ワンポイントアップの仕事術

2021年1月26日 (火)

「マーキュリー通信」no.4228【ワンポイントアップの仕事力-155「相変わらず顧客の立場に立たない郵政」】


郵便局のスマートレターが通常の郵便物と比べ1回の郵送料が180円と安いので、私の著作物を送るのに頻繁に利用しています。

先日、うっかり番地を書き忘れたので、戻ってきました。
そこで、180円切手を貼って出したら、「180円では料金不足、後210円払え」とメモが貼ってあり、返送されてきました。仕方ないので、新しいスマートレターに入れ直して、出し直しました。

一方、370円のレターパックライトもよく使います。こちらは厚さ2cm以内ならA4サイズの内容物(金銭以外)なら送れるので、本を2冊送るときに、よく使います。
先日、厚さが1~2mmオーバーしたので、戻ってきました。
この時は、520円のレターパックプラスを使いました。こちらは重さ4kgまでなら厚さは関係ありません。

その後、使用済みのレターパックライトを使ったらOKでした。
だから今回、スマートレターを再利用した訳です。

こんなルールを果たしてどれだけのユーザーが知っているでしょうか。

一方、昨年末喪中はがきを出した際、世田谷区奥沢と書くべきところをうっかり深沢と書いてしまいました。すると宛名不明で戻ってきました。郵便番号は正しく記入されていました。
これもずいぶん杓子定規と思いました。

私は小泉総理の郵政改革は今でも間違っていると思っていますが、こんな所にも現場を知らない行政トップのユーザー不在の実態が浮かび上がっています。

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

「マーキュリー通信」no.4221【ワンポイントアップの仕事力-154「5%のできる社員と一般社員の違いとは」】



President誌の1月29日号に一流の超勉強法が特集されていました。

その中でトップ5%のできる社員は、自己変革能力が高い。緊急でないが重要なコトに時間を割いている。
まず読書をよくしている。年間200冊は読んでいるそうです。そして、ただ読んでいるだけでなく、自己成長の材料として活用しているそうです。その為に、速読法も活用しているそうです。

次に社外の自己啓発セミナーにも積極的に参加し、自分の能力を高めようと努力しています。

一方、一般社員が仕事で失敗するといつまでもくよくよしているのに対し、トップ5%のできる社員は、失敗を肥やしとして、次の飛躍のために活かしているそうです。

これは判断力、決断力にも影響してきます。
一般社員が、失敗を恐れて決断まで時間がかかるのに対し、できる社員は、失敗恐れるに足らず、失敗から学ぶことも多いとプラス思考です。

このような精神的態度も大きく異なります。

この差が、5%のできる社員と一般社員の違いとなっているようです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年「10倍アップの極意シリーズ」を4冊出版しました。

今年の第一作目は、「あなたの仕事力・生産性10倍アップの極意」(本書が必ずやあなたの人生を変える!)を4月に出版予定です。ご期待ください。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

「マーキュリー通信」no.4220【ワンポイントアップの仕事力-153「気づきの連続が大きく自分を変えていく」】


先月12月から朝6読書会に参加しています。毎週土日朝6時から30分を自分が読む本をシェアする会です。終了後は、著者インタビューがあります。私も3回著者インタビューに登場しました。

朝6読書会に参加して、毎回気づきがあります。ただ気づくだけでなく、それを実践しています。

先月、速読法に関する著者インタビューが連続2回ありました。

5年ほど前に業界の第一人者と言われている川村明弘先生の速読法を学びましたが、なかなか成果が上がりませんでした。
今回は速読法の基礎ができているので、違った速読法を取り入れて実践しています。今度の速読法GSRは、瞑想状態から速読に入ります。
次に、各書物の内容を完璧に覚えなくて良い。アウトプット中心、何を学んだか中心で良いという考え方です。また、関心のある部分だけ読めば良いという考え方です。期待が外れた場合には、パスすれば良い。
今、こんな新しい読み方で速読法に再チャレンジしています。昨年の読書量は200冊だったので、今年は500冊を目標にチャレンジしています。

昨日の著者インタビューは、キャリアコンサルタントの森田昇氏の著書「スモールビジネスの成功戦略」でした。

森田氏は、ITエンジニアですが、10回も転職した後に、脱サラしたそうです。
最短で4ヶ月、最長で4年だそうです。

このキャリアでよくコンサルタントができるのかと質問しました。
しかし、この弱みを逆に強みに切り替え、武器にしているそうです。
つまり、ITエンジニアの派遣業界では、10回も離職するほど職場に魅力がないといえます。
その経験をどうしたら離職しない職場作りをITエンジニアの派遣業界に提案しているそうです。
この業界に絞り込み、40人以下の企業にしているそうです。これなら社長が即断即決できるとのことです。

森田氏は現在45歳、若い経営者なら波長が合い、採用になるケースが多いそうです。

集客はセミナーだそうです。

私自身過去35年以上で50以上の異業種交流会に参加していますが、朝6読書会(中林久氏主催)は極めてユニークでお奨めの勉強会と言えます。

希望される読者はご連絡いただけますか。ご紹介します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

「マーキュリー通信」no.4213【ワンポイントアップの仕事力-152「立ちながら仕事をすると視野が広がる」】


先日健康番組で日本人は世界一座る時間が長く、平均7時間座っているそうです。血液の滞留につながり、健康に良くない。

在宅ワーク中心の私にとりこれは遺憾と思い、最近電話をするときは立ちながらすることにしています。

するとこれまで机脇の本棚の中断と上段が目に入ってきます。これまでは視界に入ってませんでした。
本棚の上段には、10年日記を4冊並べました。ここには私の30年分の個人史が詰まっており、何年前の今日の自分は何をしていたのだろうとふと思ったりすると、気軽に過去の自分の記録を見ることができます。

また、上段に置いてあるファイルや本にも目が行かないので、ほとんど活用していませんでした。

現在は、上中下段全ての棚に目が行くようになり、ファイルを移動し、より効率的に仕事ができるようになりました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

次作の「あなたの仕事力10倍アップの極意」を執筆中ですが、当初のこのタイトルを「本書が必ずやあなたの人生を変える!仕事力10倍アップの極意」に変えました。

本書は、単に仕事力アップの本ではなく、仕事力を通じ私の人生を変えた類似書にない力作となっています。
3月に出版予定です。ご期待ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

「マーキュリー通信」no.4191【今年の我が家のヒット商品】


今年はコロナ禍の為、公私共私の生活は一変しました。

在宅ワーク中心となり、一方でzoomという救世主が現れました。
ゴールデンウィーク明けからzoomに取り組み、大中小合わせ100回セミナーを実施しました。

その為に仕事部屋の環境を整備しました。
仕事部屋を、パソコンとデスク、それと休憩室にパーティションで分離しました。
休憩室にはマッサージチェアを設置しました。
当初は大きくて邪魔になるかと思いましたが、適宜パソコンをやる手を休め、適宜マッサージチェアで休息と目を休めることも兼ねて、非常に重宝しています。

また、コロナ禍対策としてスマホクリーナーと顧問先からオゾバリアという滅菌する装置を購入しました。これでコロナウィルス対策はばっちりです。

一方、今年は「10倍アップの極意シリーズ」の書籍を4冊(英語力、人脈力、コミュニケーション力、営業力)の本を出版しました。著者在庫を入れておく自家製の本棚を作り、スペースの有効活用をしています。

お陰様で今は快適な仕事空間の中で仕事ができています。

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

「マーキュリー通信」no.4163【ワンポイントアップの仕事力-151「蓄積の原理」】


今年の日本シリーズも、昨年に続きソフトバンクホークスが巨人に4連勝して、4年連続日本一に輝きました。

巨人ファンの私としては残念ですが、実は戦う前からソフトバンクホークスが勝つと思っていました。
それはセリーグにはない指名打者制度を原監督が受け入れたことと、巨人の本拠地東京ドームを使えなかったことです。

初戦絶対エース菅野投手で負けたとき、巨人軍全体にソフトバンクに対するコンプレックスが漂い、このコンプレックスが最後まで抜けなかったと思います。事実、4敗の内容は全て実力の差、惨敗といえます。

第4戦には、菅野が先発登場すると思っていました。
しかし、原監督はペナントレース終盤で活躍したドラフト1位の畠投手を起用しました。
更には、打線を大幅に入れ替え、今季活躍した若手の若林、田中、増田をスターティングメンバーに起用しました。
増田は代走の切り札です。本来なら後半の重要場面で起用するのがセオリーです。

私は、この選手起用を見て、原監督は今季もソフトバンクに勝てないと思い、来季につなげる意味で、今年活躍した若手に出場の機会を与えたのだと思いました。

そして、昨夜もその通りの展開となり、巨人はソフトバンクに歯が立ちませんでした。

今年の巨人軍は、原監督の若手選手起用方針が見事実り、ペナントレースを征しました。しかし、その力は今年新たに芽生えた若い力でした。

一方、ソフトバンクホークスは、パリーグ3年連続覇者であり、常勝軍団です。ここに力の蓄積の差が歴然とあります。

原巨人軍は、この屈辱を活かし、来季に臨んで欲しいと思います。
しかし、それでも同じような戦い方をしても、ソフトバンクには勝てません。

もう1つ重要な要素としてメンタルトレーニングです。

常勝巨人軍、9連覇の偉業を成し遂げた川上哲治監督は、禅寺で修行をして、心の鍛錬も徹底的にしました。

原監督には、大先輩のレジェンド川上哲治監督のメンタルトレーニングも是非学び、来季に臨んで欲しいと思います。

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

「マーキュリー通信」no.4114【ワンポイントアップの仕事力-150「中心概念をつかむ」】


新しい仕事に関わるときに中心概念を把握するとより仕事を効率かつ効果的に対応できます。

まず最初にその仕事のビジネス・モデルは何かを把握します。

その全体像をつかんだら自分の役割は何かを理解します。
例えば私は経営コンサルタントなので、自分の役割には経営参謀役として経営者に対しどのような貢献ができるのか。
その経営者は何を期待しているのか。例えば経営面でのアドバイスや資金繰りなのか。販路開拓なのか経営者によって私に求める役割期待は様々です。

それらの切り口からだんだん細部に入り、核心レベルまで入っていきます。

この中心概念をつかまず、全部を把握しようとしてもなかなか理解が及びません。
この作業は一朝一夕にはできないですが、トライする内にだんだんと身についてきます。

私も若い頃は仕事を覚えるのに必死でしたから。

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

「マーキュリー通信」no.4076【ワンポイントアップの仕事力-149「気づくことの大切さ」】


仕事力の1つに、自分の部下や周りの人の性格や能力を考慮しながら進めることで、自分の仕事力アップにつながります。

その際、相手が自分のミス、段取りのまずさ等でトラブルが起こりそうなら、それに気づかせることも大切です。

気づくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

もし、気づかずにそのままやらせてしまった場合、そのトラブルがあなたに降りかかるかもしれません。

そして、あなたの仕事時間を奪うことになるかもしれません。

これも仕事力の1つといえます。

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

「マーキュリー通信」no.4074【ワンポイントアップの仕事力-148「仕事として真摯に向き合うことで仕事力は大きくアップする」】


「仕事として向き合ってますか?」との質問に、大半の人は、「もちろん向き合っている」と応えます。

新しい経験、仕事をすることで人は階段を上るように一段一段仕事力がアップしていきます。

しかし、真摯に向き合うことで、仕事力はエレベーターで上るように一気についてきます。それでは真摯に向き合うことはどういうことでしょうか?
私の場合、下記を考慮しながら仕事を進めています。

1.重要事項の把握
 緊急で重要事項は誰でも時間配分を最優先します。しかし、特に急がないけれど、自分の仕事力をアップするための必要な知識の吸収に努める。
つまり、言われた仕事をただこなすことだけでなく、商品知識、業界知識等を知ることで、仕事力がアップする。そして誰にも負けない知識を身につける。
必要に応じ、外部セミナーを受けて、知識の幅を広げる。

2.時間配分
緊急で重要事項以外の時間配分をどうするか。特に細切れの時間をどのように活用するのか。
私の場合、緊急以外のメールを見たり、LINEを見たりしています。


3.細分化の原理
 長時間を要する仕事は、細分化して、そのパーツパーツをこなしながら片付けていく。これを実行すると集中して仕事を実行できる。
その時に力を発揮するのがto do listです。今日1日何をやるかをメモして、それに従って、仕事を進めていきます。これだけでもかなり時間を効率よく使えます。

4.段取り力
 段取りの良し悪しで仕事のはかどり方が全然変わってきます。

5.コミュニケーション力
 仕事力のベースで一番大切なのはコミュニケーション力です。
自分の立ち位置を把握し、その為にはどのようなコミュニケーションを執ったら良いか、コミュニケーションチャネルを把握しておく。

コミュニケーションをよくすることで、ミスも減ってきます。

6.上司、部下、周囲の人等に対する気遣い、気配り

7.信頼関係の構築
 最後は仕事力アップのベースはこれにつきます。
 信頼関係がある相手なら相手に仕事を任せることで、自分の仕事時間を減らすことができます。
 なお、信頼関係は、仕事を通じて構築されていきます。

仕事力がついてくると、上記能力は体に身についており、自然と行動となって表れてきます。

これが仕事ができる人とそうでない人との差になって表れてきます。

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

「マーキュリー通信」no.4070【ワンポイントアップの仕事力-147「知らないことを知って、仕事力をアップする」】

お恥ずかしい話ですが最近までSIMカードの役割をよく理解していませんでした。

今年3月にiPhone6Sから7に機種変更した理由は、バッテリーが半日程度しか持たないことでした。しかし、iPhone7に切り替えても、多少改善が見られた程度でした。

もしiPhone7のバッテリーがなくなった場合、iPhone7のSIMカードを6に入れ替えれば、これまで通りに電話ができることに気づきました。その際、iPhone6にはそれまでの電話番号は残っているのでそのまま使えます。

この事実を知っていたら、私は2年前にバックアップ用に格安スマホを購入する必要はありませんでした。格安といっても毎月4千円程度徴収されるので、2年間で約10万円安心料として支払っていたことになります。当然、来月キャンセルします。

なお、キャンセルした格安スマホは、ノート機能として使えるので、今後はそちらで使おうと思っています。

一方、最近は5G(第5世代)に向け大容量、高速の格安SIMへの切り替えるビジネスが脚光を浴びているようです。

そうなった場合、現在使っているポケットwifiはの代わりにスマホがwifi機能を持つようになり、通信費の大幅削減につながります。

一方、私の住むマンションにはauの固定回線が入っており、入居者は無料でインターネット回線を使えることになっています。

賃貸契約書を締結するときに、その説明を仲介業者がしなかったため、2年間気づきませんでした。

今月から固定回線に切り変えました。但し、固定電話は不要なので、インターネット回線だけにしています。
こちらもケーブルを購入し、パソコンとつなぐだけで使えるようになりました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる