人生・その他

2021年3月 7日 (日)

「マーキュリー通信」no.4268【天災は忘れた頃にやってくる】


3月11日に東日本大震災から丁度10年です。時の経つのは早いものです。

明治の物理学者で地震学者の寺田寅彦は随筆集「天災と日本人」で次の様に語っています。

古来日本人は、自然と共に生きてきました。
自然災害の恐ろしさを身をもって経験してきました。
そこで集落を形成するとき、自然災害の影響を受けない場所を選んできました。

しかし、文明の発達と共に、いつの間にか日本人は自然の驚異を忘れてしまったようです。

1896年(明治29年)に、マグニチュード8.2~8.5の巨大地震が三陸地方が発生し、38.2メートルの津波が集落を襲い、甚大な被害をもたらした。これを明治三陸地震と呼びました。

甚大な被害があったにもかかわらず根本的な対策をしないまま、その37年後にまたマグニチュード8.1の巨大地震が三陸地方を襲い、28.7メートルの津波が発生し、地元集落に甚大な被害をもたらしました。

寺田寅彦は、この2つの地震を経験しています。

しかし、日本が地震大国であることには間違いないし、いつ大地震が発生してもおかしくありません。

被災した人々はその傷跡を心にもトラウマとして一生抱えて生きていきます。
しかし、大多数の被災経験のない日本人は、自分事として捉えていません。

26年前に発生した阪神大震災の記憶は多くの人々の記憶から消え、風化しています。

10年前に発生した東日本大震災もかなり記憶から消えようとしています。

東日本大震災では、最大40.1メートルの巨大津波が発生しました。

もし、東京電力が明治三陸地震の巨大津波38.1メートルの事実を基に、原発を40メートル以上の高台に建設するか、防潮堤を設けていれば、甚大な被害と多数の死者は出ませんでした。
その意味では、東日本大震災は、人災であり、原発建設を許可した政府とコストを優先した東電の責任は重大といえます。

私は10年前に被災地を訪ねました。松島、石巻、気仙沼の惨状、津波でぐちゃぐちゃにされ、海岸近くで積み上がっている無数の自動車を見ました。廃墟となってしまった家屋の悲惨も目にしました。その惨状は今でも脳裏に焼き付いています。

この原発事故を機に、原発稼働に急ブレーキがかかりました。
しかし、重要なことは、現在稼働している地震と津波の被害を担保しているかどうかを国民に情報公開して、国民を安心させることです。


原発は現在でも重要な電源の1つであり、脱炭素化を進める政府としては、なおさら原発は重要です。そのことを国民に周知徹底させることこそ、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」日本国民に対する政府の責任と言えます。

昨日のメルマガでは、「既に起こった未来」を書きました。
地震こそ、まさに「既に起こった未来」が当てはまります。
既に首都圏直下型地震が来た場合のシミュレーションはできています。
そのシミュレーションに基づき、具体的にどのような対策を打っているか、また実行中なのかを適宜国民に情報公開すべきと思います。そのことで、国民に注意を喚起し、大地震への備えをするように訴えたら良いと思います。

下記は過去の大地震をマグニチュードの大きさで順位を調べたものです。
因みに阪神大震災は7.3だったので、10位以内に入っていません。
従って、マグニチュードと震度とは必ずしも参考にはなりません。


規模が大きい地震(日本周辺)
順位 名称 発生日 規模 (M)
1 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) 2011年3月11日 9.0
2 オホーツク海深発地震 2013年5月24日 8.3
3 千島列島沖地震 (2007年) 2007年1月13日 8.2
    北海道東方沖地震 1994年10月4日
    十勝沖地震 (1952年) 1952年3月4日
    明治三陸地震     1896年6月15日
7 小笠原諸島西方沖地震 (2015年) 2015年5月30日 8.1
    択捉島沖地震 (1963年) 1963年10月13日
    択捉島沖地震 (1958年) 1958年11月7日
    昭和三陸地震   1933年3月3日


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

メルマガ読者向けの異業種交流会「ビジネス情報交換会」を3月11日に行います。
当日は、10年前を偲び、反省をしながら、会を進行したいと思います。
地震の日にちなみ、当日はNPO法人日本耐震防災事業団小口悦央理事長に耐震防災の重要性を説いていただき、また、耐震防災関連の商材の説明をすることになっています。一人でも多くのご参加をお待ちしています 。
受付 18時 開始18時15分~20時15分 その後、オンライン飲み会
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード DEC3377

また、「ビジネス情報交換会」では、これまで剰余金58万円を得ましたので、それを熊本の大地震始め、台風等被災地の人に義援金として41万円を寄付してきました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

「マーキュリー通信」no.4190【「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」で未来予測したことはほとんど当たっていた】


昨年出版した「生涯現役社会が日本を救う!」の中で、18年前に初出版した「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」の事を毎回取り上げます。

その中の一部で下記テーマを扱っていましたが、ほとんど当たっています。

1.失業率2桁の超失業時代が来る!
2.増えすぎたサラリーマンは淘汰される!
3.21世紀は20世紀と全然違った時代と認識する
(1)企業中心の時代から生活者中心の時代へ
(2)地球環境の回復を図りながら人類が共生していく世紀
4.政府の無策がもたらしたもの
5.個人の情報通信の時代へ

なぜ当たったのかというと、政財官界の利権構造とお役所の省益体質の為に、国民の望む改革は期待できないからです。

政治というモノはどうしても衆愚政治に陥りやすくなります。選挙の一票を取るために、選挙民受けのする政策を打ち出します。体の良い公金による買収です。

その結果、徐々に大きな政府となり、借金は膨張していきます。

菅内閣も、withコロナ対策も含め来年度の予算を約107兆円という大盤振る舞いです。当然、1100兆円の借金はさらに膨張していきます。

一方で、少子高齢者社会が益々進展していき国には大きな期待がますますできなくなっていきます。


だから、「自分の生活は自分で守る」自助努力の精神が益々求められます。

「生涯現役社会が日本を救う!」は、「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」の続編的な形を取っていますが、さらに現代に即した内容となっています。

一頃著者在庫がなくなりましたが、増刷を掛けましたので、著者のサイン入り1540円を送料込み1500円でお譲りできます。

ご希望の方はメールをいただけますか。

また、26日(土)20~21時半 「生涯現役社会が日本を救う!」セミナーを行いますのでご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )

ミーティングID 930 182 2900
ミーティングパスコード DEC3377

なお、本日18時半~19時45分「あなたの営業力、伝える力10倍アップの極意」の出版記念講演会をzoomで行います。
こちらも皆様のご参加をお待ちしています。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

「マーキュリー通信」no.3934【免許証返納】

 

今年は免許証の更新の年のため、警察から案内が来ました。
但し、70歳以上は安全講習が義務づけとなるとのことでした。
カナダから日本に帰国して36年、殆ど運転する機会が無かったので、今回免許証を返納することにしました。

返納手数料は1100円。
代わりに運転経歴証明書を入手しました。
この証明書は一生涯使用できるので、これまで5年毎に免許証を更新する煩わしさから解放されます。
そして、これが身分証明書代わりになります。


カナダではカナディアンロッキーに近いカルガリー市に住んでいました。

カナディアンロッキーには公私に亘り延べ100回は行ったでしょうか。

ドライブでの最大の思い出は、アメリカ大陸縦断の旅でした。

自宅からマイカーでカルガリー空港に駐車。
デンバー空港経由ファーミントンというローカル空港でレンタカー。
そこからグランドキャニオンへのドライブ。
早朝のパープルカラーに染まったグランドキャニオンの偉大さは生涯最大の感激でした。

その後ラスベガスにドライブして、空港でレンターをドロップ。
サンディエゴからまたレンタカーを借りて、西海岸から米国の最北端の都市シアトルまでドライブ。
シアトル空港からカルガリー空港、そしてマイカーで帰宅という壮大な数千キロに及ぶ1週間の旅行でした。

私にとって、最大かつ最高のコト消費でした。

 

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

「マーキュリー通信」no.3912【65回目の母の命日に思う】


本日は母の命日です。
65年前の本日、母は白血病で他界しました。

当時5歳だった私は、母の最期の頃、慈恵医大病院を見舞った時に、痩せ衰えた母のしゃもじのような細い腕しか印象に残っていません。

本日も墓前で母に誓いました。
残された人生を世のため人のために生きる。そして、最期三途の川を渡る時に、母が向こう岸で出迎えてくれて、「のぶお、よくがんばった!」と思い切り抱きしめてもらうのが夢です。

丁度50年前に母を偲んで「おもかげ」という歌を作詞作曲しました。
この歌を歌う時は、いつも涙ぐんでしまいます。

1.赤く燃えた夕焼けの海に
 白く小さな雲が1つ
 その中にきっと安らかに眠る
 遠い昔の母の影

 (以下 3番まで同じ歌詞)
 優しいあなたの面影ばかり
 浮かぶ空の果て
 今はもういない遠い国の人

2.赤とんぼの飛んだ夕暮れは
  遊び疲れて帰る頃
  顔も手も足も汚れたままで
  帰る家には母の声

3.山茶花(さざんか)の花の咲く頃は
 冷たい霜の降りる頃
 花びら集めて手のひらに乗せた
 薄桃色の母の花

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

「マーキュリー通信」no.3876【「忠春」】

 

昨年5月に古稀を迎え、それを記念して紙ベースでは17年ぶりに「生涯現役社会が日本を救う

!」を出版しました。時代を反映してか本書は口コミでバカ売れしています。

今年は生涯現役社会の仕組み作りの一環として、春にはシェアハウス第1号を造る予定です。
その為の新会社ユートピア建設も設立予定です。

今年は、これまで50年近いビジネスパーソン人生の経験を基に、
4冊の書籍の出版を計画しています。

1月 「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」
4月 「あなたの人脈力10倍アップの極意」
7月 「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」
10月 「あなたのプレゼンテーション力10倍アップの極意」


一方、経営コンサルタントとして、現在6~7件の新規事業案件が持ち込まれています。

中小企業が成功することも世の中を元気にする重要な要素であり、
これも私のミッションの1つと考えています。

その為の財源として、現在全力投球で進めている(財)全国福利厚生共済会による個人、中小

企業向け福利厚生のインフラ構築事業に全力投球中です。
個人、中小企業向け福利厚生の市場は6千万人といわれるブルーオーシャン市場です。
同財団は年率20~30%の勢いで急成長し、昨年末で22万人を超える加入者数となっています。

まだまだ70歳です。人生100年時代の70歳は、人生80年時代の8掛けなので、現在56歳の認識で

す。
これまでの経験を活かして、大きく羽ばたいていきたいと思います。


本年もよろしくお願い申し上げます。

令和最初の元旦
富、無限大コンサルタント 
菅谷信雄

※一昨年5月に下記住所に引っ越しました。

新住所 〒114-0002東京都北区王子5-1-1ザ・ガーデンズ東京王子AC1324
864世帯の大規模マンションです。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

新居のマンションは18階建てなので、階段をトレーニング道具と考え、6時に起床して、2時間

の運動(ストレッチ+筋トレ)の後、毎朝18階まで階段を上っていっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

「マーキュリー通信」no.3861【我が家の今年のヒット商品】

今年も多くのヒット商品が出ました。

私自身流行に左右されないタイプなのでマスコミでいうヒット商品とは殆ど縁がなかったよう

です。それでもハンディ扇風機を購入し、気に入ってます。

昨年は23年ぶりの転居ということでリビング家具や照明の総入れ替え等大きな商品の購入があ

りました。

今年の我が家のヒット商品は、
第1位 結婚40周年記念京都旅行
 京都の秋を十分堪能してきました。

第2位 出版記念パーティ用にドーメルアマデウスのスーツと出版記念講演会用にオロビアンコ

のジャケットを購入
 一般財団法人全国福利厚生共済会と提携している細井商事からデパートの販売価格の何と4分

の1価格(2着で10万円+消費税)で購入できました!

第3位 グアム島の免税店で購入したデンマークSkagenの緑の時計
 私は5月生まれなので、緑色が好きです。この時計の色は日本にはないグリーンで、一目見て

気に入りました。

第4位 デジカメ
 5年ぶりに購入。前のデジカメと比べ、性能面でかなりアップしています。

第5位 ビートルズ アビーロード発売50周年記念アルバム&Tシャツ
 ビートルズの偉大さにアルバムを通じて思いを馳せました

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

「マーキュリー通信」no.3414【男性妊活が重視される時代に】

少子化は男女の晩婚化、非婚化、そして子供を持たない夫婦が増加していることが大きな原因

となっています。

しかし、一方で子供ができない夫婦も1割もいるそうですが、夫が原因で妻が妊娠しないケース

も4~5割いるそうです。

赴任の原因の一つに晩婚が挙げられるそうですが、男性の場合、精子に問題がある場合が多い

そうです。

現在放映中の深田恭子が主演の「隣の家は青く見える」は、現代の社会問題をテーマにしたと

ころに関心を持っています。

4組のカップルが同じ庭を共同で使うコミュニティハウスを舞台に様々な悲喜劇が展開されます

深田恭子夫妻は、子供ができずに夫婦で妊活に励みます。前回やっと妊娠したと思ったら流産

という悲劇に見舞われます。

2組目はゲイのカップルです。ゲイの二人が愛し合っている事実を告白するかどうかで悩み続け

ます。そして、最後に二人は堂々と告白します。
最近はLGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略)を人事制度に配慮する

企業が増えてきました。

3組目は教育ママの家庭です。娘に中高一貫教育の有名校に入れさせたいために、娘に受験勉強

を強いて、娘の反発を買います。
夫は貢君で良いと思っていたら、夫もそれに反発し、商社を辞めてしまいます。離婚危機へと

発展します。

4組目はシングルファーザーです。
子供は絶対欲しくないという恋人と同棲していたところに、前妻の子供が突然転がり込んでき

ます。前妻が死亡したためです。
その恋人は、あんなり子供嫌いだったのに、子供の面倒を見始めます。

最初は暗い話題が多く、余り関心を持てなかったのですが、現代の社会問題を登場人物がどう

やって取り組み、解決していくのかといった視点で見ると関心が持てるようになりました。

明日木曜日が最終回です(フジテレビ22時)。さてどんな結末になるか楽しみです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

我が家も子供が産まれませんでした。
当時は不妊は当然妻の問題だったと思っていましたが、ひょっとしたら私にも問題があったか

も知れません。

今なら当然私も一緒に妊活に励んでいたと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

「マーキュリー通信」no.3246【「生涯現役」医師の日野原重明さん、105歳で死去 】

生活習慣病の予防や終末期医療の充実などに取り組み、100歳を超えても医師として

活躍した東京・聖路加国際病院の名誉院長で、文化勲章受章者の日野原重明さんが18

日午前6時33分、呼吸不全のため東京都内の自宅で死去、105歳でしました。
日野原重明さんは100歳を超えても講演などで各地を飛び回り、長寿社会の元気な老

人を象徴する存在でした。
最期は延命措置を拒んで、望んでいた自宅療養を経ての大往生でした。

日野原重明さんは、文字通り生涯現役人生を歩んだ方で、私も常々日野原重明さんのよ

うな人生を歩みたいと日々過ごしています。

私自身120歳まで生きる人生計画を立てていますが、120歳まで生きることが目的ではあ

りません。

いかに世の中に役に立つ人間として生涯現役人生を送り、最期死期を悟ったら、延命治

療を受けず、そのままあの世に旅立つことを考えています。

この世の見方で見れば死はこの世とのお別れになりますが、あの世から見れば新たな人

生の始まりです。死は決して悲しいことではないのです。

日野原重明さんは大往生され、きっと天国で自分の人生を振り返り満足されていること

と思います。

私もそんな人生を送りたいと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

三井物産在籍中は、35歳以降人間ドックを聖路加国際病院で毎年受けていました。

特に新たに建て替えてからの同病院の設備は充実しており、看護婦さんの対応も素晴ら

しく、快適な人間ドックを受けることができました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

「マーキュリー通信」no.2870【年賀状の整理はどうしていますか?】

お年玉年賀はがきの当選番号が発表になったので、年賀状をチェックしました。毎年4

~5枚は当たるのですが、今年は僅か1枚でした(/-\)

その際、今年頂いた年賀状を見直します。そして年賀状専用箱に移します。年賀状は、

ビジネス、異業種交流会、親戚、中高大学等に分類して収納します。

そこには昨年までの年賀状が収納されているので、昨年までの年賀状を見直します。そ

して、保管しておきたい年賀状と廃棄する年賀状に分けます。

個人の趣味(版画、絵、写真等)や家族の写真、1年の活動記録等が書いてある賀状を

保管します。

又、昨年亡くなった元上司の賀状は記念として保管しました。

概ね個人の特徴が出ていて、友人知人の個人記録となっており、中には10年以上の友

人知人の賀状もあり、子供の成長記録を見るのも楽しいです。

昔の賀状を見ていると、既に亡くなった人もいて、その時故人に思いを馳せます。

変わった賀状として、曻地三郎博士の賀状が100歳から105歳まで届いていました。100歳

を過ぎても、講演活動を続け、外国まで出かけ、とてもエネルギッシュな人でした。107

歳まで生き、2013年11月27日に他界されたようです。

私にとって一番のお宝賀状は、調布中学1年生の時の担任、小林とみ子先生からの賀状で

した。毎年、手書きではがきの裏表にぎっしりと文字を書かれていました。賀状以外で

も小林とみ子先生からはお便りを頂き、全て保管しています。
賀状を読むと、先生の懐かしい声が伝わってきます。

先生が80歳の誕生日の時に、教え子を誘ってお祝いに訪ねました。その時、かなり認知

症が進んでいました。私のことははっきりと覚えていて、私が先生に付けたニックネー

ム「オランウータン」を楽しそうに何度も何度も話題に出していました。しかし、他の

教え子のことは殆ど忘れてしまい、5分ごとに聞き返していたのが印象に残っています。

読者の皆さんはどんな年賀状の整理、保管をしていますか?

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

お年玉年賀はがきでは25年くらい前に1等賞を取りました。賞品は20万円の旅行券でし

た。その旅行券で熱海に出かけました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

「マーキュリー通信」no.2845【故人を偲ぶ 】

今年も多くの著名人が亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

私にとって一番記憶に残ったのは、元横綱北の湖理事長(享年62歳)でした。
北の湖理事長は、私より4歳年下でしたので、私が社会人になってから史上最年少の横

綱として「強すぎて嫌われる」というように言われました。
しかし、私は威風堂々として横綱らしい相撲を取っていたので、当時私と同学年の貴乃

花と同じくらい応援していました。

さて、プライベートでは、㈱アッシュコンサルタンツ伊東正剛社長です。
伊東正剛社長とは20年のつきあいで公私ともに親しくおつきあいしていました。
仕事ではITコンサルタントとして、(有)マーキュリー物産のIT環境をきめ細かく

対応していただきました。伊東さんとは、彼が亡くなる1週間前に、パソコンのディスプ

レイが故障し、アドバイスを頂いたばかりでした。そんな矢先の訃報だったので、驚き

も大きかったです。享年64歳。

次に、三井物産株式会社鉄鋼建材部在籍の頃の上司、梁瀬健二朗氏です。
当時私はデベロッパー関連の会計から鉄鋼の営業に異動しました。
営業に関し、右も左も分からない私を、梁瀬さんは手取り足取り教えてくれました。商

社の営業マンの基礎を徹底的にたたき込んでくれた人でした。
梁瀬さんが営業マンとして、シートパイルのカタログをリュックに入れて背負いながら

の営業をしたことは、当時語り継がれていました。
私は営業マンとして辛い時があると、そのことを思い出し、自分を叱咤激励していまし

た。享年84歳。

最後は三井物産元社長江尻宏一氏です。
私は江尻さんを、社長の風格と社長としてのマネジメント能力を発揮した一番社長らし

い社長と思っています。

私は江尻さんとはカナダ駐在の頃、江尻さんが米国三井物産社長として、カナダからカ

ルガリーにやってきました。
カルガリーでは毎年7月にカウボーイ祭りスタンピードを開催しますが、江尻さん顧客と

一緒にやってこられました。スタンピード祭りでは、皆カウボーイハットとカウボーイ

シャツ、そしてジーンズを履きますが、お似合でした。又、江尻夫人と一緒に会食をし

、楽しいひとときをしたことを今でも覚えています。

日本に帰国してから、私はテレマーケティングの新会社株式会社もしもしホットライン

を設立しましたが、稟議申請で難航したのですが、当時の江尻社長が首を縦に振ったの

で、許可となりました。その意味では、江尻社長は株式会社もしもしホットライン設立

の大恩人ということになります。享年95歳。
※三井物産では上司のことを役職で呼ばずに、「さん」づけで呼ぶ習慣があります。江

尻さんとお会いする時も、当然江尻さんと呼んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる スポーツ マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる