借金は1100兆円と天文学的な数字となっています。国の借金が、

子供孫ひ孫の世代まで繰り越されることを意味しています。
米国も1ヶ月程度伸びていますが、日本と比べ財政の健全化は保たれています。

10月1日からいよいよ消費税が10%に値上げされます。国民にとっては事実上物価が2%上がっ

たことと同じです。

吉田寛先生は、これを合法的強盗と言っています。

消費増税の前に、公務員の給料の引き下げ、ムダの排除、徹底した行政改革、利権構造の下で

の利益の取り合い等、消費増税の前にやるべき事はいくらでもあります。

米国トランプ大統領は、減税と規制緩和を実行して、米国の景気を良くしています。

年内に総選挙があるとささやかれています。

総選挙の際には、減税を公約する政党に投票しませんか?

| | コメント (1)

2019年8月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.3766【今年も靖国神社を参拝しました】

 

今年も靖国神社を参拝しました。
帰路ロイター通信からインタビューを受けました。
「何故参拝したのですか?」
私「国民の義務だからです」
ロイター通信「なぜ国民の義務なのですか?」
私「日本を守るため、戦場に散っていった300万人の英霊の御霊を弔い、感謝の意を表すること

です。今日の日本の平和と繁栄は彼らのお陰だからです」と答えました。

終戦後74年、今こそ政治的しがらみを外し、日本のトップであるお二人、天皇陛下と安倍首相には参拝してほしいものです。それでこそ300万人の英霊が浮かばれるというものです。

さて、今年も靖国神社に向かう途中たくさんのチラシを頂きました。
その中で、目からうろこが「改憲の代わりに明治憲法復活」でした。
上智大学名誉教授故渡部昇一氏の主張には説得力がありました。

現在の日本国憲法は、日本の主権がない占領軍が創った臨時憲法です。
従って、改憲では現行憲法を認めてしまうことになる。

その代わり、現行憲法の無効宣言をし、明治憲法を復活すればよい。
その前に国民的議論をして、時代にそぐわない箇所を改正すれば良い。
創憲となると莫大なエネルギーを要するけれど、明治憲法復活、そして現代風に改正すれば良

い、この方が日本人にはよりすっきりとします。


昨夜読んだ「大東亜戦争 日本は勝利の方程式を持っていた」(茂木弘道著、ハート出版)も

思わず目からうろこでした。

日米の戦争は昭和恐慌の1929年(昭和4年)以降既に始まっていた。
その3年後の1932年には、米国の工業生産は1929年の半分強まで落ち込んでいた。

これを打開するために、反日の大統領フランクリン・ルーズベルトが、40%の関税をかけた。

その結果、貿易立国の日本は大打撃。
更には1939年に、米国は日米通商条約を一方的に破棄してきた。

これは事実上の宣戦布告とも言える。

これ以上放置しておくと、日本も他のアジア諸国同様、欧米の植民地にされてしまう。
そこで、米国との戦争を想定した軍事戦略を立てる。

第1に、米英蘭を占拠していた東南アジアから追い出し、資源を確保する。
第2は、シナの蒋介石政権を屈服させる
第3は、独伊と提携して、英国を叩く
第4は、独ソ不可侵条約によりソ連を味方につける

詳細は本書を参照願います。

最大の失敗は、ルーズベルトにそそのかされて真珠湾攻撃を仕掛けたことです。これは山本五

十六元帥の大失策と言える。

ルーズベルトの罠にまんまとはまってしまった。

米国民に"Remember Pearl Harbor!"と日本憎しの国民世論を煽らせてしまった。

上記戦略を粛々と進めていれば、厭戦気分の米国の攻撃もまだまだ弱かった頃でした。

いずれにしろ、当時は欧米の植民地主義がピークの時代であり、日米開戦は避けられない状況

だった。
しかし、日本の開戦は、決して侵略ではなく、自衛の戦争であったことは当の米国も認めてい

ます。

日米戦争の仕掛け人は、元米国大統領フーバー(ルーズベルトの前の第31代大統領)が「裏切

られた自由。フーバー大統領が語る第2次世界大戦の隠された歴史とその後遺症」で、明確に「

日本との戦争の全ては、戦争に入りたいという狂人(ルーズベルト)の欲望であった」と明確

に書いています。

それでも大東亜戦争(太平洋戦争)は、日本が無謀に仕掛けた侵略戦争と言い切れますか?


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

毎年この時期は遠出しません。
電車は混み、行楽地は混み、疲れるだけです。
その代わり、靖国神社参拝をして、300万人の英霊に感謝の意を捧げることにしています。
これを実行するだけでも、心が洗われる気がします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

「マーキュリー通信」no.3764【外国人有識者から見た先の太平洋戦争】


8月のこの頃になると私は毎年関連書籍を読み、自分の知らないことを知り、偏らない関連知識

の深化に努めています。

今年も数冊読みましたが、その中でヒューストン大学教授の書いた「人種戦争(祥伝社刊)」

を読み、大東亜戦争(太平洋戦争)を又違う角度で捉えることができました。

今から丁度100年前、第1次世界大戦終了の翌年、1919年に日本は国際連盟に人種差別撤廃法案

を提出しました。

しかし、当時の米国ウィルソン大統領により否決されてしまいました。

当時の米国は黒人の人種差別が徹底して行われていた頃でした。
米国では黒人のことを人間として認めていなかったので、黒人の人権すらありません。
従って、人種差別撤廃法案など到底容認できるはずがありません。

欧州各国も同様です。

当時は欧米の植民地主義がピークに達していた時期でした。
アジアアフリカ、中南米の大半の国は欧米の植民地になっていました。
欧米人は白人以外は人間として認めていませんでした。

彼等は現地の人達を人間と認めず、家畜同然に搾取していました。

そこに極東の小国、日本が明治維新以来日の出の勢いで力を持ち始めてきました。
日本は日清日露戦争で勝利したため、アジアアフリカ中南米諸国に勇気を与えました。

一方で欧米人にとっては日本を黃渦と呼び、警戒心を強めました。

日本が大東亜戦争を開始した理由は、資源確保でした。

しかし、米国が引き起こした太平洋戦争は、人種差別も一因であると気づきました。
そこでアジアの同胞に呼びかけ、当時の東条英機首相により太平洋戦争開始の2年後の1943年11

月5~6日に大東亜会議を東京で開催し、大東亜宣言を発表しました。
※「米国が引き起こした太平洋戦争」と敢えて記載したのは、太平洋戦争は、昨日のメルマガ

で書いたように時の大統領フランクリン・ルーズベルトにより仕掛けられたものだからです。

大東亜宣言の内容は、大東亜各国の自主独立、人種差別撤廃、平和による大東亜各国の共存共

栄を通じた経済繁栄等でした。

同会議への参加国は、満州国、タイ、フィリピン、ビルマ、自由インド仮政府、中華民国、南

京国民政府の7ヶ国と少数でしたが、大東亜会議は欧米各国の脅威となりました。

米国では黒人奴隷状態だったので、大東亜戦争でも日本に共感する黒人は多数いました。

米国そのものは英国の圧政から逃れてきた清教徒が1776年に東部に13州を建国したことが始ま

りです。
しかし、その後は西部開拓時代に大量の原住民を殺害し、国造りをしてきました。
ハワイも侵略により奪取しました。

その他、カリフォルニア州、フロリダ等も戦争により勝ち取ってきました。

欧州も大航海時代に、アジアアフリカ中南米諸国を侵略してきました。そのピークが第2次世界

大戦です。

日本は戦争には負けましたが、アジアアフリカ中南米諸国を植民地から解放する役割を果たし

ました。

先の大東亜戦争は、野蛮国日本が米国を侵略し、アジアの同胞にも多大な迷惑をかけたと教わ

ってきました。

しかし、これは米国を中心とする戦勝国側の歴史論です。
戦後74年を迎えるに当たり、もうここら辺で、日本の近現代史に果たした役割を見直したらい

かがでしょうか。

日本を中心とした新しい歴史論を主張すべき時が来たと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

50年前の大学生の頃の大半の学生の考え方は、日本は悪い国で、米帝国主義により再び戦争を

起こすと信じ込まされていました。
そして、大半の学生は共産党、社会党を支持し、安保反対を唱えていました。
しかし、社会人となり、少し勉強すると、単なる書生論、空理空論と気付きました。

あれから50年が経ち、立憲民主党を中心とする左翼政党の考え方は、当時と殆ど変わっていま

せん。

彼等は勉強していないのでしょうか。それなら政党として余りにもお粗末です。
それとも自力で自分たちが政権を取るのが難しいので、中国の傀儡政権となり、中国等からの

支援を得ているのでしょうか。

もし、そうなら我々国民は彼等の甘言に欺されてはいけません。

今こそ、日本国民として、知らないことを知り、正しい日本の針路を政治家に求めようではあ

りませんか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

「マーキュリー通信」no.3763【日本の近現代史に大きな影響を与えた米国大統領フランクリン 「マーキュリー通信」no.3763【日本の近現代史に大きな影響を与えた米国大統領フランクリン・ルーズベルト】


米国大統領フランクリン・ルーズベルト(1882年~1945年、大統領在任期間1933年3月4日 –

1945年4月12日)は大の日本人嫌いの大統領でした。
彼はコミンテルンの影響を受けた為に、ソ連のスターリンに好意的だったと言われています。
これが戦前、戦後の世界及びに大きな影響を与えることになります。

当時の国際社会は白人主導の世界であり、白人以外は人間として認められていない時代でした


そんな中、極東の日本だけが日清日露の両戦争に勝利し、非白人の世界では拍手大喝采でした

。一方で、白人の世界は警戒心を抱いていました。いずれは日本を叩かなければならない気運

でした。

第1次世界大戦はは、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて、連合国対中央同盟国の戦闘

により繰り広げられた世界大戦でした。

当時の米国民は厭戦気分でした。

そこで、フランクリン・ルーズベルトは周到な日本侵略作戦を立てます。

資源が乏しく輸入に頼っている日本に対し、石油、食糧等の戦略物資を断つ作戦です。米国か

らは石油の輸出を禁止しました。
更にはABCD(America, British, China, Dutch)包囲網を構築し、日本への戦略物資を断つこと

にしました。

このような厳しい国際情勢の中、日本はそれでも戦争回避に向け、最大限の外交努力を続けま

した。

そして、日米交渉において、大東亜戦争(太平洋戦争)開戦直前の1941年(昭和16年)11月27日

に、米国ハル国務長官は日本に対し最後通牒ハルノート【Hull Note】を突きつけました。

ハルノートの内容は、当時の世界情勢から受け容れがたい内容でした。これで事実上日本を戦

争に追い込みました。

フランクリン・ルーズベルトは、ハルノートの内容を一切米国民に開示しませんでした。開示

したら、米国側のひどい仕打ちに日本に対する同情が出ることを恐れたからです。

その結果、日本は真珠湾攻撃へと突き進むことになるわけです。
しかし、真珠湾攻撃の情報をフランクリン・ルーズベルトは事前に知っていたことは今では米

国側も知っています。
日本に真珠湾攻撃され米国側は多大な被害を受けました。これにより米国民の「Remember

Pearl harbor 日本憎し」の気運が一気に高まりました。
自国に多大な被害を与えてでも、フランクリン・ルーズベルトは、憎き日本を叩くことを決意

しました。
◆参考文献:「真珠湾の真実 ルーズベルト欺瞞の日々(元米国トリビューン紙記者ロバート

・スティネット著)

しかし、日本敗戦の直前の4月12日に脳卒中で突然死しました。
その後を継いだのが当時の副大統領トルーマンでした。

トルーマン大統領は、当時完成したばかりの原爆を広島と長崎に2発落としたときの最高責任者

でした。

当時、日本は事実上敗戦状態であり、原爆投下の必要性はありませんでした。
しかし、早期戦争終結という大義名分の下、原爆投下が実行に移されました。

この詭弁も戦後、当の米国を始め日本の多くの有識者により論破されています。

そして、戦勝国による東京裁判が実行されました。

東京裁判では東条英機首相等がA級戦犯として処刑されました。

東京裁判は今では国際法違反として無効とされています。
なぜなら、戦勝国が戦敗国を裁く権利などないからです。あるのは賠償金と領土の割譲です。
日本は多額の賠償金を支払、満州、朝鮮半島、台湾、樺太等の領土を放棄しました。

尚、東京裁判の時に、米国は突然南京大虐殺事件30万人説を主張し始めました。
南京大虐殺事件は、当時のトップの蒋介石や毛沢東も知らなかったでっち上げです。
これが現在でも中国に引き継がれています。
尚、30万人説の根拠は、原爆投下と東京大空襲を始め各地に大空襲をして30万人程度の民間人

を殺戮したので、同じ程度にしておけと言う全くいい加減な根拠のないものでした。
原爆投下と大空襲は明らかな戦争犯罪でした。

その後、米国はGHQを置き、マッカーサー元帥をトップに占領政策を開始しました。
占領政策の基本は3点でした。

軍部を解体して、米国に刃向かえないようにすること。
財閥を解体して、経済力をつけさせないこと。
そして、日本軍の強さの核となる宗教(神道)の否定

その基本方針が、現在の日本国憲法に色濃く反映されています。

一方で、3S(スポーツ、シネマ、セックス)を流行らせ、日本国民のガス抜きをしたことです


米国は徹底した検閲を行いました。これが30万人もの日本人を大虐殺した米国に対し大半の日

本人が恨みを抱いていない理由となっています。

一方、同じ白人のソ連のスターリンの共産主義を容認したことです。

その結果、国連の常任理事国にソ連と中国の2ヶ国も共産主義国家が入ることになり、戦後の国

際政治をいびつにしてしまったことです。

もし、フランクリン・ルーズベルトが共産主義の脅威に早く気付き、日本叩きをしなければ、

国際政治は大きく変わっていたかも知れません。

戦後74周年を迎えるに当たり、現在の日本の政治経済社会情勢は、未だに終戦直後の歪められ

た状況にあることを今一度「知らないことを知る」必要があると思います。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

「マーキュリー通信」no.3700【ありがとう平成、さようなら平成】


本日は平成最後の日です。

朝から雨です。私はこの雨をお清めの雨、そして慈雨と思っています。

平成時代30年間は本当に災害が多い年でした。

平成から令和に変わる中で、世の中はお祝いムード一色です。

しかし、本日はそんな浮かれたムードを一掃して、天皇陛下と共に平成の時代を振り返ってみ

ると、そこはまさに天皇陛下と皇后陛下の祈りの歴史でもありました。

天皇陛下の一番の仕事は祈ることです。国民の安寧と国家の繁栄を祈ることです。それを神武

天皇以来皇紀2700年ずっと祈り続けてきました。

最近は天皇陛下と皇后陛下のお二人の過去のビデオに接する機会が多いです。
お二人は被災地に向かい、国民に寄り添い、慈悲の心で接してきました。

天皇陛下は、昭和天皇の後を引き継ぎ、敗戦の心の傷跡を負った国民を全国に巡幸してきまし

た。

天皇陛下は、4つの日を大切にしているそうです。

1つ目は、8月6日広島原爆投下の日、
2つ目は、8月9日長崎原爆投下の日、
3つ目は、8月15日終戦の日、
そして、4つ目は6月23日、沖縄戦終了の日

沖縄での両軍及び民間人を合わせた地上戦中の戦没者は20万人とされています。

昭和天皇が諸般の事情で沖縄訪問ができませんでした。

天皇陛下はそれが心残りでした。皇太子の時から沖縄訪問され、全部で11回もご訪問されたそ

うです。

最初は沖縄県民の間にも天皇陛下に対する戦争責任を始めとするわだかまりがあったそうです

。第1回目のご訪問の時は、火炎瓶を投げられるという事件まで起きました。
しかし、天皇陛下は県民の批判を受け止め、天皇陛下の県民に真正面から向き合う姿を目の当

たりしてきて、県民の態度は軟化し、今はそのわだかまりも拭い去られたそうです。

天皇陛下には権力はありません。しかし、天照大神を神と仰ぎ、祈る存在である日本神道の長

としての権威があります。

国民の統合の象徴として見事その重責を果たされてきた陛下に心から頭が下がる想いです。そ

してお疲れ様でした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

マスコミは天皇の退位と呼んでいますが、これは譲位の間違いです。あくまでも現在の皇太子

である徳仁親王殿下に天皇の座を譲位される訳です。

産経新聞はその点譲位という正しい用語をつかっていました。さすが、保守本流のクオリティ

ペーパーと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.3698【平成時代30年を振り返って-13「昭和の世は遠くなりにけり」】 】】


以前、「明治の世は遠くなりにけり」という台詞がありました。
これを現代風に言うならば、「昭和の世は遠くなりにけり」を実感しています。

昭和の世は大きく分けると、戦前と戦後に分かれます。

私は戦後の世代で、「戦争を知らない子ども達」が歌が流行った時代です。

昭和の時代も、前半が高度成長期でテレビ、冷蔵庫、洗濯機を3種の神器と呼び、まだまだモ

ノが不足していた時代から、後半はモノが充足された時代に分かれます。

昭和の時代は、アナログの時代、平成の時代はデジタル、ITの時代といえます。

何でもそろっている現代の生活と昭和時代の生活と比べれば、現在の方が圧倒的に快適です。

子供の頃は、特に冬が寒くて、あかぎれやしもやけに悩まされました。

私の子供の頃は電話が普及していない時代でした。

それでも私は昭和の時代の方が好きです。

まだまだ戦後の廃墟から立ち上がり、米国に追いつけ追い越せと活気のある時代でした。明る

い未来が描ける時代でした。

そしてもう1つ大きな違いが大家族の時代でした。

大半の家庭にはおじいちゃん、おばあちゃんがいて、おじいちゃん、おばあちゃんが緩やかな

家庭の絆を保っていました。潤滑油となっていました。
私がイメージするのはサザエさん一家です。あの暖かみのある家庭です。

平成の時代にはそれが失われ、核家族の時代となってしまいました。

新元号令和の時代には、是非大家族の時代を復活して欲しいと思います。

それが超高齢者社会が抱える様々な課題を克服する一つの鍵になると思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる