日記

2019年1月19日 (土)

「マーキュリー通信」no.3624【子供の感激、大人の感激】

年を取るにつれ子供の時ほどの感激を感じなくなっていきます。
TV番組「にっぽん!歴史鑑定」(BS161月曜22時)で、明治天皇皇后美子様(はるこ)」を採り
上げていました。
美子様は、女子教育に尽力された方です。
米国に子女を送りました。その中に最年少だった津田梅子(当時6歳)がいました。
津田梅子は、津田塾大学の創始者です。
番組では、津田梅子の大学創立に至までの艱難辛苦を伝えます。そして、何とか大学設立にこ
ぎ着けたとき、思わず感激しました。
美子様は、福祉にも力を入れました。
日本赤十字社の設立にも尽力されました。
日清戦争の時には、自ら陣頭指揮を執って大量の包帯を作り、戦地に送りました。皇后様から
の贈り物に戦士の士気は大いに高まりました。
日露戦争の時、坂本龍馬が夢枕に立ったそうです。その話が戦地にも伝わり、戦士の士気高揚
に繋がったそうです。
子供の時は、道のモノに対する関心、感激が主体です。
一方、大人の感激は、経験と歴史、人物像にも入り込んでいきます。
大人でも子供と違った感激を味わうことができることを気付かされました。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
20歳の時に朝日洋上大学の一員として米国に行きました。
その時は、観るモノ聞くモノ全て米国の偉大さに感激しました。
中でもディズニーランドは一番の感激でした。
その後20年の時を経て、日本でもディズニーランドを見ました。米国を上回る規模と施設内容
でしたが、20歳の時に受けた時の感動の方が数倍上でした。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

「マーキュリー通信」no.3611【「猪突猛春」】

「猪突猛春」
昨年は私にとり大変革、変化の年でした。
昨年5月に23年住み慣れた池袋のマンションから王子の新築高層マンションに引っ越しまし
た。
13階の我が家から見えるスカイツリーと日の出、そして富士山の雪景色と夕焼けは格別です
(財)全国福利厚生共済会による個人、中小企業向け福利厚生のインフラ構築事業(プライムビジネス)は6千万人といわれるブルーオーシャン市場に向け年率30%以上の勢いで急成長し、20万人近い加入者数となっています。
同ビジネスに本気で取り組んだ結果、毎月収入が右肩上がりで増えていくという生まれて初めての経験をし、私の人生も大きく変わりました。
そのお陰で新築マンションに引っ越すことができました。
プライムビジネスを通じ、3つのリッチが得られます。
Money rich
Time rich
Friend rich
シニアになると時間だけは充分に確保できます。
しかし、経済的余裕と多くの仲間がいなければ、晩年は寂しいものとなります。
東京オリンピックの翌年の2021年には反動不況が来ると言われています。
その時には、弱者である高齢者の暮らしが益々困難となります。
そして中小企業も不況の嵐に見舞われ、倒産する中小企業が続出することが予想されます。
一方で、空き家は一千万戸に膨れあがり、益々社会問題化していきます。
私はMoney richになったら多くの仲間と一緒にこの難局に取り組んで行こうと計画しています。
本年5月で古稀を迎えますが、これまでの経験を活かして、「猪突猛春」のスピードで突っ走って行きたいと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。
平成最後の元旦
富、無限大コンサルタント 
菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

「マーキュリー通信」no.3610【今年も1年ご愛読ありがとうございました。】

今年は私にとって大きな変化の年でした。
何と言っても23年間住み慣れた池袋から北区王子の新築の高層マンションに転居したことです
転居に際しては、新居探し、引越の準備と23年間で溜まった衣類、本、生活用品等は極力処分
しました。
そして、転居後の開梱、LDKの家具の全交換、池袋のマンションの売却、そして新しい街での生
活等実に多くの体験をしました。
この一連の流れに関しては実に様々な作業や事務処理が発生しましたが、妻にかなりの負担を
掛けてしまいました。やはり妻の協力のお陰で一連の流れがスムーズに行きました。内助の功
のありがたさを実感しました。
転居を機に、これまでの持ち家派から賃貸派に切り換えたことです。
最大の理由は、地震大国日本、持ち家のリスクの方が大きいからです。
又、今後は不動産価格は右肩下がりに下落していくだろうと予測したことです。
売却資金は、一部暗号通貨への投資、NISA等も含め資産の分散化を図っています。
やはり現金で持っていることは、私に万一の事故が発生した際の、安全弁となり、安心して生
涯現役社会を送ることができます。
もう1つ大きな出来事は、両親の介護問題です。
7月に父の脳の外科手術を医師から要請されました。今年95歳になる父の年齢を考慮し、最初は
断りました。しかし、医師から簡単な手術なので問題ないと説得され、手術のOKを出しました
しかし、退院後父の認知症は一気に進み、要介護度4まで進みました。やはり父の年齢を考慮し
、そのままあの世へと旅立たせるべきだったと思っています。
一方、88歳の継母は父と一時的に別居状態が影響したせいなのか、要支援2だったのが要介護度
3まで進んでしまい、却って父より認知症が進んでしまいました。
認知症老人を相手にすることは実に大変なことです。
特に継母の場合、筆談中心で根が頑固のため、八王子のマンションを二人のために売却するこ
とが理解できずに、終始拒絶状態でした。
しかし、認知症は父の方が軽度だったため、父とは何とかコミュニケーションが取れたため、
継母を説得し、何とか年内にマンションの売却にこぎつけることができました。
そして、川崎の介護付老人ホームに二人入居することができ、生活費を賄うことができました
今回の出来事で、要介護度と認知症判定は別問題だと分かりました。要介護度は本人の生活能
力を基準に判定し、認知症はコミュニケーション能力が基準と理解しました。
私の実例は、日本の超高齢社会の陰の部分の一例と思います。全国でこのような事例は多数起
こり、大変な思いをしている人が多数いるのではないかと思います。
今年も一年間ブログのご愛読ありがとうございました。
来年も引き続きご愛読よろしくお願い申し上げます。
それでは読者の皆様も良い年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

「マーキュリー通信」no.3598【今年の私の漢字は「転」】

今年は例年以上に災害の多い年でした。そこで、京都清水寺が毎年発表する今年の漢字は「災

」に決まったようです。

一方、私にとって今年の漢字は「転」です。

昨年から力を入れ始めた一般財団法人全国福利厚生共済会の個人、中小企業向け福利厚生のイ

ンフラ構築事業で成果が出始め、毎月右肩上がりの権利収入を得ています。
私のビジネス的には、東京オリンピックの年の2020年までは本ビジネス中心に展開していきま

す。
そして、大きな権利収入を得た後は、私の本来の事業である中小・ベンチャー企業への投資、

生涯現役社会の構築、空き家問題へとシフトしていきます。将来ビジョンが明確となり、ビジ

ネス面でも大きな転機となった年です。

一方右肩上がりの権利収入のお陰で23年住んだ池袋のマンションを売却し、王子の新築高層大

規模マンションに転居しました。

23年ぶりの新築は設備面で大きな進歩を体感しています。
又、高層マンションに35年ぶりに住みますが、視界が広がると、気持ちもゆったりとしてきま

す。スカイツリーから見える日の出は格別です。そして、富士山の眺望も抜群です。
又、864世帯の大規模マンションのスケールメリットを思う存分享受しています。

そして、今回は40年ぶりにマイホーム派から賃貸派に切り換えました。不動産は今後は負動産

に変わっていきます。これも私にとっての発想の転換です。

引越作業、マンション売却、新居での新生活等大きな経験と学びを得ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

「マーキュリー通信」no.3596【今年の我が家のヒット商品】

今年も日経からヒット番付が発表されました。横綱に安室奈美恵が登場しましたが、私とは全

く無縁の世界でした。

私にとってのナンバーワン商品は新築マンションへの転居です。
13階の高層階から眺めるスカイツリー、日の出、富士山は格別です。
又、新築の為、設備が良くなり、ウォーキングクロゼット等収納スペースが充実し、浴室も広

くなり、満足しています。
更に、864世帯の大規模マンションのスケールメリットを享受しています。広い庭を毎日我が家

の庭として活用できるのも楽しいです。

第2位は、転居に伴い、LDKの家具、照明器具を全交換しました。新居のデザインにマッチング

しているので、快適な生活ができています。大塚家具から購入しました。

第3位 BDプレーヤー(パナソニック)
テレビ番組の99%は、録画したものです。
今度のBDプレーヤーは、7テラバイトなので、10チャンネル分のTV局の番組を録画しないで再生

できることです。これで私のビデオライフが変わりました。
パソコンのブラウジングのように、見たい番組の周辺に掘り出し物の番組を見つけ、それを見

て録画を楽しんでいます。

第4位 ブルワーカー
 50年ぶりに新商品を購入しました。第1号のブルワーカーはまだ健在なので、我が家の記念遺

産として飾ってあります。

第5位 55インチ大型テレビ(パナソニック)
 大型映像と画面の良さ、音質の良さが伝わってきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

40年ぶりにマンション所有派から賃貸派に切り換えました。

日本は地震大国、いつ首都圏直下型大地震が襲うか分かりません。今後は所有はリスクと考え

、身軽な賃貸派に切り換えました。

又、東京オリンピック以後は、マンション価格は暴落すると予想しています。今が売り時との

判断で売却しました。

住まいを変わることは、大きな学びとなりました。
孟母三遷の教えがよく分かりました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

「マーキュリー通信」no.3594【今年の流行語大賞に「そだねー?」】

今年の流行語大賞にカーリングの「そだねー?」が決まったそうです。
カーリングをふだん見ない私にとって初めて聞く流行語です。
毎年「今年の流行語大賞」に選ばれた流行語はこれが流行語なのかと疑問を感じる流行語が多

いようです。

私にとって一番耳にしたトランプ大統領ですが、それなら「フェイクニュース」が流行語と思

います。

今年私にとってなじんだ言葉としては「ブロックチェーン」です。そして、仮想通貨、暗号通

貨が私にとっての流行語大賞と言えます。

これは今後IT社会が益々進展していく中で、毎年出ては消えていく流行語とは異なり、社会に

定着していく重要キーワードとなることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

「マーキュリー通信」no.3578【発展を続ける自由の国、シンガポール】

シンガポールに3泊4日(8~11日)で訪ねました。
シンガポールを訪問するのは21年ぶりです。

21年前にシンガポールに初めて訪ねたとき、ショックを受けました。
「これでは規制大国日本は太刀打ちできない。時間の経過と共に地盤沈下していく」ことを実

感しました。
更に当時も英語が共通言語としてどこでも通じることでした。

又、空港もダウンタウンまで30~40分と近く、いずれ日本を抜いてアジアのハブ空港化してい

くだろうと思いました。

あれから21年経ち、その通りになっています。

日本は益々規制強化され、官僚が支配する住みにくい国になっています。

英語は相変わらず通じません。これでは国際化からますます取り残されていきます。

一方、シンガポールは必要な規制、例えば喫煙やチューインガムの歩きながらは厳しく規制さ

れています。従って、街が清潔です。

ギャンブルは厳しく取り締まり、パチンコ店はありません。

但しカジノは許可された場所でしかできません。カジノ会場を覗きましたが、パスポートがな

いと入れません。

こういうメリハリの効いた国家運営により、ますます発展しています。

但し、文化的蓄積がないので、日本はその部分で圧倒的に優位に立ちます。

今後は文化的蓄積を活かしながら、諸外国から観光、ビジネスで訪ねる外国人を増やすしか勝

ち目がないようです。

最近、英語の翻訳機ができたので、これは強力な助っ人になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.3560【メルマガ発信14年連続200号以上達成 】

今年もメルマガを発信し続け、本日で200号達成しました。

私のメルマガのスタイルは、キーワードを思いつくとメモし、キーボードに指を置きます。

すると文章がだーっと出てきます。こんな調子で徒然なるままに50のカテゴリーに分けて、14

年間書き続けています。

このやり方を続けてきて気付いたことがあります。

毎日多くの人と会います。人間関係を円滑にするコミュニケーションが大切です。

経営コンサルタントとして、多くの経営者と会います。経営者のニーズは多種多様多岐にわた

ります。
そんな時、日頃のメルマガのトレーニングが役立ちます。
経営者へのアドバイスが、各経営者のニーズに応じて、湯水のように湧き上がって言葉をつい

て出てきます。

一方、老若男女実に様々な人と会います。そこでもコミュニケーションの円滑化の為に、メル

マガ習慣が役立っています。

そして、これが自分の強みと認識するようになりました。

メルマガを発信し続けることで、強みを更に強化することができます。

もちろん読者の皆様のご支援がベースにあり、それがメルマガを書く原動力となっています。

改めて読者の皆様には感謝申し上げます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

メルマガ第1号は丁度14年前の2014年10月14日でした。

テーマは、私のコミュニケーション論1「e-メールの活用」でした。

まさか14年連続200号以上書き続けるとはゆめゆめ思いませんでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

「マーキュリー通信」no.3431【メリットに隠れたデメリットもチェックする】

最近の電気シェーバーはユーザーが面倒と感じるお手入れの簡単さをアピールしています。
ひげそり後に専用の洗浄液に浸けておけばお手入れ不要ということです。

これは便利と一瞬思ったのですが、狭い洗面所に洗浄器を置いておくのはウザい感じです。
更に洗浄液の費用が毎月千円以上かかり、メンテナンスコストもバカになりません。

一方、電気シェーバーとレーザーカミソリの切れ味を比較するとレーザーカミソリの切れ味に

電気シェーバーはかないません。

ひげの濃い私にはこの電気シェーバーのデメリットが決定打でした。

結局、これまで通りレーザーカミソリを中心にひげそりし、補助的に1万円程度の安い電気シェ

ーバーにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

「マーキュリー通信」no.3416【毎日湯船から富士山と花見を眺める】

桜の開花が発表されてから寒い日が続いています。

しかし、我が家では湯船から毎日富士山と花見を眺めています。
浴室用の富士山と桜のポスターを通販で購入し、毎日湯船に浸かりながら楽しんでいます。

尚、髪の毛を洗わない日は浴室を暗くし、イルミネーションの薄暗い灯りの中で夜桜を楽しん

でいますv(^^)v

花見のシーズンが終わったら、富士山と三保の松原のポスターに切り換えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人の異見 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる