ワンポイントアップのコミュニケーション力

2022年11月10日 (木)

「マーキュリー通信」no.4813【ワンポイントアップのコミュニケーション力-213「こびへつらいの口調」】


昨夜は9時から10時半まで事業説明会の講師をしていました。
終了後は入浴してリラックスしました。
妻には、予め「10時半頃にzoomが終わるのでお風呂頼むね」と言っておいたので、直ぐに入浴できました。

入浴後、ウィスキーのお湯割りを飲みたくなったので、妻に"Could you make whisky with some warm water for me , please?"と頼みました。
妻:「こういう時になると急にこびへつらい調の言い方になるのだから」との反応
私:「嫌だ?」
妻:にこにこしながら「いい」
そして、ウィスキーのお湯割りを飲みながら、録画済みのNHKのTV番組「さわやかウィンド」で気分をリラックスしていきます。15分くらいして、ベッドに移り、良い気分のまま深い眠りに入っていきます。

また、昨日13時から別のzoomがあったので、その時は普通の口調で、"Can you make some hot coffee at 1 o'clock, please?と午前中に頼んでおいたので、1時少し前に熱い焙煎コーヒーが出てきました。

ランチにはコープ一押しのハマグリラーメンを作ってくれました。
私は思わず、"This is the best ramen I've ever had in my life!"と感激の声を挙げました。
妻は喜び、「次、またコープのカタログに載っていたら注文しておくね」と夫のために一生懸命作ったかいがあったようです。

長年連れ添った夫婦でもコミュニケーションに工夫を凝らすと円満な夫婦生活を送ることができます。
その時の基本が、相手に対する感謝、思いやり、気遣いではないかと思います。そして、迷惑かけたらすぐに「ごめん」と謝ります。

我が家では結婚以来、妻は私のことを特別な言い方で呼んでいますが、次の3つのうちどれだか分かりますか?
クイズ:①王様②殿③Bob
因みに私は、普段は「葉子」と呼んでいます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

一昨年、「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」(玄文社1540円)を出版しました。
著者在庫が後1冊残っています。ご希望の読者には著者サイン入り、送料込み1000円でお譲りできます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (1)

2022年9月 4日 (日)

「マーキュリー通信」no.4759【ワンポイントアップのコミュニケーション力-212「人は長年1つの会社に勤務しているとその考え方、体質に染まる」】

 

人は長年同じ企業に勤務していると、その企業の価値観に染まってきます。特に定年まで同じ企業に勤めた人の場合、その影響が大きいようです。

最近、定年まで郵政に勤務した人と頻繁にコミュニケーションをとります。

非常にまじめで努力家で信頼のおける人です。しかし、考え方が固い岩盤のように固まっており、新しい事を学んでも、浸透していかないようです。
それでもセミナーに何度も参加しているうちに、郵政以外の実社会の考え方に触れるようになり、「点滴、岩をもうがつ」の格言通り、徐々に固い岩盤に少しずつ小さな穴が開きつつあります。

一昨年の10月に「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」(玄文社)を出版しました。

コミュニケーションで悩んでいる人にはお奨めの書です。著者在庫が後1~2冊となりました。
希望者は、著者サイン入り1540円を1000円(送料込み)でお譲りできます。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324 菅谷信雄

| | | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

「マーキュリー通信」no.4738【ワンポイントアップのコミュニケーション力-211「妻のジョーク」】


我が家では家の中の空気を明るくするために毎日夫婦でジョークを言い合っています。
今朝、私が過ってコードに脚を引っ掛け、転びそうになりました。
すると妻が、「コードが密集する所を通るときには、高度のテクニックが必要よ!行動に気をつけよ!」とだじゃれを言いました。
そんな「妻」らないだじゃれでも私が笑って応えました。
妻は、「わーい、わーい」と言って喜んでいました。

マンネリ化する夫婦のコミュニケーションに、ジョークを入れると毎日楽しく暮らせます ( ^)o(^ )

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今朝、久しぶりに富士山が見えました。
しかし、雪山でない富士山はやはり魅力はありませんでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年7月31日 (日)

「マーキュリー通信」no.4728【ワンポイントアップのコミュニケーション力-209「妻の真心を込めた手料理に感謝する」】


昨夜の料理は私の好物のイカフライでした。
最近の物価高騰で、イカの質が以前より固くなり落ちたそうです。

妻は、以前と同じ味を出すために、料理本を見たり、いかに柔らかくするのに2時間もかけてイカフライを調理したそうです。

妻から、「味はどう?」と聞かれ、「うまい!」と言って、跳び上がって喜びました ( ^)o(^ ) この仕草で妻の苦労は報われたようです。

「でも2時間もかけて作ったのに、わずか15分で食べてしまうのは味気ない」と言ったので、「美味しかったので、あっという間に食べてしまったんだよ」と応えたら、納得したようです。

夜寝るときに、「今は、イカの美味しい味が体中一杯に拡がって、これで気持ちよくぐっすり眠れそうだよ!」と妻に感謝の気持ちを伝えました。

長年夫婦をやっていると、マンネリ化してきます。

このような形で、妻の料理を褒めたり、ありがとうと感謝の気持ちを伝えることで、夫婦のコミュニケーションの円滑化が図れ、良い夫婦関係を維持できます。

| | | コメント (0)

2022年7月29日 (金)

「マーキュリー通信」no.4726【ワンポイントアップのコミュニケーション力-208「ネガティブな人の所には情報が入らなくなり、ポジティブな人の所には情報はどんどん入る」】


長い人生を生きていると他人から様々な情報が入ってきます。玉石混交、種々雑多です。
私の基本姿勢は、まず他人から来た情報を素直に耳を傾けます。
好奇心旺盛な私の場合、概ね面白いと思い、即実行するタイプです。しかし、実行していく内に、その情報の価値を理解できるようになります。中にはおかしなものもありました。
また、その情報自体は良くても伝える相手の意図によっても価値が変わってくることもあります。
ただし、私自身プラス思考、それもスーパーポジティブ思考なので、失敗を怖れません。失敗から学ぶことが多いからです。この積み重ねにより、知識が智惠となって昇華していきます。
今では玉石混交の中から取捨選択できる力が備わってきました。

一方、世の中には「触らぬ神に祟りなし」の格言を信じているのでしょうか。新しい情報を受け付けようとしない人も多いです。新しい情報に接しても、素直に受け止めない人も多いようです。

安倍元首相の襲撃犯は、安倍元首相が統一教会に関係を持っていたことで、襲撃しました。
しかし、玉石混交を見分ける能力があれば、襲撃犯の母親が統一教会という邪教に騙されることはありませんでした。

一方、お金に執着のある人は、おかしなネットワークビジネスに引っかかってしまうことも多いようです。

こちらもネットワークビジネスの本質を理解しているなら、良いネットワークビジネスと悪いネットワークビジネスを区別する力を持っているわけです。

しかし、ネガティブな人の場合、貧老病争にはまると、悪い宗教やネットワークビジネスを判断する能力が無くなってしまいます。その結果、大切なお金や人間関係を失うことになってしまいます。

| | | コメント (0)

2022年2月28日 (月)

「マーキュリー通信」no.4607【ワンポイントアップのコミュニケーション力-207「夫婦のコミュニケーションを円滑にする工夫」】


長年夫婦をしていると、夫婦の会話は「めし、(風呂に)はいる、寝る」しかない夫婦も多いと聞きます。
また、夫または妻のアドバイスに素直に耳を傾けないケースも多いようです。

我が家の場合、妻は専業主婦として夫の健康のために毎日献立を一生懸命考えてくれます。毎回感謝の気持ちを込めて「美味しい」と言います。
私は妻の料理をまずいと言ったことは一度もありません。妻は、私の反応や食べる仕草からどの程度美味しいかを判断します。
最高の褒め言葉は、英語で、"This is the best food I"ve ever had in my life!"と跳び上がって喜びます。なお、foodの部分は、beef steak等その時の献立により代わります。

また、妻は、私の仕事がはかどるように調べていろいろと提案なりアドバイスしてくれます。その度毎に感謝の気持ちを込めて英語で"Thanks a lot! ""Thanks a million!"等その時時の状況に合わせて応えます。

なお、我が家では会話の3割程度は英会話の練習も兼ねることと、マンネリを避ける意味で英会話でコミュニケーションを取ります。
朝食が終われば、"I'll be back to the office. See you at noon."と言います。
英会話の方が、会話が明るくなります。

一方、今朝は4時15分に目が覚めてトイレに行くと妻は既に起きて、テレビの録画予約をしていました。
そこで、”Good morning! What time did you get up this morning?"と聞きました。
その後、妻からベランダ越しに見える三日月が素晴らしいので観るように言われました。"She is the most fantastic cressent I've ever seen in my life!"と感嘆の声を挙げました。

一方、夫婦同士の呼び方も時々変えて楽しんでします。

妻は、たまたま観た番組がお気に入りの番組が多いので「たまたま姫」と呼んで欲しいと言ってきたので、最近はたまたま姫と呼んでいます。

昨日、サザエさんで、階段を上る高齢者を助けたかつおのことを「階段王子」と呼んでいました。そこで、北区王子に住む自分は毎朝18階まで階段に上るので、「階段王子」と呼ぶように妻に伝えました。

このように夫婦間のコミュニケーションを工夫するといつまでも新鮮な夫婦関係を保つことができます ( ^)o(^ )

| | | コメント (0)

2022年2月10日 (木)

「マーキュリー通信」no.4591【人生に勝利する方程式-267「神速で成長する言葉 ダヴィンチ・ノートに学ぶ-5」 対人力】

本日もレオナルド・ダ・ヴィンチの研究家桜川Daヴィんちさんからの力作「神速で成長する言葉 ダヴィンチ・ノート」(飛鳥新社)からの学びです。
本日は5番目の「対人力」です。ダ・ヴィンチはどちらかというと対人関係が苦手なイメージです。そのダ・ヴィンチがどのような対人関係を築きながら多方面に天才的な才能を発揮していったのか興味あるところです。

ダ・ヴィンチの対人関係の基本的な考え方は、自分にとって有益な人、プラスになる人を中心に付き合うという考え方でした。「類は友を呼ぶ」という格言があります。自分の人生に悪影響を及ぼす人、ただ何となく一緒にいる人との人間関係は避けていました。

もし、それで一時的に孤独になっても、それは神様からいただいたプレゼントというプラス思考を持っていました。その時間は自由にできる何物にも代えがたい時間と思っていました。その時間帯に創作活動を行っていました。

一方、人脈には仲間という横人脈と、自分とは階層が異なる縦人脈がありますが、ダ・ヴィンチは縦人脈を積極的に構築していきました。

ダ・ヴィンチは人脈作りに、「共感コミュニケーション」+「驚嘆コミュニケーション」の2つを駆使していました。
共感コミュニケーションは、他人の感動するストーリーに共感することで、人間関係をよくしていきます。いわば受け身のコミュニケーションです。

これに対し、ダ・ヴィンチらしいのは驚嘆コミュニケーションでした。
人が創造もしない発想、やり方で他人を驚かせ、そこから人間関係を創っていくという積極的な人脈作りのコミュニケーションです。

ダ・ヴィンチは、自身が創作した動くライオンロボットをフランソワ1世の前で披露しました。これに大変びっくりし驚嘆したフランソワ1世は、ダ・ヴィンチに豪邸と多額の給金を与え、パトロンになりました。

天才ダ・ヴィンチらいし対人力ですね。

| | | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

「マーキュリー通信」no.4542【ワンポイントアップのコミュニケーション力-206「相手を頭でなく、ハートで理解する」】


世の中の出来事は頭で考えていることや理屈とかなり異なることがあります。
そんな時は、直接その当事者と話すことが一番です。

先日もある団体の責任者と直接面談して、1時間半ほどこちらの疑問をぶつけて質疑応答の形式できちんとコミュニケーションを取りました。

その結果、その責任者の想いの部分、ハートの部分を受け止め、感じることができました。
そして、その責任者を全面的に信頼してついていく気持ちとなりました。もちろん今後も疑問点が湧けば、質問することになります。
コミュニケーションの原則の最重要部分は信頼関係の構築と思っています。

「7つの習慣」の第5の習慣に「理解してから理解される」があります。
まさに自分の疑問点を一方的にぶつけるのではなく、まずは相手を理解するところから円滑なコミュニケーションとなることを身をもって体験しました。

| | | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.4537【ワンポイントアップのコミュニケーション力-205「頑固は自分を不幸に追い込んでいく」】


昨夜拙著「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」を基に、セミナーを開きました。

その中で「がんこ」が話題となりました。

「がんこ」には自分を守るというプラスの側面があります。
世の中には善意の振りをして、その人に近づき、金品を巻き上げようと思う輩や商売が氾濫しています。その意味で、「がんこ」は有意といえます。

しかし一方で「がんこ」は、自分をどんどん殻に閉じ込めて、小さな世界を築いていくことになります。「がんこ」な人には周りが寄りつかなくなり、孤独になっていきます。


これだけ複雑化した時代で、本人の知っていること、人生の経験値は大海の水の一滴にも及びません。

そして、ある時大きな問題に直面したりします。大病になったりすると、宗教にすがりたい気持ちになったりします。
そのようなときに、悪い宗教にひっかかりさらにおかしな方向へと引っ張られていきます。

また、経済的に追い詰められたりすると、詐欺的な投資話やネットワークビジネスに魔が差してつい手を出して、被害を受けることになります。

その時、自分の「がんこ」さに気づかされることになります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

先週新刊「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」を出版しました。「10倍アップの極意シリーズ」第6弾です。
新刊発売を記念して、「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」を定価1540円を著者サイン入り送料込み千円でお譲りしています。ただし、著者在庫は後僅かですので、ご希望の読者は早めにお申し込みください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2021年5月22日 (土)

「マーキュリー通信」no.4334【ワンポイントアップのコミュニケーション力-204「プラスの釘を打つ」】


拙著「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」の183ページに「プラスの釘を打つ」を説明しています。
人間はプラスのこととマイナスのことを同時に考えることができない。ならば何か問題に遭遇し、思い悩んでいるなら、良いことを考えるように気持ちを切り替えるとマイナスの思いはなくなっていきます。
そして、プラスの事に集中していくことが大切です。人は得てして、暇だからついマイナスな思いを発してしまいがちです。忙しい人は、マイナスなことを思い、それに関わっている暇などありません。

昨日、偶々私の二人の読者と会話をしました。

一人目の人に「プラスの釘を打つ」ことを説明しました。
するとその後電話がかかってきたとき、先ほどの暗い声のトーンから明るいトーンに切り替わっていました。早速「プラスの釘」を打ったようです。そして、その効果を打ち明けてくれました。

二人目の人にも「プラスの釘を打つ」ことを説明しました。
しかし、彼は頭で理解できても、直ぐに切り替えることができません。会話中もずっとマイナスのクギが抜けなかったようです。
せっかく同書を読んでも、実戦しなければ宝の持ち腐れです。

「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」は、各種書籍で学んだことをインプットし、それを仕事で多数の人とのコミュニケーションを通じて書き上げたル類似書にはあまりない実戦の書です。
私自身も手引き書として活用しています。
また、コミュニケーションにはこれで良いと言う終わりはありません。日々学びです。それを気づいたこと、学んだことをメルマガマーキュリー通信で書き足しています。
いずれ同書で採り上げていないコミュニケーションの極意を「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」(人生編)として、出版する予定です。

※著者のサイン入りの本書の著者在庫はなくなってしまいました。ご希望の方は、アマゾンまたは楽天からご購入頂ければ幸いです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる