ワンポイントアップの仕事術

2018年10月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.3558【ワンポイントアップの仕事術-134「止観瞑想で仕事力をアッ プする」】

10月6日~8日まで2泊3日で那須の研修施設で「止観瞑想」研修を受けてきました。

普段何気なく発している言葉は、自分の思いから出ています。

6世紀の中国の高層天台大師の有名な「一念三千」があります。
人間の思いは、いつも一定の所に止まらず、揺れ動いています。

人の為に行動しようと思っていると考え方が天国的で、心は上を向いています。

逆に人を貶めようと思っていると、考え方が地獄的で、心は下を向いています。

喜怒哀楽を含めその思いから言葉は発せられ、対人関係に影響していきます。

そこで、その思いの部分を一旦止め、じっくり見つめる手法を「止観瞑想」と言います。

これを様々な切り口でチェックしていきます。

もし、その思いが相手の立場を考えた上での発言なら相手との信頼関係は向上していきます。

もし、その思いが自己中心的なものだと、相手との信頼関係は損なわれていきます。

人は時には怒ったりします。しかし、いつもイライラして、必要以上に怒鳴ったり、それが繰

り返し行われると、いつしか地獄界の悪霊に憑依され、その瞬間人格をも変えてしまうことが

あります。

なんであんなことを言ってしまったのか、なんで相手を怒鳴りつけてしまったのか、止観瞑想

により、ふと我に返り、反省し、次に同様の場面に出くわしたときに、自制心が働くようにな

ります。

自分自身を深く見つめることで、己を知るようになります。同時に相手も知るようになります

。そこから知恵が湧いてきます。
更に、神仏の御心に叶ったような念いができるようになると、知恵が智慧に転化していきます

その結果、深い洞察力がつくようになります。対人関係も好転します。

又、将来を見通す力もついてきます。先見力もついてきます。

当然仕事力もアップしていきます。

瞑想習慣は、日頃溜まったストレス、心の塵や垢を取り去ってくれます。

今の私の心境は、湯上がりのようなさっぱりとした気分となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

「マーキュリー通信」no.3539【ワンポイントアップの仕事術-133「成果を上げる人は貢献に焦点を合わせる」

今年度も早上期が終わろうとしています。

多くの管理職は、部下にハッパをかけ、最後の追い込みを図ろうとしていることと思います。

しかし、成果を上げる管理職は、貢献に焦点を合わせます。
そのベースはプロセスにあります。プロセスの結果が成果に繋がっていくからです。

成果を上げるためには、顧客、上司、関連部署等の協力をいかに引き出すかに腐心します。

その為のプロセスに問題ないかチェックします。

部下の強みや弱みを把握し、強みをいかに伸ばしているかも日頃から見ています。又、伸び悩んでいる部下には個別に向き合い、何が問題があるのか、どうやったら部下の力を引き出すことができるのかにフォーカスします。

会議では、部下から報告をさせ、目標未達だとハッパをかけます。会議にいたずらに時間を浪費していることに気付きません。

上期の実績が未達の場合、自分の部署が会社にどの程度貢献しているのか、一度見直した上で下期の計画に臨んだら良いと思います。

◆本日のドラッカー365の金言より「成果を上げる人は貢献に焦点を合わせる」より学ぶ

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

三井物産の鉄鋼部門に所属していた頃、当時は売上も管理職の重要な評価ポイントでした。

その為、同じ取引を問屋をかませ、売上を倍にするという小手先で売上達成のノルマを果たしていました。

これなど会社の売上増には貢献しているけれど、部下の志気は落ちます。

こんな時代もあったのだと懐かしく思い出しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

「マーキュリー通信」no.3534【ワンポイントアップの仕事術-132「仕事のできる人とできな い人の違い」】

仕事のできる人とできない人の違いの1つに、コミュニケーション力と段取り力があります。

4ヶ月前に新居の賃貸借契約を結ぶと同時に家賃の自動引き落とし依頼書にも捺印しました。

しかし、その後4ヶ月も経つのに仲介業者から家賃の未だに請求書が届きます。仲介業者に聞く

と、家主との家賃の口座引落の事務処理でもめており、まだ決着がついていないとの説明でし

た。
私は、家主の都合で事務処理が遅れているので、振込手数料を差し引いてから振り込む旨、家

主の了解を取り付けるように伝えました。

しかし、こんな簡単なことですら、仲介業者の担当者はなかなか進められず、本日で1週間近く

経ちます。私からは、「月末までに家賃が振込ができなくても、私は責任は取れない」旨、伝

えましたが、それでも仲介業者から連絡がありません。

一方、私の持ち家の売買契約が先日成立しました。こちらの仲介業者は、突然「菅谷さんのマ

ンションには根抵当権がついているので、これを抹消しないと引渡ができません」旨、連絡が

ありました。
そして、金融機関2行と連絡を取ったのですが、これが結構大変なことが分かりました。私が根

抵当権の抹消手続きをすると、買主の抵当権設定手続きができなくなるとの説明を受けました


各金融機関は、それぞれ自分の立場で勝手に説明をします。

そこで、私はその仲介業者に、「根抵当権の抹消手続きは私は不得手なので、御社の司法書士

に頼んで、私の根抵当権の抹消手続きと買主の抵当権設定手続きを同時にやることを提案しま

した。こうすれば、問題は一気に解決することが分かりました。

この担当者は、売主、買主ともこの種の事務処理は苦手なことは熟知しているはずです。従っ

て、仲介契約を締結するときに、まずは根抵当権の抹消手続きを依頼されていれば、間際にな

ってばたばたすることにはなりませんでした。

相手の立場、状況をしっかりと把握しながら仕事を進めることも、仕事ができる人と、できな

い人の差と実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

「マーキュリー通信」no.3510【ワンポイントアップの仕事術-131「郵便局員を叱る」】

両親が要介護で入院したため、八王子の実家の鍵を預かり、実家の管理をしています。

昨日訪ねたときに、ポストに八王子郵便局からの在宅確認のはがきが入っていました。

私は、再発行をお願いした父の銀行カードと思っていました。八王子郵便局に問い合わせると

、郵便物の内容は教えてくれませんでした。

そこで、再配達をお願いしたところ、19~21時までの間に再配達するとの回答でした。

帰宅時間を遅らせ、実家で待機していると郵便局員が8時頃訪ねてきました。

郵便物を見ると、銀行カードではなく、健康食品のDMでした。

私は呆れて、「これは私にとって直ぐに捨ててしまうゴミです。なんでこんなゴミのために帰

宅を3時間も遅らせなきゃならないんですか!?我が家まで2時間かかるので、帰宅時間は10時

過ぎになりますよ!」と怒りました。

郵便局員「一応規則になっています」

私「郵政を民営化しても、これではお役所時代と仕事ぶりが変わっていないじゃないですか。

あなたが再配達する為に来た時間も、あなたの給料が支払われているんですよ!これを全くの

ムダと思わないですか。受取人には苦情を言われ、楽しいですか?何のために仕事をしている

んですか!」と郵便局員を叱りました。

安倍内閣で働き方改革を喧伝していますが、仕事内容も働き方改革の項目に入れて欲しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.3498【ワンポイントアップの仕事術-130「郵便局の仕事ぶり」】

昨夜8時頃王子の郵便局に内容証明郵便を出しに行きました。

祝日の夜にも拘わらず、1つしかない窓口は混雑していました。

やっと私の番になって内容証明郵便を出すと、受け付けてから暫く待つように言われました。

10分近くたって再度呼ばれると、「内容証明郵便は1行20文字だが、12行目だけ1文字超過して

いる」と言われました。そこで、その行の「、」を削除することにしましたが、「1行削除と手

書きで記入し、捺印してください」と言われました。

要は10分近く待たされていた間に、私の内容証明郵便の字数を数えていたようです。
内容証明郵便の料金は1450円でしたが、これでは赤字です。この非効率さはいまだお役所時代

からの仕事の慣習を引きずっているようです。

さて入浴後にビールを飲みながらテレビを見ていると、「ピンポン」という音がしたので、出

てみると先ほどの郵便局の局員でした。

我が家をわざわざ訪ねてきた理由は、受付印を押し忘れたとのことです。その律儀さに感心し

ました。

日本郵政公社が民営化されたのが2007年10月、あれから10年以上経ちましたが、まだま

だお役所の非効率な業務慣習は変わっていないようです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

一橋大学の恩師田内幸一先生(マーケティング専攻)から、「これからは人の時代、機械は除

却しない限り変われないけれど、人間は考え方を変えればいつでも変わることができる」と50

年近く前に言われたことを今でも覚えています。

しかし、機械は古くなれば除却処分して新しい機械に変えることができるけれど、人間は除却

処分できないので、人間の思考回路、行動習慣を変えるのは難しいと実感しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

「マーキュリー通信」no.3485【ワンポイントアップの仕事術-129「仕事ができる人は仕事を 楽しむ」】

社会人になってから47年目になります。

その間、様々な仕事に関わってきました。

サラリーマンの時は自分で仕事を選ぶ余地が少ないですが、今は自分の好きな仕事だけに関わ

っているので幸せです。

そして、仕事自体を楽しんでいます。

しかし、全てが面白いわけではありません。決まり切ったこともしなければなりません。決ま

り切ったことは山ほどあります。

スポーツの選手で一流といわれている選手は、普段絶え間ない努力をファンの見えないところ

でやっています。

仕事もそれと同じと思います。69歳になった今でも隠れたところで絶え間ない努力をしていま

す。又、他人からも多くの学びを得ています。いつも素直に学ぼうと謙虚な姿勢で受け止めて

います。

学んでいるから自己成長でき、それが喜びへと繋がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

「マーキュリー通信」no.3469【ワンポイントアップの仕事術-128「一流のビジネスパーソン になる為に必要な精神的態度」】

AI化が進むにつれ、今後ますます所得の格差が拡大していきます。

その為には自己鍛錬による自己成長が不可欠です。

ビジネスパーソンはどうしても肩書き重視志向に陥りがちです。
しかし、重要なのは肩書きよりも責任です。その肩書き、地位でいかに責任を全うしたかです

。その肩書き、地位を使って、会社に貢献したかです。
更に大事なことは、会社への貢献だけでなく、社会への貢献も同時に重要となって来ます。

現在問題となっているカボチャの馬車事件などは、反社会的金融事件です。

ここで責任を持つということは、仕事にふさわしく成長したいといえるところまで真剣に仕事

に取り組むことと思います。

責任に焦点を合わせるとき、人は自らについてより大きな見方をするようになります。

その結果、自己成長し、収入も自然とアップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

「マーキュリー通信」no.3456【ワンポイントアップの仕事術-127「固定電話は今後加速度的にな くなっていく」】

転居を機に50年間利用してきた固定電話を廃止しました。

これまでも固定電話は余り利用しなかったのですが、携帯電話の掛け放題サービスが始まって

自分から固定電話から掛けることはなくなりました。

かかってくる電話の大半は商品の売り込み等の迷惑電話が大半でした。

最近では固定電話を持たない企業も増えてきたようです。

ASEANでは、固定電話を通り越して一気に携帯電話、それもスマホが普及しています。

明治以来100年掛けて全国津々浦々に普及してきた固定電話網ですが、これも時代の流れです。

今後は加速度的になくなっていくものと思われます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

サザエさんの世界では、相変わらず黒電話で、こちらには携帯電話やスマホ、パソコンは登場

しません。

しかし、元著者長谷川町子亡き後の最近の作者は若いのでしょうか。物価が現在の物価になっ

ていたりします。カツオの小遣いは100円がしかるべきですが、千円になっていたりしています

。又、昭和40年代ではないような商品サービスが登場します。前回は宅配ピザが登場していま

したが、私が子供の頃にはピザを食べたことはありませんでした。

このギャップに私の年代では違和感を覚えます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

「マーキュリー通信」no.3146【ワンポイントアップの仕事術-126「凡事徹底の効果は 持続する」】

平凡なことでも継続すればその効果は持続します。

例えば、私はto do list、自分宛週報、月報、年報を10年以上継続しています。

現在約20の仕事を同時並行的に進めていますが、この習慣に頭が絶えず整理されます。

毎週、毎月、そして毎年PDCA(Plan,Do,Check,Action)サイクルを回しています。

すっかり習慣となっているので、いつも頭が整理された状態になり、その結果精神的に

も安定し、ストレスを貯め込まないことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

「マーキュリー通信」no.3128【ワンポイントアップの仕事術-125「1つでも多く習慣化 する」】

仕事は1つでも多く習慣化していくことでアップしていきます。

通常、人は慣れないことをやることを面倒と感じ、後回しにしがちです。

しかし、それではいつまでも仕事力はアップしません。

習慣化は仕事を通じて形成されていきます。通常の業務は日常の業務を通じて習慣化し

ているので、特に面倒とは思いません。

もう1つのポイントとして、もしその仕事を行う際に、不慣れでストレスを感じる場合

には、そのストレス解消がポイントとなります。

たとえば、もしあなたがキーボードをタッチする際に、人差し指でやっていた場合、時

間がかかるので、ストレスを感じていると思います。

あなたの名刺にメールアドレスが記載されていれば、取引先はあなたがメールをやると

判断します。

キーボードに触ることがおっくうで、相手に対するレスポンスも遅れがちもしくは返事

を送らないようになります。

こうなると相手とのコミュニケーションに影響し、あなたに対する不信感となっていき

ます。

その為に、業務時間外にパソコンスクールに通って、ブラインドタッチでキーボード操

作ができるようになることをイメージしてみてください。

きっとあなたはストレスから解放されるはずです。

あなたが思い切ってパソコンスクールに通う時間を1~3ヶ月間程度確保すれば良い訳

です。

これによってあなたの信頼性も回復することになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 生涯現役社会が日本を救う | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誕生日に思う | 趣味 | 龍馬の如く生きる