奇人変人の異見

2018年12月18日 (火)

「マーキュリー通信」no.3604【「奇人変人の異見-324「ジョンレノンの名曲"Imagine"の歌詞 の内容を深読みしてみると」】

ジョンレノンの名曲"Imagine"の歌詞には、
Imagine there's no heaven, it's easy if you try
No hell below us
まず天国も地獄もない

Imagine there's no countries, it isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too

そして、国境も宗教もない

Imagine no possessions

更には所有もない

と歌っています。

そして、ジョンはGod という歌の中で、

I don't believe in Jesus,
I just believe in Yoko & me.
歌っています。

一見、無神論の共産主義的思想のように思えます。

キリスト教徒から数多くの批判が寄せられていたようです。

しかし、当時ジョンはベトナム戦争の反戦運動をしており、
有名なジョンとヨーコのベッドイン反戦デモが思い出されます。
「なぜクリスチャンが戦争をしかけ、多くの罪のない人を殺戮しているているんだい?」
と疑問を投げかけていた頃です。

純粋に「人間は金を持つからそれに執着して醜い争いを起こすんだ。」と訴えたかったのだと

思います。

イエスを信じない、信じられるのはヨーコと自分だいう歌詞は、自分に内在している神聖な部

分、これは大宇宙の神に通じる部分なのだと訴えたかったのだと思います。

事実、ジョンはヨーコと靖国神社にも参拝していました。

こう深読みしてみると、Imagineという曲の素晴らしさが復活してきます。

12月8日はジョンの命日です。

今頃天国でImagineを歌い、そして新しい曲作りに励んでいるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

「マーキュリー通信」no.3595【「奇人変人の異見-323「超高齢社会では、どんなに小手先を労 しても消費増税は消費の減退に繋がる」】

安倍内閣が来年10月の消費増税に合わせ、様々な経済対策をしています。
しかし、現在は超高齢社会が益々進展しているなかで、どんな小手先の対応をしても、消費増

税→消費の落ち込みという負のスパイラルは避けて通れません。

65歳以上の高齢者は、昨年で3500万人を超え、27%を占めています。

この年齢層の大半は年金が主な収入源です。

ということは消費増税2%は、可処分所得が2%減るので、そのまま消費の落ち込みに繋がりま

す。

更に、今回は10%という切りの良い消費税率になります。
8%の場合、消費税額を直ぐには計算できません。
しかし、10%なら直ぐに計算できます。

消費税額の重みを実感して、その分買い控えに回ります。

一方で、若い層は貯蓄に回していきます。政府の年金制度を信用していないから自分で自分の

老後の資金を貯蓄しておこうという気持ちに変わります。

今度は小手先の対応分だけ消費の落ち込みはある程度避けられるかも知れません。しかし、落

ち込みを先延ばししたに過ぎません。

それではどうしたら消費は回復するのでしょうか。

それは消費減税です。8%から5%に戻すべきです。減税した分、高齢者の消費が増えます。こ

れがプラスのスパイラルとなって景気は上向いていき、それが社会保障制度の財源となってい

きます。

一方で、医療費の無駄遣いを始めとした数々の利権構造にメスを入れたら、消費税の2~3%程

度直ぐに捻出できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

「マーキュリー通信」no.3529【「奇人変人の異見-322「少子化対策で欠けている視点、政策」 】

少子化が益々深刻化し、出生数の100万人割れが続いています。

マスコミは少子化にクローズアップしていますが、もっと大きな問題は晩婚化、非婚化です。

生涯未婚の男性は23%、女性が14%もいるそうです。

非婚化の原因に経済問題が挙げられています。

日本は格差が少ない社会ですが、しかし、今後は格差が拡大していきます。それに伴い経済的

理由で結婚しない男女が更に増えそうです。

もう1つ重要な視点が抜けていると考えます。

それは日本国憲法の個人の権利の尊重です。

この行き過ぎた個人の権利の尊重により大家族制度が崩壊し、核家族化が益々進展していきま

した。

同時に、晩婚、未婚、非婚も個人の権利の尊重として捉えられ、今は当たり前の世の中となっ

て来ました。

憲法改正が議論されていますが、国家の存続のための最重要事項、それは国が国民の生命と財

産を守る義務がある一方で、子供を産むことが国家存続のために最重要事項であることを国民

に認識させるべきと思います。

その為の大家族制度の復活、これにより介護費用の負担が国も国民も減っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

「マーキュリー通信」no.3523【「奇人変人の異見-324「今年は明治維新150年、今年も靖国神 社を参拝して思うこと」】

本日は73回目の終戦記念日です。そして、今年は明治維新150年の年です。

当時は欧米列強の帝国主義による植民地主義が一番盛んな時期でした。

隣の清国がアヘン戦争で敗れ、英国の植民地になったのが1842年でした。

当時先見性を持った幕末の志士や徳川幕府の有識者達が、このままでは日本も欧米の植民地に

なってしまう。欧米列強から日本を守る為に誕生したのが明治維新政府です。

富国強兵と殖産興業を掲げ近代化路線を掲げて、短期間で欧米列強の仲間入りができるように

なりました。

当時一番恐れていたのがロシアでした。

黄色人種の日本が日露戦争で勝利したことは、アジア植民地各国に大きな勇気と希望を与えま

した。

逆に欧米列強からは警戒心を持たせ、その結果大東亜戦争(米国の呼び方は太平洋戦争)を余

儀なくされました。

大東亜戦争は、ABCD包囲網により海外から資源調達ができなくなり、資源確保のための自衛戦

争でした。それはGHQのマッカーサー元帥も帰国後に認めています。

一方、東京裁判は、戦勝国が一方的に敗戦国を裁いた裁判で無効であると東京裁判の裁判官の

一人インドのパール判事が訴え、出版しました。

それにも関わらず、終戦直後に米国が徹底的に日本人を洗脳した東京裁判史観から日本人は未

だに脱却できていません。

大東亜戦争の目的は日本による侵略戦争ではなく、列強諸国の植民地からアジア諸国を解放す

ることでした。

その為に、約300万人の日本人兵士が日本を守る為に必死に戦い抜き、尊い命を落としました。

その英霊が靖国神社に祀られています。

未だに靖国神社にA級戦犯が祀られているので、参拝すべきでないという人がいます。

しかし、A級戦犯は東京裁判で戦勝国が一方的に汚名を着せたものです。しかも、戦後A級戦犯

は戦後名誉回復されました。事実、A級戦犯だった岸信介氏は首相にさえなりました。

約4分の3世紀が経ち、ここらで東京裁判の自虐史観から抜けきるべきです。

現代の日本人は、名誉の戦死をした若い兵士のお陰で今日の繁栄を謳歌していることに感謝の

思いを捧げるべきです。

その為に、終戦の本日靖国神社を訪ね、英霊の御霊に感謝の念を捧げることが重要です。

日本は戦争には負けたけれど、アジア植民地からアジアの同胞を解放するという目的は達成さ

れました。300万人の日本人兵士は決して無駄死にではなく、その栄誉を褒め称え、誇りを持つ

べきと思います。

更に、アフリカ諸国や中南米諸国にも勇気を与え、戦後続々と植民地から独立していきました。

8月15日こそ終戦記念日として、国民の祝日と定め、不戦の誓いをする日にすべきです。
どうでも良い山の日を国民の祝日にするというピント外れの祝日制定だけは金輪際止めて欲しいものです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

韓国が8月14日を従軍慰安婦の日に制定したそうです。

南京大虐殺事件と並び、戦時中の2大虚構に対し、日本は不誠実な両国の政治利用行為に対し

、断固抗議し、廃止させていくべきです。

その際、マスコミの力を借りることも重要と考えます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

「マーキュリー通信」no.3521【「奇人変人の異見-323「国会議事堂を訪ねて思うこと」】

先週末、初めて国会議事堂を訪ねました。

赤絨毯の国会議事堂内は威厳に満ちていました。ここで議員同士が罵詈雑言を浴びせたり、乱

闘劇を繰り広げていることをちょっと想像できません。よほど心臓に毛が生えているのでしょ

うか。国民感覚からかけ離れていますね。

又、各政党の部屋がありますが、民主党の党名を掲げている党が自由民主党、立憲民主党、国

民民主党、社会民主党と4つもありました。政治家は「民主」という言葉が好きなんですね。

「民主」というと耳に心地よいです。しかし、民主=社会主義政策であり、戦後の政治は衆愚

政治に陥り、1票の票欲しさのために、借金に借金を重ね、ついに1000兆円を超えてしまいまし

た。

そして、気がついてみたら、民主ではなく、官主、官主導の世の中となり、官僚にコントロー

ルされる社会となってしまいました。

真剣に国民の為、国家の為、国益の為に政治を行う政治家がいなくなってしまいました。それ

は健全な野党不在が大きく影響しているといえます。

かつて自民党の対抗馬として社会党という巨大野党がありました。しかし、現実的政策を掲げ

なかったために、次第に党勢が衰え、社民党と変えても、さらにひどい極左勢力となり、絶滅

危惧政党となりました。

民主党も昔の社会党と同じことをやっており、かつての社会党と同じ道を歩んでいます。だか

ら安倍一強体制が続いていることに早く気付いて欲しいです。

今回私は幸福実現党の特別党員として国会議事堂を訪ねました。
同党は真剣かつ真摯に国民の為、国家の為、国益の為に政治を推進している唯一の党です。

同党は9年前に北朝鮮の核ミサイルの危機を訴え、立党しました。当時誰も見向きもしませんで

したが、現実の世界となって来ました。

又、習近平国家主席誕生の時も、同主席の21世紀型植民地政策の危険性を事前に情報入手し

、警鐘を鳴らしました。この時も誰も耳を傾けませんでしたが、現実には中国の軍拡の脅威は

予想以上に進んでいます。

同党は、トランプ大統領誕生にも一役買いました。

来年立党10年目を迎えますが、まだ国会議員は輩出していません。

来年の参議院選挙で同党が議席を獲得すれば、健全な野党として真の国益に沿った政策を提言

してくれることを信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

「マーキュリー通信」no.3518【「奇人変人の異見-322「サマータイム導入は、各企業が個別に やれば良い」】

サマータイムの是非が盛んに議論されています。

35年ほど前、私はカナダに駐在していましたが、サマータイムを導入していました。

カナダは広大な面積の国の為、国の中で最大4時間の時差があります。

又、当時はアナログの時代で、サマータイム開始時には、時計を1時間調整するだけで簡単にタイムシフトできました。

しかし、今やIT全盛時代です。パソコン、スマホ、ブルーレイディスクレコーダー等時間調整

するデバイスが多種多岐にわたっているので、国民や企業の負担は非常に大きくなっています

そこで、私は政府が音頭をとって、企業に1~2時間始業時間を早めるように要請すれば良いと

思います。
要は、9時始まりの会社なら、始業開始を7時~8時にすれば良い訳です。そして、終業時刻を15

~16時にすれば、退社後の時間を有意義に使えます。

これならスムーズに導入が実現すると思います。

官僚発想のプレミアムフライデーは、国民から忘れ去られましたが、こちらはニーズが高いの

で、実現は容易と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

「マーキュリー通信」no.3509【「奇人変人の異見-321「サマータイム構想には一番重要な問題 が抜けている」】

東京オリンピックの暑さ対策の為にサマータイム構想が浮上しています。
現在メリット、デメリットを議論しているようです。

しかし、一番重要な問題が抜けています。

そもそも日本の真夏、観客が長時間炎天下でスポーツ観戦したら当然死者がでることが予想さ

れます。
真夏の灼熱の太陽は人を死に追いやる凶器であることを政府と当事者はもっと認識すべきです

。その議論を抜いたサマータイム構想など狂気の沙汰です。

前回の東京オリンピックの開会式は10月10日です。秋晴れの爽やかな日でした。なぜ今回

も1年で一番気候が良い10月開催をしないのでしょうか。

国民の命を守るためにIOCと交渉し、10月開催に延期すべきです。

それをやらずして強行突破するなら、政府は殺人罪で訴えられるかも知れませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

「マーキュリー通信」no.3501【「奇人変人の異見-320「被災地のふるさと納税をきっかけに役 所の業務改革を」】

西日本豪雨災害の為、被害各地自治体のふるさと納税制度の利用が活発化しているそうです。
ただ、自治体としては職員も復旧活動に超多忙で、ふるさと納税の膨大な事務処理がのしかか

り、嬉しい悲鳴とのことです。

私もふるさと納税制度を利用していますが、役所の事務処理のムダと非効率さに大いなる疑問

を持っています。

確定申告のための証明書を2回もかけて発行しています。

私が行政官なら、ふるさと納税対象業者に、出荷時の納品書に「ふるさと納税対象商品 金○

○円」を同封するように指導します。

それを確定申告の時に添付して使えば良いだけの話です。

そうすれば、役所の事務処理はなくなります。

今回の西日本豪雨を機に、実験的に勧めたらいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

「マーキュリー通信」no.3483【「奇人変人の異見-319「国家による預金封鎖体制は整った!? 」】

昨日家賃の振り込みをりそな銀行からしようとしたところ、行員から「10万円以上の振込はATM

からできません。窓口でお願いします。」と指導されました。
そして、窓口に行く前に、個人情報を記入し、振込目的の記載を求められました。更には、免

許証等の本人確認の提出を求められました。

行員から渡された「お取引時の確認に関するお願い」という書面を見ると、平成28年10月1日か

ら施行された犯罪収益移転防止法による行政指導だそうです。

同法によるとマネーロンダリング等の不正防止の為に、口座開設、200万円を超える現金の受払

、10万円超の現金振込等を行う場合、本人確認を求められるという趣旨です。

尚、個人によるATMからの現金引き出しは1日50万円超はできません。

経済が平穏な時期に個人の預貯金の管理をしておこうという国家の魂胆のように私には思えま

す。

私の親の代は、戦後の混乱期、インフレの時に、預金封鎖が行われ、国民は大損害を受けたこ

とを思い起こす人も多いと思います。

国の借金は、あっという間に1000兆円を超え、際限なく膨らんでいっています。

国家の信用力がなくなったとき、円の価値は暴落し、インフレの可能性が出てきます。

そうなったとき、預貯金を引き出そうとして銀行に殺到することが容易に想像できます。しか

し、この法律により引き出し規制がかかり、国民の預貯金があっという間に紙くずとなります

政府の悪巧みを察知してか、最近はタンス預金が増えているそうで、金庫の人気が高まってい

るそうです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

インフレの引き金要因は、日本が戦争に巻き込まれたときです。

朝鮮半島がきな臭い情況にも関わらず、国会はモリカケ問題等で終始しています。

国民は飽き飽きしているのに、与野党共に平和ぼけしている象徴ですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

「マーキュリー通信」no.3476【「奇人変人の異見-318「今年もダメ害人の採用で失敗、愚かさを実証、懲りない巨人軍首脳陣」】

今年のセリーグペントレースを私は開幕1ヶ月経過したところで、巨人の優勝は6分の1と予想し

ました。
つまり、広島を中心としたペナントレースが展開するけれど、チーム力が拮抗し、どこが優勝

してもおかしくないと言うことです。
セパ交流戦を終えて、首位広島から最下位巨人まで5ゲーム差、その通りの展開となっています

昨年末のストープリーグの時に、巨人は昨年中日の本塁打王ゲレーロを獲得する旨、発表しま

した。私は期待外れに終わると予測し、猛反対しました。

ゲレーロの成績は予想通りでした。そして、昨年取ったマギーも今年ぱっとしません。却って

日本人だけのスターティングオーダーの時の方が好成績を残しています。

巨人はなぜ毎年ダメ外人をとり続け、ファンの失笑を買っているのか。そして、ますますファ

ン離れが起こっています。

最悪は巨人の期待の大型野手太田を日本ハムに放出したことです。太田は見事日本ハムで活躍

しています。

今年のせめてもの救いは岡本の活躍とそれに続く吉川、田中等若手が活躍し始めたことです。

もし、太田が巨人に残り、岡本とクリーンアップを打っていたら、巨人の人気は回復します。

私からの提案として、害人選手を放出し、太田を取り戻すことです。そうしたら巨人人気は急

上昇します。

プロ野球は優勝することが目的ではありません。若手を育成し、スター選手を育て上げること

です。ファンはそれをわくわくしながら見ています。

さて、私の巨人の今年の予想はAクラスに入れたら御の字です。高橋監督が采配している限り、

巨人の優勝はあり得ません。

巨人の魅力は走力です。若手の走れる選手をどんどん走らせ、スリリングな野球を展開すれば

、もっと面白くなります。
それを怖がっている高橋采配では面白みがありません。だから私も余りプロ野球中継を見ない

わけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 生涯現役社会が日本を救う | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誕生日に思う | 趣味 | 龍馬の如く生きる